• 28 May
    • Once

      5月なのに雨が降って肌寒い。 この映画を観た ↓ ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]/グレン・ハンサード,マルケタ・イルグロヴァ ¥3,990 Amazon.co.jp ダブリンの街角でギターを片手に、大道芸人をしているミュージシャンの男と、チェコ移民の女性の恋の物語 ・・・ でも二人は結ばれない運命にあった。 二人を繋ぐのは、恋だけでなく音楽。自らもピアノを弾く女性は、彼の才能を見抜いてできる限りの援助をする。といっても、彼女自身もお金のない身なので、バックでピアノを弾いたり、コーラスをしたり、音楽スタジオと交渉したり ・・・・ そして素晴らしいデモテープが出来上がり、ロンドンへ移住するという彼に着いては行かない彼女。 その理由は ・・・ ネタバレになるのでここには書きません。 すごく低予算で作られた映画という話だけれど、その凝ってない作りゆえにか、自分の若い頃の恋を彷彿としてしまった。別に私は彼らのように音楽をやっていたわけではないけれど、二人の醸し出す雰囲気とか、彼の昔の彼女の思い出とかが、とても上手に撮影されていると思った。 最後の場面は ・・・ まあ、そういうこともあるよね ・・・ という気持ちになったのは、私の年のせいか?! とにかく地味だけど心に残るラブストーリーです。 若い頃の恋を思い出してホロリとしたい方にはオススメです。

      テーマ:
  • 26 May
    • 橋下発言

      橋下さん ・・・ 彼はある意味相当すごい人だと思うけれど、今回は余計なことを言ってしまった。 「ほんまのことやんか、何で悪いの!」と言いたい日本人も多いかと思うが、私がそう思う理由は、ここに上手くまとめてあった。↓ 「橋下発言」はアメリカからどう見えるか 私が思うのは、特に(1)から(4)である。 売春する人は世界中どこでもいるけれど、それを必要悪と堂々と認めてしまうのはあかんでしょう。 それに、軍に連行されたか、誰かに騙されたか、貧乏な親に売り飛ばされたか知らないけれど、女性が自分の意思に反して売春をしなくてはいけないのは、やはり人権にもとることだと思う。(それは日本に限ったことではないけどね) こちらには、女性への罵り言葉として、売春婦に相当する単語があるんだけど、日本にはないのかな。 昔は「売女」なんて言葉もあったが、死語になっている。ということは、売春はかなり公に許容されるものになっているのだろうか、日本では? AVは世界に誇る日本の一大産業になっているらしいし、あの中国の反日デモのスローガン後半を恥ずかしいと思ったのは私だけ? ともかく、今国際情勢がピリピリしているときに、ちょっとヤバい発言でした。

      テーマ:
  • 24 May
    • 暴動だよ、全員集合

      日本の知り合いから、「大丈夫ですか」とのメールをいただいて、日本でも報道されていることを知ったコレ: スウェーデン首都で若者ら暴動 移民地区から各地に拡大 我が家にも町内会からのお触れが来ていたわ。何か見かけたら、どこへ電話しろとか何とか。 元々の発端は、ストックホルム北部の移民が多い地域で、気の違った一人の外国系の男が刃物を振り回し、自分の妻子を人質にマンション一室に立て篭もったこと。 その男は警官にまもなく射殺されたが、立て篭もってから射殺までがすごい短時間に行われたことに近隣の人々が疑問を持ったというわけ。 本来なら男の母国語が喋れる通訳をつけて投降を説得するべきだったのに。 男がスウェーデン人なら、こんなにすぐ射殺したりはしなかっただろうに。 それから普段の生活に様々な不満を持っている若者の祭りになった。 結論から言うと、大量の移民を受け入れると、こういうことになるのは自然のなりゆきだと思われる。 それでも移民は必要だ。3Kの仕事を低賃金でさせ、国の富を増やすために。 もしスウェーデンから中東系やムスリムの移民が一夜にして消えてしまったら? 多くの産業は成り立たないのではないかと思う。掃除する人がほとんどいなくなるし、レストランも激減、老人ホームや病院も大打撃を受けるだろうな。 早い話、スウェーデン人がやりたくない仕事をやっているのが移民なのだ。 それは3K低賃金の仕事もそうだし、長く難しい勉強が必要な仕事(医師とかエンジニア)もそうだし。だから暴動が起こっても、それは必要悪と受け入れなくてはいけない。 私の車は大きなガレージの中にちゃんと入っててよかった! 日本はスウェーデンになるべきか (PHP新書)/PHP研究所 ¥756 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 22 May
    • 女性の裸は広告になるか

      わ、なんじゃこりゃ? スウェーデンのフェミニストのブログで、こんな記事を見つけたよ。  例えば、よくある香水の広告の・・・ モデルを女から男へ変えてみる。 すると、広告がどれだけ嫌らしいかわかろうもの。 ケイト・モスが全裸で男性化粧品を広告: じゃあ、女性もこんなので買う気になる? ハハハ ・・・ 面白いけど、これはちょっとフェミニストの屁理屈だよ。 その理由はやっぱり、モデルの性別じゃなくて見た目の違い。化粧品の広告で裸になっているような女はスーパーモデルで、とても姿形が美しいこと。そして写真の写り方も普通の人とはまったく違う。ケイトモスが男性になったら、この髭のおっちゃんになるとは思えない。 どうせ男女別を変えるなら、男性のスーパーモデルを出さないと比較になんないのよ。ごめんね、髭のおっちゃん!

      テーマ:
  • 21 May
    • 怖すぎる

      ああ、5月末のスウェーデンっていいなあ。ストックホルムではもう午後8時過ぎまで明るいし。どうして年中こうじゃないのだろうか。 でも世の中にはいいこともあれば悪いこともある。 私はこの記事を読んで凍りつきました。 ロシア政治経済ジャーナル No.926 このこと知っている人って、世の中にどのくらいいるのかなー。 つまり、米軍にはもう1万機もレーダーにひっかからないドローン(無人機)があって、アメリカにいながらテレビゲームのように無人機を操作し、パキスタンやソマリアにいるテロ関連人物を殺すことができるということ。 つまり、アメリカで、ソファに転がってコーラを飲みながら、海の遠く向こうにいるテロリストを殺すことができるのです。自分自身はまったく危険を負うことなく。 映画や漫画にはありそうだけど、これ、2013年の現実です。 そんなことが本当に行われているんです。 なんだか信じられないと言う人はぜひ上のリンクをクリックして、北野さんの人気メルマガを読んでみてくださいね。私も海外にいながらにして社会情勢がよくわかるようになったのは、彼のメルマガのおかげです。購読して損はありませんよ~ 北野さんは国際政治関係の著書も大人気です。 プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?/集英社インターナショナル ¥1,680 Amazon.co.jp 題名と、北野さんが現在住んでいるところからして、 ロシアに特定した内容かと思われるかもしれませんが、そうでもありません。ロシア情勢が、その他の国々の攻防と深く絡み合っているんです。 官能小説に飽きた方は、ぜひ一読くださいね(笑)

      テーマ:
  • 19 May
    • 最近の私

      やはり5月はいいなあ! 私を苦しめ続けた白樺花粉もだんだん減っていっているみたい。 ところで最近の私、気づいたことを少々。 なんでも面倒臭がらずに、まず調べてみる 前々回の投稿にも書いたけど、これは本当に大事だと思う。特にモノの値段や、交通手段。何事も知らないということは損をするということだ。 オバサンらしさは、顔よりスタイルに出る これ本当!  しかし、中年を過ぎると痩せるのがすごく難しいのも事実! 私はアクセサリーや洋服にはあまり興味がない。昔はもっとあったと思うのだが、興味がなくなったのは住んでいる土地の気候のせいもあるし、アレルギー体質のため、なんやかんやでしょっちゅう痒くなるせいもある。 その代わり、「気分よく生活するため」必要なことにはもっとお金と労力を使いたいと思う。食習慣とか、軽い運動をする習慣とか。部屋の中のアロマキャンドルとか、若い時には必要だと思ったことがなかったけれど、今はリラックスしたい夜には愛用している。 【訳あり★500円送料無料】【アファリAB/北欧雑貨】ビアンカ 缶入り アロマキャンドル アウ... ¥500 楽天

      テーマ:
  • 16 May
    • ルーザーにご用心

      スウェーデンってつくづく男尊女卑ならぬ「女損男肥」の国だなあと思う。 スウェーデンではバスや電車の運転手も女性が多いし、病院に至っては医師から掃除人まで働く女性で溢れている。 男女平等が進んでいるのはいいけれど、進みすぎて、女が働き男が怠けるのが当たり前と考えている輩もいるようなのだ。昼間のショッピングセンターのフードコートで、コーヒー一杯を前に長々と井戸端会議をしているのはたいていおっちゃん(特に中近東系)である。おばちゃんは一体どこにいるのだ? きっと働いているか、家で家事をしているのだろう。あー、やってらんない。女は世界の奴隷か、とジョンレノンが歌ったのはいつだっけ。 ところで、私がスウェーデンに来た1990年代の半ば頃は、スウェーデン語学校の同級生といえば戦火を逃れて来たイラク人や旧ユーゴ諸国の人が多かった。今はスウェーデン人と結婚したタイ人女性が多いらしい。 彼女らはネットの出会い系で知り合ったり、知り合いを訪ねてスウェーデンへ旅行にやって来て、その場でお見合いをしたりする。 でもその相手の多くは、スウェーデン人女性に相手にされないタイプの男。 ずいぶん年配というならまだしも、立派なルーザーに捕まってしまったら大変だ。 彼女らは、母国へ仕送りの義務を負ってやってくるので、本当にくるくるとよく働く。掃除や介護をしたり、タイ料理やマッサージの店を経営したり。 そんな妻を見て、ルーザーは大満足。 あー、よかった。これでオレは食い扶持には困らんなあ!  タイ女性は外国に住んで働きたいので、そんな男でも定住ビザのためなら当分我慢もしようが、できればこのタイプの男と一緒にならない方がいい。そのために大事なのは、 私はあなたを養いませんよ ということを、交際の最初からはっきり宣言することである。人間は楽をしたい生き物だ。相手が養ってくれる兆候を見せると、それにどっぷり甘えてしまうものである。それを阻む心理的な抵抗は、スウェーデン人男性には少ない。 「不扶養宣言」をして、それで相手が離れてしまうのなら、それでもいいじゃないか。恋は東京の地下鉄のように次から次へとやって来るものだ。次来る男はルーザーじゃないかもしれない。 くれぐれも苦労を買ってまですることのないように!

      テーマ:
  • 15 May
    • 調べるということ

      毎年のことだけれど、5月は忙しい。それとは何の関係もないのだけれど、最近私がとみに感じていることがある。それは、 調べるというのは大切だ ということ。 物の価格にしてもそうだし、交通にしてもそうだし。 ちょっと手間をかけて調べることによって、断然トクをすることがあるのだ。 いちいち調べるのは面倒だといっても、今はインターネットでたいていのことがわかるのだから、1クリックの手間を惜しんではいけない。・・・ ということがわかった。 スウェーデンは福祉社会と言われているが、福祉の恩恵を受けるには、膨大な量の書類をクリアしなくてはいけない。それは日本でも同じだと思う。 それを面倒臭いといってやらずにいると、本来なら受けることができるはずの補助を受けることもできない。世の中は厳しいのだ。 だから何事も面倒臭がらず、手間をかけるのを厭わない、という生活習慣をつけると、金持ちへの道が近いとは言わないけど、貧乏への道は遠のくんじゃないかなーと思う。 捨てない手作りエコ節約術―使い終わったらひと手間かけて再利用!/主婦の友社 ¥500 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 13 May
    • シカゴとフーターズ

      一度NYの水を飲んだら、必ずまだ戻って来たくなるのがNYだ ・・・ そうだが、私はどちらかというと、シカゴの方が住んでみたい街でした。 整然としていて、道もごみがあまりなく、喫煙者が少なく、とってもきれいな街。 ミレニアム公園にて。面白い形のオブジェ。 世界第二位の高さという、ウィリスタワーにも上りました。 床が透明の出窓も作ってあって、442メートル下を足許に見ることができます。 旅先でも歩くのがとっても得意な私。アメリカのタクシーはスウェーデンとは比較にならないほど安いのですけどね。泊まっていたホテルはミシガン通りのかなり南で、そこから歩いて北上、最後日が暮れたら、Hooters  で夕食を取りました。 Hootersというと、最近は東京にもできたそうで、やたらと女の子の肉体のことばかりが言われていますが、私たちが入ったシカゴの店は、目のやり場に困るとか、そんなに言うほどスゴいところでもなかったです。自慢の手羽先も、あまりおいしいとは言えず。大音量の音楽がやかましかった。とにかく庶民的なところ、かつアメリカ気分を味わえる店で夕食をすませたという印象でした。 B11 地球の歩き方 シカゴ 2012~2013/ダイヤモンド社 ¥1,785 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 12 May
    • 不思議な偶然?!

      スウェーデンの年金退職者に流行るものの一つが、「自分のルーツを探る研究」である。自分の祖父・祖母ぐらいは知っていても、その前の代になると実際に会ったこともない場合が多いし、会ったとしても自分が子供だったり相手がかなり年配だったりして、昔話を直接聞く機会にはなかなか恵まれないものではなかろうか。 私も自分の曽祖父のことはあまり知らないし、その上の代になると全くわからない。スウェーデンのお年寄り ・・・ でもまだまだ元気!な方の間では、今は亡き祖父母や曽祖父母がどんな人でどこに住んだかを調べるのが流行しているのである。 1700年代に建てられたというサマーハウスを所有している人が、見ず知らずの人から手紙をもらい、八十年前にその人物の先祖がそこに住んでいたということを知ったなどというエピソードも聞いた。 ちなみにそのサマーハウスは当時、本当に小さな小屋で、由緒正しい建物ではない。でもそんなことまでわかってしまうのはとても面白いと思った。 ところで、ニューヨークで会ったスウェーデン人のガイドさんであるが、彼女は年の頃五十歳ぐらい、NYにはかなり長く住んでいるそうで、引っ越した時ちょっとした偶然から、危険だといわれるハーレム地区に住むこととなった。なんでもその通りでは初めての白人居住者だったそうだ。でもなぜかそこが気に入って、以来長く住んでいるのだそうだが、ある日、スウェーデンに里帰りしたとき、母親から驚くべき事実を知らされた。 実は彼女の曽祖父が百年ぐらい前、NYハーレムの彼女が今住んでいるのと同じ通りに住んでいたことがわかったのだそうだ。 それは1920年のことだった。それ以前から曽祖父の妹がアメリカに移住していて、夫を亡くしたばかりの彼女を訪ねて、彼はNYへしばらく滞在したのだそうだ。そして彼女が住んでいたのが、ハーレムのその通りだった。その当時のハーレム居住者は白人がほとんどで、黒人が移り住み始めたのは1930年代以降だったらしい。 つまり、彼女は最初の白人居住者ではなかったということだ。しかし何という偶然! 危険と言われる地域に、彼女が快適に長く住んでいられるというのも、なにかの縁かと感じられる。 住居には不思議な縁があり、同じ部屋には同じような人が入居すると大家さんをしている人から聞いたことがある。 それにしても、本当にそんなことがあるんだなー。 これはロックフェラーセンター ↓ 高さはNY一番ではないが、景色が一番良いとガイドさんに薦められ、上ってみました。

      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
215881 位
総合月間
132563 位
小説
893 位
ヨーロッパ
417 位

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。