最愛

テーマ:
最愛の母・・・・と、私に届くメールに書かれていたので
「確かにニコニコ」と思いながら、ちょっと書き止めてみようかと思った。
最愛の亡き母のこと。

働き者で、どっかと座っているのを見たことがない。
ワラビ採りに行くと、私は途中で息切れて・・・。ゼイゼイはぁはぁ・・・。
「ゆっくり来ればいいや。」って、どっちが若いんですか?うひひ

古くなった浴衣や古着を使って草履も沢山編んでいたっけ。
配色のセンスが絶妙で、何かと煩い夫も舌を巻いていた。
「色合わせが上手いよな~」って自慢げ

群馬とは言え、超絶いなかで陸の孤島で・・・信号もなくて
山と川と空しかなくて。
うどん、蕎麦は当たり前に打て(昔、群馬の女はうどん打てないと嫁に行けない、とか)
編み物も裁縫も、・・・小さなアカギレだらけの手で何でも作っていた。
家族の為に働き通しだったね。ありがとう

運動会や、バス旅行の時に作ってくれたのが「海苔巻き、稲荷ずし」
これはいつ迄たっても大好物、ツートップ笑

晴れの日は、夜明けから暗くなるまで、母は家には居らず
雨が降ると、学校帰りに小豆の煮える香りが漂い「あ!家に居るわらう」と
嬉しくて走って帰った。
キッチンに並んで座って、重曹の入ったお饅頭を一緒に作った。
末っ子だから、兄達よりも過ごした時間は短いけれど、女同士という意味で
共同作業ができて、女の子で良かった。

・・・・だけど、母のようには行かないなぁ~

誰に対しても自分にできることは、自分はさておき黙って手伝う(助ける)
それが母だった気がする。
晩年の車椅子の自分を・・・・母はよく、悔しそうに呟いていた。
「こんな者になって」と。
いつまでも受け入れたくない様子が悲しかったなぁ~
「人に尽くしてきたから、今度はみんなに尽くして貰う番だよ」と
言ってみても効力はなかった。
そこは「プライド」だったのか・・・・

いま。きっと活き活きと好きなコトしてるんだろうな~
って青空を見上げる。

いただいた命を輝かせるのぴかぴかが、今からできる
親孝行かな。・・・・いまの心情ニコニコ


母の見ていた風景

AD

ゆく年くる年

テーマ:



今年も一年ありがとうございました。

来年も宜しくお願いします。



来年は、シンプルに生きたいです。

大事な事にシンプルに向き合って

…本当に大事な事に集中したい。


皆様 良いお年をお迎えくださいスキ
AD
早い。

1年が本当に早い!
誰かが言ってた「年齢✖️時間です」て…

放置し過ぎて、お節料理レッスンになってしまった[みんな:01][みんな:02]

テーマは食べきるお節料理。
昔々からの伝統…無形文化遺産にもなった
和食ですから、継承したいです。
…だけど、誰も手を付けない。
3日経っても残ってる、アレ!
そのアレ!!
美味しくないんだと思うの。

先輩マダムの教えてくれる、おしゃれな、すっきりと素材を活かした味付け。食べきるお節、毎年恒例行事になりました。
お煮しめは白だしとお酒で、綺麗な色に煮上がりました。

photo:01



カットしたばかりの横顔が凄く素敵でパチリ!


photo:02






photo:03



クリスマスもまだだけど、コラボでお得感[みんな:03]

photo:04




photo:05




photo:06




photo:07




photo:08




photo:09




良いお年を~
[みんな:04][みんな:05]いやいや、
年内に更新出来るかな?[みんな:06]

iPhoneからの投稿
AD