体はひとつ

テーマ:

明日から9月。


6月からはじまった、私の新しい旅。

それは、毎月のように新しい役割が追加され、そして、気がつくと来月からは体ひとつでは普通できそうにないような状況になってしまいました。


さて、この状況をどう乗り切ろうか。


そう頭をひねりはじめる、私。

社長業をしてきた私としては、複数の、そしてまったく違う職種を統率してきたわけだ。

なので、それを思い出してやればいいこと。

と、そう気軽に大ボスはアドバイスなのか、指示なのかようわからんコメントをしていたっけ。


それにしても、メンバーの数が尋常ではない。


素の私のまま、みんなと接していきたい。

そして、

仕事は楽しいもの。

という感覚に変えていきたい。

そのコンセプトで単純にやっていきたいと思っています。


私が気負っていては、なににもならないので、明日からも変わらずこれまで通りの黒坂節でやってきます。


そんなこんなで、大殺界最期の年。(減退)

その、大殺界月が実は今月からはじまっていました。

8月~10月まで、最期の大殺界の私であることを、これをお読みの関係者各位に共有させていただきます。

なので、明日からの9月は停止の月。

動くはずがあーりません。

でも、ここがゼロレベルなので、あとはその後あがっていくのみ。

とポジティブにとらえています。


11月からは取り戻しますので、それまでは、氷河期の一部。

まあ、リラックスして前にコマをすすめていきましょうか。


3か月間の試用期間(笑)は終了し、ここから本番のようです(爆

AD

再検査

テーマ:

今日は、先週の娘の発熱の際、尿検査をして、思わしくなかったことをうけ、

再尿検査の日でした。


朝おきてすぐのおしっこを持ち込むことになっていたので、

あわてるあわてる。

娘よりも早く起きてトイレにつれていかねば。

というミッションで、気が気ではありませんでした。


今回の結果は、回復。とのこと。

それでも、尿路感染症だったかもしれない。

という診断にもとづいて、念のためあと5日、抗生剤を服用することとなりました。


先週愛育病院にて再会した、ゆきこちゃんママと、またばったり。

今度はオネエちゃまのゆきこちゃんが熱になったとかで、

変な場所で再会することができました。

何げに病院でお会いすることが多い娘のお友達関係。


相変わらず、がたいのいいおじさんたちが、待合室各所にて待機していました。

それにしても愛育病院。

すっごいすいています。


ゆきこちゃんママとも、「異様にすいているわよね」

という会話を先週と引き続きして、お互いに回復を祈りあうのでした。

本当にすいています>病院。


そんなこんなで、8月ももう終わり。

本当に異様な速さで進んでいます。

そして、大殺界としての最終夏ということで、約12年後に体験するであろう、

最悪の状況を想像すると恐ろしさも覚えつつ、

大殺界から開放されるまで、あと、数ヶ月の辛抱。

と、日々つぶやくのみです。


明日は月末。

いろんな変遷が待ち受けています(笑)

AD

アナスタシア

テーマ:

そしてまた恒例のアナスタシア。


もう1年になりますね...。


私の美容院ペースは隔月。

アナスタシアも隔月。

毛という毛を隔月でケアしていることになります。


むやみに眉毛をカットすることがなくなったので、かなり長さもでて、

はじめてアナスタシアにてはさみを使ってもらいました。


イケテル眉毛になりましたよ~

(昨日久々に会話したえつりんに、「眉ふっとー!」っていわれたんで、ここで報告しときます)


で、今日はその足で渋谷で夕ご飯をたべたのですが、あまりの満腹に、帰宅するとそのままバタン!

それでも、気になることがあるせいか、うなされて、1時すぎに目覚め

今もまだ眠れず、梅酒を飲みなおし、レンジでチンしたニンニクをおつまみにビーチバレーなんかをみています。


F1でもみたいところだけれども、心がそちらに向かず。

むーそれにしても、さっきうなされた夢、正夢にならなきゃいいが。

これでも、かなり繊細で、かなりいろんな側面に神経をとがらせている私。


AD

新しいやつ。

テーマ:

昨日の携帯電話騒ぎ。

今日もできるだけ早くに生命線を回復したかったんだけれども、

実際に行動に移せたのは、15時ころ。


でも、かろうじて電話帳がいきていたので助かりました!


ということで、そのままの電話番号、そして、メールアドレスで生きていけそうです。


それにしても、電話機回収OK!をした際、

目の前で、つい前日まで愛用していた携帯電話がポイントとなるべく3ポイントに、貫通するアナをあけられることには

ぎょーっ!とさせられました。


新しい私のお供は、N702iDの赤。

どうやら私の勝負カラーは「赤」らしいので、悩まず赤の電話を手にいれました。


しかし、1週間の早いこと。

そして1月の早いこと。

あれ?数日前にみたテレビ。と思うと、もう1週間が経過している。

で、もって、来週はもう月末。


こうやって歳をとっていくんですね(涙

あと4か月。30代最期を満喫せねば...

オネショ

テーマ:

昨晩の娘。


私といえば、恒例のお誕生日会ということで、8月生まれのかたがたをお祝いし、

その後コアな8月生まれさんを自宅近所でお祝いして

梅お湯割りを飲んで正気に戻って帰宅した。


旦那は、上半身裸のままソファで寝ている。

で、声をかけて数分後みてみると、ソファカバーを体に巻いてさらに深い眠りについている。


あーあ。

なんて思って、改めて娘を起こし、薬を飲ませ、またベッドに戻し、私も安らかに娘とともに就寝。

あーーー、気持ちいいなぁ

と深い眠りについてまもなく、なんだか体がひやひやする。

エアコンのつけすぎだ。とめなきゃ。

なんておもって、いつもの癖で、娘のお尻をさすって確認するとなにやら肌感。


「ぎょ!」っとしておきてみると、なんと娘の下半身は素っ裸。

えーーーー、なんで?

とおもってみていると、その周りはおしっこ。

「ぎゃーー!」

と叫んでみるも遅し。


どうやら娘はトイレにいった夢をみたとかで、ベッドに寝たまま、ご丁寧にパンツ一式をぬいでくれ、

そのまんま、おしっこをしてくれていたらしい。


朝方4時。

私はベッド一式の片付けと、おしっこにまみれた娘をシャワーにつれ、

洗ってどうにか寝床を確保して5時近くに眠りにつくのでした。


やー、参りました。

ぽつん。とぬいであったパジャマのズボンだけぬれなくてすんでいる、

この状況はいったいどう理解しておけばいいのか(謎)。

没 携帯電話

テーマ:

綱渡りのような一日。


信じがたい宣告をいただき、ひざががくがくしながらも、立て続けに続くmtgの合間

19階のトイレに駆け込んだわたし。


で、沢山の資料を手にしていたこともあり、

個室に入り、パンツをおろして用を足そうか。なんて思って手から荷物を離した瞬間。


携帯電話がトイレに....すいこまれた。(涙


あわてて素手で捕まえに行く私。

あーー用をたしたあとでなくてよかった。

なんて思いながら。

それでもみてみると、携帯電話はすでに「圏外」。


あーーーーーやばやば。

ということで、今の私の生命線でもある携帯。


環境によくないよくない、なんて言葉をぶつぶつ発しつつも、

懸命に携帯をぬぐう私。


愕然としつつ、自席にもどり、メッセをみるとアシスタントさんからの「念のため情報共有」


--新しいmtgが設定されたので携帯に情報を共有しましたが....

ということですが、その情報は水没していたのでした(涙

で、あわててアシスタントさんに電話帳でも救わねば!ということで六本木のドコモショップに走ってもらい、救済。


どうにか救われている。という情報なのですが、

明日新電話を手にして、それを確認するまでは、気が気でありません。(涙


こんなのはじめて。

尿検査

テーマ:

そして、娘の熱は、昨晩の39.2度が最高記録なのですが、

それでも今日一日、37.5度以上を記録し続けていたこともあり

全面的にお休み。


で、念のため尿検査をしてもらい、結論としてはあまりよろしくないとのこと。


で、抗生物質をだしてもらい、風邪の諸症状のための薬をだしてもらい、帰宅。


私といえば。朝一番8:30からのmtgにはでたものの、

今日の私は機能していません。


ということでお昼前に帰宅してから、娘はだらだらと過ごし。

合間に夏の宿題をこなしたりして、

それでも珍しく今、もうベッドの中へ。


来週再度尿検査をしてもらいに病院へいく予定です。

調子にのってプールにがんがんいれていたせいもあるかもしれません。


先生いわく、

「これをプール熱といったりもします」

とのこと。


ということで今週はプールおあづけ。

私も少しおとなしくしていようかと思っています。


そんな愛育病院。

紀子さまのご入院に伴い、すごいことになっているのか?

とおもっていたのですが、そんなことなく逆にガラガラ。

待合室や駐車場にはあやしいおっさんが、わざとらしく変な育児雑誌を片手に座って警備の様子。

なんで、あなたが、その雑誌読む?という出準備向けの雑誌を何度も何度も最初からめくり続けていました。(笑


優輝子ちゃんのママに偶然にも病院で会い、しばし近況方報告。


遊びすぎには注意!

「お熱でーす」 コール

テーマ:

久々の、「お熱でーす」コールを今日いただきました。

今年にはいって、まったくといっていいほど風邪らしい風邪もひかず、

もちろん熱もださないでいたことから、本当に久々です。

それに甘んじて毎週のようにプールにいった、

このところの遊びすぎのせいであることは間違いなし。


慌てて帰りたいも、今日はシッターさんにお願いしてる月曜日ということもあり、

少しは安心しつつ帰宅。

でも19時頃には久々の39度を記録した模様。


私が戻ったころには、へらへらと話ができるくらいまで回復しているかのようで

うちの娘の極端さがこんなところにも現れています。


今このblogを記している間の体温は36.7度。


今週はおとなしくしていなければなりませぬ。

社長という肩書き

テーマ:

この肩書きが欲しくて欲しくてしょうがなく、そのためだけに突進する人が多い模様。


資金力があれば、まずは簡単に手にいれられる、この肩書き。

でも、手に入れたと思ったはいいが、その肩書きを思うように使いこなせない人も多いようだ。


私はこの肩書きを捨ててから早、数年が経過します。


捨てたというよりは、瞬間最大風速だ。としか自分の中で思っていなかったからこそ、

社会の中の今の私が存続していたりすると思うのです。


今日も話をしました。


どれだけ自分の身を切り刻めるか。

どれだけ切り込み続けられるか。

そして

どれだけ身内に信頼をおいて、まかせて、いられるか。


すごくおおざつぱな書き方だけれども、

わりと誰しもがほしがる社長という肩書き。

この重みというものは、やり方の違いはあるにせよ、

何かを犠牲にしなくてはならない「何か」が存在するものと思います。


今の私は、慈善事業として、いろんな人たちの役にたつべく

そして

ドライな判断の数々を撒き散らすべく日々稼動しています。


こんな私でも今すぐにでも小さな「社長」にはなりえるけれども

あえてそれを避けているかのようにすごす毎日。


そんな中でも、社長という肩書きを手にする人らには、

本当の意味での責任の重さを改めて知って欲しいといいたい。


少しでも運用資金を。

少しでも利益を。

と考えお財布と相談しあって資金繰りする、本来あるべき姿とかけはなれた

「社長」たちの多い今。


今改めて思い出します。


「社長するなら、どれだけ金だせる?」


その言葉。

明日自分の生活がどうなるかまったく保障のない日々。

そんな中でも、自分の資金となりえるいお金をつっこんで事業に真摯に立ち向かう。

これができそうでできない。

女の私でもかなり躊躇した。

大の男ども、がんばれ。


自分のお金を切り刻むことなく、事業のドライブさえ考えればどうにかなる世界の中での「社長」という肩書き。


できないのであれば、早くスタッフに戻ろう。

初体験 @夏休み

テーマ:

この夏休みについては詳細なことを記録するのを避けたいと思います。


そんな中で、娘の成長が、顕著だったことから、記録だけしようと思っています。


1.初映画館

両親ともに心配をしながらも連れ立った、映画館。

ピクサー展でも目にした、あのカーズ。

どうなることかとどきどきで見守りましたが、最後まで見ることができました。

やったー!


ということで、これから先もまだまだ映画館で映画を見るということはできそうです!


2.水泳

暇をみては両親でプールにつれだし、そして水に漬け込みました!(笑

それでもあまりに毎日では疲れそう。と思い、1日おきに。

天気の悪い日には屋内施設。

天気のいい日には施設の中でのプール。

ということで、まあ、いきつぎとかは別としても3mくらい水につかっていても平気になりました。

ちょっとした滑り台、ウォータースライダーならへっちゃらです。

これを期に、どんどんと水に慣れさせようと思います。


3.食事の幅

ピーマン、克服しました。

あとはトマトくらいでしょうか。

とにかく食欲も増し、どんな状況でも食事をとることができるようになりました。

ということで、この数日の夏休みは、両親にとってとても収穫の多い数日になりました。


両親がそろうことで、こんなにも子供がやる気になる。

ということ。そして

それを認めてあげることで、さらに子供がやる気につなげる。

ということ。


本当に子育ては勉強になります。

他のお子さんに比べたら本当に短い夏休みをすごしたであろう、娘。

でも私たちは、この短い夏をとても満喫していることと、

まもなく自ら選択して、自らしたことを選ぶであろう、それを認知しているからこそ、

この時期に精一杯時間を費やすのです。

小学生になる頃には

自分の選択で自分の思うようなことを選ぶようになる。

その前に、親として与えられることは徹底して与えてあげたい。

そんな思いで、この夏は体を120%使いました。


息継ぎができるようになれば、もっともっと遠くまで泳ぐことができると思います。

今は水におもいっきりつかって、水とお友達になって、

その楽しさを感じることができた4歳前の娘です。

親子3人揃って白い水泳帽を被って、昨日は一緒に約3時間楽しみました!


追伸;

おかげで、大停電も舞浜にて体感しました。

大都会の中での電気のない世界の怖さも体感しました。

何をどう、準備すべきかも同様にして体感できたことに運命を感じます。