まち楽興行も、どんどんと形が深まり、熱い地域では、職員の方々が楽しんで情報発信を開始されているところが増えてきました。


どの県もそれぞれ「熱い!」のが特徴。



4/24にスタートした「高知県職員ブログ」


その名も遊びに来いや「ドリンクガールズ」日記



このブログは、百合子さんが主体で、高知ならではの美味しいものとお酒をからめた活動日記となっています。

山梨県庁ブログ「やまなしものがたり」編集長からもエールが送られています。



「松山ブログ」


毎日更新しており、写真もかなり凝っていて、松山の今をリアルタイムに体感できるブログです。

職員ブログといいますか

ブログとしては、非常に更新頻度高くそして、地元愛の深いサイトです



「島根県のブログ」


~神話のふるさと島根の旬な情報をお届け ほのぼの島根日記~


こちらでは、写真のみせかたをいろいろ工夫されています。

景色と、商品をそれぞれちゃんと工夫して掲載していてなかなかです。

うーん、次は島根にいってみたい!



「山梨のブログ」


~あなたのこころにかならず響く やまなしものがたり~


職員ブログとしては、いち早く手がけはじめた、やまなしものがたり。

編集長がかなりのこだわり派です。

東京からとても近ありながらにして、意外と知られていない宝庫。山梨。


個人的には、桃で山梨、岡山は目が離せないのですが、地元を愛する職員の方々の日々をいろいろな形でPR推進しています。


今後も各地の職員の方々の生の声をブログでアピールしていきますので、ぜひともご期待ください。


うちの県は、ブログないの~!

とか

うちの県のアピールが薄い~!


とかあれば、私くろみえまで何なりとご連絡くださいませ。




AD

4月29日(祝)は、発売してすぐの、こども教育テレビWii あいうえ・おーちゃん

のユーザーの会(?)


に参加してきました。@代官山


子供用ソフトということもあり、もちろん対象は、うちの娘。

幼児期から小学校低学年向け

ということもあり、娘にはうってつけのソフト。


ということで、いくつかのゲームを楽しんできました。


くろみえのblog


うちのパパも一緒に参加したのですが、この会社は代官山 ヒルサイドテラスの中にあり

とてもすがすがしい場所。

そしてまた、古くからコンテンツ制作をしているらしく



くろみえのblog


懐かしい、カラクラまでおいてありました!

歴代のハードウエアがこのカラクラの脇に並んでいたのは、懐かしさと、

なんともいえない、制作の環境への思いなどを彷彿とさせられるものでした。


いやー、いいですね。

自分で会社をやっていた頃の理想がここにはありました。



一般的なWiiのソフトとは違って、学習性や、家族で会話をしながら楽しむ。

というストーリー性など、親としては、なかなか共感を得ることができるソフトで

新しいモノ!

という感じをうけました。


最後にこのソフトの入手方法などを説明してくださったのですが

うちの娘ときたら、それをしっかり暗記しているではないですか。

Wiiポイントって、どうやってゲットするものなの?

と、帰路質問する娘に、親はギャフン。


最初のうちは、新作ソフトっていうのからダウンロードできるらしいけど

すぐに新作じゃなくなるから、選びづらくなるらしいよ。

とまで。


さすがに「検索」って言葉まではでてこなかったのですが

楽しいソフトだった。

ということを体感できた模様。


詳細はこちらから↓


こども教育テレビWii あいうえ・おーちゃん


ランチで代官山にできたばかりのハワイアンレストランにいったのですが

残念ながら、イマイチ...

私が作る食事のほうが美味しいわ。と久々に思わされました...(爆

AD

木更津 潮干狩り

テーマ:

この週末は、子供たちと潮干狩り!


入学おめでとうの会 木更津 潮干狩りイベント!


ということで、ツアコンくろみえは幹事さんとしてがんばるのでした(爆


そんな幹事さんくるみえも、このところの疲れがたまり、肩と首のこりから、耳が聞こえづらくなっており

土曜日でかける前には整体にかけこんで、いつもの先生に調整をしてもらい

さらには置き針の刑。


でも、この置き針。かなり効く。

もちろん首のずれを治してもらったせいもあるのでしょうが

この針のおかげで、耳もすーっと通り、その足でおでかけ。


土曜日はあいにくの雨。

海ほたるで、誰かにあえるかなぁ?

なんていっていると、大の仲良しのらいかちゃんの家族の車がアクアラインでうちを追い抜く(笑


ETC週末1000円効果で、海ほたるはいつも週末混雑。

ということでしたが、土曜日は雨のせいもあり、さほど混まず。


また回転寿司をふた家族で堪能。

でも、やっぱり下田の回転寿司のほうが美味しかったね。


ということで、午後には6家族が集合。@ホテル三日月 竜宮城。

プールで待ち合わせをしていたけど、1か月ぶりに再会した子供たちの興奮ぶりはそれはそれはすさまじいものでした(笑


このホテルは雨でも子供たちがもてあますことなく遊べる施設であることが魅力。

低学年のお子さんをお持ちの家族には、とくに、男の子。向いています!



くろみえのblog

子供たちが撮影してくれた父兄席。

ちびちゃんたちも多かったせいもあり、個室の宴会にしましたので、それはそれはいい遊び場になりました。

この写真は子供たちが撮影してくれたもの。



くろみえのblog


この撮影に間に合わなかった、パパやママもいたけど、とにかくアットホームな時間。

地域ばらばらで登園し続けた保育園だったので

子供たちも通学先がばらばら。


なので、本当にうれしい集まりになりました。

この学年の傾向は、メディア系で働くママたちが多いことと

国際色あふれる仕事がからむ傾向。

なので、それなりに情報交換にもスピードがつきもの(笑


宴会を経て、ママたちもパパたちもなごんで飲み会。


雨がかなり降っていましたが、翌日は潮干狩り。

ということで、目覚めると晴れ。

でもすごい暴風。


それでも決行する私たち。

時間とチャンスを必ずモノにしようとする妥協しない姿勢がなかなか共感をもてる関係性です。



くろみえのblog


9時から潮干狩り開始。

という予定表でしたが、風のせいか、なかなか潮がひききらず

会場入り口にはどんどんと人が集まっている様子。


でも、潮ができるだけひききってからいかないとややこしそう。

ということで、かなり時間には余裕をもっている様子が、このホテルの部屋からの写真。



くろみえのblog


潮はひききっていないにもかかわらず、海に駆け込む人たちの様子。


すごいなぁ~

なんていいながら、会場を日帰り休憩所に移動して

その後に臨戦!


でも、子供は軽く吹き飛ばされそうな風速約20mの状況のため、

海にでた子供たちはものの15分くらいで退散。


そして、こだわりの親たち数名が、狩猟民族として堀堀開始。


うちの戦利品は6kg!

すごい量です。

じーっと同じ場所を掘れば掘るほどアサリがでてくる!


しかも、今回学習したのが、早い時間に掘り堀されて、潮が引ききったころにゆるくなった砂地から

アサリがどんどん浮き出てきている傾向。

なので、潮干狩りは、あせって挑んではいけないということと

誰かが掘った跡地を軽く掘るだけで、深く潜んでいたアサリたちが浮き出てきてくれていること。


道具にもかなりこだわって今回は参加しましたが

道具も大事。

妥協してはいけませんね。


しゃがんでやるには足がしびれた昨年だったので、今年は旦那さんが、手作り椅子兼アサリ収穫箱をつくってくれたので、とにかく掘ってみつけては、箱にいれる。

というスタイル。

また、昨年は首の後ろだけが日焼けしてしまったので、そこは、格好つけずにタオルほっかむり!


ということで、かなり楽しむことができたイベント。


かなりいつまでも風が強くそして寒い日でしたが、案の定。

娘はこれを記録している今発熱中(汗


子供たちの間で、ゆるやかに3月からインフルエンザB型が発生していますが、

そうでないことを祈りつつ。

38度までいっていないので、ただの風邪かな?

と見守る母です。


しかし、潮干狩りは奥が深い。

そして、とってきたアサリたちは、ほんと元気がいい。

普段スーパーで買うアサリが日本のものじゃないことを食べてみて感じるのでした。


次回は、簀立遊び。



木更津は、いろんな海の遊びができるので、近場で楽しくそして美味しい場所です。

夏休みのイベントのひとつとして、すでにいろんな手配をはじめました。


すだて遊びは8月1日~8月2日の予定。

AD

福岡出張

テーマ:

そして今度は福岡にやってきております。


午前中の会議の嵐からまたまたドタバタで羽田まで移動。

まずはランチを早めにとり、ラウンジへ移動してパソコンを広げる。

メールのチェックがままならない今日だったことと、週報を書き上げねば。

というミッションから。


どうにかこうにか1時間で諸々の作業を経て、機内へ。

めずらしく、乗り込むやいなや、爆睡。


私にしてはかなり珍しいことです。飛行機の中で寝てしまうこと。


今週は、連日お弁当つくりの日々。


今日は



くろみえのblog


こんな感じのラブリーなお弁当をつくって娘にもたせました。

昨日まではサンドウィッチを希望していたので、毎日タマゴとツナのサンドウィッチをつくり

へとへとでした。

サンドウィッチは本当に面倒というか時間がかかります。

ゆで卵をつくって、潰して...

ツナも缶からアブラギリするのに時間がかかり。

毎回見栄えを変えるためにラップで巻いたり、小さく一口サイズに切り込んだり


さすがの娘もサンドウィッチに飽きたのか、昨晩お弁当のリクエストを聞いたら、

お弁当箱に、ごはんをどーんといれて。

というリクエスト。

今まで一度もそんなリクエストなかったので、これは楽!っと、ありがとうの意味で、海苔をはさみで切って

ハートのマークにしました。


ハートのマークの下にお楽しみをいれたから、何が入っていたか、食べたら感想聞かせてね。

といって、作っている最中にすでにおかずがバレバレな中にサプライズを。


単に、海苔の下にゆかりをふりかけただけなんですが...

でもピンク色になるので、かわいいかなぁなんて(笑

でんぶがあれば本当のピンクのハート色になるのでよかったのですが買い置きもなく

卵焼きも斜めにきって組み合わせてハート型にみえるようにしたのですが

いかんせん卵焼き自体が、甘みを多くしていることもあって、ぎゅにゃーっとなって、ハートが崩れている...(涙


そんなこんなで、来週から給食がはじまるらしいので

このお弁当つくりからは開放されますが、


やー、娘も私もこの環境の変化の激しさにへとへとです。



保護者会 父兄会?

テーマ:

本当に今日は綱渡りの日でした(大汗


今日は昼すぎまでお仕事。

そしてその後二時間、私用でお時間をいただき、保護者会へ。

そして、帰社。大ボスに同席していただく、個人的に重要なmtg。


ふっーーーー!


というのが本音です。


分刻みで物事を片付け、何食わぬ顔して、保護者会に万全の体制で参加するも

驚くべきは


遅刻者の多いこと。

そして、子供の放置のすごさ。

さらに私語の多さ。


辟易としました。


これが本音です。


こういうことをこういう公の場に記載することはどうなのかなぁ?

なんて少しは悩みもしましたが、

悩まずすぱっと記載。


あまりにも失礼で、そして時間の概念のない父兄が多すぎます。

time is money

そんな死語は使いたくはないですが

今どきのお母様がた、あまりにもモラルがなさすぎる。


おかげですべての時間割がおせおせ。

だまって話しを聞いてなさいな!っ!!!と叫びそうになるも

じーーーーっとしていました。


そして、PTAの選出。

そこそこに自主的に皆様がた参加されるようなので、ほっとしているもつかの間

ひとつの役員のところで手があがらなくなる...

設定された2時間という時間から10分経過。

この場所からタクシーをとばして有に30分はかかるため、私としてはタイムリミットを感じ

そこをしのぐために、自ら挙手!!!!


でないと、その先どれだけの時間がかかったかわからない。


パパに協力してもらい、これをクリアすることに(すいません)


てなわけで、今回は世の中をまた改めて勉強させていただきました。

あえて多くは記載しません。


十二分に時間調整がきくだろうと思い、この会合のあとに、仕事をいれていた自分を回顧しつつも

でも、設定された時間は時間だろう。

と、思う私なのでした。


タクシーの運転手さんに、20分でいってくれ!

と懇願し、予定時刻3分前に社長室到着。

すいませーーん!

と駆け込んだはいいのですが、さすがの大ボスでも、怒り。

(本当にすいません!)


5分前にきてお待ちするのが礼儀だろう。


そうなんです。

そうできるはずだったんです(汗

でも、その前が、時間守らなかったので....


そんなこといえません。


お客様を社長室にお通しし、1時間。

ふっーーー。の1時間でした。


AdobeのCEO ナラヤン氏は、非常にわかりやすい英語を話される方で

お見送りの際に、自己紹介をしたところ、なーーーんと、とても懐かしい、David Mendelsの話をしはじめ

うーーーん、懐かしい!という快感を得たのでした。

Macromediaの日本法人を設立する際に、USAのHQから派遣されてきた、日本語堪能な池尻大橋に住む外人。

それがDavidでした。

そもそも、日本法人ができる前から日本駐在員として日本市場をウォッチしてきた人間だったんですけどね。

そういう体制をつくっていたMacromediaが、また、好きだった♪大上段に構えず、それでいて、大切と思われる部分には十分にリソースを割く経営体制。


今や彼はAdobeのBoardMenber。

かつてのMacromedianの中では一番の出世頭かと思います。


沢山いいあいをして、喧嘩して、そしてどうにかこうにか日本法人を一緒に作り上げた関係性。

アメリカではこうやる

だから、こうやってよ。

という彼の指示。

でも、それは納得がいかず、日本人はそんなやり方しても誰も仲間にはならんぞ!

しかも、あなたに指示される理由がないっ!

と夜中何時までも些細なことで言い合いをしてきました。

英語と日本語とお互いごちゃまぜで。


今回彼らにお会いしたことで、またDavidにMieは知ってるか?元気に楽天にいたぞ。

なんて話をお土産にしてもらえたら幸い。


んー

それにしても、今日は本当に極端な一日でした。

ドメスティックでかつ、教育というか、なんといいますか、妙な感じの雰囲気の時間制限の感じられない環境から

いきなり英語の情報交換の世界へのタイムトリップ。


今日ほど、

「自分、よくやってるなぁ~」

と思った日はありませんです。はい。




さて、今度は北陸を攻めてきました(笑

とうとうこれで、ほぼほぼ攻略。となります。


今回は小松空港入りの小松アウト。

というまち楽興行としてはめずらしいパターン。


また、ANAは富山、小松、福井という空港を同様の地域として扱い、同金額で移動ができるシステムになっているようで、また新しい発見あり。


いろいろな空港に降り立ってみると、

その県の力といいますか、圧力を感じます。

輸送量としてはそこそこなのに使用する機材はかなり豪華な小松行き。

でも離発着ゲートは66番から68番というかなり遠い場所。


かれこれ10数年前、アルダスにいたころに、金沢出張で一泊した覚えがある北陸出張。

そのときもそうでしたが、やはり私が日本海沿岸にいくときはいつも曇りか雨。

小松空港からのアクセスというのは、金沢も福井も同じような距離感なんですね。


ちょっと失礼な表現になってしまうかもしれないのですが

富山、石川、福井。

この位置関係が、今回行くまでなかなか頭のなかでイメージできませんでした。


北関東の栃木、群馬の位置関係がわからなくなるのと同じでしょうか?



まずは石川県庁さんから。


いろいろ内容としてはありまして、

結果オーライ。


北陸本線で福井まで移動するまでに特急待ちをするために駅ビルにて若干時間をつぶす。

沢山の産品。

塗り物。

海産物。

お茶。

本当に宝物に囲まれた場所だと改めて感じました。


また、行く先々でみられた菜の花。

菜の花の蝋燭。

というのが売られており、とても惹かれました。

どこで使うんか?

と自問自答して、今回は購入を断念。


それから和紙。

沢山の素敵な和紙たちを眺めては買おうか買うまいか悩む。


特急で福井県庁へ。

恐竜の街。

世界三大恐竜タウンのひとつ。


福井県は、水もよろしくそして海産物も豊富。

観光は中京地区と、関西地区から車で約2時間ということで、関東からの誘致が地の利の関係もあり苦戦しているとのこと。

個人的にも、福井。と聞くとどうしても「遠い」「陸路」と思ってしまっていましたが

今回いってみると、小松からあっというま。

という場所であることを体感。


いったん雨もあがり、お堀に囲まれたお城のような環境の県庁の周りは

桜吹雪のあとがとても美しく、ここでお花見したらどれだけ美しかっただろう?

と思いました。


各県往訪すると、県庁はお堀に囲まれた、元お城の跡地のような環境が多いんだ。

ということもわかりました。


小松空港からの帰路の一歩手前で、こんなところに立ち寄りました。



くろみえのblog

ゴジラ松井のミュージアム。

そして、このミュージアムの裏手に、松井選手の実家があり、もともとはそのご実家の脇に無料で閲覧できる博物館(?)をおいていたらしいのですが、ヤンキースにいってからというものスケール感が大きくなり、展示物も増えたこともあり、この建造物をつくったとか。

松井選手の過去を改めて歴史を追いながらみせていただきましたが、

努力の賜物の彼。なんだかみていて涙がでそうになりました。



気のせいか、住宅地のど真ん中にある、この施設の影響か、周りの一般の住宅も

このアメリカンな建物と同じようなデザインが多かったように感じます。

小松空港はやけに滑走路が広く大きく、なぜなんだ?とおもいきや、自衛隊の演習場があったのでした。


今回改めて心したのは、

やはり

人と接するときの態度や目つきというのはとても大事だということ。

そして、わざわざお越しくださった。

という誰に対してでも謙虚で、お礼できる姿勢というのは、大事だということ。


まだまだ日本人。

挨拶もうまくできず、人とのコミュニケーションもうまくできないおとながいるんだなぁと思いました。

こういう大人を撲滅せねば、これからの子供たちを教育することはできそうにないなぁ。

とも感じました。


あ、そうそう

先日のイーグルス観戦の際の素敵なショット BY うめ



くろみえのblog


小磯さんと、壱岐市長。


入学式のあった週、娘の新環境も心配しつつも、京都→滋賀への、

さすがの日帰り出張。


桜の一番きれいな季節に京都にいけるなんて...


と思いつつも、娘のことが気がかりで仕方ない。


まずは、京都府庁へ。

はじめての京都府庁。

今回は商工会議所さんのお手伝いあっての往訪。

本当にありがとうございます。

京都は、黙ってでも観光には長け、京小物や、京都ならではの産品がふんだんにあり

着物というキーワードもどんぴしゃの場所。


舞鶴、天橋立、丹後半島

といった、京都北部は、一般的な京都観光とはまた違ったアプローチが必要だとか。


京都府庁を往訪した後に、滋賀へ再来訪。

奈良もそうでしたが、いったん往訪して、すぐに再来訪というのが、最近のトレンドのよう。

再び滋賀へは往訪することになりそうな、

そんな予感多し。


前回は県庁のある大津のみに直行直帰だったため、琵琶湖を拝むことなく移動してしまったのですが

今回は時間があったので、湖西線で大津京へと入りました。

驚いたのは、琵琶湖を囲むようにして、大都市をみせている様相。

近代的な建物の多さに驚かされ

そして、牛肉の美味しさにも驚かされました。


大津京からは対岸が近いので余計にそう思わされたのかもしれませんが、全周約210kmあるという琵琶湖は

普通に徒歩でウォーキングして周ると、14日間くらいかかるそうです。


滋賀へはいろいろなルートで入ることができることからも

観光の誘致としてはいろんなアプローチができるんだろうなぁ

なんて思いながら、多数のアプローチを検討しはじめるだけでワクワクするmtgでした。

今回はトラベルのメンバーも一緒に往訪し、

ITを駆使した提案を多数。


もう少し滋賀を堪能したいなぁ

なんて後ろ髪ひかれつつも、品川駅近辺にて夜mtgを予定していたので、

あわてて帰京。

同行したメンバーは思い思いの帰路についたようです。



くろみえのblog


いやー、素敵な結婚式でした。


お嫁さんが若いっ!というのが、とても初々しくそして、可愛らしい。


普段社内では、むーっとしている安岡も



くろみえのblog


こんなニヤつき。

すごい嬉しそうに、にこやかな表情で、驚かされました。

お嫁さんに、プレゼント。といって、歌を歌ったのですが、音程をはずしまくり

何の歌を歌っていたのか、さっぱりわからず。



くろみえのblog


美しい女性参列者たち。

あ、宮川は男性だけど、女の子のように、感極まっては涙を...



くろみえのblog


メンズたち。

私は、まさに、姐さん!って感じでこりゃ、まずいなぁと反省。

反省してもどうにもなんないんだけど。


このメンズたちの小磯さんを除く全員独身!

いいかげん、予定くらいは作ろうね。



くろみえのblog


いちもとさんと。

んー、こういうショットになると、銀座のママみたいな私。



くろみえのblog


こいそさんと。


ということで、今回も私は着物にしました。

いろんな施設で着付けをしてもらうこと数回。


都内のホテルの半分は、あまりサービスとして納得のいかない着付けサービスが多いです。

いろんな地方にいけばいくほど、

いろんなコミュニケーションがあり、そして朗らかにお祝い前の着付けタイムも楽しくなったりしています。


まあ、自分で着物を着られれば、こんな評論家みたいなことしてなくてもいいんでしょうが

でも、やはり着崩れしたくないので、専門家のお世話になるのが一番美しく仕上がるかと。

がんばろう。


イーグルス ホームご招待戦

テーマ:

くろみえのblog


ようやくイーグルスもご招待戦を桜の咲く時期に開催可能になりました(笑


最初の数年はナイター戦。

そして3月も雪の降る時期。

ということで、数年前は、このお客様をご招待する試合の後、インフルエンザにかかったことを思い出します。


今年はとても暖かく

そして、ロングダウンジャケットを着る必要もなく

スーツ姿でお出迎えをできる、とても素敵な4月11日。

娘の帰宅を待って、無理やりシャワーを浴びせて、福島駅で母に娘をゆだねて...

の日でした(笑



くろみえのblog


まだお客様の入っていないスタジアム。


あんまりこういう写真もとれないですよね~



くろみえのblog

練習中の選手たち。


でもね、すいません。

全員の選手をいえないです。はい。

わかりません。



くろみえのblog


VIP対応の新しい席のことや、新しい施設を説明してくれている島田さん。

さすが、

ご招待戦だけあって、クリムゾンレッドのネクタイがおしゃれ~

島田さんが座っている席は年間シート70万円の新設モノ。

私も腰掛けて、このように写真を撮影しましたが、とてもすわり心地よく

そして、視点としてもとてもいいアングルで観戦できるスペシャルシート!



くろみえのblog


新設されたVIP用バー。

ニッカウィスキーのスポンサーもあり、かなり素敵で充実したアメリカを感じさせるデザイン。




くろみえのblog


そして ↑ この数もかなり増えました!

7回であげられるこの風船。

今回は、残念ながら西武に負けてしまいましたが、ファンの数が本当に増えたこと

そして、施設としても5年を経てとても充実したこと。

9回にはいったところでさえも、当日券を求めて会場にはいっていくカップルが複数名いて、

とても頼もしく思えました。


今年は期待できるかも!イーグルス

入学式と新しい日々

テーマ:

先週から娘に新しい日々がはじまりました。


入学式は、子供たちにとってはじめての歌「君が代」が衝撃的だった模様で、

国歌斉唱。

といわれ、父兄が歌いだしたら、後ろを振り返って、しげしげと歌う父兄を眺める子供たち。



くろみえのblog

六年生、二年生が大活躍してくれ、新一年生をしっかりとサポートしてくれました。


いやー、感慨深いものですね。

自分の子供が、小学生だなんて。


42歳になった今でも、小学校に入学したてのころの教室の様子や、いろんな匂いなどを思い出します。

それだけ人生にとってとても需要な儀式なんだと自分の体験からしてもできるだけサポートしなければ!

と改めて親としてのふんばりを心に誓うのでした(爆


入学したての最初の週は、旦那二日。私二日。と分担して休暇をとり、

自宅から娘を送り出し、自宅に

「ただいまー!」

と帰ってもらうことを決行。


これから先は


「ただいまー!」


と帰宅することは当分ないし、帰宅したとしても、

「おかえりー!」

といってあげられる環境ではないので、せめてもの、最初のなれるまでの慣らし期間。


たったそれっぽっち、やってどうなのよ?

なんて声も聞こえそうですが

やってよかった。(爆


かなり新しい環境に慣れようと努力したのか、帰宅するなりものすごい勢いでの食欲。

がつがつお昼を平らげると、爆睡!


1)毎日ちゃんと鉛筆を削ること

2)鉛筆は一本だけ短くならないように、みーんな同じ長さで筆箱の中で仲良くしていられるように使っていくようにすること

3)ハンカチ、ティッシュは必ず朝自分でぽっけにいれていくこと


これをルールにしてみました。


ものをできるだけ大切にするこでありますように(笑


そして、新一年生へのプレゼントとして、ママから、英語のレッスンをプレゼントっ!

保育園での英語の成果か、レベルチェックをうけたら、TINGO 3からのスタートに。


毎週楽しんで通い始めています。

毎週土曜日に定例ものとしていれようと思ったのですが

今後何かと行事も増えたりして、リスケの嵐になっても、面倒か

と思ったので、フリーで事前予約ができるコースに。


平日、自力でもいってもらえるように期待している。



くろみえのblog



私も一緒についていって、待機しているのですが

普段全く使うことなくなった英語。

娘のレッスンの前後ですれ違う先生たちとの会話で、少し記憶をよみがえらせてくれています(笑


しかし、子供というのは、すばらしいとこの英語に触れさせて思っています。

詰め込み。

といわれることなく、できるだけ興味をもつものに触れさせて、本人のやる気があるところには、

どんどんと掘り下げてもらいたいと思う今日この頃。


会話中心かと思いきや、毎回アルファベットを書いては自信をつけはじめています。

自分の名前もちゃんと書いては喜んでいます。

プライベートにしてよかった。

と、4回のレッスンを経て体感しています。

レッスンで出会うお友達作り。

という側面も検討したのですが、個性を平らにしてしまうのももったいないか?

という判断。


これからも、また、レポートしていきます。


今週からは本格的に、キッベースキャンプにお世話になる日々。

学童では時間が短いから。

という理由もありますが、この施設を利用するメリットは

複数の学校と、学年を横串にして、交流を作ってくれるところにあると思っています。


おのずと地元の子供らとの交流はできますが

ほかの学校の子供たちとの交流はなかなか自発的には作ることできない。

なので、この環境で、より幅広くいろんな人とかかわりあえる体験を身につけられればいいかなぁと

思ったりしています。

黙っていても10校の子供たちと交流することができる日々。

物事の考え方や、答えの出し方など

自己流ではないいろんなものを吸収してもらえればいいなぁと期待しています。



あ、そうそう、先日の下田旅行の平らげた回転寿司の数。

こんな感じでーす(爆




くろみえのblog