続 おたふく風邪

テーマ:

娘ですが、元気いっぱい、熱もなく若干食欲は少なめですが、それでもまだおたふく風邪の模様。

擬似おたふく。とおもっていたのですが、どうやら本格おたふく風邪のようです。


予防接種をうけているから、この程度ですんでいる。

という先生の診察。


来週から社会生活してもらいたい!


という母の願いをしょって、土曜の朝いそいそと診察にでかけはしましたが

その思いは、また来週へと持ち越しです。

病院へついて、触診してすぐに先生から

「まだよー!」のコメント

最低一週間は軟禁ですよ~。と先生のコメント(ひょーえー)


まだ右側の耳下は若干ごろついています。

これがひいてくれないと社会生活には戻れない!!!


予防接種をうける効果。

というのがこういう形で現れるんだ。

ということをはじめて経験しているところです。


もしも予防接種をうけていなければ、パンパンに膨らみ、熱もでてそれはそれは痛くて辛い症状が現れていたそうです。

海外では、おたふく風邪の予防接種を6歳から7歳までのうちにもう一度接種させることで

より症状を軽減させるようにしているとか。


娘も力有り余ってしまい、

シッターさんたちにもとっかえひっかえお越しいただいていた今週。

いい加減完治してもらわねば。

と気ばかり焦る毎日。


秋に向けて体力を温存してくれている時期とポジティブに思うしかあーりません。

AD

異動

テーマ:

楽天市場事業に配属になったそのとき、

私はキッズベビーマタニティ事業部の事業部長として配属になりました。

2006年6月からのことです。


配属されて1週間後。

産まれてはじめてのヘルペスの発症。

それくらいストレスを体で表現された配属でした。

過去いろんなストレスにさらされた日々だったにもかかわらず、

この配属。

実は私の体は受け付けていなかった。

というのが事実でした。

私の左目は腫れあがり。

メイクなんてしている場合ではありませんでした。

あのとき39歳。

こんな年で、ゼロベースで何かを習得することにはなるとは予想もしなかったことです。

同様にして、そのときすでにSUに飯田さんがメンバー席に座っていらしたことを今でも覚えています。


それから早2年ちょっと。

金子さんと私と、当時第二ECという部門から市場事業をちょっとみてみて。

と気軽に大ボスから配属されてから、怒涛の日々でした。


配属発表のある市場事業の〆会に金子さんと二人顔をだし、挨拶するようにと指示があったため、

二人でこそこそと〆会に参加。

二人でアウェイ感を120%感じつつ、


「やるしかないな。」


と、歩きながらヒルズで語ったことを思い出します。


その〆会後すぐさま今は寿退社してしまった、久保田と小熊が私の席まで挨拶にきてくれ

座席まで荷物を一緒に運んでくれたっけ。

本部長席でもない。部長席でもない。

なんでもないメンバーと同じ並びの席に普通に座ってみて、

となりにいた当時スィーツの豊田と、斜め前にいたモリヤが私に気をつかってくれたこと。

おいもやさんのホシイモを食べながら毎日キッズのことだけを考えたのでした。

数字の読み方もわからない。

鬼のようにやってくるワークフローの決裁のしかたもわからない。

すべてが手探りでした。

誰も何も教えてくれない。

これがどれだけ大変だったことか。

でも、社長でそれやってきただろ?

この文句を自分にいい聞かせながら日々やりくりしてきました。


そして、この8月末で、この事業部とECCたちの集まりから離れることとなりました。


配属されすぐに体感したこの激しい業務。

経営者をしてきた私としては、すぐに直感したこのECCという業務の究極。

これを完璧にできる人材はすばらしい経営者になれるだろうという感覚。

ぞくぞくしたことを今でも思い出します。


まだまだ現場で母としていろんなことを受け入れてあげる立場でありたいという気持ちは変わりありません。

まだまだたくさん手をいれてあげたいところがあるからこそ。


2002年から楽天という組織にかかわってきていますが、

今回の配属チェンジはかなり大きな思いを私に残してくれます。


無駄口たたいている場合ではなく、日時で必死に戦い続ける日々。

数字と仮想敵国を打倒すべくランクを気にして昨対を意識して

そしてそのジャンルのナンバーワンを少しでもシェアとして獲得すべく頭をひねる日々。


ECCらがやりたくてもできないこと。

それは媒体側にかなりの責任もあると理解しています。


なので、インターネットという媒体を介してサービスを提供している以上

どれだけのジャンル戦略をたてられたとしても

この媒体の成長を構成できなければ、これからの成長はない。

と、

確信しています。


なので、これからは、自分の範疇という狭い範囲だけではない。

幅広い意味でのジャンルをどれだけ成長させられるか。

ということに注力していきます。


目先の収益のためだけに走ることない媒体の成長を中長期的に構築していこうと心にきめています。


ECCのみんな。

私は現場からは離れはしますが

体感した臨場感は常に吸収していますので、これからも店舗さん視点でのエンパワーメントがんばりましょう。

私はユーザ視点、お金を落としてくださる利用者ユーザのみなさまがいかにしてみんなが考える企画を

利用してくれるか。

お買い物をしてくれるか。

を推進していきます。

まじ、この数年の後衛経験を振り返ると、涙がでそうです。

ECCの島に座っているだけで胃をつかまれるような空気。

そんな緊張感はきっとこれからも続くことでしょう。


これを読んでいらっしゃる店舗さまがた。

現場から少し離れてしまいますが、最大限効率いい媒体に変えていくことをお約束しますので、

これからもECCらと共に事業の成功へ向けて邁進してください!


AD

・オンラインビジネスセミナー
「楽天市場のオンラインマーケティング戦略のポイント
~大型インターネットショッピングモールの成長の軌跡~」


ということで10年来の親友の神原がモデレータをつとめるセミナーへ講師として参加。


記念すべき30回目。

ということもあり、

1時間しゃべり続けるのかぁ。

と少しだけ時間の長さにナーバスになりつつも

講演終了は1時間から数分すぎたところで。


私のこの時間感覚は、まじで自慢できるものになってきました(爆


しくまずにして、的確にスピーチを終える。

いつもノー原稿なんですが。


参加者の方々はとても前向きなかたがただったことが幸い。

ユーザであるのが当たり前の講演会。

もしや?

と思っていましたが、数名出店者さまもいらっしゃいました。


何よりもこんな形で神原とコンビを組むことになるとは!!!

と、時代の流れ、時の流れを感じるのでした。


講演の冒頭にも触れたのですが、彼女との出会いというか、関係性はいつもコンテンツです。

私が古くから今までおつきあいが続けられている人たちって、

コンテンツがかんでいることが多大です。

コンテンツといっても

デジタルコンテンツに限ったものではありません。


今回もとてもいい経験をさせていただきました。



>神原

ありがとう!


彼女のblogにもありますが

思い出せないくらい昔に一度っきり。

二人っきりで食事をしたことがありました。


たまにはこんな勝気な女二人食事して飲むのもいいもんだ。

と思った夜なのでした。

共通点を感じあうための会合を女性同士は作りたがりますが、

私たちは共通点なんて求め合おうとしたこと、ありません


~だよね~

なんて会話は一度もない。

そんな関係性、これからも大事にしたいものです。

つかず離れず

これが似合う私たち親友です(爆

AD

おたふく風邪

テーマ:

そして、今度は娘は限りなくおたふくの可能性。


火曜日、朝やけにベッドでぐだぐだしている娘。

おきだしてくれたはいいけれども

ママここがいたい。


と、右側の耳下を押している。

みてみると、腫れている!


これっておたふく???

と、みただけでわかる腫れ。


火曜はスケジュールびっしりだったこともあり、パパに委ね会社へ。

病院にいってもらうと、

左も腫れたら間違いなくおたふく。

とのこと。

娘は擬似おたふくのため、自宅軟禁。


腫れがひくまで社会生活から断絶なのであわててあらゆる手配を開始

シッターさんも総勢。

そして、御母さんにも。


発熱がないにもかかわらず、軟禁が気になる。

元気もりもり。

痛みももうない。

でも若干腫れは気になるので、今週はあきらめいろんな人に手を借りて乗り切ることに決断。


散々高熱をだしてきたこのごろなので、

熱のない状況は娘にとって楽園のよう。


私といえば日曜に自宅浴室でどじってしまい、右足親指の腹をダイナミックに切腹。

翌月曜、階段移動が多い会社の中で出血が気になり病院にかけこんだところ、三針縫うことに。

なので、足はひらべったい靴をはいてどうにか紛らわし、

まだ普通に歩けないこともあり、妙にぎこちない歩き方で階段移動をしていることもあり

両足とも筋肉痛。


抜糸は場所も場所なので、2週間後と長いおつきあい。


そんなアクシデント続きなこのごろでございます。

ジュエリー事業部 合宿

テーマ:

合宿と呼べるものかと疑問な時間でしたが

これは、ただのホームパーティではないか?

とこれまた疑問でしたが、

2週に亘ってメンバーがうちに集合。


うちはそう広くはないので、ジュエリーメンバー全員を収納するにはちょっと...

ということで、2回にわけての合宿。


普段なかなか話ができないぶっちゃけ話をする時間。


かれこれこういう時間をどれだけやってきましたか。


気がつくと常に私は料理を作り続け

そして途中にジャンクフードをだしつつ、ごまかして

でも若い人たちですから、いくら作ってもがんがんに平らげてくれる。

その気持ちよさ。


気持ちよく食べてくれるからこそ、この自宅パーティが病みつきです。


後半戦のメンバーはこんな感じではじけましたドンッ





遅れてやってきたにもかかわらず、

すぐに酔うと座ったまま寝始める永井。





酔いすぎて、うちのトイレに大切なお化粧道具を忘れるつっしー。


まあ、みんな少しだけブレイクしてくれて、年末に向けて走ってもらえれば幸い。


これから第四をひっぱるべくして注力されるジュエリー。

みんなそれぞれ大人になってがんがんに走ってほしいと願うばかり。


またきてね~!


※今回は初08新卒の参加アリ!

これはすごいことです!!!


ホームパーティ

テーマ:

帰国した翌日は、懐かしい人たちの集まる会となりました。

廣田くんのセットで、潮菜がやってきたのですが、


後に久保田もやってきたので、なんかとても和む会になりました。


ついでに、この子も。



ついでに、この子は、久保田とラーメンの家の子です。(*^.^*)

潮菜と廣田サンタは15時くらいにやってきて、散々飲んだあげく

どんどんと知った人へ電話しまくり、

くろさかさんちで飲んでっからこいーー!

の勢いでした(爆

太田きゅんにもしつこく電話をして、いつまでもつきまとうタチの悪い人たちです。

しまいには、太田きゅんも連絡がつかなくなり...


今回は突然のお誘いにもかかわらず、ラーメンと久保田が夫婦で合流。

私は21時をまわるとすっかり眠くなるので、ちょっとあがってもらったら

かえってよ。

といいそうな勢いだったのですが、かわいいかわいいろんたがやってきたせいで1時すぎまで飲んでしゃべって。

になりました。


この白いふわふわは、うちにあったカーペットなんですが、

ろんたがちびったので、差し上げました(笑


やっぱわんこはかわいいわぁ。

いちごうが死んでから生き物は絶対飼わない。

と宣言しているのですが、長い人生、ちょっと想いはゆらいでしまうかもしれません。

夏休み@ グアム

テーマ:

年始にいったグアムが気に入っていたようで、夏休みはどこにいこうか?

と娘と相談していたところ、グアム!ということで、またまたグアムへ。

親ばかです。



今回は往復COで。

今回は大人のホテル(笑)に宿泊ではなく、PICにしました。

私も何度グアムにいったかわかりませんが、

はじめてのPIC。

こんなことになってるんだ!

と、たくさんの発見。


まずは、この施設、日本人よりも韓国人の比率のほうが高い。

ハワイやグアムにいくと、関西弁がやけに気になっていた過去がうそのように

今回は韓国語の多いこと。

施設内はウォーターパーク主体で、子供が一日中水遊びをするための環境。

これは病みつきです>娘


スライダーの数々、

プールのう上に浮かぶいろんなところをかけめぐり、ライフジャケットを着ているから、じゃぶじゃぶ水に飛び込む。




キッズプールの広さはとてつもなく、大人のホテル(笑)は水深1m以上がざらなので、

この環境はすばらしい!


いろんな宿泊クラスがあるようで、今回うちはごくごくシンプルなクラスで宿泊したため、

食事はすべて別。

全食事つきのクラスもあるようで、これまたなんだかすごい。

ブロンズ、シルバー、ゴールドの三種類あって、ロイヤルタワーと、オセアナタワーの二種類にもわかれている。

今回はロイヤルタワーに宿泊したので、朝食とかカクテルアワーのフリードリンクは、かなりよかった。

ワインも赤白2種類ずつつおいてあったりして、食事がついていないブロンズで宿泊したものの、そんなに量を摂らない朝食は、ここのロイヤルクラブラウンジで十分だったし、食事前にふらっと立ち寄って、ワインとおつまみ。なんてのもできて、かなり満足。

どのレストランも長蛇の列だったので、今回の選択はベスト!と自負。


到着初日はシンプルにハンバーガー、

ここで食べたベイクドポテトスープにいたく感動した私は帰国してすぐに真似してつくりました。

簡単で高カロリーなこのスープ、レシピはまた別途記録します。


興奮ぎみでかなり早く起きたついでに海辺をお散歩

そこで、プールサイドのベッド争奪戦がはじまっていることを発見!

これはまずい!

ということであわてて場所確保。

朝7時の時点でパラソルのあるベッドはほぼ確保されてしまっている。

明日も早々に起きて場所とりせねば。と心する母。


二日目の夜はディナーショウ。

娘がどうしてもみたい。

ということで予約




予約したけど、席もランダムだし、結局並んだ順。

コンシュルジュで、予約の際に18時15分くらいまでにいってくださいね。

といわれたことを守ったからかなり前の席に座れたけれども、それでも並ぶって不思議。

食事はブッフェ。

ラインナップは地元料理。

レッドライスとか、豚の煮たものや、いわゆるチャモロ。

あえて食べにいかないと食べられないものなので、まあ、レパートリーは少ないけど、いい経験かも。

でもここで驚いたのが、チャモロ料理に並んで、キムチがおいてあったこと。

これはすごい。

この施設の中のどのレストランにいってもキムチがありました(笑


三日目、恒例のエステ。

ここの施設にわりと最近できた、JIIVANA Spa for well-being

指圧、アロマセラピー、呼吸法、補助ストレッチ、深部組織療法、スウェーデン式マッサージ、エネルギーワークなど、東洋と西洋の様々なセラピーを織り交ぜたJIIVANAオリジナルトリートメント。

いわゆるエステとかとは違い、今まで体験したことのないリラックスを得られました。

痛いところをもむ。

というのでもないし、オイルでするりとさすってもらうのでもなく。

夜はBBQ。

ハエがすごかった(爆

肉も異様に大きくて三人家族の私たちにはどのパーツも大きくて笑ってしまいました。

何よりも暑い!


そんなこんなで帰国当日。

朝早くからチェックアウトまでぎりぎりプールで遊ぼう。とでかけたはいいけれども怪しい雨雲が。

雷までも。

プールの監視員のチーフのような人から指令で、全員プールからあがるようにと。

ウォーターパークだけあり、プールにはいれなくなってからすぐさま、

ロビーにてゲーム大会をするからいこう!

という号令、大半の人たちがゲーム大会へと移動。

30分くらいしてようやく雷の危険性がなくなったのか、プールOKになりはしたものの、大雨。

雨でも子供たちはプールであそぶのです。

お友達もできて、すっかりお友達と遊ぶことができるようになったけど、お別れ。


帰路についてほっとチェックイン。そしたらまた驚き。

これまたまた帰国便が2時間遅れ!!!

このところことごとく飛行機が遅れる。

しかも帰る便が遅れる。

今回はチェックインしてから2時間も待ったこともあり、

ラウンジの中でワインを何杯もおかわりしてしまい、サービスしているおばさんにいやーーな顔までされてしまいました。


今回はDFSにもいかず、空港内のDFSにてちょろっとお買い物をしただけ。

とにかく何もしない。

をコンセプトにでかけた旅行なので、個人的には満足。

成田到着は21時すぎ。

着陸間際、窓から雷がものすごくとどろいている光景を発見。

すごいパワーで光まくっていました。千葉上空。


また、真っ黒こげでございます (`∀´)


http://www.shiki.gr.jp/applause/zou/


日曜日、「むかしむかしゾウがきた」をみにいってきました。


自由劇場での開演。





こじんまりとした会場と、臨場感あふれる演技に感動!


ペースとトーンがおかあさんと一緒のNHKホールを思わせるものでしたが、

会場は子供連れの人たちと、そもそもの劇団四季のファンでほぼ満員。


内容は後半でかなり劇的に変化してハッピーエンドで終わるものと思いきや

涙のエンド。


わりとこの手の内容は娘は涙するのですが、今回は後ろの席で鼻をすすっている人を気にしつつ

会場全員で最後に歌う歌に必死で、大声で歌を一緒にうたって、満足げ。

どうやら内容というよりは、ダンスと歌に興味がわいていた模様。


公演終了後は、玄関から外の通路まで出演者たちが並んでお見送りしてくれるというもので、

主人公たちの周りには握手の行列。


ゾウ役をしていた二人の役者さんたちは、暑いのに本当にお疲れ様。

という感じです。


昨日は東京湾の花火大会。

とても近い場所にいたのですが、人の流れに逆行して、

汐留シティセンターの中のレストランへ。


http://www.shiodome-cc.com/restaurant/42f_08.html


しかも花火大会とは間逆の東京タワー向きの席にて食事(笑

ビルに写る花火をみて、音だけ鑑賞していました。

42階からの景色はとても素敵。


でも昨日と同様に、本当に席は空いていて、やっぱりみんなどっかへいってしまったのね。

という感じ。


帰宅すると、自宅のベランダから東京湾の花火大会がしっかりと見えることを確認。

昨年はなんでみてないんだろう?

東京湾というか、汐留のあたりって、あのあたりなんだ。

なんていいつつ

なんていいつつ、部屋の電気はつけず、

なかなかいい週末になりました。


大エコBBQ

テーマ:

土曜日、新卒たちの研修の一環として、この暑い中、BBQ!!!


しながわ区民公園にて。


この公園はすごく広くて、うっそうと茂った木々のおかげで、BBQの会場もすずしさを少しだけ。





それでも今回集まった新卒たちの数かける業務メンターとマインドメンターの数なんで

すごい人数の集合です。

何人いたんだろう?150人くらいでしょうか?

もはや、こういう会合で全員と会話するってことは不可能になってきています。


各チームごと釜にわかれ、我がチーム黒坂はこの暑い中

いも煮(笑

いくらなんでも芋煮は人気ないんじゃないの?

と心配していたんですが、

最後にかなり人気がでました。

(しっかり煮込んだこともあり)


うち以外の釜は、海鮮、焼きそば、塩焼き、たれやきとかとかと、それぞれテーマごとにわかれ、

その釜をめぐることでいろんな味を体感できるもの。


カキ氷コーナーもあったり、

ビールはケースで何ケース運んでは飲み...していたのでしょうか。

とにかく規模が半端ないものでした。


エコということでそれぞれが自宅からマイお皿、コップなどを用意し、

正忠さんは、お子さんのプリキュアのコップをもちこんでいたりして

どこいっても笑いの耐えないBBQとなりました。


今回は娘も連れ立っていったので、

金子さんところのお嬢さん(年中さん)と一緒に遊べたりで、これまたよかった。


娘と約束を果たすべく、少しはやめに会場をあとにして、山河の湯へ。

いつもはごった返している山河の湯

すごーーーーーーく空いていました。

都内の人たちはどこへいってしまったのでしょう?

夏休みだから都心脱出してしまったのでしょうか。

こ一時間プールで泳がせて帰宅。


BBQセットしてくれた人たち、本当にお疲れさまでした~。

ここの公園は本当に広くて遊具もしっかりしていて、気に入りました。


出張な日々

テーマ:

今週は出張につぐ出張。


火曜日鳥取へ。

初めての鳥取。

ここはすごいですね~。


街の雰囲気は地元福島を感じさせる。

でも、なんかちょっと違うかなぁ

というのは、日本海側であることからか?


着陸前、砂丘群の上を滑走路めざす飛行機。

ああ、ここが砂丘かぁ?

と飛行機の中から眺め、その先の白兎海岸もとても美しい。

さらに感動したのは、飛行機の中から眺める海の碧さ。

飛行機の窓からも、水面下の岩などが透き通ってみえるのがすごかった。

冬はサーファーたちが集うとてもいい海岸なんだとか。

夏休みのせいか、飛行機は満席。


バスで県庁までの道を移動しつつ、やはり窓から眺める景色は妙に福島に似ているなぁ

なんて思う。




観光課の方がわざわざ砂丘まで連れていってくださいました↑

ありがとうございます。



もしもチャンスがあれば、三朝温泉にいきたいなぁと思ったりしています。

らっきょうをお土産に。

でも、飛行機が、飛行機がとばなーーーい!

羽田空港上空悪天候により、ぴーかんの鳥取空港に飛行機もたたずんでいるのに。とばなーい。

ということで1時間30分まち。(とほほ)

往復 浜みえさんが、同じ飛行機でした。



翌水曜日は、神奈川県庁へ。

これまた関内ということで暑いのなんの。

ほんと、日々営業で外回りされている方々に頭が上がりません。

ここでもいろいろな熱い話を繰り広げコンテンツとしては、十分なほどのネタがある神奈川県。

でも、三浦大根や、湘南きゅうりなどを実は積極的にアピールしたいんだとか。

首都圏内でもあり、とれたてを届けることができる産物。

すごい環境なんだ。

と感動。


そして、木曜日。

これまた急遽組んだ出張。福岡行き。

15時アポイントに向け、会社で8時から会議をこなしぎりぎりに羽田到着。

またまた福岡県庁。

さすがに息ぎれしはじめています(笑

福岡支社の面々が一緒にランチを!

ということで待っていてくれました。

飛行機は到着遅れ15分。

みんなお腹をすかせて待っていてくれたので、がつがついただきました。


かなり濃い話をして、帰路。

これまた飛行機遅れ!!!

今度は沖縄上空悪天候と機材変更によるものとか。

50分遅れですよ!


羽田到着21時30分。とほほな出張。

さすがにこれだけ日帰りが続くと、頭もまわらない。


でも、飛行機の着陸は本当に下手になった。と感じます。

羽田空港の滑走路が疲弊しているのか?

昔はよくいつ着陸したか気がつかなかった。

というほどすいーーーっと着陸をしていたのに、このところ、腰の悪い人はぜったいなんかなるんじゃないか?

と思われるほど激しい着陸ばかり。


それと、風や、天気や混雑によってなのでしょうか?

着陸に進む方角がいろいろなんですね。

これもすごい発見。


そんなこんなで、すごい激しい一週間でした(涙