本格的 しみ(いぼ)とり

テーマ:

うちのメンバーからも、

「くろさかさん、私の「これ ●」もとれますかね?」


と、声がけされました(笑)。


そんなこんなで、いろんな人たちがこのblogを読んでくれていると思うと、

もっとちゃんとしたことをかかねば!

と思うのですが。


でも、ここは少しママっぽさと家庭を守るつもりの私を記そうとおもいつつも。

女性としての「美」をいつまでも追求しようとしている私も平行して記録しようとおもっています。


そんなこんなで先週末は、お約束通り左半分のしみ(いぼ)をとるために施術。

前回はテスト的に3個のいぼをとりましたが、今回は範囲も広く、かつ大きさもさまざまだったこともあり、

ビリビリ感が毎回強かった感じがします。

でも、先生曰く、この耐久性ならば、次回は残りぜんぶをいっきにとれそうですね。

ということ。


使用前使用後の写真をまた、どたばたのおかげで撮り忘れましたが、

次回は最期ということもあり、必ず使用前の写真を記録しようと思っています。


で、数日経過した今はどうか?

というと、痒みがではじめました。

擦り傷とか、割と早く完治するタイプの私は、

抗生剤は翌日までの使用で、今となっては、あとは乾燥させることに徹しています。


多分今週末には小さい部分のかさぶたがとれるくらいまでいくのではないでしょうか。


皮膚がレーザーで焼け焦げる、あの匂いにたえられ、

そして、集中してビリビリする、あの感覚にすぐになれることができる人であれば、

この施策は大丈夫だと思います。

まあ、これもテストしてみなければ、人それぞれだと思いますが、

私はどうやら、どんな痛みもかなりの重度で耐えられるタイプのようだ。

ということもわかりました。


隆起しているいぼタイプのもののほうが、痛みも少なく、再発の可能性も低いとか。

翻って、平たくかつ薄い色のものは、施術の際も痛みが多く、かつ範囲も大きいため回復の際に時間を要するみたい。


そんなこんなで、今年中には一旦気になっている隆起物をとってしまえそうな勢いです。

来春には、少しは汚らしくない胸元を期待できそうです。


今回は施術時間正味15分。しみ(いぼ)の個数としては10個。

金額は\11,000円でした。(保険つかった)

次回はここまでの金額はかからないようでして、テストを含め、合計25,000円で済みそうです。

時代はどんどんと変遷しているのですね。


AD

ママランチ

テーマ:

この月曜日は、会社近くにある幼稚園に通っているママ友とランチ。


ふたりとも、それぞれの人生を歩んでいて、

ママたちとたまに連絡をとりあうと、2歳から3歳になるまでほぼ同じようにして生活してきていたものの、みんな違った方向に歩み始めていることを感じます。


Rくんママは。

この秋2年保育の受験をして、晴れ晴れとした状態。

でもって、とてもポジティブに日々生活をしています。

今回のランチのときも、ひとりランチビアをぐいぐいいってました(笑)。


Oくんママは。

今二人目をみごもっているところで、2月が予定日だとか。

実は十番の有名店の...ということもわかり、こんど夜に胸はっていくわぁー!

と。


こんな慌しい私の時間につきあってくださるママ友も、とても大事だし、

何よりも娘のおかげでもあると、改めて自分が産み落とした新たな息吹の影響を感じます。

これってものすごいことだと思うのです。

自分ひとりでは限りのある影響範囲。

でも、自分の中から生み出された新しいパワーは、また世の中に新しい息吹を小さいながら巻き起こしているということ。


今ここにきて、二人目ラッシュ。

娘の園でも二人のママが妊娠中。

なんとなくその理由がわかる気がします。

少子化

といわれていますが、

私の周りには、そんな空気はあーりません。


ゆっきーもめでたく二人目、祝出産。

みんなそれぞれに自分の人生を大人としてのいろんなベクトルでみつめているんだなぁ

ということを感じさせられます。


ここまでくるには、なかなか勇気のいる日々が続きました。

これからも多分もっともっと勇気のいる日々になることでしょう。


今年の冬は、はじめて、病院のお世話にならずにすんでいます。

月末にインフルエンザの2回目の予防接種をちゃーんとうけられれば、この冬は過去最高に快適な冬を過ごすことができるか?と期待してしまいます。


母とは、本当に大変な日々であることを今さらながらにして、体感している私です。

AD

お気に入り絵本

テーマ:
ペギー ラスマン, Peggy Rathmann, ひがし はるみ
あと10ぷんでねるじかん

最近の娘のお気に入り絵本です。


家に戻ってばたばたで入浴をして夕食をすませて、限られた時間で求めてくる絵本。


まさにうちの就寝を促すかのようなストーリーです。

しかも挿絵がとてもきめ細かい。


いわむら かずお
14ひきのこもりうた
さらにこれ↑

絵本の図柄がなくて残念ですが、ねずみさんの家族が寝るまでの細かい描写が素敵です。

でもじいじもばあばも同居で、かつ子供の数がねずみなだけに半端ない。


でも、この絵本はいろんなシリーズがあるようで、今後かなりおもしろそう。


でもうちの娘ときたら、やっと最近22時までおきていられるようになっており、

あんまり夜更かしを心配する手ではありませんのでそれはそれで安心してはいます。



そして一番パパに響いているのが


エリック カール, もり ひさし
パパ、お月さまとって!

これはちょっとした仕掛け絵本てきになっていて、感動します。

また、タイトルもタイトルなので、パパに読み聞かせをおねだりするに、とてもいい絵本です。


AD

ゴルフ合宿

テーマ:

先週末は、ゴルフ合宿へとでかけてきました。

いろんな意味からしてメンバーの名前はあえて記載しません。


土曜日から日曜にかけて箱根へ。

初日のプレー前にアクシデント3つ。


まず、最期に品川近辺にお迎えにいったはいいが、寝坊のやつ!

ということで15分のロス。

うちの車がガス欠まじかだったこともありイライラ。

本人は、リップサービスでどうにかまぎらわそうと、関西弁をまくしたてていました(笑


その2は、うちの車の不調。

アラートがでまくり。

高速の渋滞にはまり、私のような運転をすると、必ずでるアラート。

これで、かなりナーバスになりました。


そしてその3

スタート時間ギリギリ。

寝坊くんのせいもあり、そして東名の横浜町田近辺の渋滞のせいもあり、

朝ごはんなしでのプレー。現地到着は、過去最大の10分前。あーりえない。




golf1



で、GORAの徳ちゃんオススメの、ベルビュー長尾(↑)にてプレー。


このコースは本当にアップダウンがはげしく、でも富士山の景観がすばらしく。

噂通り、楽しいゴルフになりました。

今回はコースデビューともなりえるメンバーも一人いたこともあり

このコースはそれなりにリラックスさせられたのではないか?

と思います

ここは、コースや景観はいいのですが、クラブハウスがいかん。

このロッカーはいったい高校?と思わせるもの。


まあ、それでもスコアは、いつも通り。(爆)

それでも、たたきすぎるゴルフにはなりませんでした。


プレーも詰まりに詰まり、終了が16時すぎ。スタートが9時近かったこともあるのですが、混みすぎ。


でもって、宿泊は湯の花温泉ホテル。

白濁した温泉につかりたい。ということもあり、ここをアレンジしていました。

本当は湯の花温泉ゴルフコースにてプレーをしたかったのですが、すでに予約がとれなかったので、断念。


さんざん仕事の話をして、そしてそのあとはゴシップ。

でもって連なるようにして、マッサージをうけ、鼾かいて就寝。


翌日は、


くらかけゴルフコース。

golf2


プリンス系です。

芦ノ湖を常に目にし雄大なコースを徒歩で歩くタイプ。

でもあいにくの雨。

でだしは霧雨っぽく、全コースを見渡すことができる状況でしたが

10時すぎぐらいから、本格的雨。

昼をとって、後半戦に挑むも、霧にむかって、打ち込む感じ。

こんなすごい雨の中のゴルフは初体験でした。


ということで、後半3ホール目にして初のリタイアした私。

トランシーバーで、お迎えにきてもらいました。(涙)

残りのメンバーは、最期までクリアした模様。でも寒すぎ。そして冷たすぎ。


このコースは本当に気持ちいいのなにもんでもないのですが、

非常に高いところにあることもあってか、常に霧がつきまとうようで、ドライビングレンジには矢印が固定されているし、

目安となる旗も細かく設置されていました。


またクラブハウスは、非常に狭く、リラックスを求めてゴルフプレーをしにいく感じではない?

なんて思わされました。

お風呂も狭いし(女子だからか?)、トイレもすくなく、ロッカールームも狭い。

でもセキュリティーはなかなかのしくみでした。

お食事がおいしいことが救いかもしれません。


そんなこんなで、お引越し前の休日、優雅に2日連荘でゴルフをさせてもらい、家族に感謝しています。


ま、ゴルフは常に練習ですね。

今回はロングで、2オンできたことくらいしかいいことはなく、パープレーもなく、

ダボ続きで

非常に残念な結果でした(涙)


まだまだ修行の日々です。


箱根はとってもいい場所。

もうすぐ引越し

テーマ:

ほんと、あとわずかになりました。

この家での時間...


内覧会にいって、今のリビングよりも狭いんじゃない?


なんて、感想もありながら、

これからの老後はここで過ごすんだわぁ

なんて観点から、かなり中長期的視点から内覧をしました。


来年から40代。

何が起きてもおかしくはない年代にはいるか!

なんて想定もしつつ、うちはゴミ捨て場に一番遠い場所にあることもわかり、

かつ、セキュリティの観点から、各階3世帯しか利用しないエレベータシステムの採用から

余計に重いゴミすては、旦那の役割だわ。

なんてため息をつくのでした。

でも、照明のスイッチの場所が娘でも背伸びしなくてもいい場所に設置してあったり、

廊下には、車椅子でも使える手すりがついていたり。

かなり老後を想定したつくりになっていることに妙に感動しました。



今のキーは、鍵穴に鍵を差し込んで回す。

なんてことではなくて、

鍵をかざすだけで、開錠できるんですね。

すごいすごい。

しかも、その鍵は、ありとあらゆる場所に機能する。

宅配ボックスもそれでOK。


この家に移り住んだときにもディンプルキーのすごさに驚いたけれども、

今度の家は、ダブルセキュリティを採用しているから、マンションのエントランスに2回この儀式をする。


さらに!

自宅にもセキュリティを設定できるので、下手に窓をあけてしまうと、ぴーーーーー!ですよ。

田舎育ちの私としては、多分数回このぴーーーーー!にやられてしまいそう。


駐車場も、車庫入れの悩みはもうなく、

車を頭からつっこんで、かってに頭からでてきてくれます(笑)

なにげに縦列駐車が得意な私としては、もしかして、ロチュウの際の感覚が麻痺しそう。

なんてしょうもない思いをはせたりして。

でも短気な私としては、待ち時間も予約設定できるこのシステムにも感動したりしています。


こんなことに感動している私も、いかがなものかと思いますが、

どんどんと生活を改善するしみが世の中には普及しているんだと、

こういう経験をつめばつむほど、感じる次第です。


そんなこんなで住み慣れた神泉からもあと2週間でお別れになります。

低層住宅なんですが、高台にあることから、視線をさえぎるものがない環境のため、

そこそこの夜景も手にいれられそうで、

ほんわかした日々をこれから手にいれられそうで何よりです。


体育館のようなリビングも夢みたこともありましたが、

人の手を借りることが苦手な私としては、これくらいの規模がやはり症にあっているのか?

なんて妙に納得したりしました。


随時新居にお声がけしますので、ぜひ!遊びにきてください。


目黒ゴルフ練習場が徒歩圏内になることもあり、あそこに練習にこられるかたは

かならずお立ち寄りくださいまし。弊社のみなさま(笑)



playstation3

テーマ:

puresute


うちにやってきました。

黒い筐体のため、うつりこんじゃった。


今朝、旦那からデモをしてもらい、機能性を確認。


ブラウザがちゃんと機能している!

お買い物も平気でできる!

インターネットに接続することで、この筐体はリビングの中の王様になれるぞ。


しかし、うちの旦那は、新しモノ好きだ...

黙ってでも、新しいものに接することができることは、助かります(笑)


また年末年始はゲーム三昧になりそう

初雪 キティルーム

テーマ:

土日で、福島へと帰郷。


ゆるりと東北新幹線にのって、福島で下車。

あいにくの雨。

でも、娘にしてはちゃんと意識しての乗車。


大宮、宇都宮、郡山、で、福島だって。


と教えてくれる。


今回は、裏磐梯ロイヤルホテル泊。

キティルームがあるとかでそこを予約してもらいました。

でも、私は落ち着かない、落ち着かない。

で、

娘も興奮して落ち着かない。

温泉は、温泉なんですが、かなりのカルキクサさ。

でも、かなり保温効果を発揮していました。

裏磐梯の宿泊施設もかなり制覇しつつある中でいうと中の下。という感じかな。

でも、かなりの大規模施設なので、どんなに混んでいる時期でもきっと宿泊できそうな場所。



夜は早々と20時ころには就寝。

私は22時のマッサージに向け一旦寝てしまうも、マッサージ後はまた寝付けず。


またお風呂にはいり、就寝。


マッサージでは、「かなり首がずれてます」とかといわれる始末。


翌日、あけて朝食時。外は雪。

ゴールドラインを経て、会津へ。


まだ武家屋敷とか、飯盛山とかみてもわからん状態なので、

駄菓子やへ。

そののち、喜多方ラーメンを食するべく

「手打ち 中華そば ふじ乃」

へ。大正解!しこしこした手打ち麺がおいしかった。


ということで、雪を沢山みながら、

私といえば、帰り道久々の猪苗代湖。

あーーーーー、こんなに大きかったっけ。なんて少し感動してみて、福島の納豆をお土産に購入して帰京しました。


昨年に引き続き同じ時期に福島に訪問した私たち。

娘はすっかり新幹線にも乗りなれました。

週末 福島へ

テーマ:

今週も怒涛の日々でした。


さらに来週はもっと怒涛の予定。


来週の私のスケジュールは、またもや空きがほとんどない状況。

これはいかん。


でも、人事考課の時期でもあるので、ここをしかと見届けなければなーりません。

がんばってるメンバーの隅々までキャッチアップする、この時期。

最大限の私のパフォーマンスをだす時期でもあります。


そんな中。

明日からの土日は久々の帰郷。福島へとでかけます。

昨年同様、パパが沖縄の自転車レースにでかけることもあり、

ある程度片付いた自宅をそれ以上モノを増やすことなく、さらにリフレッシュを期待し、新幹線で娘と移動予定。

昨年も同じころに同じ場所にいきました。

でも昨年はそこそこに寒くもなっていたけれども、

今年はそんなにも寒くはない。


そんなこんなで久々の母との再会。


このところの疲れを癒しに、明日は娘と移動を楽しもうと、そんな思いで荷造り中....


いぼとりのその後

テーマ:

先日のいぼとり決行の記録に引き続き、経過記録。


1週間以上が経過し、施術した場所の1こが、こんな感じ。

自分で携帯のカメラで撮影したものなので、なんとも不鮮明。



ato


この写真の中央部にあるピンク色した部分が3個のうちのひとつで、今回一番大きいものの跡地。


かさぶたになったあと、するっととれた痕。

今はまだ薄い皮膜のせいか、ピンク色をしていますが、

ビタミンを含んだ化粧水ももらい、顔につけたあと、この部分にぬりはじめました。


他のしみ(いぼ)がどんな感じなのかもわからないこともあるので、

次回の本格施術の際には、使用前使用後の写真をちゃんと残そうと思っています。

ということで、個人的にはかなり満足しています。


だって、存在がなくなったんだもの。


ということで、今月最終週に、左半分に存在しているいぼを除去予定。

しみとり → いぼとり

テーマ:

私の胸元には、沢山のしみができています。


ようやく皮膚科にいくことができ、沢山のしみを相談しました。

で、

しみだしみだと思っていたものたちは、

実は、すでに「いぼ」になっていました(笑)


少しでもふっくらしているものは、みんないぼなんだとか。


ということで、レーザーでのいぼとり作業を開始します。


今回はテストで、どのような工程で、どのように消えていくのかを試しています。

割と隠れやすい部位の少し小さめのものを3こ。

施術は、5分。


施術2時間前に麻酔のシールをその部位に貼り、病院にいって、

レーザーでシュッシュッ。

少しピリピリ感はありますが、ぜんぜん平気です。


絆創膏をはってもらい、当日のシャワー、入浴はNG。

翌日からはシャワーならOKということで、毎日1回、消毒と抗生剤の軟膏をぬって、ケア。

施術は平気でしたが、その翌日と翌々日が、なんとも擦り傷がうずくような感覚にたまらなく。

でも、今はかさぶたチックになってきました。


どんな経過をたどるかを週一で先生に確認してもらい、

後に、ある程度まとめてとってしまいたい思いです。


お金をかけて(でも日サロじゃないよ)日焼けした20年間のつけ。

それをまた、お金をかけて削除します。

なんともいえない、この思い。


来年からは日焼けはしない!と宣言したいところですが、

こうなる前に予防をしていく大人にならねば。と思っています。


そもそもがこの胸元のいぼ。

19歳(今から20年前)にハワイに留学した際に、よろこびいさんで日焼けしたやんちゃ焼けの残りが。

要は、無防備に思いっきり日焼けしたら、すっごいケロイドになったのでした。

その後に20年の歳月を経て、どんどんとしみになり、それがいぼになっていくのでした。