• 28 Feb
    • 合同結婚式30年後

      たまたまYouTubeで見つけて見入ってしまった。韓国で統一教会の合同結婚式にて結婚式を挙げた、イギリスの若者たちのドキュメンタリー。BBC制作 ↓ Married to the Moonies 彼らはまだ20歳やら22歳だったりする。そんなに若くて他人に結婚相手を決められていいの? と不思議に思ったが、実は彼らの両親も統一教会会員で、1982年の合同結婚式で結婚しているのだ。 なので、両親は子供たちが自分と同じ道を歩むことに大賛成。家族全員ひたすらとてもうれしそうだ。 カルト教団の是非は別として、この子供たちは両親の結婚生活を見て、何の疑問も抱かず、見ず知らずの人間との結婚に飛び込めるというのはすごい。そんなもんなのかな。 普通の見合い結婚でも、うまくいかないカップルもあれば、うまくいくカップルもいる。合同結婚したからといってその後必ず大きな問題が起きるということもないだろう。 だけど私はこういうの見ると、拒否反応を示してしまう方である。 私はどうも苦手なのだ。 「他人に自分のことをアレコレ指図される」ということ。 以前はそんな意固地な自分が恥ずかしかったが、最近は開き直ってこれを通すことにした。 ストックホルムにもいろいろな宗教団体があって、熱心に活動している日本人もいるが、私はその方面はどうしても無理。桜田淳子さんは今どうしているのかな。 我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇/情報センター出版局 ¥1,680 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 27 Feb
    • 泣き面に蜂

      日本ではそろそろ花粉の季節到来ですね。 私も花粉アレルギーはあるし、その上食物アレルギーもすごいです。年とるごとにアレルギーの品目が多くなっていくかんじ。何に気をつければいいかというのは、ちゃんと病院で検査したので知っているけれど、それでも意外なところに思いもかけないものが入っていたりして、今朝は起きると顔が見事に腫れていました。 その上、ちょっと腹立たしいことが続き、気分はすぐれず ・・・ 今の気分は「泣き面に蜂  」(鏡で顔を見ると、本当にそれらしい顔になっているんです! これは食物アレルギーの典型的症状だそうです) そんなとき、この本の英語版が家に届きました。 引き寄せの法則 瞑想CDブック/エスター・ヒックス ¥2,100 Amazon.co.jp 瞑想のCDブックも付いているというので、現実の世の中にむしゃくしゃしている今、さっそく聞いてみようかと思います。少しは気持ちが落ち着くといいなあ。 引き寄せ、といってもアレルゲンのある食べ物は引き寄せないでおきたいものですが・・・。

      テーマ:
  • 26 Feb
    • 沈黙の虫たち

      ちょっと久々に翻訳の推理小説を読んだ。この本 ↓ 沈黙の虫たち (ミネアポリス警察署殺人課シリーズ) (集英社文庫)/集英社 ¥880 Amazon.co.jp 都会と田舎両方の良さを併せ持つミネアポリスで、老人ばかりが殺される連続殺人事件が起きる。彼らには年齢が近いという以外、何の共通点も見つからないけれど ・・・。(後はネタバレになるので禁止) 作者P.J トレーシーは、実は母親と娘のコンビ。 夫婦や友人同士で一作の作品を書いている作家はよく聞くけれど、母子というのは私が読む中では初めてだ。 私としては、どうやって二人で一つの作品を書けるのか、全くわからない。長編の小説を書くのは大変なこと。ましてや推理小説となると、ストーリーには細部まで齟齬のないように気をつけていなくてはならない。なるほど一人で書くよりも、その点には目が届きやすいかもしれない。 だけどこの小説を訳した人は大変だっただろう。 あちらこちらにちりばめられたアメリカンジョーク?は、翻訳するとやたら長たらしくなり、日本語では面白さが半減する。 でも原書は、これがあるからこそ面白さが倍増しているのだと思うし、翻訳作品の難しいところだ。

      テーマ:
  • 25 Feb
    • 思いつきの人間。

      やっぱりHネタを書いた日には訪問者数が上がるなー。 しかし今日の投稿はHとは何も関係ないよ。  私は何かひらめいたらすぐに行動を起こしたいタイプ。ある思いや考えが頭の中に広がって、いてもたってもいられなくなる。 その代わり、熱しやすく冷め易いところがあるんだけど ・・・。 このところあんまり新しい楽しいアイデアが湧いてこないから、これも年のせいかなあと思っていたところ、やはり人の考えは月の満ち欠けにより変わっていくのか、ここ数日新しい考えが急に浮かんで来て、現在はそれにとらわれている。 このアメブロには多芸多才な方がたくさんブログを持っておられる。でも私は歌うことも楽器演奏もできないし、踊るのもヘタ。そんな自分にできないこと、苦手なことにフォーカスを与えず、得意なことを中心にやっていく。そんなこと当たり前だけれど、苦手なことをやろうとして苦しむのは自分の限りあるエネルギーの無駄だということに気づかなくてはならない。どうして苦しいのか? それは、しなくてもいいことをしているからかもしれない。 得意なこと、正しいことをしているときには、橇が雪の上を滑るように何もかもうまくいってしまう。 その思いつきが、自分にはとても無理そうな突拍子もないことならまだしも、自分に手が届きそうで、なおかつワクワクできることなら、ぜひやってみようではないか。 ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。/ヴォイス ¥1,575 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 24 Feb
    • 王様と関係した女

      昨夜テレビを見ていると、ユーロヴィジョン・ソングコンテスト(毎年5月に行われる、ヨーロッパ各国の代表歌手が一同に競う歌の祭典)のスウェーデン予選第四回目が行われていた。 予選には毎回目玉となる出演者がいるものだが、今回のそれは久々に再結成されたArmy of Loversという男性2人と女性1人のグループだった。 昨夜の番組における三人のメンバー↓ Army of Lovers 相変わらずグラマラスでド派手な衣装。このグループは私がスウェーデンに住み始めた頃(90年代半ば)までは、まだよくテレビに出演して、当時二人いた女性メンバーの一人、カミッラ(上リンクの写真中央)もあちらこちらに顔を出していた。 そのうち2000年代に入って、カミッラの顔を見かけなくなったなあ ・・・ と思ったら、 破産してホームレスになっていたらしい。 父親の死に落ち込み、精神不安定になり、それから色々あったということだが、この人が再びマスコミの脚光を浴びるきっかけになったのは、 その昔有名歌手だった時代、スウェーデン国王とHした ことを週刊誌に告白したことである。 なんでも国王の子供時代の悪友が主宰するパーティーに招かれ、そこで何がしかあったのだそうだ。暴露本も書いたよ! ↓ 確かにこれで彼女は再度人々の注目を集めることに成功した。 ・・・ が、同時に大衆にひどく嫌われることになった。 この大会予選の採点は、スウェーデン国民の電話投票によって行われるが、案の定 Army of Lovers は多くの票を集めることができず、出場歌手8組のうち7位の結果。私は彼らの歌とバーレスクのようなパフォーマンスはなかなか面白くてよいと思ったのだけれど ・・・。 うーむ、残念カミッラ。ちょうど数日前に、ある週刊誌がカミッラの顔をシルビア王妃にモンタージュして、王妃が激怒したばかり。その影響もあったのかな。スウェーデンの大衆って、女を売り物にしたタイプの有名人を嫌悪しやすいように感じる。 カミッラと私は同年代。王様との過去告白にそんなに意味があるとは思えないけど、そんなことがさらっと言えてしまうのも言論の自由があるからかも。私は自分に正直に生きるカミッラ、応援します。

      テーマ:
  • 23 Feb
    • スウェーデンの肉食女性

      昨日スウェーデンのテレビで見た番組である。 なんでも、女性のマル秘スポットを探すという、日本の深夜番組でもありそうなテーマだった。ある女性(顔にはモザイク)は、最近 Gangbangに目覚めたとかで、エーレブロー市にあるその手の趣味の人が集まる店に、レポーターが侵入したのだった。 その店は一見普通のバー。女性はまず今夜の相手をする三人の男性(こちらも顔にはモザイク)に会い、自分の希望をこと細かく説明する。 彼女によると、このGangbangは すべて女性の希望が中心で、女性に満足を与えるために複数の男性が尽くすもの なのだそうだ。彼女の今夜の希望は、オイルマッサージ。 モザイクが入った顔ではよくわからなかったが、体を見ると絶対50代、ひょっとして60はいっているかもしれない。三段腹とはとてもいえないぐらいの太鼓腹にたっぷりと脂肪の乗った臀部、巨大に垂れ下がった乳房、そこを二十代から三十代前半と思われる、なかなか引き締まっていい体をした男性が三人がかりでマッサージしていく。 女性が言うのは、このGangbangに参加することで、彼女の性は解放されたのだそうだ。それまでの彼女は、自分の体をなるべく隠そうとしていたものだったが、ここでは完全に「性を謳歌している」と断言していた。 最後に彼らは部屋を変えて、これも三人がかりでコトに及び始めたのだ・・・ が、その様子までテレビで映すというところが流石にスウェーデン。 ええっ、こういうのって本番ていうんじゃないですかー、こんなの公共の電波でながしていいのかな。 コトを終えて女性はとても爽快そうだったけど、あの三人の男性はどうだったのかな ・・・ 本当に趣味でやっているのだろうか。お金を貰ったらスウェーデンで禁止されている売春だと思うんだけど。ともかく、彼らはお疲れ様だった。 また、若く美しい金髪女性で、バーで男性を漁るのが趣味という娘もいた。彼女は何の感情も持たず、そういうことができるのだそうだ。もう何千人斬ったかわからないが、 そんな男性 はたくさんいるのに、同じコトを女性 がやったらタブーというのは残念なことだと思うわ と彼女は言っていた。 確かに、そんな男性の相手をするのは女性のはずで、だから女性の中にも彼女と同じような願望があるはずなのだが、それを堂々と口にする彼女のような女はやはり少ない。 でもこの番組を見て、私もやってみようかな! と思う女性 ・・・ なにがなんでも男女平等で、なおかつ女性が気持ちよくなることには貪欲なお国柄だもの、やはりいるんでしょうねえ。 肉食女子に食べられちゃう技術/講談社 ¥1,500 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 21 Feb
    • コーチングの効果

      今年1月から隔週コーチングに出かけている。セッションは1時間だけだが、なかなか面白く有意義である。前回習ったのは瞑想のススメと、心を落ち着かせるためのアドバイス。 自分の好きな画像をケータイの待ちうけにしておく これは誰でもやっていることだろうが、 この画像を見ると心が安らぎ、平常心を保てる というものをすぐに目に付くところに置いておき、就職の面接の前など緊張する大事な場面の前に見ておくといいのだそうだ。これはなかなか効果がある。 私の場合、山の写真を入れている。これはエベレスト ↓ 私はコーチングの先生に、「もっと落ち着いて生活したいのです」と話した。多くの現代人は、ストレスのために体が今にも爆発しそうに感じているのではなかろうか。そういうとき、山(もしくはそれぞれの好きな画像)を思い浮かべながら、何も考えない時間を持つというのは心を落ち着けるのに効果がある。 私がコーチングに参加したのはほんの偶然からだったが、今ではとてもよかったと思っている。というのも、一昨年と昨年がとても大変な年で、今でもその頃起きた色々な腹立たしいことを思い出しては気分を悪くしていたのである。しかしそんな悪い気分を引きずっては、楽しい未来が来るはずもない。 コーチングでは「そんなマイナスの感情にいかに対処すべきか」を学んだ。 私と同じような境遇にある人には、コーチングをお薦めしたい。 目からウロコのコーチング―なぜ、あの人には部下がついてくるのか? (PHP文庫 は 46-1)/PHP研究所 ¥560 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 19 Feb
    • 弱い人

      私は占いで「怖いほど強い人」だと指摘されたことがある。 おかしいな、私ほど繊細な大和なでしこ はいないといつも思っているのに。ある方のブログによると、いつもケータイをピコピコやっている人は、一人になるのが怖い弱い人間なのだということである。いつでも誰か人と繋がっていなくては不安なのだろうか。 最近ちょっとした発見をした。これは日本人にも当てはまるかどうかわからないけれど ・・・。 攻撃的な妻は、たいてい彼女の尻に敷かれる優しすぎる夫を持っている。そして、クレームをつけにいくときにはいつも、夫と連名である。 キャンキャンよく吠える犬ほど弱いと聞いたことがあるが、これはその典型ではないかと思う。本当は自分ひとりで意見がいえないんだね。 そういう弱い人の意見は、全て無視しろとはいけないけれど、深く考える必要もないかもしれない。誰が何をしたって、そういう弱い人は不満なんだから。 折りしもハチミツパパさんが、アインシュタインの名言をおしえてくれた。 「どうして自分を責めるんですか? 他人がちゃんと責めてくれるんだから、いいじゃないですか」 アインシュタイン150の言葉/ディスカヴァー・トゥエンティワン ¥1,260 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 17 Feb
    • 瞑想とデトックスのススメ

      今週のコーチングで薦められたのは、「瞑想」である。 始めよう。瞑想―15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)/光文社 ¥620 Amazon.co.jp 上の本には15分とあるが、5分でもいいらしい。 携帯に瞑想の音楽を入れておき、電車に乗っている間にその音楽を聞きながら瞑想してもいいという。 さっそく瞑想のCDを探してスウェーデンの本屋へ。 この本のスウェーデン語版がありました ↓ 引き寄せの法則 瞑想CDブック/ソフトバンククリエイティブ ¥2,100 Amazon.co.jp 瞑想のついでにデトックスも薦められ、それもなかなかよさげだったのですが、なぜか翌日の今日はすごく仕事が忙しくて、おまけにいらつくことがあり、 瞑想もデトックスも、やっぱりこのいらいらには勝てまい!! と思ったのでした。 パリが恋した100%デトックス/マガジンハウス ¥1,995 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 15 Feb
    • やめて

      ああ、やめて ・・・。 「どうか小さな命とひきかえに…」自殺男児、学校の統廃合に反対か 確かに大津市の中学生自殺事件はいじめについて大きな議論を呼び起こしたし、大阪の体罰自殺事件にしてもそうだ。彼らの自殺がなければ、これだけ世の中がいじめや体罰について注目し、人々がそのテーマにつして深く考えることもなかっただろう。 チベットで僧侶が抗議の焼身自殺をしている。あの生徒たちの自殺も同じような理由だったかもしれない。そしてそれは一定の効果を上げているといえなくもないけれど、でもやっぱり自殺してはいけない。自殺せず、死ぬ気で抗議行動を起こしてはどうだろうか。 このままでは、若い人が何かに抗議するために簡単に命を絶ってしまうという、世の中に悪い傾向を作ってしまうのではないだろうか。 自殺してしまう人たちは、抗議だけではなく、その時にちょっと鬱的傾向があったのではないかと思う。しかし、この世に残された混乱は、彼らの命より尊いはずはない。 だからまず、自殺の前に誰か信頼できる人に自分の気持ちを吐露することから始めてほしいんだなあ。 自殺予防 (岩波新書)/岩波書店 ¥798 Amazon.co.jp

      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。