ニセコヒルトン

テーマ:

千歳から3時間のドライブを経て、ようやくヒルトンへ到着。


素敵な場所です。

以前はプリンスホテルだったようで、レンタカーの表示はプリンスホテルでした(爆



我が家では、昨年のサホロに次ぐ二回目のスキー。

娘もやる気満々で、今回はもっと滑れるようになるぞ。

と意気込んでの到着です。



photo:01



photo:02


フロント前のラウンジ。
このホテル、外人率80%
オーストラリア、ニュージーランド、香港、とあらゆるところから来ているようで
ここは日本?と思わされるロビーの雰囲気。

さらに、今はロシアから船でやってくる人が増えているそうで
リゾートらしいものがないため、北海道にリゾートをもとめてやってくるのだとか。

滞在した三日間。
豪雪。





photo:03


到着した初日、鉄板焼きにて、おしぼりマジック。
写真はありませんが、ニセコヒルトンではいろんな食事が楽しめて
一番ヒットしたのが、握りずし食べ放題!

これはすごかった。

大間のまぐろ、えんがわ、なんでもかんでも食べ放題です。
スキー場のランチとは思えない豪華さ。

ここで私たちは満足。
毎日食べたいね。なんてほど。




photo:04


ムスメ、いざ出陣。


photo:05


ほんの一瞬、晴れ間がやってきたところ、
写真右手にムスメとだんな。



photo:06


ちょっと急なゲレンデをパパにくっついて滑るムスメの後姿。

カワイイ...
(おやばか)

チャレンジチャレンジ。

とかムスメ、ひとりごといいながら、少しなれた割と平らなゲレンデをあとに
ちょっと急なコースへ変更したところ。

雪は本当に新雪。すばらしい環境です。

私も人生二度目のスキーにもかかわらず、がんばりました。
てか、もう全く転びもしません。

やはりとても寒いこともあり、パパは上級コースに一人旅したいこともあり
ムスメと私は早々に退散。


温泉につかりあたたまり、そのあとホテルで無料参加イベントを毎日いろいろ駆使していて
そのひとつワインとチーズのマリアージュに参加。

参加というか、申し込んで現場にいったら、なんと私だけだったということ。



photo:07



photo:08


ソムリエが私のためだけに、ワインの説明と、チーズの組み合わせの説明をしてくれて
なんとも豪華。

その他、他の曜日は手巻き寿司つくりイベントとか、ピザつくりイベントとか
いろいろ予定されているようでした。

なかなかいいです。
ただで三種類のワインとチーズ各種を堪能。
ムスメもジュースをいただいて、最高

このホテルは、温泉もあるので、本当に最高の施設です!



photo:09


最終日。
お昼のチェックアウトまですべりまくり、ようやく豪雪が去って、羊蹄山がみえたところ。
滞在中は部屋からほんのり見えただけでしたが
最後の最後にお別れのご挨拶に姿をみせてくれました。

チェックアウトの際に、なんと現金で370万を支払っていた外国人がいた。
という話でもちきり。
相当長期滞在している海外からの観光客が多いようです。

こういうことも、現地にいってみないと知らない事実だったりもしますねー。






iPhoneからの投稿
AD