2017-04-13 09:31:40

少し前にあった事について

テーマ:どうでもいい日常の話
さて、九州に行きます。

ここからツアーのような出張が続きます

2ヶ月ぐらい出張をセーブしてきたので、その反動がやってきます。



さてさて、少し前にやたら起きていた引き抜きについて今日は少し書こうかと思います。
少し落ち着きましたので(笑)

{EB22424E-6135-4258-AE9A-AE32F12D3729}

(特に写真は関係ありません(笑))

弊社も同業者の引き抜きにあうことが多々あるのですが、とても光栄です。
それだけ弊社スタッフを良いと思っていただけるなんて昔の小さかった時から考えたら

なんて光栄な事か

まぁ、しかし
声をかけられたスタッフがうちに残りたい!!
そう思えるような会社づくりをし続ける必要があるので刺激にもなります。

{3F6907A5-6915-45FE-A554-1E1503877668}

(写真は特に関係ありません(笑))


諸条件では「後出しジャンケン」の声をかける側が、いつも良いのは当たり前です。

それは条件ではなく、良い事を言ってるだけにしか過ぎませんからね
何故なら実力を見てないわけですから当然です。

私は経営者なので様々な方向からの話しを聞きますが、獲得した側も言ってたほど実力がなかったり発揮できなかったりと、がっかりするケースの方が圧倒的に多かったりします。だから育成できない企業は手当たり次第声をかける傾向があるわけです。

ただ、そのような企業の状態は

「育成できない、人が集まらない」

という問題を抱えてる事の解決策が手当たり次第の引き抜きに繋がるわけですから、そもそも何か問題があるんだと思います。



私達からしたら気持ちの良い事ではないですが、色々な人がいますので言ったって仕方ありません。
大切なのは、そうでない所で弊社が良い!と思ってもらえる会社づくりが必要なわけです。


私達は育成に力を入れているので、そう言った同業者への引き抜きなどは行わないのですが、過去の経験を踏まえて見えてきてる事を少し書きます。


自分達が上り調子の時に引き抜かれるメンバーは弊社内で悩んでいたり困っていたりするメンバーに声をかける事が多い為、引き抜かれた先でも力が発揮できなく結局のところうまくいっていません。

まぁ当然といえば当然

成果の出ないメンバーたくさん集め、環境変わった所で上手くいくはずもないです。 

結果を出せる人間は環境関係なく結果を出します。
冷静になればわかる事です。

{1437DA65-841A-4BA0-8C11-F555758FF7D2}

(写真は特に関係ありません(笑))

そして、もう1つは

自分達の会社が衰退しだしてる時に引き抜かれたメンバーは、ある程度実力がある人が揺らぎやすい。
この時は自分達の反省のしどころで、人もチームも本質は悪い時に現れます。本来悪い時に力を合わせられた体験や乗り切った体験が大きな財産にもなるのですが、それを感じてもらえないというのは悲しい事ですね。


{717DAEAF-8CD1-4538-813C-9A3F28BF92BC}



もしくは、もう1つ
衰退してる時にチームのリーダーとしてはやってはいけない事をやってしまい良いメンバーが抜けるケースがあります。


それは、衰退しだした時は軽くパニックに組織がなるわけですが
この時に社員の中でもネガティヴな一部の層が不満を漏らします。これは当然どこでも起こる事です。
これ自体は問題ありません。よくある事です

ここでやってはいけないのが、その声に個別対応して良い顔をする事です。

全ての人が満足できる組織など存在していません。
それは望んでる事が違うからです。

それなのにネガティヴな一部の層に対応し出すと、ポジティブで一番会社の味方になり原動力として頑張ってくれていた人たちにとっては問題ある組織に変化するのです。

しかし、元がポジティブなので声を上げずにバカバカしくなってしまい去って行きます。頑張る意味を見失っていくんだと思います。

なので、私はずーっと昔のから自分の中でルールがあり

「平常時にしかルール変更はしない」

というルールです。
パニックになってる時は冷静に理想に向かった判断は難しくなる。だから全てが落ち着いてから理想に向かった判断をくだせる状態でルール変更にじっくり取り組む事を心がけています。

{98F31CDE-FA02-4800-9F13-EC2CA2FD47D5}



大切なのは総合的な魅力をだせるかどうかです。
そして、それが伝わる感じられる組織になれるかだと思います。

更に飛躍する為にも、より魅力的な組織づくりに取り組んで総合力を上げていかなければなりません。

ではでは行ってきます。



I am heading to Kyushu.

I will be busy with business trip this from today.


I would like to write about something that have happened frequently these days.
It is about “Headhunting”

I can write about it as it has almost settled down.



Our staff members are often headhunted by other companies that run similar business to us. This is actually great honor to us, because the companies highly evaluate our staff members. It has never happened when our company was small.

But anyway, we have to create a better company that our staff will think that they want to keep working even if they are headhunted by other companies.

It is easy for headhunters to offer better conditions than staff’s current conditions.
Because they don’t really know the potentials, abilities and character of the staff.

Since I am entrepreneur I have opportunities to hear various stories about headhunting, but most of people who get headhunted show worse result than the headhunters expected.

Companies that tend to get employees from other companies usually have a big problem, which is they have no environment to train their own staff. I think they should solve that kind of problem before they try to do headhunting, but there is no point to say that because everyone has different opinions.

The important thing for us is make better company for our staff.

As we concentrate on training our staff by ourselves, we don’t take people from other companies. However, I can tell you something based on my experience.

If you are succeeding in work and enjoying with your colleagues, would you like to change the job? Of course not. The thing what I am trying to say is that people who will get headhunted and change the current job even their shop goes well mostly have problems in their own minds. 
Unless they solve their own problems, they cannot perform well in their new place. 

There is no doubt.

People who succeed in work can perform well and show good result in any environment.

Here is another case.

Skilled people who get headhunted when the shop is not going well wonder whether they should quit. 

As I wrote here before, we can see people’s real personality when they are in difficult situations. It would be a valuable experience if you can get over the situation with your teammate. Unfortunately, some people miss the opportunities by their own decision.


There is a decision, which a team leader must not make when the team is in difficult situations. 

When the team is in difficult situations, a few staff who have negative thoughts complain about the situations. This is not unusual.

The worst decision is to respond the each complaints and try to show yourself a good person.

Environment, which everyone can satisfy never be existed.
Everyone wants different things.

If you start to respond the complaints from negative people, other staff members who have positive thoughts and always try to help you will start feeling uncomfortable.

Then the positive people will lose the reason to work with you and leave the shop without complain anything, because they don’t really like complaining.

As I have learnt about this through my experience, I will never change the company’s rule unless the situation is usual.

It is difficult to make a right decision when we are in a panic. That’s why we have to settle the problem down before change something to the right direction.

We have to make our company more attractive for not only customers but also our staff.

Let’s do it together to improve ourselves and our company.


See you.


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

くろさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。