March 25, 2006

@アルツ磐梯

テーマ:スキー

2006.3/19~20と スキーをお泊まりでというのは、

今年は最初で最後になってしまいました。

(兄・4歳8ヶ月 弟・1歳11ヶ月)

なぜだか、アルツ磐梯 をパパが選択。初日

今までは、スキー専用スキー場が多かったのだけれど…

どうしたのかな?

昨年友人と泊まりで行って、なかなかだったらしい。

そして、どうやら売りは「子供といっしょにスキーを楽しもう!」らしいの。

というわけで、東北道を北上です。


夜中は3時に出発・笑

ETCの割引が受けられるし、朝早くから!滑ろう~。

うちのお出かけなんてこんな感じ。


でも、着いたら雨降り・涙。

どうしよう?と思っていると、だんだん雪にかわってきました。ほっ。


週末は戦隊ヒーローもやってきてましたよ。

戦隊ショーって30分もやっているのですね!

結構、話もしっかりしていてびっくり!ほほう。

最後には「僕と握手」ってね。僕と握手!!

(一番手前の方は関係ございません。すいません)

パパは普段見たこともないボウケンジャー の「プレシャス」を探して!なんてね。

吹雪いていた中、30分は…長いわ~。私と弟は屋内に避難。

寒さのあまり、ボウケンレッドは剣が手からすっぽぬけたりね…笑



さて、子連れに優しい点とは…


○ 駐車場が近いところに優先的にとめられる

    子連れ以外の人は、バス等で

    遠い駐車場にいくことになるみたいです。

△ 子連れ専用食堂があります。

   そこには滑り台やぬりえなどの室内遊戯場もあり。

    ただし、週末のみ

    結局、平日には遊び場は閉鎖されていました。

    もちろん遊び場も閉鎖されありませんでした。

    遊び場だけでも、開放していると、

    悪天候の場合助かるのですけれどね~。 

    メニューは、カレーや洋食中心。

    パスタはあるけれど、麺類はなし。

    通常の食堂には、子供椅子は置いてありませんでした。

○ お昼寝部屋があります   

    薄暗い部屋に、お布団が10組くらいひいてありました。

    週末には、だいぶ利用さtれていた人がいました。

    うちは利用せず。

    お昼寝部屋があるなら、遊び場もほしかったわ~。

○ 託児は8ヶ月~ 1時間¥1200-15分単位で預けられます。

    託児のお部屋には一切は入れません。

    テレビモニターで中の様子は分かりました。

    となりにある、大人はトイレにも入れない念の入れよう。

    「子供達が親御さんを思い出してしまうといけないので…」

    という張り紙がありました。

    ここで、授乳をするというのはできないですね。

○ 2歳児~は、雪の上でのアクティビティーあり

    残念ながら、弟はあと2歳まで1週間。体験はしていません。

    親と離れて大丈夫なら、絶対参加です。

    兄はスクールに!弟は雪の幼稚園!にですね。

    その間、夫婦の時間を楽しむのだ!

○ スクールはマンツーマン (スキー3歳~・ボード4歳~)

    3歳からOKなスクールって少ないですよね。

    残念ながら、日程と予約が合わず、体験できなかった…残念

    様子を見ていると、質が高い!!

    間違いなくうまくなっている!上達保障と謳っているのです。

    目からウロコからの教え方がいっぱいでした。

    フラフープを使っていたり!!兄もここで教わってみたい。 

○ 子供の遊び場

    スノースロープ付きのキッズゲレンデとキッズパーク。

    おうちやら、ソリやら、チューブやら…いっぱい。

    スノースロープも無料!です。

× 授乳室なし

    今回はそんなに、授乳を念頭に置く必要はなかったけれども、

    ついつい、託児ができるところには、授乳室を作ってほしい!

    ミルク用のポットはファミリー専用レストランにありました。

    でも、平日はないんだろうな~。(確認取れていません)

    そして、トイレにはベビーキープを求めてしまうんですよね。

    なかなかないけれどね。

    あるところを知っていると、求めてしまうのです。

○だっこしてのスキーOK

    お客様の責任において、リフトに乗ってください。との看板。

    おんぶや抱っこダメなスキー場もあるからね。

    よかったよかった。



宿泊は『ロッジ&セミナーアルツ』に。

大人数でわいわいできる部屋もあるので、何家族かで合宿してみたいわ♪

うーん、なんというか、夫いわく、フェリーの中みたい。

廊下の感じとか、お風呂とか。

フェリー乗ったことがある方はわかるかしら?

ママが寝る場所ありません 普段はお布団な子供たちは、今にも落ちそう…笑


普段は、絶対望まない朝晩バイキング・笑

弟はランプ?で温めるものを「あちーあちー、ふーふー」と消してまわっていました。

消えないけれどね。うろうろ~。

赤べこさん 赤べこさんが気になって…。ゆ~らんゆ~らん。



■■■反省点と展望■■■


スキーは自然が相手なので、天気によってその時できることも左右されてしまいます。

だから、休日がとれることがわかっても、

直前まで宿等予約せずに、お天気等みてから、行く場所決めてもいいのかな?

そう。宿はトクー とかをうまくつかってね。


ただ、兄は天候が悪くても、全然平気。

吹雪いていても、へっちゃら♪

足が痛いともいわず、寒いともいわず、パパが疲れても、「もっと滑る~」と。

これは、うれしい誤算。

初日、午前中にころんで、顔をすり切って…大泣き。

トラウマになるのでは!と思ったのだけれど、

昼ごはんを食べて、ボウケンジャーと握手したら、すっかり忘れていたわ☆


宿泊にリフト券がついてしまってのだけれど、いらんかった~。

私は初日2本、2日目1本だけ…。これ現実。

これで、リフト券必要なんて、馬鹿みたいでしょ~。

2日目は強風のため、リフトも2本しかうごいていなかったのです。



兄は何故だか、2日目に開眼!

プルークボーゲンをおぼえた!

初日は「ハの字って…?」だったのにね。

うーん、これで今シーズン終わってしまうのかしら?

ちょっともったいない。


今更、スクラップブックつくってみたりしたのにね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
January 26, 2006

@子連れでGALA

テーマ:スキー

ちょっと、遅くなりましたが、先週末のGALAの様子をUPしようかと。


デジカメ壊すし、

弟の帽子は無くすし、(無茶苦茶お気に入りだったのに

帰ってきた晩に、私は疲れ&たぶんストレスで過呼吸になるし。

ちょっと散々だったのだけれどね。

でも、スキーは楽しかったのだ。


前日の雪がコチコチに固まり、

まだ夜も開けきらないうちに、出発。

そう。今回は二階建て 新幹線使用。

2階建てのMaxです。

会社の部署のイベント(うちのオット幹事でした)の日帰りスキー。

お勉強ですか?

兄弟は車内ではなかよく雑誌を読み

前後にいる、おにいちゃんおねえちゃんに相手をしてもらい、

弟は興奮のあまりよだれをたらしまくり……

幼児は片道¥1000+で指定席に座れるのです。


キッズコーナー

キッズコーナーはこの3棟だけなのだけれど。

楽しい☆ でも、弟は満足そう。おなかこわすよ~

あきらかに雪食べているし。(この帽子↑がないのですよぉ!)

それと、ここから離れた場所に、ソリとパンダスキー専用コースがあるくらい。

もちろん、動く歩道等ついていません

ちゃんとした、スキーはそのコースは滑れなくって。

まったくの初心者は雪上車にのって、北エリアまでちょっと移動ということになりました。


パパと 兄はパパと一緒。

弟はママと一緒。

私は子守部隊。板も借りず、託児もせず。↓こんなことして遊んでいました。

谷にうさぎさん

①谷に向かって雪だまを坂道ころころ

②圧雪したてのなだらかな斜面にうさぎさんを描いてみたり。

そんなこんなしていたら、弟は寝てしまいました。

ええ。もちろんおんぶです。


お客さん 近くのレストハウスで休憩していると、

なぜだか、私の帽子に、てんとうむしのお客様。


兄はスキーのブーツを履いたままでも、新雪につっこみ、ラッセル車!

雪まみれ

雪まみれになって遊んでいました。

雪まみれの後はアイスで元気に。どアップ


スキーが履かせられる3歳ぐらいからなら行ってもいいかなというスキー場かな。

あとは、新幹線にじっと座っていられること!これ大事。

雪遊び、ソリだけだと、あまり面白みがないかしら。

親が疲れてしまうよ。

トイレにはベビーキープはなく、ただ、ぺビーベットがぽんとあるだけでした。


今まで行っていたスキー場は、どちらかというと、子供向け施設が充実していました。

(去年はまだ0歳と3歳だもの。あえて選んでいたからね。)

レストランのメニューもハーフサイズがあったり、

キッズのスノーパークが充実していたり、

babyがいても、だだっ広い広間があったり。

トイレのベビーキープはもとより、

授乳室完備というところもありましたよ。


本当はガーラの湯で私と弟は温泉三昧と思っていたのだけれど、

お天気がよかったというのと、

やっぱり団体行動でね……。

なかなか、個人行動ができませんでした。

しまいには、みんなで温泉と思った時には、男湯が整理券発券中。

結局温泉には入れずじまいでした。


でも、楽しかったかな。

兄弟の笑顔がなによりなのよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
March 21, 2005

こんなに違うの?

テーマ:スキー

@焼額山です。今日は西館にきました。昨日は南館(←託児室があるから)でした。今日も託児室を利用しないので、斜度等を考えるとこっちのほうが~(パパ談)ということなんだけど、あからさまに、環境が違いすぎます!トイレも広いしちゃんとベビーベットもありました!さらには、レンタルスキーの質からして違う。同じ値段なのに(笑)昨日はだいぶ昔の板だったから~。今日のはブーツはノルディカ、板はサロモン。ちゃんとカービングの板でした♪

今日は弟のおもりを交代で、今はパパと兄。私は弟とあそびつつ。また、授乳室があるか否かとか、その対応調べてみます。★いってきました。やはり、「トイレで」とのことでした。


前いったスキー場のホテルでは、託児室を連絡とって貸してくれたりしたので。つい、こうゆうところチェックしちゃうかな。今日は遅くまでスキーを・・・・・・って、ここまで打って、携帯どころではなくなり、今23:42、まだ帰りの高速です。もうすこしで新座料金所。ETCの深夜割引いけそうです(笑)

さて、その後、昼食をとり、パパと兄で1時間程度、その後、弟が寝てくれて、パパが子守り。

ママと兄だけではじめてすべりました☆たった、リフト2本だけだったけど、たのしかったな~。

結局16:00ちかくまですべりました。兄の体力すごい~。こっちがもたないよ。


帰りのお風呂とごはんは@小布施 へ!私の希望でした。いい温泉に、夕食がよかったの!味もだけれどサービスが☆☆☆これは、またあとでアップしたいと思います。


■パパと兄のときのおはなし

■■■「ゴンドラとリフトどっちが好き?」とパパ「リフトがいい」と兄。理由を聞くと、「パパと二人がいいの~」と兄。パパはうれしかったのだ~。


■■■レンタルのスキー板には、ライオンさんの横顔が貼られているのだけれどね、転ぶとライオンさんに雪がかかる。それを毎回払ってあげているのだって(笑)コースの真ん中 でコケてもやられてしまい、パパは困惑。

■■■お風呂後、コーヒー牛乳飲んだ兄。普通の牛乳とビンの色が違ったの。ビンを片付ける際、赤はこっちへ、青はこっちへと分別!ぜんぶで8本ぐらいしかなかったのだけれどね。几帳面な~。それをわけ終えたときの満足げな顔!!得意そうに!「ちゃんとしなきゃ」



■■■さて、結婚して3年たてば車中あまり会話がありません~。さっきまでは私は爆睡。ゴメンね。今はメール打ち。なんかちょっとさみしいなぁ~。では、おしゃべりします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
March 20, 2005

@志賀高原焼額山

テーマ:スキー

昨日、早朝3:00にでて、9:00到着。高速おりて、山道にはいるとチェーン規制。四駆でない車はスタットレスにチェーンを巻いていた!大変だ~。(私たちは大丈夫でした)でも着くとすごくいい天気。

なんと、弟背負って、パパと兄、私とはじめて全員で1本だけすべりました。弟は寝てた(笑)大物か?さすがに弟は寒そうなので、あとはレストランで私と休憩。

弟は託児所へとも考えたけど、それだと、兄が私と一緒だと甘えて、パパと仲良くできないのよ(泣)「ママがいい~」「パパ嫌~」と言いだしはじめ・・・私が膝の間にいれてすべるのだけれどね。パパは寂しそうに。なので、あとは、兄とパパ二人っきりで☆←これだと仲良くできるのよ!リフト大好きの兄はパパと仲良くすべりましたとさ☆めでたしめでたし。

■■■ただ、子連れにはキビシースキー場。レストランは子供用イスなし。兄も普通のイス。おむつ換えの台なし。授乳場所は「トイレか更衣室(トイレの脇で1畳程度、)で」といわれ。託児が6ヶ月~OKというから、もう少し大丈夫かな?と思っていたので正直げんなりでした。ふだん行くスキー場はちゃんと調べてえらんでいるからね~。ただホテルがついているから、もう少しサービスを期待していたのよ。リフトのタダ券がなければ行かないです。辛口でごめんなさい

■■■ 昨日の宿泊は湯田中温泉。「大湯」 という公共浴場最高!すごくよかったの☆☆☆星三つです!また、その記事はアップします。では、モブログでした。今日も焼額山です~。覚悟はできてます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。