• 10 Dec
    • 読後感想文をいただきました

      ブログで交流ある方が、拙作を読んで感想を書いてくれました。読者の感想が直接聞ける機会はほとんどないので、うれしいです。ありがとうございます。許可を得て、ここに転載させていただきます。 今回読んでいただいたのは:女医バリーナのシークレット・クリニック~秘密の患者はチェリーボーイ~ ヨーロッパエロス (秘蜜...0円Amazon (感想文、ここから)なんというか風を感じる作品でした。まさにバカンスの香りみたいな。香ばしくて懐かしい、暖かい乾いた風の匂いみたいな・・登場人物が大胆ながらも繊細な人が多い、そんな印象。またリアンヌの魅力にクラクラしながら、彼女の姿が目に浮かぶようでした^^彼女に関する描写は匂い立つようで楽しませて頂きました。小説の長さは短く感じて、少し残念に感じました。続きというかもっと先が読みたくなりました。シリーズで出してもいいと思います、もう書いていらっしゃるかな?様々なクライアントの人間関係や登場人物が出てくるなどどんどん楽しい作品ができると思います^^主人公の事ももっと知りたいですね♪文体の雰囲気、会話のセンス、テンポなど外国の薫りが感じられ、サガンやコレットの作品に通じる読んでると洒落た茶店にいるみたいな気分で非日常の気分を体験させて頂きました。今度はもっと長い作品を読んでみたいと思います^^おススメあれば教えて下さい☆彡読んでる最中もですが、読んでしばらく経ってまた余韻やイメージが広がる、そんな気がしました。作品を思い出すと映像や薫りが脳裏をよぎる、そんな感じといいますか・・うまく言えないけど残り香みたいな楽しみもあります^^ (ここまで)      拙作をすごく丁寧に読んでくださって、ありがとうございました。実はバリーナさんという女医さんには半分モデルがいまして、でもこの小説に出てくるようなセクシー系の女性では全然ありません。朝から晩まで、とっても忙しい一般診療所で、ひどい表現ですが髪を振り乱してがんばっていらっしゃる内科の先生です。スウェーデンではもう、お医者さんの半分以上が女医さんです。女性の多い職業・・・ となると、仕事内容と比べると安月給で、たいていひどく忙しい。 こんなに職場に女性が進出している、というか進出せざるを得ないスウェーデンでも、男女の給与・待遇差は残念な事実です。私は今は全然別の仕事をしていますが、15年ぐらい前には准看護師になるための学校に行っていました。そこでは病院でも実習があって、「お仕事大変だなあ。もっと夢のある楽しいこともないかしら」と思って勝手に妄想して作ったのがあの小説です。でもあちら専門の女医だなんて、いくら官能小説でもちょっとひどいですよね。女医をばかにしている、なんてクレームがつかないかしらと後から心配になったのでした。  シリーズものは、電子書籍やケータイ小説ではあまり歓迎されないと聞いたので、同じ主人公で書くことはありません。現在は、どこかから注文を受けて書くのではなく、自分で書きたいものを書いて、路線が合う出版元に売り込もうと思っています。以前にお世話になっていたところでは、痴漢ものとか、マフィアものとか、私には絶対興味持てない、書けないテーマが人気を博していたので、だんだん疎遠になりました。    それに、年のせいか? あまり官能シーンてんこ盛りを迫られるところも、もうきついです。というわけで、これからもマイペースに、ゆっくりと自分の好きなものを書いていきたいと思っています。感想書いてくださった方、本当にありがとう!

      11
      4
      テーマ:
  • 18 Jun
    • あなたの奴隷

      新作ができたが、まだ出版元が見つからない。今市場で求められているのは、どうやら Mな女性が主人公 らしい。やはりこの小説が大ヒットした影響なのだろう。 フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (ハヤカワ文庫NV) (ハヤカワ文庫 NV シ 2...648円Amazon でも、私には無理だ。だって私自身がMじゃないんだもん。縛られて叩かれて ・・・ 楽しくなるって気持ちがわかんないの。 でもそういう願望がある人が、世の中にはたくさんいるのかな。最近、パーティーの余興をしてくれる人をネットで探していて、こんなのを見つけてしまった。http://slaventommy.blogspot.se/2011/01/tjejfest-i-uppsala.html (スウェーデン語です)最初にContent Warningのページが出てきますが、Jag förstår och vill fortsätta (OKしてブログを見る)のオレンジ色のボタンをクリックしてください。SlavenTommy(奴隷のトミー)のブログです。プライべートのパーティが多いこちらでは余興にプロの手品師やミュージシャン、ダンサーを呼ぶというのはよくありますが、真正Mな彼は、女子会の余興に呼ばれて奴隷になるというサービスを展開しているらしいです・・・。 彼にどの程度の需要があるのかわかりません。ブログの更新はだいたい一年に一度ぐらいだから。でも私が今度女子会の幹事に選ばれたら、呼んでしまうかもしれない。トミーは30代の男性みたいですが、他のサイトで50代ぐらいの小太りのおじさんも見つけました。彼はトミーの上をいくMみたいで、他の男性に輪○されてもいいなんて書いてます。そこまでいくと私はちょっと怖いです。世の中にはいろんな趣味の人がいて、だからこそ面白いのだとも言えますが。 元々遅筆ということもあり、私はこれからも自分が書きたいものを書いていきます。トミーも小太りのおじさんも、自分の趣味を窮めて頑張ってください!

      7
      テーマ:
  • 19 May
    • 書き上げた

      もう2年ぐらい前から書きかけては止めていた作品を、やっと最後まで書き上げたよ。それってどんな長編? と思われるかもしれないけど、いや、けっこう短いんです(*゚ー゚)ゞ 舞台はローマです。もう2年半位前にローマに旅行して、とても素敵だったので、ここを舞台にした物語を絶対書くぞ! と意気込んだのはいいけれど、引っ越しや病気で手がつけられない日々が続き、結局こんなに長引いてしまいましたね。その頃はブログすら書いていませんでした。 一応最後まで書けたものの、これから読み返しをして推敲、そして担当者に見ていただきます。きっとすごいダメ出しを受けるでしょうけども。ひょっとして、「こんなん、全然あかん! (なんで関西弁?)」と言われるかも。まだまだ道は遠い。 いつもの私のことですが、遅筆なくせに、書きたいことだけはたくさんあって、もう次の作品について構想を練っています。  話は変わって、ひと月ほど前にここで紹介した、我が家の鉢植えが、春らしい陽光の下でこんなに大きく花を咲かせました。 手前の青い花、忘れな草が今すごく元気です!忘れな草が多年草だというのは、ちょっとうれしい。きっと前のオーナーが種を落っことしたのでしょう、芝生の上にも忘れな草はちょくちょく顔を出しています。   

      11
      2
      テーマ:
  • 05 May
    • 栗原先輩の新作。

      毎年4月、5月はなぜか忙しい。それに白樺花粉症も治っていなくて、顔は赤くひりひりと痛い。そんな私に栗原先輩からメールが届いた。先輩、仕事にデートに忙しい51歳の春のくせに、なんと新しい長編を書き上げていた。すごい!題名がまた、すごい。「空の写真とブリリアントガールたち」なんでも、かなりリアルなオンナの実態を描いたのだそうだ。でも50過ぎても独身の栗原先輩に、オンナの実態なんてわかるんですかね? と私が返信すると、50過ぎて独身男だからわかるオンナの実態ってもんがあるの!!と言い返されてしまった。へい、そんなもんですかい。今日は仕事が暇だったので、つい全編読んでしまった。ちょっとつっこみたい箇所は点在するものの、なかなかいいんじゃないの。先輩の作品の中では、1、2を争う良さではないかと思った。ただ、ブリリアントガールたちというのが売春する女子大生どもっていうのが ・・・ それがアラフィフ男の先輩が知るリアルなオンナの実態なのか?!許可がないのでリンクはできないが、ある方のブログに「アマチュアと、セミプロ・プロの違い」について言及された箇所があった。その方が思うに、アマチュアと、セミプロまたはプロの違いというのは、アマチュアの場合「自分ががんばったから良しとする」が、セミプロ・プロはそれ(自分の満足)だけではなく他人からも「よく出来ました」と認めてもらえることだと言われていた。なるほどなあ。ただ本人が頑張ったから、自分にとっては上出来だからといってお金はいただけない。他人からもいい出来だと認められて初めてお代がいただけるのである。となると、先輩 ・・・ この小説はやはり、もうちょっと手直しした方がいい所がありますよ、なんちて。そうそう、栗原先輩は前作をアマゾンで自己出版されているんです。ダイアモンド・ダイアリーズ(上巻)/作者不明¥価格不明Amazon.co.jp私と彼の古い友人の他に、どなたか上下巻買ってくださった方がいると喜んでいました。もし心当たりのある方は、栗原先輩からの心からの感謝を受け取ってくださいね。ダイアモンド・ダイアリーズ(下巻)/作者不明¥価格不明Amazon.co.jp

      11
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 新着! 彼氏がいるけどやっぱり婚活しちゃいます

      日本だと昨日になりますが ・・・ 30日に発売になりました。彼氏がいるけど婚活します イケメン大学生 or 年上エリート? (eロマンス文庫)/KADOKAWA / エンターブレインDMG¥価格不明Amazon.co.jpお! あまり考えたことなかったけど、私の作品ってもう5作もアマゾンで売られているのね。(検索すると合計6件だけど、そのうち一件は雑誌で、他の作家さんとのアンソロジーなので)うれしいような恥かしいような、でもやっぱりうれしい☆  感想がまったくついていないのがちょっと不満。昔と違って、アマゾンはその本を購入していない人が本のサイトに評価をつけられなくなりましたからね。以前はそういうことが自由だったので、サクラ票がいっぱいついていたり、逆にへイターが悪い評価を何度も必死で投稿してたりというのがしょっちゅうありましたから。でも、それではその本に対する読者の公平な評価はわかりませんものね。ちなみに、私の書いた作品の中で、人気順に検索するとやはり一番上はこれみたいです。エキゾチックな魅力に華を ヨーロッパエロス (秘蜜の本棚)/ソウゴウキカク¥価格不明Amazon.co.jp私の処女作で、光文社の「女性が書く女性のための官能小説」コンテストに入賞した「柱廊は終わらない」が、名前を変えて「秘蜜の本棚」に収録されたものです。この作品、一時は「金色のタペストリー」という題名だったこともあります。いずれにしろ、内容は同じです。よく作家は処女作を越えることはできない、なんていいますが、私に限っては確かにそうなのかもしれないですね・・・。なんて弱気なことを言っていてはいけない。これからもっとパワーアップするために、精進、精進!これからもよろしく☆

      19
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 彼氏がいるけど婚活します

      1月30日に配信します!!大人の女性のための、過激で甘いエロティカノベル eロマンス文庫  から 【1/30配信予定】彼氏がいるけど婚活します イケメン大学生 or 年上エリート?そうなんです。彼氏がいるけど婚活しちゃうんです。主人公の美咲は、三十路を目前にしたOL。特に仕事に燃えているわけでもない彼女の、目下のボーイフレンドはまだ大学生。結婚に焦り始めた美咲は、彼が帰省している間に真面目な出会い系サイトで結婚相手を物色するが ・・・ ってな話なんです。作っていただいたこの表紙もすごく気に入っています。よかったら読んでくださいね~

      13
      1
      テーマ:
  • 29 Dec
    • ダイヤモンド・ダイアリーズ

      このブログにもちょくちょく登場する、私の高校時代の先輩、栗原征さんの小説が電子書籍になりました。アマゾンで購入可能です。ダイアモンド・ダイアリーズ(上巻)/作者不明注 ・・・ これは官能では全然ありません。それぞれに恵まれた環境に育った若い娘たちが、ミスコンの審査会場で出会い、そこから友情を育んでいくという物語です。その主人公たちはそれぞれ、大財閥の令嬢や、旧華族の家柄、東大医学部在学中、現役モデル・・・ と、まさしくダイアモンド。そのダイアモンドたちの日記だから、題名のごとくです。だから特に困ったことや、悲惨なことは出てこない。安心して読めるといえば読めるけど ・・・ 私としてはもうちょっとドキドキやパンチの効いた部分が欲しかったです。それを栗原先輩に言うと、彼としてはこのような「ひたすら華やかな物語」を書きたかったのだそうで、これは不景気が長引くこのご時勢へのアンチテーゼなのだそうです。ダイアモンド・ダイアリーズ(下巻)/作者不明¥価格不明Amazon.co.jpちなみに、最近は誰でもアマゾンで自著を販売できるようになりました。栗原先輩も、この表紙作成とアップロードは専門業者に頼んで簡単にできたのだそうです。この表紙、なかなか素敵だと思います。業者は数種類の表紙見本を作ってくれるようで、他にも赤いものとかいくつか候補があったのを見せられましたが、私としてはこのピンクが輝いているデザインが一番内容に合っていてよいと思いました。(下巻ではブルーになってますが、それがまたよいと思います)上下とも 100円なので、どなたか読んで感想を聞かせてください ・・・ またはアマゾンのページに評価を書き込んであげてくださいね。

      7
      1
      テーマ:
  • 23 Dec
    • eロマンス文庫

      いつもながら筆の遅い私ですが ・・・この秋、なんとか仕上げました。こちらの文庫に納めていただく作品。eロマンス文庫eロマンス ・・・ つまり えろまんす でございます。出版日がはっきり決まったら(来年1月予定)またここでお知らせさせていただきます。え、どんなのか、表紙のイラストだけでも見たいって?しょうがないなあ・・・ それでは、ちょっとだけよ~ん → ここからどうぞ私はいつも表紙を見るのが楽しみです。自分が文字にした物語世界を、読んだ方が絵で表現したらどうなるんだろうかな、と興味津々なので。今回もとっても素敵な表紙にしていただいて、ありがとうございますそれにしても毎回思いますわ。どうして私ってこんなに筆が遅いんだろうなあ ・・・って。とにかくテスト勉強のように、強制されるものがなくては手がつけられないんです。今も新しい作品の構想は頭の中にあるんですね、でもそれを文字にするのが一苦労。いつも仲良くしていただいているアメ友さんが、「本業がありながらアーティストっていうのがいい」とおっしゃっていたけれど、それなら私もある意味そうかも仕事も家事もせず、アーティストだけやっていけたらいいだろうけど、きっとそれは私にはできないんじゃないかなと思うんですよ。だから自分のペースで、一年に一作か二作、書いていけたらOKってことで。それにしてももうクリスマス! ふう、雑用がいっぱいでやっぱりアーティストどころじゃないわ。

      8
      テーマ:
  • 13 Nov
    • ケータイ作家になるには

      創作は好きでやっているというものの、無い想像力を絞って書いたものにダメ出しされると ・・・ (*´Д`)=зでもいいんだ。編集者のチェックがとことん入っている方が、やっぱり出版後の反響も断然いいんですね。だからチェックしていただけるというのは、創作の教室に通ったこともない自分の実践的な勉強になり、とてもありがたいことなんです。ケータイ作家ってどうやってなるのか、知りたい方がいるかもしれませんね。私の場合はまず公募、それから作家募集している出版者さんに自分から売り込み、それで書籍を出していただけたら、今度はその書籍を読んだ他の出版社さんからお声をかけていただく ・・・ というパターンでした。でも今はキンドルを使ってアマゾンから誰でも電子書籍を出版できますよ。その誰でもっていうのがちょっと問題で、中にはとんでもない粗悪作品も混じっているらしいですが。でも編集者にチェックしてもらっていれば、誤字脱字はなくなるし、専門家の目を通しているので「とんでもない」ほどにひどくはなり得ないと思います。ただ、あくまでも自分のスタイルにこだわり、自分の好きなテーマを好きなように書く、ということはできなくなると思います。編集者が考えているのは、まず「売れる」こと。売れ線に沿うように、部分的に書き直すということは必須になると思います。私は筆の遅い兼業作家ですが、それでも執筆のときは頭の切り替えが必要になります。その日他の所で起こった、腹立たしいことも、うれしいことも、まず全て忘れて物語の世界に入り込みます。それは楽しく、苦しい作業です。本当に、「もー、やーめたっ」と叫びたくなることもあるんですよ。これが専業作家の方なら、そういうわけにもいかないのでもっと大変でしょうねえ・・・。というわけで、あと2、3日は頭の中で変更点をあれこれ考えて ・・・ 完成し、発売日が決まったら、またここで大々的にお知らせしますね!!

      14
      1
      テーマ:
  • 26 Oct
    • インスピレーションはアマチュアのもの

      十年来、ほぼ毎日のように更新するのも珍しくなかった私のブログ。なのに、最近はあまり更新できていない。たぶんこの状態が今年のクリスマス頃まで続くと思う。今年前半、私には二つの大きな悩みがあった。一つは、更年期のせいか際限なく太る自分。これは今は週4回のトレーニングによって、少しずつ、自分にできる程度に改善されている。進歩!もう一つは、もっと作品を書きたいのだが、なかなか書けないということ。これは今年の夏までは自分の頭の隅を占拠する大きな問題だったのだが、新しい出版元から締め切りが設けられることによって、私も「自分を追い込まなくてはならない状況」に陥り、時間不足に苦しみながらも、今のところ何とか予定をクリアしている。時間不足 ・・・ これは言い訳にはならない。だって、時間があっても、締め切りがなくちゃやっぱり書かないと思うんだもん!この間、スウェーデンの有名作家でテレビの司会者としても活躍している人の、ミニ講演会へ出席する機会があった。彼は2000年代、スウェーデンで最も人気のあるブロガーだった。無料新聞メトロにもよく寄稿していたので、こちらでは中年以下の年齢の人に名前がよく知られている。今はポッドキャストに力を入れているのだそうだった。その彼によると、物書きとして成長する最良の方法は、まず読むより書けだそうだ。人の書いたものを読むのはもちろんとても大切なのだけれど、自分が書かなくては話にならない。とにかくたくさん書け。書いているうちに上手く書けるようになってくる。のだそうだ。彼はインタビュー記事もたくさん書いており、長年に渡りスウェーデンで最も多作な人気推理小説家、ヤン・ギローに密着取材をしたときのことを話してくれた。ヤンによると「インスピレーションなんぞ、アマチュアのもんだ」そうで、プロならひらめこうが、ひらめくまいが、書かなくてはいけないらしい。彼は一日のうち夜を執筆の時間と決めており、毎日10ページ書かないと絶対寝ないのだそうだ。すげー。流石だわ。でも、昔スウェーデンの某有名児童文学作家と話したときには、「インスピレーションってね、どこからかふっと湧いてくるのよね」とか言われていたけれど。ま、いずれにせよ、私はインスピレーションを待っていたらいつまで経っても書けないタイプであることは間違いないので、自分を縛る何か(締め切り!)がなくてはやっていけないと思う。

      12
      3
      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。