プライドと偏見('05)

テーマ:
PRIDE  プライド

 18世紀末のイギリス、財産相続権がない女性にとっては結婚がすべての時代だった。5人の子供すべてが女性のベネット家ではまさに切実な問題だ。そんなベネット家の隣に、大富豪のビングリーが越してきたことから、適齢期の娘たちは大騒ぎになる。恋愛にあこがれ、結婚を夢見る次女エリザベスは、ビングリーの親友ダーシーと知り合うが、彼のプライドの高さに反発を抱く。ダーシーの悪い噂ばかり耳にしたエリザベスだったが、長女ジェーンとビングリーとの恋愛、妹リディアの駆け落ちなど、様々な出来事が起こる中で、自分のダーシーへの偏見に気づき、実は誠実で思いやり深い紳士と知る…。


 『ブリジット・ジョーンズの日記』のモデルにもなった、イギリスの作家ジェーン・オースティン原作『高慢と偏見』を映画化した。原作は古典だが、文芸作品特有の堅苦しさはない。イギリスの美しい田園風景の中で恋する男女の軽妙な会話を軸に物語は進み、引き込まれていく。監督ジョー・ライトの演出力は確かなものがあるが、エリザベスのダーシーへの気持ちの変化がわかりやすかったのに比べ、ダーシーがどの時点でエリザベスに惹かれ始めたのかが説明不足なのが残念。お金のための結婚にふりまわされず、自分らしく行きようとする知的なエリザベスをキーラ・ナイトレイが実に凛として、はつらつと演じている。気難しく不器用で、なかなか思いを伝えられないダーシーを新進のイギリス人俳優マシュー・マクファディンが演じた。


 反発しあっていた男性が、実は誠実なすばらしい男性だったと気がつき、恋に落ちる。しかも玉の輿。時代が変わり、女性の結婚観が多様になった現代にあっても、結局のところ女性はこういう夢物語が大好きなのである。


2005(英)

監督 ジョー・ライト

出演 キーラ・ナイトレイ

    マシュー・マクファディン

    ドナルド・サザーランド

    ジュディ・デンチ

公式HP http://www.pride-h.jp/


       

AD

コメント(2)