• 21 Feb
    • 聖飢魔Ⅱ30周年ツアー地獄の再審請求『告訴』『上告』in日本武道館

      生まれて初めての日本武道館。聖飢魔II地球デビュー30周年ツアーのファイナル。涙無しには見られない素晴らしいステージでした。またどこかで会えるのか、会えないのか、、、ふらっと入った立ち飲みイタリアンでご一緒したお姉さんの「いいね。私はチェッカーズのファンなんだけど。メンバーが死んじゃったからさ。二度と私は見ることが出来ないんだ。」っていう一言が印象的だった。人の出会いもライブも一期一会だよね。面倒くさがっていたら勿体無いね。夢を削るのは誰にでも出来ること。諦めをすり替えた冷めた態度じゃ楽になれないさ。マイノリティって大事ね。

      24
      テーマ:
  • 13 Aug
    • スーパー勘違いパワーメイクアップ

      【不器用で凹みやすい自分と28年付き合ってきて思った事】「悩んだ分だけ人は成長出来る」とか「涙の数だけ強くなれる」とか言いますけど、悩んでも傷が深くなるだけで、人はそんなに成長は出来ないと個人的には感じています。人間生きてると、色々な出来事が起こります。幸せな事も、不幸な事も当然起こり得る「出来事」です。たまたま残念な結果になってしまった出来事に対して、「私のここが悪かった」「私にもっと能力があったら」と、自分を責め続けても、自分が辛くなるだけで、誰も救われません。当然、誰も徳をしません。むしろ、誰も陰気な奴をそばにおいて置きたいとは誰も思わないでしょう。うまくいかなかった事を並べたてる事で、その事柄を強く意識してしまいますますネガティブになり、さらにも増して、やる事なす事うまくいかなくなっていきます。悪循環に陥るのです。そして、それを「また失敗した!!」って、指折り数える・・・なんか虚しくありません?凹んでる時って、1の失敗を10くらいに感じてしまって、あまりにも立て続けにそんな事が起こると、絶望して言葉すら出なくなってくるけどね。あとから考えると「そんな落ち込む事でもなかったのかな」と時間が経つと、自然に思えるものなんですわ。だったら起こった瞬間から「まー、しょうがない。どんまいどんまいw」と思ってもいいですよね?w過去に失ったもの、得られなかったものはいくらジダンダ踏んだって、もう手に入りません。間違えちゃったら「ごめんごめん」。何が起こっても、「あーそうかい、そうかい」。ショックな事があった時ほど、自分が一番楽に過ごせる事、自分のちょっといいところを考えてみる。自分がニコニコして毎日を幸せに暮らす事を優先に考えていいと思うんですよね。前よりちょっぴり好きな事を思い切ってやる。前よりちょっぴり欲望を口に出してみる。私って実は超モテモテ。私って肌と髪と歯が綺麗なんです。私って誰とでも仲良く話ができるんです。私って割とお料理が上手なんです。私って色々好奇心が強くて面白い奴なんです。ほら、私って素敵でしょ?スーパー勘違いパワーで自分の心をメイクアップ。これでいきたいと思います。本来の自分のいいところをどんどん伸ばしていけるように過ごして、そんな中で誰かと仲良くなったり、なれなかったり、出会ったり、出会えなかったりすれば、それで良いんじゃないかと思います。

      23
      1
      テーマ:
  • 18 Jan
    • 酔った時の思い出がそういえば無いなぁという話

      自分は今までお酒を飲んで ひどく羽目を外したり、 訳が分からなくなるくらい酔ったという経験が無い。 お酒は別に嫌いな訳じゃなくて、 帰りの足を気にしないで気持ちよく飲める機会があればむしろ飲みたいとさえ思う。 まぁ、帰りの足や会計と天秤にかけて、飲まないでいるんだから、それは結局あんまり好きじゃないんじゃないの?ってツッコミはさておきw 今まででたった一度だけだけど、 バーに行った事がある。 一杯で千何百円っていう、 普段100円くらいのブリックのジュースで満足する自分にはギョッとしてしまう値段だったけど、それは最高に美味しかった。 男性だと酔って同僚の誰々にちょっかい出しまくってたとか、 気持ち悪くなって誰々先輩が一生懸命介抱してくれたとか、 なんか酔った時のやらかしたエピソードの中にも、 誰かの優しさや愛情や若さがあったりするよね。 結果的にやらかしても、良い笑い話になってたり、意外な一面を見たみたいな感じで、それがコミュニケーションのきっかけになったりしてて、 なんか楽しそうだなぁー、酔ってそんなにハシャゲるんなら幸せだよなぁーとか、思ってしまうんだよね(笑) 男女の差もあるのかな。 女の人が男性ばかりの飲み会でベロベロに酔って、トイレに行くのに立ち上がれなかったりしたら、笑えないもんね それだから、余計と羨ましく感じるのかも。 本人たちにとっては、あの時は申し訳なかったとか、あの時は本気で具合が悪くてヤバかったとか、ロクな記憶じゃないのかもしれないけどさ(笑) チーズとかアンチョビを使った料理とか、りんごの発泡ワインなんかは大好きなんで、いつかイタリアンバルとかで好きなだけ飲んでみたいものです。

      5
      3
      テーマ:
  • 20 Apr
    • ピンポン

      学生の頃から好きで繰り返し読んでいる「ピンポン」。四月から深夜枠でアニメ化されたので毎週楽しみに見ております。たぐいまれなる才能ゆえに堕落しすぐ物事から逃げるようになったペコ、幼少期からのイジメ・トラウマから笑顔と勝利への執念をが失ったスマイル、常勝のプレッシャー・ストイックさからいつしか人間らしい感情と純粋に卓球を楽しむ気持ちを忘れたドラゴン、才能がものをいう世界で天才との違いを見せ付けられながらも努力と圧倒的な練習量を糧にもがくアクマ。それぞれのキャラクターの人生が卓球を通して変わっていく様子が丁寧に描かれています。オススメです。

      5
      9
      テーマ:
  • 23 Mar
    • レザークラフト

      春めいてまいりましたね。木々には梅の花が色づき始めまして、空は晴天。こんな日は、家に引きこもってレザークラフトです。人生初めてのレザークラフトに挑戦。まずは作りたいものの型紙を作ってそれに合わせて、レザーを切ります。切ったら糸や、ボタン等の付属品をつける為の穴を、”菱目打ち”なるフォークのような工具であけていきます。この作業がとても楽しい。次に”トコノール”という、とろりとしたクリームのようなものを革の裏面に指で塗り込み、磨きます。革のケバケバが取れて、しっとりとなめらかな質感に。革の下処理が終わったら早速縫っていきます。縫い方は学校の家庭科なんかでは全くやったことの無い、糸と糸の先に針を付けて、二本の針を使って表と裏から交互に縫っていくというなかなか複雑な手法でございました。テキストのイラストを参考にするだけだと、これがなかなか難しい。何回も糸をほどいて、縫い直して、やっとこ形が完成!!開くとこんな感じ~ペン6本と消しゴムが1個入っているよ。習い事に行く時のペンケースに決定^^

      3
      テーマ:
  • 01 Jan
    • あけましておめでとうございます

      みなさんあけましておめでとうございます。年末年始の実感もないまま、2014年を迎えました。室課異動があったり、都内にまで足を伸ばして習い事・コンサート等を見に行ったりと、仕事・プライベート共に、新しい出会いもあり、2013年は以前よりも、さらに活動的に過ごせた一年だったと思います。17年間一緒に時間を過ごしてきた、愛犬が亡くなったのは悲しかったですが、自分なりに思うところがあり、それをきっかけに身の回りを整理したり、一種の気づきのようなものを、与えて頂けた様な気がします。今年は初めての事が色々出来ました。なぜか行った競馬で2440円勝って、公園でパターゴルフをやって、コミュニケーション能力検定1級を取得し、モノレール、レーシングカート、水上バスに乗って、スポーツジムを退会した代わりに趣味でちょっと良い自転車を購入し、、、2014年も、益々いっぱい動いていっぱい食べて、憧れのビヨンセみたいな体になりたいと思います。皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

      4
      テーマ:
  • 10 Sep
    • 「気にするな」で「好きになる」

      クサクサした気持ちになると私の頭に浮かんでくる。昔、母が語った父に対する思い。「お父さんと話していると、何でこんなつまらない事気にしていたんだろう?と、 悩んでいた事自体が馬鹿馬鹿しくなってくるから不思議。 自然とそういう気持ちにさせてくれるのだから、本当にすごい人だ。」そして、たまたま気がついた。「気にするな」を並べ替えると、「好きになる」となる。女の子は、「大丈夫」「気にするな」と言ってくれる人が一人いるだけで、自分のキャパ以上に頑張れる生き物だから不思議。大切な人にとっての、「気にするな」になりたいものです。

      テーマ:
  • 19 Aug
    • 夏休み「那須旅行」

      夏休みという事で1泊2日で那須旅行に行ってきました。那須の美味しいお水で打った香り高いおそばを食べ。通り道にあった『戦争博物館』へ。実際に戦争の時代を生き抜いた栗林館長が全身をばっちり軍服でキメて、体験談・逸話を交えて名調子で展示物を案内してくれるってのが名物のひとつみたいなんだけど、残念ながら館長不在。さすがに高齢×真夏×軍服は辛いか;;特に当時の家電や生活用品には興味をそそられた。日本で初めての自動販売機、当時のラジオ、洗濯機などなど。当時から「ソニー」ってあったのか。戦車やゼロ戦の甲板は予想外に薄くて、「これで戦ってたんだ・・ゴクリ・・・」となった。チェックインまで時間がまだあるので「那須フィッシュランド」へ。豊かな自然の中に透き通った清流が流れる思い描いていた通りのロケーションです。那須、素晴らしいです。 釣竿300円×釣った分だけお支払いの「エリアZERO」は短時間でとってもお徳に遊べます。 小ぶりながら綺麗なヤマメを2匹釣り上げそれぞれを「から揚げ」「塩焼き」で調理して貰いました。(調理1匹150円)あの衣の美味しさの秘密を知りたい・・・!!夜はペンション「ベルザキャット」に宿泊。しゃぶしゃぶ・蟹の食べ放題&飲み放題&バイキング。7種露天風呂24時間入り放題。個室ダイニングによる朝食バイキング。これで夏休みのハイシーズンで14000円は安いっしょ!!普段なかなかお酒を飲むチャンスがないから、梅酒ロック1杯で気持ちよくなってしまって、お風呂に入る入ると言いながら、うだうだしている間に1時間以上が経過していたw妙に楽しかったあの時間。酒の力ってすげーーwwww次の日は「那須どうぶつ王国」に連れてきてもらいました。毛がもじゃもじゃで大きい動物は、いくつになってもときめいてしまいます。アルパカはこんなに毛が生えてて暑いねーーーなんかゴージャスな鳥が、ぶにゃの腕にとまってくれたよ。那須は避暑地だと思っていたんだけど、連日とにかく暑くて、動物ともどもバテてしまったw帰りがけに食べたらーめんの塩分が有り難かった(笑)

      2
      テーマ:
    • 高橋みなみの歌唱力に気づいた

      ロックや90年代J-POPばかりしか聴いてこなかった私ですが、最近意外とAKB48とか聴いちゃってます。you-tubeで夜な夜なPVやライブ映像を見て楽しむだけではあきたらずそれぞれのメンバーのソロ歌唱動画にまで手を出し始めました。そして、気づいた。高橋みなみちゃんって歌上手いんだね。愛しさのアクセル」見て気迫と演技力に惚れたわ。高橋みなみ「愛しさのアクセル」今までは単純に見栄えがするから、板野友美ちゃんが好きだったんだけど、これをきっかけに高橋みなみちゃんを一気に好きになって、目で追うようになったわ。そういや、ソロシングル第二段も出るみたいね。応援したくなる子だわ。

      1
      テーマ:
    • 恋の後先

      「結婚4年目の離婚」が多い理由。http://www.tokiomonsta.tv/news/article/885-hitomebo-fourth-year-divorce.html私は未婚だから、結婚生活に関してはなんとも言えないけどね。人間の感情に永遠なんて無いんだよ。 恋愛感情なんてものは、 悲しいかな日に日に薄れていくものだからね。 そして、最後に何が残るかというと それは、人としての『情』。 つまりは思いやりの心。 売り言葉に買い言葉の傷つけあいが始まって、 さらにはそれを通り越して、 『どうせ嫌な思いをするだけだから、 もう何も言わない』にまで思考が至って、 まともな会話すら無くなったら 、どうおまけして見たって、そんな付き合いには明るい見通しはないよね。 どんなに情熱を傾けても、声をあげて泣いても、分かり合えない相手っていうのがいるんだよ。結婚してたり子供がいたりしたら なかなかそうはいかないけど、 恋愛に関しては、お互いの心を自由にする為にお互いから手を引くって事も選択肢もある。無理したり、我慢したりして、 関係を長らえさせる事は、 『相手の貴重な時間を奪っている』事にもなる訳だからね。もっと、開放的に生きながらに 幸せになる方法っていうのが きっと誰にもあるはずなんだよ。 でも、不思議と人間は苦い経験を経て18歳~24歳くらいの若くて『可愛い』と 言われる時期を通り過ぎないと、 そういう事に気づけない。それがちょうど20代後半なんだよなーなんか違う、私このままでいいの?と 迷っている若い子がもしこれを見ていたら 色々考えるきっかけにして欲しいな。 みんな、きっと幸せになれるよ。

      テーマ:
  • 15 Aug
    • 自分の持ち物には名前を書こう

      いくら家族に勝手に持っていかれるのが嫌だからって、ここまで前面に自分の名前をマジックで書くとは、我ながらケチな女である。

      テーマ:
    • 青いアイツが映した思い出

      小さい頃、父によく川に連れて行って貰った。 とにかく釣りが好きだった。 ただ浅瀬に泳いでいるメダカを見ているだけでも延々と時間を過ごせた。 とにかく魚が泳いでいるのを見るのが好きだった。 父は現地調達した材料で即席釣竿を作ってくれた。 川原の石の裏から採取した虫を針に装着し、 膝の深さまでザブザブと水に入る。 釣竿ごと手を豪快に水に沈めて、糸は水の流れに沿って流す。川の流れに沿ってズイズイと腕を押したり引いたりする。 引いた時にブルブルブルッ♪とした感触があったら、不思議と魚が釣れている。 これをうちではズイコン釣りと呼んでいたが、おそらく正式名称ではない(笑) 近くにヤナがあったので、夏は決まってヤナにも遊びに行った。(今だに行っている、今年も行った)ある日、丸みを帯びたボディラインに、青みがかったカラーリング、チクチクとした鋭い背びれを装備した、まさに”海”を連想させる風貌の魚がヤナに打ち上がっているのを見つけた。子供心に「川と海は繋がっていると聞いた事があったけど、本当だったんだ!!この魚は長い長い旅をしてここに辿りついて、海とは全く異なる水質にうまく適応して今まで生き伸びて来たんだ。コイツはすごい!!こいつはすごいぞ!! 」と、私はそれは盛大に興奮した事を覚えている。 去年、付き合いで近所のダムにブラックバス釣りに同行させて貰う機会があった。私は浅瀬にねりエサを落として遊んでいたのだが、そこで私は十数年ごしに、”アイツ”との再開を果たす事になる。 たまたまダムで釣り上げたそれは、まさに幼少期に見た、あの青い魚と全く同じ魚だった。 のちに調べると、どうやら”アイツ”は、汚い溜池から川に至るまで、食欲・繁殖力旺盛であらゆるところに生息するブルーギルという外来種であるという事が分かった。 うん十年勘違いさせられていた事と、あの幼少期の感動が一気に崩れさって、若干ショックを受けたぶにゃであった(笑)

      1
      テーマ:
    • ”卵”という字は。

      さっき買い物メモをみて気づいたんだけど、 ”卵”という文字は非常におっぱいに似ている。

      テーマ:
    • 薬の飲み方の”食間”って。

      薬の飲み方には基本的に、食前、食後、食間、の三通りがあるが。 私は最近まで”食間”は、食事を半分くらいまで食べて、 途中で薬を飲む事だと思っていた。 食後2時間程度経過した後の、比較的お腹が満腹ではない状態、 食事と食事の間というのが正しい解釈だと 病院に勤める姉に聞いて地味にびっくりした。

      テーマ:
    • ファッション黒歴史=年齢

      最近まともなバッグを持っていないだけならまだしも、 出かける時に持つバッグが『巾着袋』になってきた。 ズボンの腰回りはもちろんゴム。 下の服が隠せてラッキーぐらいの気持ちで家事の延長で、エプロンをつけたまま平気で近所に買い物にいく。 昔の同級生や近所の知り合いと遭遇して『ゲッ!こんな格好の時に!…やっぱ着替えるくらいしないとなぁ』と一瞬だけ思うけど、 ああ、着替えるったって・・・・ただ下がジーパンに変わるだけだから大差なかったわ、と我にかえる。 さすがに手持ちのものが痛んできたり、習い事に毎月着ていくのが同じ服じゃかっこ悪いなぁ…という時には買おうとするんだけど、どれもなんか私が求めるのとはピントが合わなかったり、店頭で合わせてみてすごいいいと思って買っても、いざプライベートで着てみるとなんか違う。 ジーパンにロンT以外、何着ても似合わないように見えてマジでオシャレが出来なくなってきた。単に年齢的な問題か?www 十代、二十代前半の頃はとにかくあれも欲しいこれも欲しいもっと欲しいもっともっと欲しい~♪状態で、手持ちのアレにコレを合わせたら可愛いんじゃないかとか、とにかく色々発想が湯水のように湧いてきて止められないぐらいだったんだけど、めっきり最近は何も降っては来ないw そりゃあ、せっかくお台場ヴィーナスフォートやら銀座やらに行く機会があったのに、下着だけ買って帰ってくる訳だわ(笑) 幸い習い事や、体に気を使う事の方が楽しくなってきているし。他に大事な事がたくさん出てきて自然とそうなったものなので、対して気にしている訳ではないんだけど、このままだとあと二、三年で益々酷くなるんじゃねwという懸念が無きにしもあらずなのである。

      テーマ:
  • 01 Jul
    • 厨二病メモリーズ

      思い出します。 温故知新が、うんこちんちんだとしか 思えなかった事。 思い出します。 テストの裏に壮大な落書きを 書いたり消したりしているうちに、 答えが消えてしまって 98点になっていた事。 思い出します。 居眠り常習犯で地理の先生に 「チャイナにいっちゃいな!!」と 言われた事。 思い出します。 顔が水につけれないからスイミングスクールに 通いだしたのに、 送迎バスでの車酔いが酷くて 対して泳げないうちに辞めた事。 思い出します。 「ブラジャーをしてくるのを忘れたから いったん家に帰る」と、 集団登校のメンバーに先に学校に 行ってもらった事。 思い出します。 重い書道バッグを振り回して 「うっひょーーすっげぇーーまわるーーーー!!」って 遠心力を感じながら畑に落下していった事。 思い出します。 先生に「あなた何か食べてるわね!」と お菓子の持込を注意され 満タンに煎餅を詰め込んだ口で 「食べてまふぇん」と 堂々と胸を張った事。 思い出します。 国語の教科書の作品ごとの作者の顔写真を 人外の顔に書き換えるのがやたらうまかった事。 思い出します。 参観日には毎回昼休みの時点から 紫のスーツで母親が来て、 校庭に一台だけ車が止まっていた事。 思い出します。 ソフトボールで 「やる気がない人は帰りなさい!」と言われて 「はい、帰ります」と全く食い下がらず帰ろうとしたこと。思い出します。 先月コインパーキングで 駐車番号を間違えて 他の奴のロックバンを下げてしまった事。 ・・・ ・・・ 保育園から22歳までの 記憶をさかのぼったけど 自分が一貫してろくでもない人間だと いうことが改めて良く分かりましたw

      テーマ:
  • 16 Jun
    • 中華料理の魅力

      最近中華料理の魅力に取り付かれまして、小籠包・焼売・肉まんを皮から手作りしたりして、出来立て作りたての味を楽しんでいます。小籠包、カツオのたたき、大学いも。汁なし坦々麺、から揚げ、セロリと蟹の和え物。肉まん、さつま餡まん、大根餅。

      2
      テーマ:
    • アンダー10イヤーズオールド

      私はなぜか今だに思い出します。 あれは小学校低学年の頃。 音楽の授業の際、教室にリコーダーや教科書を忘れたと席を立つ生徒があとをたたなかった。 酷いとそのまま廊下や他の教室で悪ふざけが始まり生徒は授業に戻らない。 頭を抱えた先生は『音楽バック』なるものを生徒に各自用意させた。 そこに道具を一式まとめて入れさせ、授業にバックごと持ってこさせ、忘れ物を取りに戻る事を一切禁じる事によって、先生は授業妨害・学級崩壊の芽を摘もうとしたのだ。 全くうまい事を考えたものである。 次の日から女の子たちは「ねぇ、袋どんなの持ってきた?」と、 サンリオの全盛期だった事も相まって、キティちゃん、マイメロディ、キキララなど、それぞれ思い思いの可愛い手さげ持ち寄りウキウキ見せあっていた。 当然、私も袋を用意してきた。 それは近所のスーパーのビニール袋だった。 教室から音楽室への移動のためだけに親にバッグをねだるのは嫌だったし、何が一番大切かって考えた時にきっとそれは「教科書とリコーダーが入り持ち歩ける事」。ビニール袋はその条件を充分に満たしていた。イケるだろうと小学校低学年の私は思っていた。 先生や友達からは、まさかの『…えっ………』『…そ、それはちょっと………』という反応。 でも、競って人よりいいバッグ持とうともせずに、惑わされずに、小さい頃から自分が良いと思った事に身をまかせる事が出来ていたというのは、本当に何気ない思い出なんだけど、”小さい頃から私は私であった”と地味に誇りにも感じたりする。ちなみに私は『芋煮会』の日に、軍手に片手に鎌で登校したら、『転んだりしたら、危ないからきちんと袋に入れて鎌は持ってきなさい!』とも怒られた事がある。 なんであんなに袋を用意するのが、当時は嫌だったんだろう。 気づいた時にはもうすでに私は何となく馬鹿だったw

      1
      テーマ:
  • 14 Nov
    • 限られた瞬間だからこそポジティブな言葉を。

      集いの夜の部での出来事。閣下が『今何時?』って袖のスタッフに話かけたり、次の段取りを気にしたりと度々時間を気にするシーンがあって、その中で「いやっ、さっき握手しながら、終電があるんで途中で帰ります、って言ってった人がいたんだよねー」って発言があったんだけど。「終電があるから帰る」なんて言われたら、「終電を差し置いてでも〝見たい〝とは思ってもらえなかったんだなぁ…」と、アーティストの方は思ってしまうんじゃないかな。全国各地から様々な環境の方が集まっている会場で、止むを得ず途中で退席しなければならない人が出てくるのは当たり前。電車があるから帰るだけで、決してつまらなくて帰る訳じゃないんだよ!!って事を、そのファンの方は伝えたかったのかもしれないけど、それはわざわざ口にしないで、そーーーっと一人で席を立って静かに帰宅すれば良かっただけの事だったんじゃないかな。たまたま隣に座っていた友人によると、上記の閣下の発言の際も「あっ!私達の事じゃない!?」と仲間らしき人物と、はしゃぎあっていたみたいなんだけど、それって何か違うよなーーと思ってしまった。

      テーマ:
  • 03 Sep
    • フランスパン、シャルロット・オ・ポワール

      【バターフランス】フランスパン粉(リスドォル)と、最強力粉(ゴールデンヨット)を混ぜたらとっても扱いやすく美味しい生地のフランスパンが出来ました。【シャルロット・オ・ポワール】ビスキュイ(スポンジとクッキーの間のような生地)の中に、バニラ風味のババロアを流し込んで固めて、上には洋ナシのコンポートをたっぷり飾りました★ふわシュワとろ~~んで幸せの味(^∀^*)

      テーマ:

プロフィール

ぶにゃ

性別:
女の端くれ
誕生日:
1987年2月26日 0時頃
血液型:
Bの中のB
お住まいの地域:
栃木県
自己紹介:
化粧や服には気を使うけど 目立ってオシャレな訳じゃない。 キーボード打つの無駄に早いけど ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。