• 02 Aug
    • スウェーデンの警察官が不足する理由

      最近気になったストックホルムのニュースといえば・・・   数年前から、スウェーデンにはモロッコのストリートチルドレンが不法滞在している。どこに寝泊まりしているのか知らないが、夜、ストックホルムの中央駅あたりにたむろしていて、強盗やひったくりをして生計を立てているらしい。 このストリートチルドレンは、今まで活動地域は中央駅周辺のみだったのが、最近はソーデルマルム地区にも足を伸ばしていると、ニュースに出ていた。Medborgareplatsen駅近辺や広場で、彼らに襲われた被害者が次々現れているとのこと。   嫌だな〜、怖いな〜 だって、私の行きつけのジムがあの駅の近くなんだもん。   そのニュースは、「モロッコから人身売買する組織があるかと思われる」なんて書いてあったけど、そんなん、もっとずっと前から疑っておくべきだったよ モロッコからのストリートチルドレンは、今までは十代と思われる男子がほとんどだったけれど、最近は10歳から9歳ぐらいの子もいるらしい。   街角の乞食も、最近はちょっと数が減ったけれど、もうスウェーデンの街角の立派な定番となっている。いくら彼ら自身が否定しようとも、ルーマニアからジプシーを勧誘してスウェーデンで物乞いさせる組織があるのは間違いない。   ・・・ ということは、誰もがわかっているのだけれど、何の対策も立てられない。   その理由の一つが、警察官の不足であると思われる。 せっかく警察官になっても、数年で辞める若者が多いのだ。その理由は「給料」である・・・ かもしれない。どこの国でも、公務員は薄給と決まっているが、ここでも事情は同じだ。   でもそれを言うなら、医療関係者も、教員も同じ。 警察官が特に辞める人が多い理由の一つとして、   いくら犯人を検挙しても、罪は軽く、すぐにシャバに出てくるので、やり甲斐が感じられない   ということが、ネットの新聞記事で挙げられていた。   昔どこかで読んだことがあるな。シベリアの収容所で一番きつい労働はどんなのかというと、 「レンガを積み上げて壁を作り、出来上がった後はその壁を取り壊す」 ことだそうだ。   そうだよな・・・ いくら壁を作ってもすぐに取り壊さないといけないとか、嫌になっちゃうよな。この警察官の件も似たようなもんだよな。   じゃ、どうしてスウェーデンの刑罰はそんなに軽いの? というと、刑務所の予算のためだそうだ。 刑務所に一人の人を入れておくと、年間3千万円ぐらい経費がかかるらしい。 まあ、ここでは死刑はとっくに廃止されているし、中で病気とかで亡くなる以外は、釈放するしか受刑メンバーの入れ替えはできないものね。   ああ、嫌だな〜 怖いな〜 結局ここでは、時の流れに身を任せ、Let it go, Let it go ありのままで〜 何でもなすがままだから、自分の身は自分で守るしかないんだな。     今日の日常写真。近所の湖で、泳いでいる人は夏の風物詩🎵

      12
      2
      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。