子供の力

テーマ:
日曜の夜から娘は発熱した。
月曜の朝の時点でも38度5分を超える熱だった。
ひどいこと。とは承知の上で、坐薬を使って解熱して、ルームへとでかけた。

月曜日11時30分。
ルームから「お熱です」コール。
心の準備をしていたので、迎えにいく。
その足で小児科へ。
病院で検温すると、40.4度。
大人にしたらものすごい熱だ。

だっこをしていても汗をじっとりと感じる勢い。
中耳炎の疑いもあるので、夕方の耳鼻科の診察もすすめる。
ということで、一旦帰宅。
今回の熱2回目の坐薬を使う。
一機に熱は下がる。

すこし機嫌がなおったところで耳鼻科の診察。
中耳炎ではないらしい。
でも今回の熱の治癒経過の中で耳に水がたまる可能性もあるので
今週の終わりくらいには一度みせてね。
とやさしい先生のアドバイス。

帰宅して検温。
38度ちょうどくらいあるが、40度を超える熱にくらべたら遥かに楽なようす。
あれこれと欲しがるものを与えて、ねんね。
夜中に検温してみると熱は平温(36.6度)に。

そして、今朝。
昨日のことはなにもなかったかのようにはしゃぎまくる娘。
今日のシッターさんはキャンセルしたのにぃ~と思い、
父と母と2交代で今日は対応するつもりで心の準備したのにぃ。
と思いながら、熱もないわけだから。
ということで、ルームにでかける。

本人は、「今日はお教室だから。がんばる。」
とのこと。

今日は平熱のまま、すべての工程をしっかりといつもと同じペースですごしたらしい。

子供の熱はすごい
そして子供のパワーはものすごい。

大人はちと熱がでたりすると、その熱のせいで、へこたれる。
熱だけでなく、下痢したり気持ちわるかったりするだけでもへこたれる。
でも、子供ってすばらしい。
私もできる限り、この子供のパワーをもらいつつ、見習わせてもらいたい。
そして、いつまでも子供の心忘れずすごしていきたいと学ばされた。

寝しなに娘にいわれた。

「ママ、パソコンはいいから、はやくねなさい。」

とほほ。
AD

伊香保温泉 岸権旅館

テーマ:
土、日ででかけて参りました。

とてもよいお風呂。そしてサービスでした。
源泉100%かけ流し!とパンフレットにもうたっているように本当にいいお湯でした。

ゆかたのサービス、各お風呂ごとにおいてあるフェイスタオル。そしてそのタオルのやわらかさ。
お食事も美味しかった。特に、きのこづくしだったことが、無理を感じさせずすごいよかったです。私たちはもち豚しゃぶしゃぶを選択しました。これにもたくさんのきのこをいれて、いただきました。
翌日の朝食も、土鍋で炊いたご飯。土鍋ごと部屋まで運びこまれてきました!そして、きのこ汁。鴨いりうどんなどなど、山の幸いっぱいのお食事でした。
翌日の朝食のときに、昨晩使用したお箸をお持ち帰りください。
ともってきてくださったし、チェックアウトもフロントではなく、お部屋でできたこともよかった。(特別室に宿泊したからかな?)

お風呂も露天風呂には石鹸の類が一切おかれていなくて、こりゃすばらしいわ。
と思いました。
お風呂の数は貸切風呂をいれると5か所。

AD

ぺさん

テーマ:
今、六本木ヒルズはどんどんとすごいことになっている。

たくさんのおばさまがたが、ヒルズにどんどんと溜まってきているのだ
(私もおばさんのはずだが、もっとおばさまがた...と説明しとこう)

その人たちは、口々に
「ねえ、あえた?」
とか、
「ねえ、ニューオータニではみかけることできたの?」
とかと語っているので、主語はなくとも「ぺさん」目的であることは明確なのだ。

そしてそのかたがたは、どんどんと地下に吸い込まれている。
きっと車で到着されるであろう、ぺさんを地下の駐車場で一目みよう。
という意気込みなのだろう。

今夕方16時すぎ。どんどんとおばさまがたが防寒姿で集まっている。
恐るべし。
AD

霞町;十々のブリスケ

テーマ:
久々に旨い焼肉をたべた!という実感。

年に1回くらいはいきたくなる十々。
昨晩はここのブリスケ(タレ味)に「ひょろりーん!」だった。

生でも食べられる。というこのブリスケは肩ロース。
「ねぎ飯」と、「のり」をたのみ、「ねぎ飯」はぐりぐりに混ぜておく。
ねぎ飯の上にのり。そしてさっとあぶったブリスケをのっけ、わさびをさわらせて

「パクリ!」

まじ美味しい~

肉は重要ですね。
特に新鮮であること。

いつまでも変わらず人気のお店であることに納得です。

親子で嘘つき

テーマ:
昨晩はめずらしく、パパと娘と一緒にお風呂にはいった。

お風呂場へ移動する二人に、私は大きな声で

「必ずシャンプーするのよ」

といった。

二人は、「ふぇーい」と返事。

長い入浴時間中、浴室からは娘の「ぎゃー」という声が何度も響き渡り、
最終的には、「ママー」といって泣きながらガウンをはおってあがってきた。

娘のシャンプー嫌いは、最近ようやく直り、逆に興味を示すようにもなってきた。
でも、うちのシャンプーは、床にスポンジの枕をおいて、そこにごろんと直接寝転がってもらいシャンプーするという方式。(すごく説明が難しい)シャンプーハットを買ってあるが、使わせてくれない。
私がだっこして仰向けにさせるのもいやがる。

パパも風呂からあがり、そのまま夕食に突入。

パパに聞いた
「なの、シャンプーした?」
パパは
「うん。」

娘に聞いた
「シャンプーした?」
娘は
「うん、なのちんシャンプーしたよ。ね~パパ」

娘の頭のてっぺんは、からからに乾燥しており、シャンプーしたてとは思えない髪の状態。ぬれているのは、毛先の部分のみ。

嘘ばっかり...

横浜へ

テーマ:
昨日の祝日は、また旦那が朝早くから自転車に乗り、横浜方面へとでかけていった。

私はここのところひきつづけている風邪がよくならないこともあり、
今日は家でじっとしていよっかなぁ。
と思っていた。

でも、娘といえば、超元気。
朝から
「ママ~、今日はどこいこっかぁ?」
という具合だ。

二つ選択肢があって、
ひとつはおとりよせしていた「鴨のコンフィ」が23日が賞味期限なので、東急本店の地下の紀伊国屋でパンやらチーズやらを買い込んで...といういわゆる普通の休日東急本店めぐりパターン。
でもここにいくと、ついつい7階にも立ち寄ってしまい何かをかわざるおえない状況になることは目にみえている。ちょうどエスカレータの踊り場近辺にあるバーバリーを通りすがると、店員さんから、「おひさしぶりね~」と大声で声かけられて、また何かを買ってしまいそうになる。ということだ。
もうこの冬は娘も私も何もいらないくらいいろんなものをそろえてある。

もうひとつは、鎌倉方面まで自転車で足をのばしているパパをピックアップしに、横浜あたりまでいく。ということだ。

結論として、ものすごく久しぶりだったけど、横浜まででかけてきた。
横羽線も渋滞はなく、娘とドライブ。
大黒埠頭で一旦下車するも、娘はだっこの嵐。
「ママ、おしっこするでしょう?」
とトイレにいかされる。

みなとみらいのマイカルにてうろうろ。
ここは全くといっていいほど、購買には繋がらないショップ展開と、品揃え。
こんなにも私の購買意欲をかきたてない施設もないよなぁと、
今回2回目だけれども改めて感じた。
1階のフードコートにて、食材を調達。
スーパーはどこにいっても私の買い物欲を掻き立ててくれるものなんだけど
なんでなんだろう?ここも全くといっていいほど必要最低限のものを買うだけでとどまらせてくれた。

戻りは第三京浜を使って帰宅。
玉川の降り口が渋滞していたので、目黒通り経由で帰宅。
絶対にこっちの方がすいているし、早い。

目黒通りもなんだかやけに久々に走った。
ボクスターにのって、一人ちゃらついていたころは、しょっちゅうここを走っていたので、なんだか懐かしくなる。

そんなこんなで、勤労感謝の日だったなぁ。
なんて思い、勤労を感謝されたのだろうか?
なんて思いながら、「鴨のコンフィ」と「レンズ豆とベーコンの煮物」プラス生ハムサラダで自宅でお夕飯。

横浜。人が多いね~。

小さな背中

テーマ:
今、娘は私の背中にぴったりと自分の背中をつけて
すやすやと寝息をたてはじめた。

まだまだ ねんねに入る間際は左の親ゆびをしゃぶる。

小さい背中は、私の背中の中心部にぴったりと張り付いて
それでもたまに、ぴくっとしてみたり
大きい深呼吸とともに膨らんだり。

「ソファで寝るの。」
といって、寝室から起きだして、ソファでごろごろしていたけど
私がパソコンに向かっている背中がどうやら気になってしかたがなかったらしい。

「ママに甘えるの。」
と素直にいえる、娘がとてもいとおしい。

とても窮屈な椅子の上に親子二人でぴったりとくっつきあい、
私はパソコンの世界の中に精神統一。
娘は今や、夢の中で今日のできごとを振り返っているのだろうか。

すーぴー。すーぴー。
鼻息は均一化した。
ようやく本格的に夢の中。

朝寝坊

テーマ:
今朝、寝坊をした。

目がさめたら6時だった。

でも、よーくみると目覚まし時計のセットは5時50分にしてある。
10分寝坊したことになる。

毎週月曜日。
私は4時から4時30分には起きることにしている
(というか、起きるようになっている。というか起きなければ間に合わない。)

しかも、今日寝坊をしたな!と気がついたのがシャワーに一人でじんわりはいって数分後のことだった。

昨晩発熱をしたこともあって、咳もぜーぜーしていたけど
夜中におきだして、イソジンしたら、かなりよくなっていた。
さらに旦那から勧められた鼻の上に貼る絆創膏みたいなやつをはったおかげで
多分口をあけて寝なかったせいもあるんだろう。

なんて振り返りをしつつシャワーにあたっていた。
いつもシャワーにはいりながら、時計を見る癖がある。
私はほんとうにいつも時計をみているなぁと思いながら...

そして驚いた。
6時15分ぢぁあないの!
てーことは、単純に考えても7時からの会議まであと45分ってことじゃないの!
ということに気がついた。
そこから慌てて化粧の下地。
週末美容院でキレイにしてもらった髪もぬれたまま。
あとは悩んでいる場合ではないので、おもいつくままのアレンジを着る。
猛ダッシュ。地下の駐車場までかけこみ車に乗り込んで、六本木通りは信じられないことにノンストップ!信号の赤には出会うことなく、ヒルズまで。

でも、最終的にどうだったかというと、6時40分には自席についていた。

髪はぬれたまんま。
化粧は眉毛とまり。
アクセサリーの一切なく、時計のみ。

でも、6時におきて、寝坊ともすごいことだなぁ~なんて改めて思った。
昔は、何時まででも休日はぐーたら寝ていたりしたんだけど。

そんなことを思いつつ、月曜日の午後の時間になったことにほっとして、今朝の出来事をblogにまとめてみる...

キリン;秋味

テーマ:
おおぉ~。そうだよね。そんな季節だ。

なーんて思って、今日自宅の向かい側の酒屋で「秋味」を手にした。
でもパッケージデザインとしては「やわらか」というのにも惹かれたのでそれぞれ1缶づつ。

レジで酒屋のおじさんがこういった。

「秋味、これでおしまいですよ」

私は意味がわからず、

「そうですよね~もう雰囲気としては秋ももう終わりましたからねぇ」

というと...

「いや。そうではなくて、最近のビール、発泡酒は出荷本数が本当に少なくて、ほぼ1ロットくらいしか作ってないんですよ」

という

「商品戦略とかいうやつですかねぇ」

と聞くと

「よくわかんないけど、消費者に飽きさせないつもりなんでしょうね」

という。

私は「秋味」ってすごく口に合うもので、昨年はかなりお世話になった。
今年飲んでみてもやっぱり旨い!と思った。
翻って、発泡酒「やわらか」私の心をくすぐる色使いのデザイン。
味はとても「やわらか」オイシイです。

秋味がもうなくなった今年の秋でも、やってけそうな、そんな消費者。

「女性セブン」な私

テーマ:
「女性セブン」12月2日号に私めの取材記事が掲載されております。

ここのところのスポーツ新聞取材連荘。
そしてこの「女性セブン」といい。

私はそういう人間なんです。

ということで、興味のあるかた、コンビニに必ずありますので、ぜひごらんくださいませ。表紙には、永遠の私のライバル、工藤静香がのっております。

わかりやすいっちゃわかりやすいかぁな。

明日は申し合わせたかのように美容院の予約。
かれこれ6年も通い続けている私のいきつけの美容院では、それまでの女性週刊誌をまとめてためておいてくれている。