ダメ

ブログネタ:ダメ男、ダメ女の魅力を語ろう! 参加中


あーあ…

裁判、争うんですね…

編集部が漫画業界全体より編集者のメンツを優先したように見られますよ…

この争い、漫画業界の醜い部分を見せたって時点で双方負けたようなものなのに…

長引けば長引くほどみんな迷惑するのに…

そんなことも分からないくらい、ダメ編集者しかいないとまた言われますよ…

私、今回の件では原稿紛失以外以外の陳述は信じてなかったのに…

もちろん、おかしな編集者はいるけど、仕事なんだから漫画家に好かれてばかりもいられない。

時には厳しい態度に出たほうがいい結果が生まれることもある。うまくいかないときもある。

やってみなければわからない、そういうすれ違いの結果だと思ってたのに…

この声明文が、これまでのどんな噂の書き込みよりもブログよりも、一番ダメージが大きいと思います…


ぶっちゃけ、ネットでどれだけ盛り上がろうが大した問題ではないんです。

新聞やテレビが経緯をすっとばして偏った結果論を記事にして、それが一般に定着すること。

それが一番怖いし、危険なんです。


漫画を支えてきた他の編集者や作家さん、そして何より読者のみなさん

みんなを傷つけて、そして裁判に勝った勝者は、それで何を得るんでしょうか…


※追記

後日この声明に至るまでの経緯を小耳に挟みました。
…なるほど、やむをえません。最善ではないけど、最悪でもない。
公にできないのが残念です。


マンガ編集者狂笑録 (水声文庫)/長谷 邦夫

¥2,940
Amazon.co.jp

AD

コメント(2)