黒部市民病院のブログ

ようこそ黒部市民病院のページへ


テーマ:

本日講堂にて、院内講演会を開催しましたビックリマーク

 

「認知症について」という演題で、

精神科部長の安井医師が講演してくださいましたニコニコ

 

認知症は日々の診療で苦労することの多い病気です。

そんな認知症について、認知症とは何か、認知症の診断基準など実際の症例を挙げて説明していました。

また、認知症の人やその家族への接し方についても説明しており、とても勉強になりましたニコ

 

講演会には、医師や看護師、事務職員など、多くの職員が参加しており、

認知症についての知識を深めましたほっこり

 

  

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

黒部市民増改築事業の完成を記念して、

3月18日(土)に完成記念式典を執り行いましたビックリマーク

 完成式典パンフレットはこちらより。

 

3月21日(火)より正面玄関及び正面駐車場が利用可能となります。

 

皆さまには長期の工事にも関わらず、ご理解・ご協力をいただきましたことをお礼申し上げます。

 

  

 

  

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日講堂にて、医療機器安全管理研修会を開催しましたビックリマーク

 

「今さら聞けない!チェストドレーンバックの取り扱い」と題しまして、

住友ベークライト株式会社さんに講演していただきましたマイク

 

使用目的から原理・構造、使用方法や管理のポイントまで、

わかりやすく丁寧に説明していました!!

 

 

   

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 黒部市民病院臨床スポーツ医学センターでは発育期に発症するスポーツ障害を減らすため、

2011年度より市内の野球選手(小中学生)を対象とした「野球肘検診」を行ってきました野球

 

 発育期のスポーツ障害は成人の場合と異なり、骨端部、軟骨由来である場合が多く、

以後の学校生活、スポーツ体育活動に支障をきたす場合が少なくないため早期発見、発症予防が重要です。

 

 2014年度からは対象を野球以外のスポーツにも拡大し「スポーツ障害検診」として実施していますニコ

 検診は超音波検査器を用いた肘や膝の検査、柔軟性、筋力、パフォーマンス、動的アライメント、視力などのチェックおよび競技別のコンディショニング講習会から構成されています。早期発見だけではなく、発症予防にも力を入れており、発育期のスポーツ障害発症率のゼロを目指していますビックリマーク

 

 今年度は平成28年12月から平成29年3月までに計11回、234名の市内小中学生の検診を行いました。受診された競技団体は野球、バスケットボール、卓球、バレーボール、空手、サッカーでした。

 これからも臨床スポーツ医学センターでは健全な発育のため、障害の発症予防から早期発見・治療までトータルでサポートしていきたいと思っています!!

 

なお、本事業は黒部市民病院と黒部市スポーツ課・黒部市教育委員会との共同事業として実施しています。

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

当院では出産を終えた産婦さんを対象に、お祝い膳を提供していますナイフとフォーク

 

本日はひな祭りということで、ひな祭り用のお祝い膳を提供しましたビックリマーク

 

普段とは違い、2段重のお祝い膳にひな祭りカードと

お菓子のおひなさまを入れました雛人形

 

目で見て楽しみ、口で味わうことができたでしょうかニコ

 

 

  

 

いいね!した人  |  リブログ(0)