とある男子会社員の日常

不定期更新で書いてマス。


テーマ:
歩き撮りの手振れ防止に有効なステディーカム。

以前の記事でステディーカムについて書きました。

とりあえず、本物のマーリンとかは高価すぎてムリなのでベースになる何かを買って

改造することに・・・・とういう記事を前回書きました。

でもって、ベースとなるのはコレ。

Opteka ステディーカム カメラ ビデオ スタビライザー
SteadyVid EX Video Stabilizer

 

  

 

 
もともと期待はしていなかったけど、この商品・・・まったく使い物になりません

精度がわるいし、本体とジンバルを固定する穴がガタガタ。

それにジンバルの部分の可動範囲が少なく、動きもギシギシ・・・で、調整すら満足に

出来ませんでした。見た目はそんなに悪くないので残念です・・・

まあ、値段が値段なので仕方ないですが・・・

そもそも、錘となるモノが一種類しか付いてないので、バランスの調整が困難ですw

しかも、この錘が非常に重くて、結構重いカメラでないとダメっぽい。

ハッキリ言って、スタビライザーとして使うには??です。

せめて、錘くらいは幾つか付けて欲しかった・・・

ばらしてみると、接合部分がボール状で受けの部分が逆のボール状の形をしています。

 

試しに、画像のようにツルツルに磨いてみましたが、あまり効果なし。

 

マイナスねじを見ると、中心がズレてます・・・これは酷いwww

 

バランスがどうとかじゃなく、やはりジンバルの部分がしっかりしてないと調整すら満足に行えないと思います。

そこで、既にフリーベアなどでジンバルを作成している方々を真似して自作してみる事にしました。

とりあえず、部品がないと始まらないので、パーツを購入。

まず、一般的なホームセンターで売られているコレ。

     
 
ジンバルっぽく作ってみましたが、ダメでした。↑の純正よりはマシですが、まだ抵抗が大きいです。

仕方ないので、本物のフリーベアをモノタロウのWEB通販で買いました。

     
 

     
 
型番は、C-5H 確か、1個1000円くらいでした。

送料と代引き手数料の方が高かったですw
 
これは、確かに動きがスムーズでした。ちょっと期待です。

今回の記事はここまでです。悪戦苦闘の日々は続く・・・

ステディーカム ジンバルの作成 ~その2~
いいね!した人
PR

[PR]気になるキーワード