さようなら いちごう

テーマ:

今日大晦日、朝7時30分。

いちごうは、この世を去りました。

いちごうらしく、昨晩は私に甘えに甘え、夕方からほえっぱなし。

だっこしていば吠えるのをやめ少しは安心して寝ていました。

昨日の夕方まではこれまでとさほど変わらない状態だったのですが、

急変して、今朝。逝ってしまいました。


そして最期は、家族全員でみとることができ、今はこれまで通りの姿勢ですやすやと寝ています。

腰痛がひどかったせいもあり、同じ姿勢でいるとつらそうだったため、

ほんと、犬でも癌という病気はつらいんだろうな。と察していました。

娘は「死」というものをまだはっきりと理解していないのか、

「いっちごー、おきて」

なんていっては箱の中を覗き込んで、体をさすったりしています。


あまりにもつらそうなこの数ヶ月だったので、本来のいちごうらしさを押し殺しての毎日だったかと思うと

どうにか早く楽にさせてあげたい。

と思う日々でした。


私の家に遊びにきてくれたことのある方々には印象的だったはずの

個性的ないちごう。本名;ずー。

桜上水の路上で受け渡され、甘えん坊で甘えん坊でしょうがなかった。


私とともに生活をした17年。

平成の歴史とともに歳を重ねてきた犬です。

長いようで、生活の一部だったこともあり、おかしなはなし私の中では達成感で満ち溢れています。

17年という年月は並大抵の時間ではありません。

私の隅々までを知っていて、

私もいちごうの吠え方の種類でなにを望んでいるのかがわかるくらいの関係でもありました。

東京にでてきて1年目からこれまで、ずーっとずーっと一緒でした。


今年は酉年。

そして来年は戌年。

来年の戌年にバトンタッチだ。といわんばかりにこの大晦日、大往生をする老犬。

沢山の折鶴をおって、酉年のお別れとして箱の中に納めました。


癌を宣告されてから覚悟はできていたけれども、やはりお別れとなると悲しいものです。

大晦日、というきっかけもあり、これまでのことを思いっきり封印しながら、

これからの日々へとつなげていくんだなぁと思うのです。


さようなら、いちごう。

そして、ありがとう。

君のぬくもりは決して忘れません。


AD

仕事納め

テーマ:

今日が仕事おさめです。


クリスマス明けから数日間のどたばた。

いやーいくつかの「もやもや」が解消されたので、いい年越しができそうです。

ほんと、よかった。


ということで来年はやるべきこと山積みです。


大殺界の最終年度が来年。

まあでも少し明るさが見えてきた感じです。

常に謙虚に。

それが来年の目標。


今年の目標は個人的なものは壊滅的でした。

まあ、そんな年もあるんでしょう。長い人生の中には。

現状維持。

それをし続けるということでさえも、こんなに大変なんだということを思い知らされた1年でした。

来年は、改革の前のちょうど分岐点。

じっくりと腰をすえていかねばなりません。


それにしても、本当に夜遅くまでの仕事ができない体になった私。

21時までなんて続きません。

でも朝はモーレツに早くから回転するような体質になったので、

8時からデスクに座って仕事をするだけで、始業時間の9:30までに資料のひとつができあがるくらいの回転になりました。

これはかなりの成長です。

お酒を飲んで寝ることが当たり前の生活なのですが、必ず夜中1回目をさまし、家の中をぐるりと徘徊することも当たり前の1年になりました。

熟睡時間は多分4時間くらいなんでしょう。


今日は朝9時から臨時全体朝会があり、夕方からは納会です。

4000人くらいのスタッフが集まる、ものすごいイベントになる本年です。

来年の納会は何人になることやら...。

全員集合できる場所がなくなり、最後は球場でするしかなくなったりして(笑)。


AD

たまごっち

テーマ:

クリスマス3連休あけたら突然鬼のように忙しくなり、余計なことがまったくできない体になった私です。


chrismas party


12/22 夕方からクリスマスお遊戯会。

そのワンシーンです。


off


クリスマスイブ。

私のお供は、シャトーラグランジェと大ボスにもらったプレゼント本。

かなりためになる本でした。


cake


そして娘と一緒につくったクリスマスケーキ。

今年はかなり娘も上達して、自分でつくったせいか、かなりの量をたいらげました。


サンタさんからの贈り物は

present1


私へオーパスワン2002!

しかもなぜか2本。

クリスマスで1本。新年で1本というところでしょうか。

うちのサンタもなかなか気がきくようになりました♪


present2


娘のリクエストは、バナナとクッキーとオレンジと、たまごっち。

ということでたまごっちですが、25日当日に初代が死んでしまい、

もう一匹は、昨日お亡くなりになりました(笑)


こつはつかめたので、この年末の休みにはまりたいと思います。

娘はえさをあげることくらいしかできませんが、トイレの処理くらいまではやってもらうつもりです。


とまあ、ここんとこのまとめまで。


25日はクリスマス温泉。(笑)ということで日帰り温泉へ。

余談ですが、25日の午前中車の大掃除もしなきゃ。

と思って青山のスタンドにいったら、矢沢永吉がきました。

かなりの長い時間待合室にて車を待っていましたが、カレラ4、かっこよかったです。

やはりあこがれてしまいます>どっちに?(笑)


相変わらず巻き舌でした。


AD

お疲れ様&クリスマス会

テーマ:

今日は娘の待ちにまったお友達とのクリスマス会。


お昼からの集まりだったのですが、もう娘は大興奮!

泣くわ、遊ぶわ、そしてまた泣くわ。の連続。

まだまだちゃんと遊ぶことができない年頃なので、

それはそれはエキサイティングなランチタイムとなりました。

持ち回りでお宅訪問をさせていただいているのですが、

うちはあまりにも手狭なために、来年12月に移転するまでは、うちにお呼びするのは延期です。

それでも、

「お引越しをして、なののお部屋ができたら、みんなに招待状をだすんだ」

とはりきっています。


愛犬いちごうのシャンプーに護国寺近辺まで移動し、

そして首都高で目黒へ。

久々に首都高に乗りました。

そして、車には妙なアラート。

目黒のお宅をでてすぐに恵比寿のディーラーに立ち寄り、アラートのチェック。

そして天現寺から首都高にのり、護国寺へ。

じいじ&ばあばとディナーをして、ちび猫をだっこして、そして帰宅。

菜乃はすっかり動物を毛嫌いしてしまうようになっています。

家にいちごうがいるにもかかわらず、子猫でさえもだっこしたがりません。

こういう現象って本当にわかりませんね。


3連休の初日はこんな感じの一日で、本当に遊びまくりました。

今日のお友達は、ITにまったくといっていいほど関係のないかたがたなので、写真の掲載などはしたくてしょうがないのですがありませーん。

それにしても、このblog、本当に幅広いかたがたがみているということを改めて認識させられました。


あんまり固有名詞をだすことはいかんのかな?

まあ、適宜...ということで。


明日クリスマスイブは、午前中は慈恵医大へと診察とインフルエンザの2回目の予定。

午後は、お買い物&ふたりでケーキつくりです。

毎年のことですが、クリスマスから、年始までは、うちは母子家庭になりますため、

今日もパパの顔をちらりとみかけただけで、明日もそうなる予定でございます。


みなさま、ぜひ、クリスマスカード、年賀状はパソコンでもケータイでも

http://www.ynot.co.jp/

をご利用くださいませ。


尚、現在次世代のグリーティングを検証すべく、β版もはしらせております。

PCサイトのTopページからリンクをたどってご利用くださいませ。

(ちょっと営業ぎみ)

大奥 最終回

テーマ:

先日の1リットルの涙について書いた私は、今日木曜日、娘とともに「大奥」

の最終回をみました。


いやー参りました!


泣かされました。


娘といえば、もちろん途中から眠りこけてしまっていたのですが、

私は泣いて泣いて...の。でした。


何に泣けたのか。というと、最期、安子どのがお寺へと向かう姿を


「やすこどの、お供いたします!」

と、かけつけられたシーンに涙しました。


はっきりって、こういうのに弱い私です。


私は安子どのになれているのでしょうか?

うぅぅぅぅ.....

なりきれていないかもしれません。

やはり、大奥はすごく奥深い物語です。


---


今日は本当にどたばたでした。

スケジューラに何もはいっていないとこんなことになるんだ!

と改めて感じた1日でした。

そして、娘のクリスマス会。

遅刻してはならぬ(なぜか大奥用語)。

と思ってどうにかこうにかケツをまとめました。


じいじもばあばも見学にきてくれましたが、娘はじいじ&ばあばがきたときはお寿司。

と決めているようで、今夜もお寿司。


そして明日は娘待望のお友達とのクリスマスランチ会です!

またレポートしまーす。

同郷人

テーマ:

昨日はグループあげてのお誕生会。

12月生まれさんが100名近く集まりました。


従業員数が本当に増えたこともあって、今年の中盤からは、私たちの出番が隔月となりました。


で、昨日はそのお当番月。

そこで一人の同郷人にあったのです。


小学校が一緒!

とか、

中学校が一緒!

とかいろいろとみなさんあると思うのですが、なんとその後輩は


小学校、中学校、そして短大が一緒。

というすごい共通点をもった人だったのです。


東京で生活しはじめてこんな人はじめて出会いました。

高校だけ違うのですが、彼女の場合、どうしてその高校にいったの?

という不思議な進路。

ただし、彼女は私と10歳近く違うので、時代がかわって進路もかなり昔と変わってきたんだろうな。

と思ったりもしました。


まあ、でもすごいことです。

私自身が変わった過去をたどっているので、これと似た進路をたどってきた人は稀だろう。

なんて思っていたのですが、いたとしても、同じ会社の人として挨拶しあうことになるなんて!

びっくりしました。


個人的にびっくりしただけなので、この記録って誰が読んでもつまらないものかな。

なんて思うのですが、なんだか久々に心安らぐものを感じました。


そんな中。

来週月曜日はテレビユー福島の取材です。

24時間密着とかで、福島出身者で都内で活躍している人を紹介するのだとか。

がんばりまーす

1リットルの涙

テーマ:

昨晩はこの番組の最終回だった。


私は最終回にしてはじめてこの番組をみました。

本屋さんで幾度となく、この本を手にしては、なぜか購入には至らなかった。

そして、最終回。


娘がはまった。

毎週かかさず見続けてきたようで、

「今日はママかならず1リットルの涙みてね」

といわれていたのだ。

「あやがね...」

とストーリーを語ってくれ、相当はまったらしい。

それも本人主体のストーリーではなく、あやさんのお母さんがメインでの話しだからだ。

ということに気がついた。

娘はとくに母親が子供に対してなにか語りかけているような内容や

母親が子供を語るシーンなどに釘付けになる。


昨晩もラストシーンに近づくと、私の手をぎゅっと握って自分のおなかのあたりまで引き寄せ、

しくしくとなき始めた。


私といえば、涙腺ゆるゆるなはずなのに、泣けなかった。

とてもとても不思議。

大奥みてでも泣いている私なんだけど、なんでなんだろう。

とても不思議な「1リットルの涙」。


みなさんはどうですか?

BEIGE 東京

テーマ:

beige


昨晩はうちのアシスタントの笠井と忘年会。プチクリスマス会ということで銀座にいってきました。

YOUCHANとNoriちゃんがセットで個展会場にいる貴重なタイミングでもあったので、

個展会場にまず足をはこび、二人の元気な顔をみてきました。

もちろん作品も。

久々にあった二人は変わらず、毒舌ぶりも変わらず...(笑)


ばたばたで会社をでてきたため、笠井は財布を忘れ、

私はレストランの地図を忘れ、しかも車の鍵までもってきてしまう始末。


で、どうだったかって?>BEIGE東京。


kasai


↑こんな感じです。


久々に本格的フレンチをいただきました。

あんまりワインなどを強く勧めないのはなぜなんでしょう?>BEIGE東京

久々におやじ&ぎゃるのセットを20セットくらい眺めました(笑)

昔のバブルのころを彷彿とさせる光景。


むーーー。難しいね。

お値段はとんでもなくいいです。(笑)

お食事はおいしいです。


でも、お客様が、いっちゃってました...

(半分は同伴前のお姉さまなんだろうな)


帰りには5名のスタッフのおみおくり。

マカロンの手土産はご馳走様でした♪

忘年会

テーマ:

新居に訪問してきました!


エントランスには無駄に水が流れる大きなマンション。

そして2重のセキュリティ。

ものすごいお宅です。


まずは家主のあとむさんから。


2005121801


↑子供たちの今日のネタとして、マダカスカルと、ロボッツのDVDを仕入れてきてくれていたあとむさん。


そして、そして驚くべき光景!


2005121802


神原のお料理シーン!

心配そうにゆきえちゃんが覗き込んでいます(笑)

「炒め物だけよーん。」

とかいいながら、味付けしっかりしていました。

「私だってキッチンにたつのよ。」

と語りつつ、何がおいしかったって、サラダ。

誰でもできそうだけど、野菜の組み合わせが私の辞書にはない組み合わせだったので、このネタはこれから使わせてもらいますわ。


2005121803


そして、くつろぐ子供たち。

3歳児の女の子二人をあいてに、つぐむクンは、大変。

それはそれは大騒ぎの夜でした。


2005121804


恒例の3歳児コンビ。

大きくなりました。

そして何気にお互いのこと、わかっていることも面白い。

「あんなー」

と気軽によんでは、けらけら、きゃーきゃー笑い遊んでいました。


それにしても、

昨晩はいろんなものが壊れていたなぁ...グラス、お皿...

ゆきえちゃん夫婦のショットがなかったので、それは新年会で。


100回泣くこと

テーマ:
中村 航
100回泣くこと

つい最近、この本を読みました。

このところ読書ストックが多くなりすぎ、どっから手をつけたらいいかわらないくらい

ダイニングテーブルの上に積みあがっています。(笑)


最近泣きたいつもりではないんだけど、お涙系と書評されている本ばかりを集めています。

で、どうだったかというと、泣けました。(笑)

涙腺弱めになっている40歳間際のオバちゃんとしては、こういうストーリーはなかなか心癒されます。

結婚の約束をしてほどなくして

彼女が癌で死んでしまう。

そして大好きだった犬も死んでしまう。

それにはいろんなタイミングやきっかけが重なっていて、主人公の彼は人生を改めて振り返るのだ。

というようなストーリー。

文字数も少ないので、私は1時間で読んでしまいました。


この本とともに

中村 航
リレキショ

も買いました。


この冬にどうぞ。