伊香保温泉 岸権旅館

テーマ:

娘のインフルエンザもおさまったこともあり、そもそも予定していた温泉旅行へ。


三連休の中日に出発。

一泊二日。


今回は、保育園で大の仲良しだったらいらいといっしょに。


この予約も3か月以上も前に予約したもので、

これほどまでにうまくスケジューリングがいくものか!?と今回は驚きました。


お友達家族には、もしかしてもしかするとうつっちゃうかもしれないよ?

と何度も念おししての合同旅行。


でも、これを記録している今でも、お友達家族にはインフルエンザが発症していません。

(彼女はすでに9月に高熱をだした風邪?をひいていたらしく、たぶんそうだったんじゃないか?という判断)


私たち家族はこの旅館、二回目の往訪。

伊香保温泉は、過去温泉ブームの波の中、温泉偽造(笑)で、かなり報道された場所

でも、この岸権旅館は、大正時代からの老舗旅館。

そして、伊香保温泉の中でも大家と呼ばれる3つの旅館の中のひとつ。

ということで、ここのお湯は本当にすばらしいものなのです。


温泉好きの娘も、さすがに疲れているのか

はたまたお友達との遊びも楽しくてしょうがないのか、お風呂に入ることよりもふらふらしていることの方を好んでいました。


翌日、旅館をでて、さて何をしようか?

ということで、以前この旅館に来た際に訪れたグリーン牧場にいくことに。


http://www.greenbokujo.co.jp/index-fl.html


このサイトのデザインのよさをみてもわかるとおり、かなりこだわった牧場経営をしています。

さらに、今はカフェをつくっているようで、

あまり過激でない体験コーナー複数と、おいしいものをおいしくいただける場所を増やしつつ

いろんな動物たちと触れ合うことができるようになっている施設。


うちの家族は、とにかくいろんなところにでかけていることもあり、

しかも、温泉旅館の近くには、なぜか牧場が多く、国内のいろんな牧場を訪れてきましたが、このグリーン牧場のすばらしさは、ほかにはみたことがないです。

阿蘇にもすばらしい牧場がありましたが、施設が点々としすぎていて歩きすぎた記憶があります。


今回は、まずバター作り教室から。



くろみえのblog

脂肪40%~50%の生クリームを手にいれることさえできれば、自宅ですぐにバターが作れることを体験。


あっという間にバターができあがり、もちろん無塩なので、バター(脂肪のあつまり)にお塩をふりかけて、

食パンにつけて味見。

持ち帰ることはできないらしいのですが、このペーパーさえあれば、自宅で残ってしまった生クリームを利用して、すぐに自家製バターをつくることで、材料を無駄にすることはない。ということを実感。



くろみえのblog


時期も時期なので、馬をトナカイのようにしたてて、サンタクロースののった馬車。

ここに娘たち二人がのって、お姫様気分。

そこそこのスピードではしってくれ、これが雪景色にまみれていたら、どんなにか素敵だったろう。

なんて、雲ひとつないお天気を眺めて思ったのでした。



くろみえのblog


大声で、


「やってみたーい!」


といっていたくせに、

ひざに抱いたうさぎにすぐに飽きる小学一年生。


10分で300円のパフォーマンス。

でも、隣の席にいたおばあ様は、うさぎにかぷっ。とかまれて、指から血をしたたらせていました(汗


この施設は、園内をそんなに疲れさせなく歩かせてくれ

そして、幼児もちゃんと動物をみれるように、少し目線の高い歩道のようなものもこしらえてくれており

園内では、堆肥を上手に活用して、白菜やら、ほうれん草やらを栽培していて、それをまた、一玉50円とかで販売していたりします。


乳牛がもちろん大半なのですが、牧場牛肉とかいうBBQがあって、ちょっとげんなりするレストランもあるのですが、今回はここで、皆で外でBBQ。


食べ終えるとすかさず、以前大感動した、シープドッグショウ



くろみえのblog


私と、らいらいママは、残ったBBQの後片付けと、残ったワインをたいらげながらおしゃべりをしていたので

このショウが終わるころにここにたどり着いたのですが、この山の頂上からたくさんの羊を追う、犬のパフォーマンスをみることができる、とてもダイナミックなショウなんです。


ここで、娘たちは、犬笛を購入。

口の中にいれて舌と息で音をだすものなのですが、帰路、関越の中で子供たちはずーーーーーっとこれを吹き続けていたのでした(笑


そんなこんなで、仲良しお友達との温泉旅行もできて、娘も普通通りに学校にいきはじめておりまーす。


行きは、三連休中日、しかもお昼杉の出発にしたこともあり、渋滞には見舞われず。

帰路は、ギリギリ大渋滞の一歩手前での3時間コース。

本当に高速道路のセール(爆)はもうやめたほうがいいかと思います。

高速道路じゃなくなる。


この渋滞をみていると、本当に運送業の方々が痛ましく思えます。



AD

インフルエンザ その後

テーマ:

ご心配をおかけしました。


着々と娘は回復してきています。


今日はお約束通り、私は出社。

NHKさまで勉強会もありましたので、朝から出社です!


NHKの皆様、今日はありがとうございました。


うちのだんな様が、娘と自宅待機していました。


今日一日、平熱だったようですが、まだ咳が残っています。

明日も咳がつらそうだったら、通院させるつもりでいます。


結論としては

インフルエンザA型に感染した娘と、数日密室で過ごした私たちは

まったく感染しませんでした。(謎


発熱は2日目がピーク。

39度を一瞬記録しましたが、ほんと一瞬のことで、その後下降していきました。

だくだくと汗をかくような発熱ではなかったことが普段の風邪の熱とは違う感じです。

発熱の仕方もわりと地味でしたが、

本当にくしゃみ、鼻水、そして咳。

と、ウィルスがどんどん感染を拡大したがっている様子がすごかったです。


そんなこんなで、娘は少しほっそりとしてしまったように見受けられます

(一時期、鬼のように食欲旺盛で、どんなおでぶちゃんになる?と思ってみていました)


よく、昔の人が、子供がたくさん食べていると、そのあと、大熱をだす。

といいましたが、まさにそれでした。


子供って不思議ですね。

きっとたくさん食べて貯蓄して、このウィルス対策していたのかもしれません。


そうそう

インフルエンザ発症した前日、娘はパパと自転車でいちょうまつりまででかけていたのです。

外苑の。


うちの娘は、あのいちょうまつりにでかけると、そのあとウィルス感染する傾向があります。

あそこにでかけない年は、なにもない秋を過ごしているのです。


これもまた、不思議な傾向。


この連休で、体力回復!です


皆様ご心配おかけしました。


AD

とうとう、やってきました>インフルエンザ


くろみえのblog


先週末、早めかなぁ?

なんて思いながらも、クリスマスツリーをだしました。


我が家のツリーは割と大きめなのですが、娘が成長したのでしょう。

すっかり背丈が近づいてきました。

トランクルームからツリーをだしたときに、ちょっと埃っぽくて、マスクをさせずに作業させて、まずったかなぁ?

なんて思っていました。


月曜日、キッズにお迎えにいくと、咳をしている娘

わりと最近、数回咳をする傾向があったのですが、すぐに予備の薬を服用することで回復していましたが、今回の咳は、犬のような感じの咳で、ちょっと体質が違うかんじ。

まさか...


と思いつつ、自宅にて夕食。

普段通りに食事をとりつつも、怪しい発言

「お風呂に入りたい」


娘が過去熱をだす前に言ってくるコメントです。

要は寒気がしているんでしょう。


もちろん、お風呂などにはいれず、本人もつらくなってきたのか、早々に就寝。

そして夜中発熱。

でも37度5分程度。


夜中から、さらに咳が酷くなり、背中の音を聞くとゼロゼロいっていました。


インフルエンザと診断されたのは、翌火曜日午後。

インフルエンザA型陽性。


インフルエンザは、肺で増殖する。というような話を聞きましたが、この咳の具合はまさにその通りです。


さて、実際にかかってみると、どうなのか?

を数日経過した今、レポートしますと、なんとなく風邪っぽいような気がしますが、

夫と私は、毎食前に麻黄附子細辛湯を飲んでいるせいか、

まったくうつっている気配はありません。

昨年私がおたふく風邪にかかった際にこれを処方されたことを思い出して。


インフルエンザの検査はA型陽性という反応までを調べただけで

季節性か、新型か。という検査まではしていません。

要はあまりにも多すぎて、AかBかを判別したら、あとは、治療方法が一緒なのでそのまま。

というのが現実のようです。

もしかすると新型に感染しているのかもしれませんが、この結果を私はそのまま「不明」とうけとっています。


今、新型インフルエンザ!と診断をだしてくれる病院がどれくらいあるのか、逆に知りたいです。

(結構、弊社の中でも「新型」と言い切ってお休みされている方が多数いるので)



くろみえのblog


娘が5日間服用しなければならないリレンザ。

一日二回。

粉を吸うようにして肺に直接薬を送り込む方法のようです。


服用しはじめて、24時間以内が、怪しい行動を起こす可能性がある。

と説明書にかかれており、リビングに娘を寝かせて監視。


熱のせいか、寝ながら大声で笑ったりしてくれたりして、「まさか、これがその副作用?」

なんて娘を、みつめるのでした。

でも、服用開始してから夜になると毎晩、必ず一度おきだして


「怖い音がした」

とか

「怖いのが近づいてきたから目がさめた」

とか、

「音が何度もつながっていく」


などと連日いっています。

しつこく、なに?どんななの?と聞いても、説明が難しいからいえない。

となってしまうのですが、

インフルエンザにかかって連日これなので、怪しい。不明です。副作用なのか


昨日水曜日、家族全員で家に引きこもり、毎食冷蔵庫から買い込んだものをだして調理。

さすがに昨晩がピークだったのか、日中はふらふら遊んではいましたが、

夕方17時すぎから熱が上がりだし、一時は39度を越えました。ぐったり。


夜中には熱もさがり、37度台に。

今日、木曜日になって、36度後半から37度前半をいったりきたり。


それでも咳は変わらずすごく、

そして、昨日からくしゃみと鼻の嵐。

ものすごい数、くしゃみをします。


こうやって、咳とくしゃみとで、ウィルスが対外に発散されているんだ。

ということを眺めています。

こんなすごいくしゃみと咳の中にさらされている私たちがなんでもない。

って、これまた人体の不思議。

免疫力ってこのことなんだ

とも体感しています。


我が家では、空気洗浄機フル稼働。

みなさん、今年の冬は、欠かせませんね。空気洗浄機。

湿度は60%キープ。


弊社のルールは

新型の場合は出社禁止。5日間。(同居人の場合でも)

ただし、新型か季節性か不明な場合には、季節性扱いとする。

ということで、娘は、新型、季節性の診断をされていないこともあり、不明として、

明日から私は会社にいきます。




AD

11月14日 由美ちゃんの結婚式にオヨバレしてきました!


おめでとう由美ちゃん。


やはりフォーシーズンの結婚式は、素敵です。そして、ゴージャス。

無駄が少なく、ダイナミック。

これが個人的な感想。


会場は、この夏にマジックショウをみた、ボールルームと、とっても広い会場でした。


くろみえのblog



由美ちゃんは、今も同じ会社にいますが、彼女が成蹊大時代にワイノット(株)にアルバイトでお手伝いをしてくれていました。当時から技術者。今でもそっち系。

でも、顔をみたり、ふだんの振る舞いをみているだけでは、技術系の人とは思えない美貌です。

自由気ままに、女優を目指したり、NYに留学しちゃったりとしてきていましたが、2005年から弊社に。

そう思うと、過去私はいろんな人を弊社にお誘いしてきたなぁと。


ご主人はひとつ年下とか。



くろみえのblog

今回は、着物で。

ママ、私。

ちーママ、笠井。


申し合わせたかのように二人の着物が似ています。



くろみえのblog

そして、O-netに登録するためのイケテル写真をなぜかこの日もっていた圭ちゃん。



くろみえのblog

私たちのテーブルはこんな感じ。

普段あまり仕事では一緒にならない面子が多かったです。



くろみえのblog

いつのまにか、LinkShareにいっていた、星野くんが、ほぼ日帰りで、NYから参加。


くろみえのblog

演歌歌手のように、まじで、なんか歌っているかのような写真なので、掲載(爆

ほんと、やばいですね~、銀座のお姉さん系からは脱却できているかと思うのですが

たぶん、演歌歌手系にはいっているかと>私



くろみえのblog

今回は、家族全員がおよばれしたので、↑これは娘のお食事

なかなか美味しい、プレートでした。



くろみえのblog


すっかり忘れてしまいましたが、由美ちゃんの素敵なお嫁さんの表情。



くろみえのblog


お二人でなにやらお話していますが、相当お酒を飲むそうです。

由美ちゃんも相当のみますが、楽しみですね~。



くろみえのblog


いい笑顔です。


ドレスも「かっこいい」系にしたようで、似合っていました



くろみえのblog


お色直しは、フラメンコを趣味としている由美ちゃんらしいドレス。

とても彼女に似合っていました。



くろみえのblog


西尾も久々。きむきむもいますが、大橋くんも昔からまったくかわらず

この大橋くんと、ゆみちゃんが、大学一緒で、二人セットでアルバイトにきてくれていたんです。


ご主人もなかなかのイケメン。幸せな家庭を築いてください~。

おめでとーございました。

オフサイト mtg

テーマ:

金曜日。


恒例の編成オフサイトmtgを開催。


来年の編成の取り組みを語り合う時間。

これまでは、マネージャー陣とともにこの会を実施してきましたが、

来年取り組む内容が非常に多岐にわたり

そして時間も短期で解決しなければならないことが多いことから

初のリーダー参加のものにしたてました。


とはいえ、全容を腹落ちさせ、マネージャー自身が全体像を把握することから。

ということで午後一番でマネージャーと私とでのショートブレスト。


私からは大目的と、キーワードと、タイムスパンを提示して

いったん私がその場を離れ、マネージャー同士で議論。


その後まとめに私が参加。ということで二時間。


リーダー陣14名は15時30分からの合流でしたので、そこからはこんな感じ。




くろみえのblog


来年取り組む必要のある内容を、河野と、石角くんからレビュー。

そして、リーダー陣を二チームに分けて(現在の業務に関係なくランダムに)


くろみえのblog

二つのチームの議論のベクトルはそれぞれで、足元から検討開始しているチームと

スケジュールベースでの森からみているタイプのチーム。


個人的には、目論見どおりといいますか、足元から考えた内容と、大枠から考えられた内容を

最終的にがっちゃんこすることができれば、くまなく網羅できるため。


普段現場に非常に近いところでメンバーの作業のケアなどに忙殺されているリーダーたちは

今回のこのオフサイトがほぼほぼ初体験。

約220名のこの大規模チームの来年の柱の一部になってもらい

考え方から目線を高くもって業務を推進してもらえれば幸い。


分科会をこのあと、二週間にわたって開催してもらい、月末にいったん「がっちゃんこタイム」その①


来年にむけてのオフサイトは、今年は年内3回を開催予定です。




すっかりまち楽往訪も激減してきた今日この頃。


来年以降の取り組みについての議論や、

ようやく自治体さまがたの乗り気が見えてきたことから

小さく各県に往訪している今日この頃。


月曜日午後からは、宮崎県。

何気に宮崎県には、かれこれ3回目?4回目?の往訪になります。


今回以前の往訪は、最小30分以内。という小さな、顔つなぎ程度のものもあったほどですが

来年以降の取り組みが見えてきたことから、庁内の主要なかたがたと面会させていただくことができ、

過去最高の12名のかたがたと30分で名刺交換。


という快挙。


その後、経済連のかたがたとブレスト。

直球の現代的問題点や疑問点などを投げかけていただくことができ

まだまだロングテール部分は、細かくケアできるシステムを用意せねばならないなぁ

と感じました。


夜は、宮崎ならではの地鶏料理。




くろみえのblog


右下の黄緑色が、柚子胡椒。


このモモ肉がおいしいのなんの。

歯ごたえを強調している地鶏ものですが、歯ごたえなんてあまりなく、やわらかくいくらでも入っていきます。

ついつい、このプレートをおかわりしてしまいました。


翌日は、宮崎から伊丹へ移動。

そして、大阪府庁へ。


これまで大阪は小磯さんの担当でお任せしてきていましたので、

いったんここで引継ぎの意味もこめて。


大阪府庁舎も、宮崎庁舎も「古さ」でいくと有名な場所。

単純に古いだけではなくて、古きよき時代を感じさせるデザインであることを改めて感じました。


エレベータとかも、ほんとうにすごい、

ここ、大阪府では、事業的な意味での課題感というよりは、

基本的な、人として。という意味での勉強をさせられました。


いつまでたっても、謙虚で、お越しくださったかたがたへの最大の敬礼を忘れない「女性」

でいなければならない!

と、人のふりみて、わがふり直そうと心にきめた、久々の大阪往訪です。


女性はいつまでたっても、どんな立場になっても、かわいらしさを大切にしないとなりませんね。


ジャガージャパン 同窓会

テーマ:

はじめての試み。ということで、お誘いをうけたので、参加してきました。


ジャガージャパン 同窓会。


新橋の新橋亭にて。



くろみえのblog


懐かしい顔ぶれに今回は、昔話で盛りだくさん。

かれこれ20年前の出会いの話ですから...



くろみえのblog


当時の吉田社長のご挨拶。

すでに83歳とのことですが、当時の雰囲気とハスキーなそのお声は忘れてはいません。


吉田社長のお話の中に、サッチャーさんが来日された折に、新橋のショウルームを訪れたお話と、

そのタイミングで、ジャガーがフォードに買収された話題が同タイミングであり

当時新橋のショウルームにいた私は、その光景をもちろん目の当たりにしていたのですが、

すーーーーーっかり忘れてしまっていたことを思い出しました(爆


当時の写真をだしてきて、デジカメで写真を撮影(笑



くろみえのblog


わかい!(↑昔の写真)

日付は89年1月11日


向って、左どピンクが吉池(今、島)、平澤、吉田社長。えつりん、そして、ピンクの格子のニットが私(爆


皆若い。

皆、新橋のショウルームレディだった...



くろみえのblog

今回は、営業所関連の人の参加が少なく、本社、工場関係にいた人たちが多数集まってきていましたが

セニョール坂田さんや、

工場長だった、市川さんなんか、昔のまんま



くろみえのblog

もう、誰がだれだかわかんないっす。


そもそも当時本社だった尾山台の機能にはあまり触れることがない日々だったこともあるのか

大掛かりなパーティや、モーターショウとかのときにお顔を拝見したことしかなかった方々だったか?

という感じです。



くろみえのblog

そして、元ショウルームレディだった現在の私たち。


皆40代になり、えつりんと、榛沢はシングルマザー。

ひみつちゃんこと中山さんは、まだ独身!

とまあ、ひっさしぶりに集まった私たちにはいろんな20年を感じます。



くろみえのblog

↑これも昔の写真

今も日比谷通りにありますが、私たち現役だったころの写真。


むかって左から吉池、真ん中私、、はじっこショートカットは、榛澤


くろみえのblog

こんな感じの当時、バブル真っ盛りのジャガーでだしの頃です。



くろみえのblog

↑こやつ、原田。新卒でジャガーに当時入社してきて、いまだ、

ジャガー・ランドローバー・ジャパン(株)に

残っている貴重な存在。


彼は、私と誕生日が一日違いです。


そして、婚活中!ということで、旦那様募集中ということで掲載  ↓



くろみえのblog

榛澤聖子。↑

43歳。

昔から全くかわりない人。でも、性格はかなりマルクなりました。

髪型も昔から変わらず。

中学生の男の子がいますが、しっかりものです♪

ぜーひに。という方、いらっしゃったら、私まで(爆


いやー、20年経過すると、ほんと高齢化しますね。

大概の方々は引退されて悠々自適な生活をされているそうです。

今回は50代後半から70代までと幅広いおじさまがたの同窓会でした。



さかあがり と くじらぐも

テーマ:

学校では、なわとびと、鉄棒がトレンドの今。

ようやくさかあがりができるようになったようで、鉄棒のあるところに連れていかれては

逆上がりをみせてもらえるようになりました。



うんていも、ひとつとばしとかもできるようになってきたようで、

かなり腕の力がついてきた模様です。



そして、なわとび。

イマドキの縄跳びは、より、ゴールに早くたどりつけるように、改良されているようで


ジャンピングロープ


という縄跳びを、学校から推薦されて購入。

これが、柄のところがくるくる回るようになっていて、あまりスナップをきかせなくても

手を動かすだけで縄がまわるようなのです。


子供の頃やった、あの太い綿でできた縄跳びの重さを思い出しながら

イマドキの子供は楽しているなぁ

なんて娘をみつめるのでした。


そして、


くじらぐも


娘は宿題の一つとして、毎日

「おんどくかーど」

というものを持ち帰り、教科書を読んで評価してもらうものを行っているのですが

今が、くじらぐも。

私が小学生の頃も、くじらぐもでした。

30年以上かわらずに、このくじらぐもを小学一年生に採用している理由はどこにあるんでしょうか。

そこそこに長い内容で、いろんな要素がつまっているんだなぁ

と聞けば聞くほど感じる内容です。



娘が毎日読んでくれている、この「くじらぐも」を聞いていると

小学一年生の頃の私の記憶が鮮明に思い出されます。

早生まれの私は一年四組で、一年一組の四月生まれから六月生まれの人たちと比べると

背丈も行動も全く違っていた記憶や

低学年は別棟で、低学年の校舎の外には、

石山や、綺麗な花壇がとても低い目線で用意されていたこと。

そして何よりも、平行して思い出されるのが、吾妻小富士の姿です。

担任の金沢先生が、折に触れ、私たちに吾妻小富士を見上げさせ、季節の移り変わりをそこで確認させられた記憶があります。


今でもこの先生とは、私の母を介してご縁があるのです(爆

まだお元気でいらっしゃる様子。


かれこれ6年、娘は寝るときに、左親指を、ゆびしゃぶりして寝ていましたが、

一ヶ月前ほどから、そう、七歳のお誕生日を迎えたあたりからその爪の付け根が化膿しはじめました。

はっと、気がついたときには、爪が吸われすぎて、抜けとれてしまいそうなほどの無残な状態になっていたのです。


相当強い吸引力になっていたのではないでしょうか?


皮膚科にいって、塗り薬をもらい

化膿したところを治療していましたが、爪もおちつきはじめ、とれそうだった様相もなくなり

もう少しで完治しそうです。

すっかり絆創膏をはられた親指は、口にもっていくこともなくなり。

これで、とうとう幼児期ともさようならできたんかなぁ?

なんて思って、娘の成長を改めて感じる日々なのでした。


食事の量も増え、産まれてすぐからかれこれ7年もお世話になっているシッターさんが野菜嫌いの娘を心配して、セロリとりんごのサラダなんかを作ってくださるのですが、

平気で食べるようにもなりました。


11月に入り、読書週刊のはじまりだそうです。

図書館にいく楽しさも知り始めたようで、毎週お気に入りの本を借りてきては、読んでいます。

ランドセルのCMが最大化しているこの季節。

一年生への不安が山ほどありましたが、着実に成長している娘なのでした。


11月は、学芸会の予定をしていましたが、インフルエンザの流行を懸念して、

土曜参観に変更になりました。

先週、学校公開日も予定されていたのですが、それも3月に変更になりました。


元気いっぱいあいさつ隊

という活動を先月からはじめているようで、子供たちは、誰にでも挨拶をするいい習慣ができている模様です。