りほちゃん 結婚おめでとう

テーマ:

そして、日曜日。


りほちゃんの結婚式にオヨバレです。

今年はオヨバレの多い年。

オヨバレの多い年と少ない年と交互にあるように感じます。



くろみえのblog

銀座にて、パーティ。

7月にすでに沖縄にて式はあげてきたそうで、今回は、パーティのみ。


もともと美人の彼女は、お嫁さんになってさらに美しく、ため息のでそうなおももちです。

ご主人は、相当りほちゃんを愛しているようで、

そのエピソードに感心させられるのでした。



くろみえのblog

そんな彼女のパーティには、懐かしい顔ぶれが沢山。

寿退社した、かとまやと、あべゆうこ。

そして

永遠の美女、うちやまあいこ。


皆とても美しいです。はい。



くろみえのblog


夏のパーティということもあり、今回は洋装で参加のくろみえ。

そしてその奥に見えるのは、石角くん。

石角くんは、編成内でも、一番メンバー接点が多いマネージャーのため、

いつも私と参加しているような感じです。


かれこれ何回オヨバレしているでしょう...


しかし、本当に結婚式は何回オヨバレしても、ハッピーな気持ちにさせてくれるイベントですね。


りほちゃんおめでとう!

(そして彼女は、今日月曜日、ごくごく普通に会社に出社しているのでした...笑)

AD

どたばたの金曜日。


私のスケジュール上は、妙にシンプルな構成でしたが、実はその裏側で、木曜日からはじまったどたばた劇。


久々の忙殺です。


月末近くのドタバタはわりとなれているのですが、今回ほど心労耐えきれないのはありません(涙


あらゆる調整を経て新幹線にて大阪へ。

新幹線の中、考えれば考えるほど、しっくりとこない事実。

んー。




くろみえのblog


南森町の焼肉屋にて、編成の北川の結婚祝い。


二人の出会いというか、縁はすごいなあと関心させられ、

しかし。


この焼肉屋は本当に美味しいです。

大阪のかた。

そして

これから大阪にいかれるかた。

ぜひともお試しあれ。


要予約です!


翌土曜日は、神戸コレクションへ招待をいただいていましたので、平藤さんを尋ねて神戸へ。


お天気はイマイチなんですが、女の子たちの熱さに驚かされました。

ファッションショウです。

ショウならば、やはり撮影でしょ。

と思いきや、タレントさんとかが多いせいなのか、撮影禁止の札があちこち。


でも、若い子たちのパワーはとめられません

てか、私も。



くろみえのblog


くろみえのblog

すごい熱気です。

立ち見のお客さんも多く。

そして意外にも、男性も多い。


それはそうでしょうね。



くろみえのblog

ひなのちゃん



くろみえのblog

ほしのあきちゃん



くろみえのblog


このうなじは、西川女史。


と、まあ、モデルさんたちも、長谷川潤ちゃんや、マリエちゃんやら、JJのモデルさんたち満載なのです。



くろみえのblog

さらには、青山テルマちゃんのライブも。

個人的には、これが楽しみだったりして。


とても華奢な彼女、でも歌声は素晴らしいです。


娘にみせたかったなぁなんておもいながら、彼女のライブを聞いてすぐに帰京。

ステージは、1~4まであり、私は2までしかみれず...(涙


今回は、本当に勉強になりました。

神戸コレクションは、来週東京公演があるのですが、そちらには、叶姉妹がでるとか。



東京到着は、19時。

そして、そこから次の会合、つぐくんのお誕生日会。千代田区へ移動です。


友達家族との和気藹々のホームパーティ。

私は申し訳けないのですが、手ぶらで合流です。


本当に慌しい金曜日から土曜日にかけて。

そして、翌日曜日は、結婚式へとオヨバレなのでした...

AD

LaQua

テーマ:

娘の夏休みも、月曜日で終了。

25日から学校がスタートです。


早いもので、学校行事のサマースクールや、水泳指導のあれこれから、夏休みイベント旅行

そして、

娘初の二泊三日のキャンプ旅行へKBCのみんなとおでかけなどなど。


ほんとうに月日の流れる速さを感じます。

娘はほっといたら、いつまでも泳いでいられるようになりました

クロールでも、平泳ぎでも。

クロールはまだ息継ぎに必死な感じはありますが、それでも25mは軽く泳げるようになっています。

ガンバルマンの娘をほほえましくおもって母は喜ぶのでした。


なんでも最初からアタックする姿勢はとっても大事なモチベーション!


そんな中。

宿題をやっつける週末。


パパは自転車のレースで修善寺にでかけてしまったので、母娘でどうにかこうにかがんばりました。



くろみえのblog


それなりに形になった、絵日記シリーズ。


娘は夏休み最後の休日ということもあり、またもやどこかへ出かけたい様子。

どこに行きたい?

と聞くと、遊園地。という。


ひょえー

私の苦手な場所です。


でも必死になって絵日記を完成させようとしている娘に、検索。


そして、行き先決定。後楽園。


バスと電車を乗り継いでいきました。

ここ、なかなかすばらしいですね~。


フォーシーズンズレポートでも記載しましたが、小学生になったことで行動範囲が広がっているのです。

LaQuaも、温泉施設には小学生以上になっていて、

リラクゼーションゾーンへは立ち入れないものの、お風呂には入れます。

でも、ここでも大人の施設らしく、18時までの利用。

と子供は制限があります。



くろみえのblog

娘とはまったのが、これ。

ワンダードロップ。


水しぶきあげて水に飛び込む乗り物です。

立て続けに二回ものってしまいました(笑

行列は大体30分。

二回乗るということは、1時間もこの乗り物に費やしたのです(爆


私にしては相当えらいこと。



くろみえのblog

子供のキッズハッカー。

隣にはタワーハッカーがあります。

要は、タワーオブテラー。


楽しんでいるこどもたち。

ここは子供の行列がすごかったです。



くろみえのblog


観覧車ビッグ・オーからの景色。


絶叫マシンサンダードルフィンは、すごい場所をぐりぐりするものです。

よくつくったものです。この施設。

そしてご近所の方々は週末ごとに相当お疲れではないか?

とお察ししました。



くろみえのblog

観覧車の中をジェットコースターがすりぬけるんです。


個人的には絶叫マシンがすきなタイプなのですが、この乗り物は、8歳以上ということもあり、

娘もまだまだ先の話になりそうだし、

きっと卒倒するんじゃないか?

とおもう乗り物です。


そんな我が家の夏休みはこれで終了です。

これからは日常にどうやって戻るのか、娘が心配(笑


ここの温泉施設は、大人の楽園でした。

子供はさすがにほとんどおらず。

そして大人の女性の数の多いこと。


温泉は、塩辛い、東京の温泉。茶褐色の温泉でして、サウナが充実しています。

日焼けあとの皮膚をどんどんはがしたく、サウナにはいりまくる私なのでした。


大人のデートには最適な場所ですね♪

娘は今週末もいくんだと張り切っております。


ライド4というチケットを2000円で購入して、4回乗り物に乗り放題。

でも、娘場合は足りません(汗

AD

夏休みも終了してすぐ。

朝6:50の飛行機にて長崎へ。


まだ空港は夏休みモード全開。


まずは長崎県から。


これまでの窓口の方から、違うご担当者さまにお会いしに。

今回の往訪は、かなり手ごたえあり。


その後長崎から陸路で約3時間30分。

鹿児島をめざします。


やはりここでも夏休みモード全開。指定席がとれません。

なので、自由席。

でも不思議です。

自由席がガラガラ。


指定席は満席なのに(爆


深澤くんに並んでもらって座席確保してもらったんだけど、ガラガラ。

ほっとしました。


鹿児島にて梅澤とも合流。

まずは鹿児島市役所往訪です。


鹿児島についたとおもったらやけに目が霞みまして、私、どうにかなったのか?

と不安になったのですが、それもそのはず。

桜島が噴火したあとでした。


市役所前では火山灰を回収する作業。街の中もすごい灰だらけです。

なので、目もかすむわけです。


鹿児島市長とお会いできて、支社開設ウェルカムの言葉をお聞きし、話もはずみました。

鹿児島市役所は、とても風格のあるたたずまい。

そして歴代の市長のお写真が並び、その歴史を勉強させられました。



後に鹿児島県庁へ。


今回も激しい移動と、往訪の数。

ご出席くださる人数が今回は多く、さすがの私も記憶しきれない状態です。



くろみえのblog

ホテルの部屋からの噴火シーン。

島の右上からもくもくと...


そして朝日ののぼる、桜島



くろみえのblog


翌日は、鹿児島空港から那覇へ。

朝早々に移動です。

やはりどの便も満席に近く。


そういえばつい最近那覇にきたなぁ

なんて思いながらも、沖縄県庁へとめざすのでした。


まずは、支社へ。



くろみえのblog

楽天トラベルの営業所ではありますが、市場のメンバーもいます。

昨年できたばかりの支社ですが、もうこんなに活気あふれる感じ。


しかもトラベルのメンバーは、ラフなスタイルでお仕事しているではないですか。



くろみえのblog

支社のメンバー全員とランチをし、徒歩3分の場所にある沖縄県庁へ。


今回は副知事との面会。

安里カツ子副知事と。


突然のことではありましたが、琉球新報社が取材にこられ、翌日の新聞に掲載されました(笑


泡盛の話や、もずくの話などで盛り上がり、泡盛レシピとか、もずくレシピ沖縄県のページに掲載してはどうでしょう?

などと提案をうけるなど、ごくごく普通に懇談をしてくださいました。

ありがとうございます。


11月に泡盛の会があるとかで、副知事主催のものだとか。

有料だけど、ぜひお越しくださいといわれました。


南九州は、九州新幹線の開通を機にオフィスが福岡に集約される傾向にあるとかで、

鹿児島などは、オフィスの空洞化が深刻なのだとか。

もちろん雇用面での心配も増えてきているとかで、利便性の裏側には、やはりいろいろな課題が潜んでいるものだ。と感じるのでした。


ラフなスタイルで終日前に往訪したときには感じなかった暑さ。

ビジネスのマインドでおりたつだけで、汗が噴出してくる、沖縄はやはり南国です。



うちの夏休み第二段は、フォーシーズンズホテルにて。


クラブメッドのお部屋から一転。

なーんともラグジュアリーなのだ。


私たちは、このホテルでひそやかに結婚式をしたので、アニバーサリークラブ

というフォーシーズンのプログラムに登録されています。


なので、子供のための四季折々のイベントや、じいじやばあばも交えた企画のご案内などをいただいています。

でも、このホテルはやはりラグジュアリーホテルなんで

中途半端な小さい子は難しい。


ホテルのレストランは個室以外は未就学児はNGだし。

ここのプールも三歳以下はNG


ということもあり、ようやくうちもここに子連れで宿泊しても楽しめるようになったのです。


今回のプランでの宿泊はなんと一人一万円!

安いっ!


これから結婚式をご検討の方、このホテルはお勧めです。

結婚式単発でおわるおつきあいではなく

結婚式からはじまるおつきあい。を提供してくれています。




くろみえのblog


ホテルの部屋にチェックインすると、なーんと娘のためのおやつがこんな風に用意してあるではないですか!


感激っ。


もちろんこれには感動して、むすめもいっきにたいらげました。



くろみえのblog


夏休み期間中は、一階の大広間が子供用に開放され、こんな設備。

もちろんDVDもみれるようにもなっており、子連れで途方にくれるようなことはありません。

ほんとうに素敵。



くろみえのblog


ホテルのプールはこんな感じ。

このカフェでは朝から簡単な朝食もとれるようになっています。

でもノンアルコール。

プールサイドでは飲食禁止。

でも、バスローブはおって、このカフェのところにくると、各種ウォーターがフリーでおいてあります。

レモングラス入りウォーターや、レモンウォーター、などなど

お水でもいろいろ。


室内プールですが、夏場なので、天井を開放してなかなかいい感じ。

外にはジャグジーもあり、

室内のプールもそこそこに深く、娘は爪先立ちでようやく。

という感じ。


SPAなので、この施設の中には温泉もあり。

ただ、子供は夜は19時まで。

朝は9時から。という制限があります。

私はまたしても、ここでもSPA バリマッサージ。

最高です。


大人は朝6時から夜も22時までOKのようなので、やはり大人のためのホテルですね。

確かに子供がうるさいと思う方には、これくらいのレギュレーションをもつことは大事かもしれません。


プールの脇にはドライサウナとミスとサウナとがあります。



くろみえのblog

とても清潔なプール。

水泳帽子は大人も必須。

もちろん持ち合わせていないこともあるので、無料で貸し出しをしてくれています。


バスローブもタオルもふんだんに用意されていて快適。プールサイドのベッドはいくつもないので

ちょびっと昼ねするくらいしかできません。

この手前広い部分が水泳する部分で、その奥に温水のジャグジーコーナーがあります。

泳ぐこともできますし、歩いてもすごせますし、じっくりと温まることもできます。


チェックアウトが12時ということもあり

朝食をとるとチェックアウトぎりぎりまでプールで遊べる快適さ。



くろみえのblog


夜は、マジックショウです。

じいじとばあばもやってきて、まずは記念撮影。

撮影してくれた写真は、食事が終わるころにはできあがっていてもらって帰れます。


くろみえのblog


会場の入り口前では、クッキーのデコレーションができるコーナー。


ここは子供に大人気。

クッキーをとって、あとは装飾するシュガーたちをもって、自分の席でデコレーションできます。

もちろん作ったクッキーは持ち帰りOK。


相当興奮していました。



くろみえのblog

マジックショウのスタートです。

このマジックは、子供を相手にしているので、夏休みの課題にも使えそうなネタもあり

しかも、そのタネを持ち帰っていいのです。



くろみえのblog

三世代揃って楽しめるマジックショウ。


これ以外にも、バルーンショウもあったのですが、卒園式あとの二次会でバルーンは散々楽しんだので

マジックにした、今回。


なかなかダイナミックで楽しいショウでした。


そんなうちの夏休み第二段でございました(笑

石垣島から竹富島へ

テーマ:

石垣島上陸して三日目。


風は突風続きなものの、ようやく雨もやみ、晴れ。

雲が激しく動いているものの、プール!



くろみえのblog

早朝散歩して、まだ誰も入っていないプールの表情。


向って右が50cm程度の深さの子供用。

正面が25mプール。

子供たちはこの25mプールでもかろうじて足がたつようになったので、ここで大半をすごす。


三日目終日このプールにて過ごしました。

たまに海辺にいって、魚をみたり、翌日以降は、くらげが増えてきて施設の人10人くらいが刺されてしまったとかで、またもや遊泳禁止に。

この三日目に海にいけたことはとてもラッキーでした。


四日目。

石垣港から、フェリーで10分の竹富島へ。

フェリーで10分という近さ。

そして、先島諸島の玄関口石垣へきたのだから、どこか離島へ足をのばさなければ。

ということで決行。



くろみえのblog

ものすごい数のフェリーが、がんがんに出航していきます。

このフェリーもバスよりもアグレッシブに動くのです。

あれよあれよという間に出航。



くろみえのblog

今回クラブメッドのツアーで参加したこの竹富島観光なので、ツアーガイドで担当してくれた、GOのGO

さん。子供たちに大人気。みかんとあだ名をつけてツアー中彼にまとわりつく子供たち。



くろみえのblog

ものすごいスピードで竹富島をめざすフェリー。

船酔いを心配される方は、船後部にお座りください。

とのことだったので、ゆっきーたちの船酔いを心配して外の席に。

すごい水しぶきに大歓声。


そして、あっという間に到着です。

竹富島は、珊瑚が隆起してできた島。ということもあり、掘っても掘っても珊瑚だけ、

そして水もでてこない島だそうです。

よって、水道水は、海底連絡で、石垣から送っているのだとか。

電気も同様に海底輸送をしているそうです。


さて、小さな小さな竹富島を観光です。



くろみえのblog

じゃーん。

水牛車。

これを目当てにやってきました。


今回ひいてくれたのは、水牛の八重ちゃん。

三重ちゃんが八重ちゃんにお世話になりました。



くろみえのblog

一般的な石垣の民家を説明うけました。

シーサーがどういう方向を向いてどうたっているのか。

壁になっている石垣は、積んであるだけで、隙間があいているけど、その隙間にはハブがよく住みついているとか。とにかく勉強になりました。



くろみえのblog

ガイドのお姉さんが三線を弾いてうたってくれているところ。

とても上手な歌と、八重ちゃんの運転。

すばらしいです。



くろみえのblog

子供たちと水牛の八重ちゃんとおねえさん。


この後、バスにて移動して、子供たち待望の星砂を探しに...



くろみえのblog

潮がひけば、相当遠くまでいけたでしょうが、非常に短い砂浜を皆で星砂探し。

手のひらを広げて、砂にべたっとついて、手のひらについた砂をよーくちぇっくして、探してね。

という簡単な説明。



くろみえのblog

何個かみつけられたみたい。

でも、最後にお土産として採取された星砂をもらうことができて、みんなで大喜び。


でも、この場所、本当に観光地になっているようで、次から次へとお客さん。

星砂はいくらあっても足りないんじゃないかと心配になりました。


そして、竹富島最後の観光場所は、海水浴場。



くろみえのblog

ここには沢山の海水浴客がきていました。

遠浅でとても美しい海。

今回はここで海水浴をしている時間がなかったので、すこしの水遊びをしただけですが

ここにも沢山のヤドカリ。

本当にカラフルな宿をしょった子たちがうろうろしていました。



くろみえのblog

めずらしく、自分登場。


あまりにも綺麗な風景だったので、めずらしく夫が撮影をしてくれました。

そんなこんなでドキドキでスタートした二家族合同の石垣島4泊5日旅行。


マングローブの説明も聞いたし

デイゴの花が沢山咲いた年は、嵐が来やすい年だとの説明も聞けたし

ガイドさんのいるツアーの便利さも体感してなかなかの旅行でした。


何よりも初体験のクラブメッドの楽しみ方を理解できたことが何より。

朝、昼、晩と食事に困らず、毎食テーマが決まっていて、飽きることない食事を楽しめ

(多分相当太ったはず)

一番感動したのは、いついっても自分希望のSPAがうけられることに感動。

どんな施設でも、時間によっては混雑していたり、自分の希望がかなうことのほうが少ないのですが

ここはすごい。

ということで、毎日SPAにいって、全身磨き上げるのでした(笑


フライトもまとめてお願いをしたパッケージでしたが、これもよかったと思っています。

いつもならクラスJとかに座りたいがゆえに、別で個人手配していましたが、

非常に快適な時間帯でのフライトセット。

そして、冒頭にも記載したように、今回の台風アクシデントのような場合にでも最悪那覇で遊ぶという選択も設けられそうなもの。

これはとても素晴らしいと思いました。



海外からのお客様も沢山きていて、特に台湾からは40分という距離のようなので

台湾の人も沢山。

本当は20分程度で到着する距離なんだけど、回遊してから着陸するのだとか。


帰路、石垣空港で、石垣牛のお土産を買い、夜は石垣牛焼肉を堪能。

比較するために、松坂牛を買って食べ比べてみたけれども、

臭みなく、そしてやわらかい、石垣牛は、これからも大ファンになりそうです。


そんなこんなで我が家の夏休み第一弾はこれで終了。

引き続き第二弾をレポートしますので、お楽しみに~。



雨の石垣島の過ごし方

テーマ:

二日目。


まだまだ暴風雨が続いています。

朝起きて、朝食を摂ると、今日一日をどう過ごそうかと、ホテルのGO(じーおーという若いスタッフが各国から集まりサポートしてくれています)と相談。


でも、さすがアウトドア施設。

これといった提案はありません。


石垣島といえば、石垣牛!

ということで、焼肉ランチツアーに参加することにしました。

陶芸教室でもよかったけど、子供たちがもてあましてしまう。


ということでタクシーにて市街へ。

9日からはようやく飛行機も飛び立ち始めたようで、空港近くの焼肉レストラン 大 にてランチ。


これが美味しいの。

石垣牛の大ファンになりました(笑


鍾乳洞見学も検討したけど、全員一致にいたらず。

焼肉を食べたあとは、近くのスーパー、マックスバリューに立ち寄ってみました。

台風がやってきて数日経過したところなので、さすがにスーパーの中の品薄感は否めません。

モノがない。


お酒も泡盛のオンパレード。

日本酒や焼酎はほんとうにすこししかおいてありません。

島の人たちはこんなにも日常的に泡盛を飲むんだ。

ということを知りました。

島へ運ばれてこないから、台風がくるといつもこんな感じになるんです。

とのこと。


施設の中にいても本当にすることがないので、大人の私たちはスパで磨き上げる。

男性陣は、

飲んでいたんでしょうかね。



くろみえのblog


雨と風がすごいけれども、ビーチにでてみると、沢山のやどかりたち。

やどかり

だけあって、「やど」の種類が多彩。


いろんなやどを背負って、たーくさんのやどかりがビーチをうろうろしていました。


子供たちは、画用紙やら折り紙やら、クレヨンやらを買い込んでお部屋でせっせとお絵かき。

まあ、こんな遊びしかできないもんですね。


子供向けに、シアターという広い場所で、空中ブランコの練習もさせてくれていました。

娘はこれにも参加。

飲食には困らない施設なので、それはそれは助かりました。


石垣島二日目は、石垣牛の焼肉ランチ。

とにかく、風の通りやすい島のようで、雨も風もとにかく激しいのです。

8月8日からうちの夏休み、石垣島への初上陸を予定していました。


台風8号の動きがとても怪しく、気が気でなかった出発前。

7日の時点では、那覇までは飛行機が飛びはじめているのを確認しつつも

先島諸島への運行、特に石垣島へは、欠航が続いていました(汗


最悪の事態を考え、沖縄で一泊して、飛行機が飛び始めたらキャンセル待ちをいれて

石垣へ飛ぶようにすべきか。

キャンセル待ちは空港で待機しなくてはならないので、果てしない忍耐が必要そうだから、

那覇で済ませてしまうか...


出発前日はわらわらしてしまうのでした...


毎時ごとに台風の行方をおいつつ、明けて出発日。

どうやら台風の進路は、台湾に向いてしまうのでした...

まだまだ暴風圏にいるではないですか...



あああ、最悪の事態になったらどうするか...

と悩んだけれども、運にまかせでかけることに。

今回もゆっきーファミリーと一緒に。

彼女は雨オンナ。

私は晴れオンナ。

どちらのパワーが強いか。という感じです(笑


今回は、クラブメッド カビラ が目的地。

めずらしいツアー旅行です。

ですが、一般の代理店とは違い、最適な旅をフライトアレンジから含めてしてくれるサービス。

普段は個人旅行で、フライトはフライト。

宿泊先は宿泊先で個別手配をする私ですが、一度は体験してみよう。

というゆっきーの提案もあり、豊田さんにお願いをして紹介してもらいました>クラブメッド


実は、今年の新年にインドネシア ビンタンにいこうとしていたのですが

予約がとれず、ならば夏休みの石垣なら。というレコメンドで、ここにしたのでした。


クラブメッドのよさは、オールインクルーシヴ。

飛行機も宿泊代も、宿泊中の食事飲み物(アルコール含む)すべてが込み込みのところ。

こては手軽です。


さて、羽田からJALにて飛び立とうとしたところ、一人の乗客が、待てどくらせど搭乗しない。

めずらしく一人の乗客を待つこと20分くらい。

こんなに一人のお客様を待つなんて、めずらしい...

そんなこんなで、搭乗したことが確認されたとたん、

機材のトラブルが発見されました。

というアナウンスで、またまた待たされることに...


かれこれ何度も飛行機に乗ってきていますが、実は、初めて。

機材トラブルのアナウンスを聞くのは。

乗客からは、ブーイングの嵐。

8時出発だったことから、ほとんどの乗客は、機内で朝食をとろうとしていたようで、

このアナウンスによって、一揆に機内に食事を開ける音と匂いがたちこめます。


結局45分くらい出発できずにいたでしょうか。

ようやく那覇に向けてフライトです。


実は、この遅延が、このあとの石垣へのフライトにラッキーをもたらすことになるのです!


要は台風がすこしでも石垣近辺から遠ざかってくれれば運航されるわけで

時間かせぎができたということです。


また、直行便じゃなくて面倒だなぁ

と思っていたフライトですが、このように分けてもらっていたおかげで、

石垣までいけた。ということになります。

直行便はキャンセルになっていましたから...


そして、相当遅れての那覇到着。

恐る恐る、乗り継ぎ場所まで移動すると、張り紙...

天候調査を行っているとのこと。

待つことここでも、約50分くらいでしょうか。



くろみえのblog


ようやくウレシイアナウンス。

遅延しているけど、飛びます!とのことです。

条件付きではあるらしいのですが(引き返しの可能性)、そこまでいってくれたら、あとは、念力ででも飛んで着陸してもらおーではないか!

という勢いです。


お昼もそこそこで、飛行機も相当揺れそうなので、控えめに待機。


この日午前中の便はずべて欠航。

そして途中途中でも運航はしたものの、引き返し。

ということで、まだ一便も(?)石垣へは着陸していない様子でした。


バスにのって、飛行機へと搭乗。

皆、祈る気持ちで、乗客全員石垣へとフライト。


そして、無事着陸です!


石垣空港は滑走路が短いので、強制的な着陸と、逆噴射のすごさで有名らしいのですが

着陸間際の飛行機のゆれといったらものすごい不安なゆれで、どうにかなったらどうしよう!

という不安いっぱいでした。


そして、着陸した瞬間。

乗客全員で拍手が沸き起こりました。

皆、ほとんど同じ気持ちで搭乗していたせいもあるかもしれません。



くろみえのblog

空港には、台風で飛行機が到着しないこともあり、石垣をでることができずにいるキャンセル待ちの人たち。

約1500人くらい待機しているとのことでした。


このひ、この後の便も大半が欠航になってしまったとか。

たまたま運のいい便を予約できていたこととと

何よりもパイロットの勇気がすばらしい。と皆で夜のつまみとして、今日のフライト話は続くのでした。



くろみえのblog

バスにてホテルまで移動。

バスの乗客も私たちグループと、3家族だけ。

本来ならばもっと乗るはずだったのでしょうけど、がらがらです。


そして、川平へと車で40分ほど移動。

飛行機がどれもこれも遅れたこともあり、ホテルに到着したのは16時近くです。


でも風、雨がものすごいので、することがありません。

バーへと移動して飲み始めようと思っても、フライトがキャンセルになってしまった方々が部屋の空きを待つのにごった返していて、バーにも入れないような状態。



くろみえのblog

あ、ちなみにお部屋はこんな感じ。

この反対側に子供が寝られるベッドがあります。

三階の部屋の海の見える部屋。


でも、窓の外には、台風でなにか危険物がとんでこないようにと、ネットが張り巡らされ

それはそれは概観はよろしくないです。

とはいっても、海も相当荒れているし、とにかく、バケツをひっくり返したような雨が降り続いています。


ほんとうにこの風と雨の中、私たちを乗せた飛行機はよく石垣に着陸したもんだ。

と歓心しました。



くろみえのblog


さすが台風の通り道にある施設。

ドアにかける、「お掃除してね。」「寝てるから起こさないで」

という本来なら札は、砂の入った上部な袋。


さて、4泊5日の旅のはじまりです。







簀立遊び 木更津

テーマ:


そしてこの週末は、元保育園のお友達家族とのアクティビティ

簀立遊び @木更津


本当に木更津にいく機会が増えました。


今回は、与兵衛 さんのお世話になり、飯島家のプロデュース


なぜか、お世話になった先生も、別船で出航!と、とても縁を感じる日でした。


子供たちも遠くにみえる先生に


「せんせーい!」


と叫び、木更津に恵比寿の街がやってきたかのようでした(笑


さて、今回は朝6時集合。ということで、家族それぞれ集まりました。

うちと、とうまくん家族は前泊組みで、またまた三日月。

プールで遊びまくり、真っ黒こげ。

前夜もカラオケで盛り上がり遊びまくりです。


朝食もそこそこに、さっそく乗船です。


この後姿はあおいくんパパ。



くろみえのblog



アクアラインからみえていた、あの怪しい棒の集団が、この簀立遊びのためのもの。

ということがわかりました。




くろみえのblog


湾内を出航して、どんどんとうみほたるに近づきます。

結構水深はあるので、どこまで潮がひくのか、とても興味がありましたが、

大潮だと、島ができるほどまでひくらしく、今回はそこそこの引きだとか。



くろみえのblog


かもめでしょうか。

棒一本一本に、同じ方向を向いてとまっています。

とても可愛らしい!

と皆で叫びました。


でも、この鳥たち、しっかりと意味があってここに佇んでいたんです!


簀立遊びにくる人間を知っているメタボ鳥です。



くろみえのblog

船が停泊するやいなや、あおいクンママがいてもたってもいられず、

早速自前のウエアを身にまとい、海の中へ。

彼女は、アサリの収穫には目がないマニアです。


大人が立ってもこれくらいの水深だったのですが、まだ小学一年生たちは

びくついて海には入る気配はありません。


五年生、三年生と順番に海に飛び込みはじめると、一年生たち集団も海へ!


120cmの子供たちがこんな感じです。↓

海の中の様子を観察しています。


青柳が沢山とれるそうで、こうやってかち割って、べろのところだけをとって、塩水で洗って食べてくださいね。

という説明をうけ、男性陣が順番に実施。

摂った青柳は、相当足が早いそうで、持ち帰っても食べられないということで

海の中からとれたてをその場で食べることを推奨されたのでした。




くろみえのblog


このころからどんどんとクラゲが増えてきました。


透明なクラゲが沢山です。

個人的にナマコもクラゲもだめなんで、どうしよう...

という感じです。


刺されはしないクラゲだと聞いて安心はしたのですが、その中にも赤いクラゲがいることもあるので

それは要注意とのこと。

さわさわーっと太ももをクラゲが通過するのは、それはそれは気持ち悪い(爆



くろみえのblog

エイには気をつけて!

という説明を聞いているところ。

エイのしっぽの長い部分の脇についているところが刺す部分で、相当しびれるそう。



くろみえのblog


そして、とうとう簀立の中にはいれることに!


くろみえのblog


時間がかかったのは、潮がひくひかないではなく、この簀立の中に沢山のエイがいて

それを確保してからでないといれられないとのことで

今回は相当な数のエイがいたようで、時間がかかっていました。



私も中に入りはしましたが、やはり相当な数のクラゲがいて、刺しはしないとはいわれても

やっぱり気持ち悪く、すぐに船に戻ってしまいました(汗



くろみえのblog


こーんなお魚も摂れたみたいです。

歯がすごいです。



くろみえのblog


これがうわさのエイ


すごいです。はい。

グロテスク。



くろみえのblog


よく見えないかもしれませんが

今回の収穫です。

この桶二つ分。


皆それぞれにお魚をもって帰り、今夜はお刺身大会でしょうか。


11時ころには終了。

船が岸につくころには、雨が降り出し、ぎりぎりセーフでした。


久しぶりにあったお友達は、とても成長していて、また次に会えるのが楽しみです。

こんな活発な私たちファミリーは、まだまだいろんなアクティビティをこれからも仲良く続けることでしょう。



楽しい簀立遊び、ぜひ、みなさんもどうぞ。

何気にとてもゴージャスな都会の人間の遊びです...