2005-09-20

人がいないよ

テーマ:ブログ
「これは楽勝でマッチングできる~」 と思ったのに・・・人がいないよ。 20代でかわいい子、とかいうフザケたオーダーじゃないのに。 30~35歳、事務経験者ってふつ~のオーダーなのに。 今日だけで何十人に電話しただろ。 8割方、留守電。 せめて、案内して断られるならスッキリするのになぁ。 ・・・と思ってたら、夜になって続々と折り返しの連絡が入った。 でも、「即日は×」「朝8時は×」「女性が少ないのは×」などなど・・・ こんなに理由ってあるんだ~ってくらい、お断り。トホホ・・・。 早く寝て、明日も探そっ。
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-09-19

初対面

テーマ:ブログ

kuririは初対面が苦手だ。

でもコーディネーターは毎日毎日『初対面』の登録者と会わなければならない・・・

登録の予約が入ると、嬉しい。これはホントに嬉しい。登録者はたくさんいた方がいいから。

でも予約当日、時間が迫ると『あ~もうすぐだ・・(ユウウツ)・・』。雨でも降っていれば『キャンセルかな~^^;』


・・・口に出したら怒られそうなことを毎回考える。でもやっぱり苦手、初対面。


初対面とは言っても、登録手続きなのである程度決まった手順で進められるのは幸い・・^^

向かい合って話し始めれば、割といいんだけど・・・向かい合うまでの緊張感は毎回毎回たまらない。

会社の子に言うと、「え~そんな風に見えな~い」と言われるから、表面には出てないらしいが・・。


なんだろな。なんかトラウマがあるのかな。


登録者じゃなくて、企業の担当とか業者さんとかだとあんまり緊張しないんだけど・・?


友達の間でもそうだけど、kuririは割と「聞き役」。

自分から話しをふるよりも、人の話しを聞いて何か発言する方が多い。

登録者だとそれができないからかなぁ。


克服したい・・・

「初対面の教科書」って本を読んでみた。

「初対面でできた上下関係はずっと変わらない」だって。

ますます緊張するやんT_T


「おちまさとプロデュース初対面の教科書」をつくる会
初対面の教科書
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-20

面談

テーマ:ブログ

今日は営業Iさんの面談デー。


Iさんが同行したのは・・経歴的に企業がOK出すかどうか不安なMさん。

申し訳ないけど、Mさんを派遣社員として送り出すのはkuririは大反対した。経験も少なすぎるし、タイプも違う。Mさんが顔合わせに行った会社はベンチャーで勢いもあるが、その分社内の事務処理は「壮絶!」。


どちらかと言えばコツコツ型のMさんでは、周りも本人も気持ち良く仕事できないよっ!とIさんに説明したが・・kuririがMさんになかなかこの仕事を紹介しようとしなかったので、自分で勝手に紹介してしまった・・・。離職期間が長引き、かなりあせったMさんは二つ返事。就業条件はかなり良い案件だったしなぁ。


で、結局Mさんは企業から×。「自分から積極的に仕事に取り組む姿勢が見えない」って。。。営業のIさんは「聞かれた事しか答えないんだもん。声も小さいし。」


、、、、だから言ったじゃないですか、Iさん。Mさんはおとなしいの。控えめなの。自分からアピールするのが苦手だけど、頼まれた事は一生懸命やろうとはする子なんだよ!経験が少ないから、自分から仕事に取り組むったって・・・性格からしたって無理でしょ???


結局Mさんに「残念でした」の電話をしたのはkuriri。かわいそうな位落ち込んでいた。。「事務を探すのは無理なんですかねぇ。。工場とかで働いた方がいいんでしょうか・・」と。


工場で働きたいならいいですよ。でもMさん、事務職長く続けたいからって、パソコンのスキルアップも一生懸命してきたのがちょっともったいない気がするよ。Mさんには今日のような雰囲気の会社じゃなくて、昔からある「家族経営」的なところが合ってると思うよ。。。単発とか短期の仕事で気分転換してみるのもいいかもね。


と、30分ほどお話しし、電話を切った。何だか複雑な気分。自分が案内した訳ではないけど、自分の会社の人間が案内した会社を気に入って、顔合わせで断られて、、、って何だか申し訳ない、っていうのと・・・・営業のI!!!いくら人がいなくて困ったからって、コーディの意見を無視するなぁ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-13

40代派遣スタッフ

テーマ:ブログ

最近、40代・未婚・事務経験豊富、、という登録者が増えている。


3~4年前は企業から「20代でかわいい子!」という注文が多くその度に「見た目良ければ仕事はど~でもいいのかぁ!!」と怒り気味にマッチングしていたkuriri・・^^;


最近は「長く勤めてもらえて、仕事できる人」という注文は増えてはきているが・・まだまだ「若い・かわいい」希望の会社も多い。


そんな中、40代の方に登録をしてもらってもなかなか仕事紹介ができず、何とも言えない無力さを感じます・・>_<


kuririは30代半ば。「こんな40代になれたらいいなぁ・・」という登録者も多く、「なぜこんな有能な人たちに仕事がないんだろう?」と思うこともしばしば。


仕事ができるのはもちろん、好奇心も旺盛・落ち着きもある・人の気持ちや態度に応じた受け答えもできる・・若い人たちにはない良さ、TOTALで見れば完全に勝っている人たちなのに。


「今の社員が20代ばかりだから・・」とか言ってる人事担当者さん!若い職場だからこそこういう、みんなが憧れるような、お手本になるような人材を採用しないと・・!


でもこういう人たち、気持ちも強い!

若いスタッフは頑なに自分の希望条件を貫きとおすけど(でもそれが若さの良いところか、、)、「何事も経験ですね」「気分転換に単発でもいいですよ」という人が多い。


懐深い・・・kuririもこんな大人になりたいなぁ。(近い年代だけど・・)


中谷 彰宏
40代でしなければならない50のこと
田野 道夫
40代の転職


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-02

情報のくくり方

テーマ:ブログ

kuririは今年4月から自社HPの担当もしています。
コンテンツを考えたり、デザインを考えたり、日々の更新・修正作業をしたり・・と、コーディネーター業務と同じくらい忙しく動いています。


これまでは社内の基幹システムを主にみてきたので、外向きの仕事っておもしろいなぁ~と毎日楽しんでます^o^(慣れないhtmlに苦労もしてますが・・)


自社HPはkuririが入社して間もなく立ち上がりましたから・・もう6、7年前、今は新規事業企画をしている男性社員Tが「これからはHPだ!」と、一人で企画・業者との打ち合わせなどをして始まりました。


当時の社員の反応は・・「へぇ~~??これがHPなんだぁ。」というくらい。


kuririもHPというもの自体に興味はあったものの、自社サイトにはあまり興味がわきませんでした。


でも今は・・HP持っていない派遣会社って大丈夫?というくらい、主力ツールとなっています。就職活動もまずはインターネットから情報収集、の時代。社長はじめ社員みんなが自社サイトへの期待を持っています。


が、kuririの会社のHPは・・なぜか見にくい >_<
「文字多すぎ」「コンテンツ多すぎ」「デザインがイケてない・・」と、社内からの不満大!!アクセスも今イチ伸び悩み。


昨年リニューアルしてまだましにな状態になりましたが、まだまだ・・何か足りないのか、多すぎるのか、リニューアルしきれなかった部分の印象が大きいのか・・?
何が原因かわかりません。


でも、今日、ちょっとした「気づき」が。
まだ足りないものもあるけど、コンテンツが少ないわけでもないし、他サイトと比べても多すぎるわけでない。
文章量も多めだけど、逆に言えば読みごたえあるし、気持ちも伝わってくる。
ただ、いろんな情報の「くくり方」がなってないんだ!!と。


イヤ、別にエラそうに言うことでもないか。。--;


括り方・・・職種で言うとファイリングかぁ。ファイリングって、経理や営業事務に比べると時給も低めだし「誰でもできる」風に思われてるけど、大事なんだなぁ・・と考えてしまった。ちょっと飛躍しすぎ?


でもいろんな人が分かるように何かを分類するのって、結構難しい。
「自分だけの感覚」に頼ってると、まず失敗するだろうし。
そう言えば、基幹システムやってる時も、職種コードや地域コードや何かを分類するのって結構苦労したよなぁ・・


と、思い出にふけりつつ。

明日からはHPの情報整理をしてみよう!と、決意(!)したkuririでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-20

コーディネーターの条件

テーマ:ブログ
派遣業界というのは批判も多い業界ですが、憧れる人も多い業界です。
今日は派遣登録、、、ではなくkuririの会社へ応募した方とお会いしました。

希望はコーディネーター・・・kuririと同じ仕事です。

登録者から見たコーディネーター像というのはどんなものだろう??
「仕事を紹介する=人助けをしている=きっとやりがいがあるに違いない!」
・・コーディネーターを好意的にみてくれる人の中には、そんな連想をする人もいるかも。

でも、でも、やっぱり現実は数字(売上)の目標に苦しんでいたり、営業担当と登録者の板ばさみになっていたり、組織の問題で悩んでいたり、登録者からのクレームを受けたり・・・
普通の仕事と同じように悩みも抱える仕事です。

中には登録者を「売れる」「売れない」だけで判断してしまうようなコーディネーターもいるかもしれませんが・・それはまた今度・・

今日会ったYさん、まだ20代前半。OA操作にも長け、頭の良い人でした。

経理や総務なら多分採用・・だと思う。
kuririは最終判断をするわけではないが、意見を言える立場にいるので、、Yさんはこの会社のコーディネーターには向かないだろう、という判断をし、上司にそう伝えた。

Yさんが描くコーディネーター像があまりにも理想的すぎて、現実とのギャップについていけないのでは?
というのが理由の一つ。

コーディネーター=人助け、の図式が頭にあるような発言が目立ったYさん。
もちろんそういう気持ちは大事なんです。でも、営利企業である以上売上をあげなければなりません。バランス感覚が大事だなぁ、とkuririはいつも思っています。

そのバランス感覚を持つにしては、Yさんはあまりにも純粋で、一本気なのです。そのままの純粋さ・一本気を貫ければいいのですが、それには精神的にまだ未熟。それを育てていける土壌が、kuririの会社には残念ながら、、、ない。

・・とはいうものの、じゃあコーディネーターに必要なものってなんだろう・・?というと・・難しいなぁ。。。

人当たりがいい。
人に劣等感を抱かせない。
人のことで熱くなれる。けど、冷静さも失わない。
人の気持ちに共感できる。けど、同情におぼれない。
人生経験豊富。でも自分の考えに凝り固まらない。

kuririが全てあてはまるかというと、とてもそんな事言えませんが・・^^;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-16

情報整理

テーマ:ブログ
今日、新しい求人が出ました。kuririに渡された営業からのオーダーは、

A.機械製品の検査(未経験OK!短期OK!)
B.機械製品の品質管理(機械製品の検査からはじめる場合もあり。)
という2件。

同じ会社からの募集で、AはBよりも時給が200円安い求人でした。どちらも正社員登用あり(紹介予定派遣:一定期間(6ヶ月限度)派遣勤務の後、正社員となるシステム)。

さっそく、マッチングマッチング♪

品質経験なし、検査経験ありの40歳、YさんをB.の求人にどうか?と営業にたずねました。

営業・・・「ダメです
kuriri・・・「ん~~?」

今度は検査経験なし、短期希望のZさんをA.の求人に、、

営業・・・「ダメです
kuriri・・・「・・・??なぜ?」

何回かこんなやりとりをしながら、よ~く営業の話を聞いてみると・・

「品質管理経験ある人は品質管理をお願いする」
「品質管理経験ない人は検査からはじめ、ゆくゆくは品質管理をやってほしい。ただし、この場合は若手(20代)のみ」/この2件は正社員登用をしたい。
「検査業務のみは経験があれば短期でOK。」

という、3件の求人がごちゃごちゃになったのが、A.B.の求人らしい。

・・・ちゃんとオーダー書いてよぉぉ >_<

この営業、不思議なことに質問すればちゃんと答えられるんです
でも、「じゃ、その通りにオーダー表書いてみて」と言うと・・最初のA.B.オーダーに戻ってしまうんです、、フシギ~っっ・・(関心してる場合じゃない!)

一つ一つ、「この時はこうで、こういう時はああでしょ?」と書きながら「だから、こういう3つの求人になるんじゃないのかなぁ?」とkuririが聞くと、「そうです、そうです♪♪

・・・喜ぶ場面じゃないっっ!(

こういう間違いが企業や登録者に迷惑かけることもあるんだから・・・。とkuririにはめずらしくキツク言ってしまいました。(ちょーっとだけ、自己嫌悪、、)

情報を整理する、ってすごく大事。人に伝えるにも、問題点を出したりその解決策を考えるにも、情報が整理されてなければ上手くいかない。。特にビジネスの場では。

kuririは「ザ・ゴール」という本で、情報を整理することを改めて考えました。それまではある程度の情報整理はできていると思っていたのですが、まだまだ・・だったみたいです^^;

今度、この本を今日の営業に読んでもらおう・・。ちょっとずつでも「整理」してくれればいいなぁ、、。







著者: エリヤフ ゴールドラット, 三本木 亮
タイトル: ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か



著者: エリヤフ ゴールドラット , 三本木 亮
タイトル: ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-10

新人営業

テーマ:ブログ
kuririと同じ営業所に半年前に入った営業・Rさん

前職も営業、ということで即戦力を期待されて入社した20代半ばの元気な女の子です。(女の「子」と言ってしまった自分に・・トシ、とったんだなぁ、、と実感^^;)

営業としてのマナー、問題なし。テレアポは積極的。行動力もあり。やる気ももちろん、あり。

ただ、半年たっても売上は全くと言っていいほど、ない T_T
本人もかなり悩んでいる。「なんで、決まらないんだろう・・?」
「同期で入社した人は着々と数字を上げてるのに、、、」と。

大きな原因は、多分「ヒアリング力」「観察力」、コーディネーターに伝える「プレゼン力」が足りないこと。

「求人案件もらってきましたぁっ!」と元気に戻ってきてkuririに報告してくれるのだが・・・職種はわかる。時間や休日、その他の条件も聞いてきてる。
ただ・・・ホントに「紙切れ一枚」の内容なのだ。。。

でもそんな情報なら、求人誌見てもおんなじだよ?
どんな雰囲気なの?どんな風に仕事進めてるの?忙しそう?この求人、企業はどれだけ大事に(必要に)思ってるの?どんなタイプの人が馴染みそう?一番重要な条件は何?などなどなど・・・

毎回毎回、おんなじ質問をしてるkuriri。(きっと口うるさい小姑のようだろう・・)

でも「紙切れ一枚」からどうしても進んでくれない。
「どんな雰囲気?」・・「人が少なかったので普段の雰囲気が分かりません」
「忙しそう?」・・「担当の人は忙しいといってました」
「一番重要な条件は?」・・「経験があることですね、それと残業できて、明るくて、大卒で、、etc」(一番じゃないっ!)

雰囲気は人だけでなくても、担当者や会社の掲示物、電話をとった事務員さんや建物の様子・・などから感じ取れることもある。
企業の言う条件に突っ込んだ質問ができないから、条件の重要度も分からない・・・

派遣は案件をもらってきたら終わり、ではない。
今度はそれを登録者に(ある意味)宣伝しなくてはならない。
紙切れ一枚」の情報で応募してくれる登録者はあまりいないのだ・・。

自分が仕事を探している気持ちになって、、と繰り返し言ってるが、それがかなり難しいようす。

どう言ったら分かってくれるだろう?時間が解決してくれるのか??時間が解決、よりも早くRさんが潰れてしまうんではないか、、。

今まで入社した営業も最初は同じだったが、1~2ヶ月もすれば多少なりともしっかりと案件をもらってこれるようになっていた・・ので、こんな時kuririはどうやって引っ張っていけばいいのか、分からない T_T

先輩営業も、励ましたりアドバイスしてくれているようだが。。
明るい、元気な子が、だんだん気落ちしていくのを見るのは・・ツライ。

新人教育って難しい・・とこのごろ特に感じてちょっとお疲れ気味のkuririでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-16

妊娠、出産、復帰??

テーマ:ブログ
この時期、「4月から子どもを保育園に入れるので、4月からの仕事を探しています!」という登録者が多い。

今は2月。kuririの会社で扱う派遣求人は「即日勤務可能な人」が条件になる事が多いので、対応が辛い・・ 公立の保育園では「就業証明書」を出さないと入園できないようで(地域によるが・・)でも、入園していなければ企業はOK出さず・・。悪循環 >_<

「働くお母さん」はホントに一生懸命仕事してくれるのに。

そりゃ、子どもの病気でお休みする事もあるけど、大抵のお母さんはそれを挽回しようとがんばれる。おさぼり上司に爪のアカ煎じて飲ませたい!と感じるスタッフは多いのだ!!

たまには「就業証明書」だけが目的だったり、お休み続いても全然気にしない人も・・・いない、とは言えない。

でも、でも大半のお母さんは一生懸命なのだ!!

と、企業に力説しても、過去の苦い経験からか、先入観からか、同意して「じゃぁウチで働いてもらおう!」という所は少ない。

企業からすれば「突然休まれては困る」・・分かります、よぉく。でもね・・

何とかならないんでしょうか。日本は少子化で困っているんではないのでしょうか・・。

kuririは出産後半年で子どもを保育園に預け、「食肉配送」の仕事に就きました。保育園入園から1ヶ月以内で仕事決めて「就業証明書」出してください、と言われ必死でした。

結局、腰を悪くして2年半で退職しましたが、本当に周りの社員や上司に恵まれたと思ってます。 こういう会社が増える事を、口だけでなく本当にお母さんが働きやすい世の中になる事を・・祈ってます。

今のkuririに出来ることは派遣求人の紹介だけでなく、こういうお母さんに有益な情報を提供する事・・かな。自分の事と重なってしまって、普通の登録以上に力が入ってしまいますが、「お母さんたちの味方もいるんだよ」ってちょっとでもホッとしてもらえたら嬉しいな♪
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-02-09

人事と現場

テーマ:ブログ
「求人(契約)内容と実際の仕事が違う!」・・・悲しいけれど、よくある話しです。今日登録にきたYさんは、それが原因で他社の派遣就業を途中終了しての転職活動でした。

故意に違う内容で案内してその気にさせる・・なんて事はほとんどの派遣会社ではありえない話。(ほとんど・・とは、そうする派遣会社の噂も耳にするので、、)

気持ちよく、できるだけ長く派遣を利用してもらうためにも、大半のコーディネーターは正確な情報を伝えようと努力しています。(いると信じたい ^^;)

じゃぁなんで??
一つは派遣会社の社内での伝わり方が悪い事・・kuririの会社は「オーダーシート」と呼ばれる書面に営業担当が記入してコーディネーターに渡す、という流れになっているはずですが、急な案件の場合は営業が外出先から電話で案件を伝えてくる事になります。

言葉だけのやりとり・・伝言ゲームのようなものです。細かい内容まで話さない、とか、全てをメモできない、という事があります。(書いたけど後で読めないことも >_< )

も一つは営業の聞き込み不足・・初めて求人をもらう企業や、新人営業に多いのです。kuririの会社は営業を育てるのもコーディネーターの役目・・kuririは育て方がちと下手です >_<

その他にもコーディネーターの理解力がなかった、とか営業の勘違いなど細かい原因はいろいろありますが・・あ、もう一つ。「企業から提供される情報の間違い」・・なんで!?そんなの聞いてないよっ・・と、スタッフとともに怒、、イヤイヤ、一緒に怒っちゃだめですけど、、(怒りたいのが本音)

自分たちのミスや至らないところは改善するように努力できますが、企業の話しが間違っていたら・・実際その企業で仕事をしていない私たちには知りようがありません。

現場担当と人事担当がしっかりと分かれている、ある程度従業員数が多い企業にありがちです。「人事担当が現場の要望を理解していない」のか、「現場担当が要望を上手く伝えていない」のか・・。

いずれにしても「情報の伝達」ってよく聞く言葉ですが、本当に重要です。「情報化社会」なんて言っても、正確な情報が伝わっているのかどうなのか。。。と、考え込んでも答えはでないので、まずは自分から。明日、自分用のオーダーシート作ろっと。せめて聞き漏れがないように・・。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。