• 31 Dec
    • 今年最後の一日。

      もう2012年が終わる! なんだか信じられない ・・・。 今年はすごく悪い事が多かった年だったが、それに隠れていいこともあったのだ。 何より、私の初めてのエッセイ「ヨーロピアン  Love & Sex」 が iTune で発売されたこと。売れ行きは???だったけど、それでもこれだけの数がDLされているというのは、実はとてもうれしいことではないだろうか。 印税でいくと微々たるものだが、もし紙媒体で発表されていたら、とてもこれだけ販売数は出なかったと思う。これぞ iTune 様様である。この時代まで生きていて本当によかった。 もしDLまだの方がおられたら、このお正月休みにコタツの中でぜひお読みくださいね! 読んだら「恋をしたくなる」 との感想もいただいております。読後にそう思っていただけると、作者としては本当にうれしいです。          もちろん来年も! どんどん新作を発表するつもりですよ。あと新しい配信元も開拓する予定があります。 今年は健康面だけではなく、仕事面では大変な局面を経験しましたが、それと同時に   自分には実は多くの味方がいる  ことを実感した年でもありました。何でも一人でできると思っていたのは、大間違いでした。 この体験によって、「こういう場面には、こう振舞うと一番よい」という新しい知識も得ました。これをまた今後エッセイに書けるかもしれません。 ともかく、来年は安定していて安心できる「安」の年にしたいです。 皆さん、来年もよろしくお願いします!

      テーマ:
  • 30 Dec
    • 今年を一文字で表すと

      クリスマス前後の暴飲暴食が祟って??? あ、体重と体脂肪率が! これはいけない。それに、運動をしていないせいか、すごく体が疲れやすい。 人間って、本当はそんなにたくさん物を食べなくても生きられるらしい。それは飢餓の歴史が長かったから、それに耐えられるように人間の体が作られてきたから。でも、現代では食べるものが簡単に手に入るという、今までの人類の歴史にありえなかった事態が起こっている。 だから人が太るのは当たり前で、成人病が子供にまで広がるのは無理もないのだそうだ。 私の今年を漢字一文字で表すと、まさしく 病 だった。停滞運気の年だとは、前もって占いで聞いていたが、それにしても半世紀近くも健康でいた自分が急に病院の上顧客になるとは! しかし、来年はもっと運気の上がる年になって欲しいものだとせつに思う。そのためにもまず、体力から。わかってはいるけれど、実行はできていなかったと思う。 DVDつき アン ミカのリラックスダイエット―気になる部位をまわすだけ! (主婦の友生活シリーズ)/主婦の友社 ¥1,200 Amazon.co.jp

      2
      テーマ:
  • 29 Dec
  • 28 Dec
    • 好きな人と結婚できる

      スウェーデンの王様の次女で、美人の誉れが高いマデレーン王女が、来年8月6日に挙式だそうだ。 相手はNY在住で、アメリカ人富豪の息子、クリスさん、38歳。 テレビや写真で見る限り、王女は彼に夢中でも、彼はそうでもなさそうだと感じる。結婚するのは、彼女がプリンセスだからというのが一番大きい理由だと思われる。 皇室や王族が象徴になって、実際に権力を握ることがない現代、彼らに残された一般人にはない権利は「自分の好きな人を結婚相手に選べること」だと思う。相手に断られる可能性は限りなく低い。 マデレーン王女ももう30歳、ここらでちょっくら結婚してみるのもいいのでは? よく、結婚相談所に登録してもなかなかお相手が見つからない代表的な条件に、 女性は高齢、男性は低所得 がある。じゃあ高齢な女性が年下で低所得な男性と一緒になればいいのではないかと思うが、そういうわけにはいかないのだろう。 女性は低所得な男性と結婚するぐらいなら一人の方がましと思い、 男性は高齢女性と結婚するぐらいなら、一人の方がましと思う。そういうことなんですか? もし男女とも、条件の考慮なしにただ好きな人と結婚できるとしたら、世の中の結婚地図はずっと変わったものになったに違いないと思う。 この人と結婚していいの? (新潮文庫)/新潮社 ¥515 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 27 Dec
    • Annandagsrea

      今日26日は、Annandagsrea といってクリスマス直後のセールの始まり。 一応一番近くのショッピングモールに行ってみた。人が溢れていたけど、買うものってなかったな~。むしろコレ欲しいなってものはまだ安くなってなかった。それでもお店の試着室は長蛇の列。レジの列も長い。 皆欲しいものが何もなくても、この雰囲気に呑まれて何か買ってしまうんじゃないかと思った。 何も買わない、と決めたら買うものって本当にない。あれこれ買い物をしている人たちを見て、 この人たちは私の代わりに国内経済の循環に寄与してくれているんだなあ・・・ 買い物するたびに税金(約25パーセントのmoms、消費税のようなもの)も払ってくれているんだなあ・・・ と思った。 安いからといって買い、それが実はいらない物だったらやはり損になる。でも買い物することそのものが現代の人々にとって一つの癒しなんだから、それはそれでいいのかもね。

      テーマ:
  • 26 Dec
    • おっととっといけないよ

      スウェーデンには離婚家庭が多く、最初からシングルで出産するマザーも珍しくない。また、カップルが結婚せずに同居して、子供を作ることもずいぶん前から普通に行われている。 ・・・ が。 間違っても、シングルまたはシングルマザー(ファザー)の道を進んで歩んではいけない。 母子家庭に対する支援は、日本の方がずーっと手厚いのだ。また、子供がいなくても、「自分一人で食い扶持を稼ぎ続ける」のはたやすいことではない。これが夫婦またはカップルで共働きしていたら、一方が倒れてももう一方の稼ぎでなんとかなるさという安心感がある。また一人で暮らすより、二人で暮らす方が、生活費は安くつくし、家事の分業もできる。 カップルで共働き。これはやはり最強だ。子供が小さい時はちょっと大変だけど。 そんなことを私が改めて考えるようになったのは、やはり周囲の「大変な思いをしている人々」を見てきたから。経済的不安。時間的、体力的な限界。孤独。 それは決して自立してかっこよかったりする姿ではない。避けることができない苦労はしかたないにせよ、それがもし避けることができる苦労なら、売ってでもするべきではないと思う。

      テーマ:
  • 25 Dec
    • キンドルとYouTubeと。

      ああ、クリスマス っていいなあ!  いつもと同じようにだらだらしていても、クリスマスだからって大義名分があるんだもん。 最近日本でもアマゾンキンドルが販売され、自己出版のハードルがまた一つぐぐんと下がったそうだ。 後は自分がいかに作品を作り出すか、ってところなんだけど、創造性溢れる人々はいろいろなメディアを通じて無料で宣伝をしている。しかし、大事なのは「面白い事」「人の目を引く事」。でなければ意味はない。 YouTubeでは、漫画家桜吐マキルさんが、歌謡曲に漫画で動画をつけたものが面白かった。 例えば、これとか ↓ ホテル この歌、大昔私が日本で会社勤めしてた頃、課長の十八番だったなあ ・・・。 しかし今の時代、すごい変化だと思うことは、暇があってやる気にさえなれば 何でも自分でやれちゃうこと。 宣伝も自費出版もネットを使って自分だけでやれてしまうし、表紙作りだってアドビのソフトでできてしまう。つまり有名作家のセンセイでなくても、不特定多数に自分の作品を読んでもらえる。いい時代に生まれたものだ。 しかしその分駄作は世に跋扈するはずなので、自分を正しく宣伝し、作品の価値をわかってもらうことがより大事になってくる。その方法対策を考えると ・・・ うーん、難しい! でもキンドル自費出版で大成功する人って、きっといるでしょうね! Kindle自費出版ガイド 米アマゾンの先例から学ぶ電子書籍の作り方/作者不明 ¥価格不明 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 22 Dec
    • 冬至が過ぎて

      21日は遂に・・・ 待ちに待った冬至でした! これからどんどん昼が長くなっていくかと思うとうれしい 季節によって昼と夜の時間差が大きい国に住んでいるからこそ実感できる、このうれしさ。 街で見かけたクリスマスのデコレーション菓子。土台はジンジャークッキーです ↓ この間悲しいことがあったと思ったら、続けて何件かうれしいことが起こりました。人生晴れたり曇ったり?! これから先もう少し明るい気持ちで歩んでいきたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 19 Dec
    • クリスマスの前に

      今日はすごくショックなことがありました。 しばらく連絡を取っていなかった文通相手にクリスマスカードを出したら、彼女の旦那様からメールをいただき、彼女は2年半前に亡くなっていたことを知らされました。 2年半前 ・・・ そんなに長く手紙を書いていなかったのだろうか? 昨年か一昨年か、クリスマスカードを送ったような気がしたけれど。それでも彼女から返信はなかったような ・・・。 旦那様は、彼女が私に最後に手紙を送ったのが2009年の8月ごろだろうと書かれていましたが、確かにその通り。そのはがきは引き出しのすぐ取り出せる所にありました。 思えば貰ったときから少し奇妙な文面だと思っていました。 「返事は暇がある時でいいですので、とりあえず今回だけ連絡を下さい」 その頃にはもうわかっていたのですね。 私は何も気づかなくて、彼女の状況を想像すらできませんでした。 返事はすぐ書いたと思います。何を書いたかは忘れたけれど。でもそれに彼女からの返信はありませんでした。仕事が忙しいのだろうと思い、私も自分の日常に忙殺されていました。 私より数歳若かった彼女。まだこれからやりたいことはたくさんあったと思います。 私は不思議です。亡くなった人にはどうしてもう会えないのだろう。手紙を書いても届かないんだろう。 日常の細かな不満はもういいんです。今やりたいことをやる。それが残された者にできることだと思います。

      4
      テーマ:
  • 18 Dec
    • 面倒臭がりやさん

      クリスマスまであと1週間を切ってしまった。冬至まではあと3日! これから長い休暇に入るが、ほとんど準備を済ませてしまった私は大掃除を始めている。といっても、普段開けない引き出しを開けて中にあるものを整理したり ・・・ とかそんなことだが。 すると出てくる、出てくる。こんなものがあった! とか、これも使ってなかった!  この狭い狭い我が家にこんなお宝が眠っていたとは ・・・  また毎月の請求書明細をチェックしていても意外な節約どころが見つかる。使っていないサービスを解約するとか。料金を比較するとか。こんなことって普段時間がないときには見過ごしてしまうもの。いいお給料をもらっている人なんかは、あちらこちらに電話して調べたりするのが面倒臭いから、言われた通りに払ってしまったりすると思う。 お金が貯まらない一番の秘訣は、「面倒臭がりになること」ではないかと思った。 面倒臭いから外食してしまう、とか、面倒臭いからちょっとそこまででも車を使う、とか・・・。 もちろんかかるお金、時間、労力を考えると、お金で解決した方が早いこともあるのだけれど。 それにしても、お金を使わない、ってけっこう難しい。 ウインドーショッピングだけでは満足しない、お金を使う、ということ自体が娯楽になっているのだと思う。だから、このクリスマス商戦も、人々の大きな娯楽なのだ。だって、クリスマスを過ぎればほとんどの商品がど~んと安くなるのに、どうして今買わなくてはいけないのさ? 百年前のクリスマスは、人々はどうやって過ごしていたのだろう。プレゼント一つ貰うだけでけっこう喜んでいたんじゃないかな。 イギリス式 買わない暮らし ~今あるモノでキレイに住まう~/宝島社 ¥1,365 Amazon.co.jp お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣/アスペクト ¥1,500 Amazon.co.jp

      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
167305 位
総合月間
132563 位
小説
788 位
ヨーロッパ
329 位

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。