こんばんは。

11月に開催されるS-GTRd.3&8の
日産応援団活動エリアに関してご報告です。

今年のもてぎでは、Vスタンドでの応援はありません。

応援団は自由観戦エリアでの応援になりますので、
ご注意下さいませ。

熱烈応援シートもありません😢
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

もともとグランドスタンドが閑散としていたツインリンクもてぎでのS-GT戦。

チームスタッフやドライバーさんからは
サーキットの中で、一番盛り上がりを感じることのできないサーキットであるとの声を聞いていた。

そんな閑散としている上に、ピットとグラスタが遠い。
チームの歯車の一つであるファンの存在。

チームとの一体感を感じることすらできず、ただレースを眺めるだけのグランドスタンド…

それを、私設応援団からの提案で始まった、Bエリアでの熱烈応援計画。
視認性は悪いが、少しでもチームの近くで
そしてにモタスポファンの盛り上がりをチームに届けるためには、Bエリアに沢山のファンを集めて、そしてファンの心を熱くすることが必要だった。

私設応援団のメンバーが、朝早くから集合して
熱烈応援シートのチケット配布準備。
※熱烈応援シートは一般観戦券を提示してもらえれば無料で配布し、自分の好きなエリアで自由に見ることができるエリアとして設定しました。

観戦中央ゲートオープン時間より早くから配布活動開始。
応援団の子供たちも、レースを盛り上げるために一生懸命に声を出して、配布活動。

ゲートがオープンしてからは、応援団員達が手分けして、熱烈応援シートへの案内などファン対応を続けました。
モタスポが好きな仲間達です。フリー走行が始まれば、見たい❗
でもその気持ちを抑えて、ファン対応に励みました。

時には、サーキット係員と勘違いされ、クレーム対応。
やるせない気持ちになった仲間も多かったようですが、これもS-GTをそしてこのチャンスをくれたサーキット盛り上げたいと思うからこそ頑張りました。

もちろん私達も皆さん同様に、チケットも駐車券も自費負担で入場しているのです。

熱烈応援シート一年目
レース終了後に、日産だけではない様々なチームに、今日のもてぎは盛り上がりましたか?と、
聞き回ったところ、ほとんどの方が喜んでくれていました。
もちろん、サーキット担当者の方々もこれまでに見たことの無い盛り上がったグランドスタンドに感動してくれました。
翌年、モビリティランドの役員さんからも、感謝の言葉を頂きました🎵
それから年を重ねるごとに、熱烈応援シートは盛り上がりを増していきました。

でも、一昨年
突然グラスタ前にVスタンドが作り上げられました。

熱烈応援シートがその年ももあるものと思い、
予め私設応援団の中で打ち合わせなどを進めてきた。
何の連絡もなく、インターネット上で販売されるチケットが発表され、その中に書かれていたのは
グランドスタンドはA,B共に閉鎖。
これまで、もてぎサーキットを盛り上げるために頑張ってきた、我々の努力は、サーキットにとってそんなに軽々しく見られていたのだろうか。

どうしても納得の行かない私達は、サーキット側と話し合って、Aスタンドを解放してもらった。
だって、これまでのグラスタの総席数を大幅に下回るVスタンドですから、ファンの行き場がなくなってしまうからです。

そんな応援団が頑張って解放してもらった、Aスタンド。
熱烈応援シートで一緒に盛り上がってくれたファンも沢山集まってくれた。
しかしながら、このシートが応援団が開放したシートと知るべきファンはそんなにいない。

もちろん、応援に否定的なファンもいることは知っている。
そんなファンから、Aエリアでの応援活動にクレームが入った。
翌年、Aエリアは完全指定席に戻された。
数件のクレームが入ったからという理由で。

皆さん、不満があったらクレームやアンケート書く確率って上がりますよね。
満足したときって、お礼の電話や好意あるアンケートって、開催者側に出しますか?

クレームは氷山の一角と、サーキット側の判断だそうです。
楽しんでくれたファンはもっともっと大きい氷山だと私は感じるのですが…
いかがなものでしょうか。

Vスタンドは観戦するのにはとってもいい席だと思います。
でも、好きなチーム、ドライバーを応援するのには
皆さんはどのように感じた席ですか?
昨年私は、この席に座ってだんだん白けてくる自分がいました。
タイトルが決まっても、いつもの感動はどこへやら…

今年応援活動は、色々な観点からサーキットをそして観戦するファンを見ながら、来年以降の応援活動へのヒント集めの場になりそうです。

グラスタ付近の自由観戦エリアで私は待機しますので、もしそんなところでも良ければ、是非お集まりください。
日産応援旗が目印です。

よろしくお願い申し上げます。

日産応援団
黒澤
AD
こんばんは。

この度の、熊本県そして大分県で発生した大地震によって
被災された皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧を、心からお祈り申し上げます。

私として何ができるのか・・・
東北震災の際にも、考えさせられましたが
微力の中の微力ほども何もできない自分。
エールを送ることぐらいしか、出来ません。

そして、5月3日~4日に富士スピードウェイで開催される
スーパーGT第二戦において、
『がんばろう日本!』のビッグフラッグをグランドスタンドで広げ
私達、モータースポーツファンから被災地に向けてエールを送りたいと思います。



2011年で広げたビッグフラッグです

スーパーGT応援団で打合せを行い
このビッグフラッグは、2011年で使用したものに、新たに熊本、大分そして九州に向けた
メッセージを沢山のモタスポファン、ドライバー、チームそして関係者の皆様に
追加して書き込んでもらい、
東北に送った魂を更にパワーアップさせて送ろうという事になりました。

なぜ、新たにフラッグをつくらないのか。
それは、このフラッグを作るだけでも、数十万の費用を捻出しました。
その費用があれば、被災地への義援金として使う方が、良いとの判断でもあります。

南米のエクアドルで発生した地震に対してのエールも
このビッグフラッグに込めたいと思っています。

事情によって
予選日もグランドスタンドで広げることがあるかもしれません。

そして決勝日の決勝スタート進行中に
ビッグフラッグを広げて、沢山のモータースポーツファンの協力の下
被災地へのエール活動を実行したいと思います。

是非、皆様の頭上にビッグフラッグが
少しの時間広がるかと思いますが、皆様でビッグフラッグを下から持ち上げて頂き
是非とも成功させられるように
ご協力賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

スーパーGT私設応援団一同





ビッグフラッグへメッセージを書き込んでいただける方は
予選日に、油性マジックをご準備の上グラスタ裏へお越しいただければと思います。
時間は、追って
ツイッター『日産応援団』でアップさせて頂きます。




日産応援団 代表 黒澤 剛

AD
NISMO Festivalへご来場された日産ファンの皆様。
そしてモータースポーツファンの皆様 お疲れ様でした~!
そして、朝の記念撮影会そしてフィナーレ参加 ありがとうございました。

さて、
今年で18回目を迎えたNISMO Festival。

1997年の第1回目は本当にNISMOの社員の皆様の手作り感たっぷりの
Festivalでした。

駐車場の誘導係もNISMOの社員さんが・・・あれは、ビックリしました(汗)

でも、それが より一層日産ファンに対しての感謝の気持ちを表してくれているようで

楽しくもあり、そして嬉しくもあり。 たっぷり楽しめたことを思い出します。

その後、回を重ね 現在では、様々なレースを魅せてくれたりと

楽しみたっぷりのFestivalへと。。。


今でも、Festivalに向けてNISMOの社員の皆さんの忙しさと言ったらすごいものです。

私は、Festivalで日産応援団が企画する記念撮影会の事もあり

NISMOさんに打合せで連絡を取り合ったりしていますが、なんでこんな時間に?という時間に
メールが届いたりします。
折り返しメールすると、すぐに返信が(・・;)
やっぱり、仕事している…

寝ているの?って心配になります。

でも、Festival当日
NISMO社員の皆さんは、屈託のない笑顔で出迎えてくれます。

仕事だからやっているという感じは全く受けません。

ファンへの感謝をこめて、開催してくれていることを感じる素晴らしいイベントです。

だからこそ、ファンの気持ちも楽しくなって、イベント終了後も
楽しかった~って思えるのでしょう!

NISMO Fes.の前の週は、同じFSWでGazooFesが開催されていますが、
こちらも沢山の来場者がいるみたいですね!

豊田社長の楽しむための車づくりを引き継いでいるGazooさんのFes.ですから
きっと楽しいんだろうな~って、思います。

そんな、ファン思いのFestivalは、
S-GTに匹敵するくらいの入場者を誇っていますね!

やっぱり、心がワクワクしてくるイベントなんでしょう!


NISMO Fesでも、日産応援団企画の記念撮影や
フィナーレで最大数を誇る応援旗を掲げたり、そしてボルテージの上がった
日産ファンの皆様と叫ぶ日産コール。

参加しているファンの皆様の、笑顔は素晴らしいものです!!

そんな笑顔に、応援して盛り上げる側の私がパワーをもらえて
応援されている気分になるくらい!!!


そんな中で感じることは
S-GTのレースではどうなんだろうって考えてしまう。

ファンの心を楽しませてくれているのでしょうか?
また、来たいな~って思わせてくれているのでしょうか???

それを、左右するのはサーキットの取り組み方なんでしょうね!

その事は、昔から感じていましたが
今年は更に強く感じることになった年でした。

ほとんどのサーキット(行ったことがないタイを除いて)で、聞くことは無かった事なのですが、
あるサーキットでは、レース終了後に
日産ファンだけではない多数の方から、来年は見に来るか迷っちゃいますよね・・・
とか、サーキットがこのやり方を変えないのであれば、来たくない。っていう
言葉を非常に多く聞きました。
これこそ、氷山の一角。

NISMO Fes.に来た日産ファンで、上記サーキットのそばに住む方が、これまでは
そのサーキットが好きで、そのサーキットだけに通っていたそうなんですが、
今年は、さすがに不満だらけだったそうで、そのお口直しにNISMO Fes.に来たんだそうです。
そして、見事にNISMO Fes.の楽しさにはまってくれました。
サーキットもとっても気に入ってくれました。

ちなみにFSWは、日産応援団としては感謝感謝のサーキットです。
色々と相談に乗ってくれるし、こちら側からの提案は、しっかりと考えてくれるし、そしてファンが盛り上がりやすいグラスタを、ちゃんとサーキットの営業的な考えもしながら、しっかりと一般ファンの余白も残してくれる!

今回の日産応援団企画 記念撮影会には
FSWの社長様も参加してくれた。

ファンの楽しそうに盛り上がっている眼を間近で見て、感じてイベントから帰ってくれたと思います。

こんなファン交流企画にも快く参加してくれること、
お会いしてお話ししてみても、ファンを大事にしようとしてくれている面を感じることができます。
ここから先は入っちゃダメ。
これはこうして下さい。
このような決まりですから。
会社の方針です。

全く融通が利かないお店では、
皆さん心地良く買い物したり、楽しむことができますか?

それが、会社方針だとしたら
お客さんはいったい誰なんでしょう。。。

モタスポファンを増やそうという、会社組織的な長期的な目標って無いのですか?


モタスポファンを増やしていきたいのか、減らしたいのか。

大好きなモータースポーツの為に、未来に向かってモタスポを華やかに続けてほしいと
願うファンが、ファンをないがしろにするサーキット側に提案をしなくてはいけないことなんでしょうか。

モータースポーツの未来ってどうなるのでしょう・・・
昨日のNISMO Fes.で近くにいたモタスポファンが、こんなことを言ってました。

あ~ この匂いがいいんだよな~ って、言ってました。

モータースポーツは、視覚、聴覚、臭覚そして、大音量のエンジン音が
和太鼓のように体の中に響き渡る、この感覚が好きなんだって、自分は感じている。
私の回りのもタスポ好きも感じている。

これから、未来に向かって

静かに、速く走るモータースポーツに変わっていくのかな?
そんな風になったとき、モタスポファンは増えるのか、減るのか。
その為にも、未来に目を向けたファン対応を考えてほしい。

そんな事を、いろんな場面で考えさせられた一日でした。


画像は低いので、笑顔の判別は難しいかもしれませんが、
笑顔が咲き乱れている写真です🎵


追記

記念撮影会の写真は、私の手元に届き次第
アップいたしますね!
皆様のお手元にインターネットを通じて原画サイズでお送りできるように
対応させて頂きます。
もう少々、お待ちくださいませ。

AD