• 30 Sep
    • 形だけの付き合いなんていらない

      少し前、こちらの新聞にあるアントレプレナーの記事が載っていた。30代とおぼしき彼は、近年コミュニケーション系のサイトをネットで立ち上げ云々 ・・・ とあった。 彼は元々超売れっ子のセールスマンで、リーマンショックの前まではストックホルム市内の6LDKに住んでいた。一人で6LDKに住めるということは、彼の収入はいかに高かったか、である。しかし、景気が一気に悪くなった4年前、収入は激減、周囲の人々は潮が引くようにいなくなった。 今彼は同じ市内でも1LDKに引越し、再起を図っている。きっとそれは成功するのだろうと思う。彼が自分のどん底から得た教訓は、「他人の言う事を信じすぎるな。自分の信念に従え」。 彼は、セールスマンという仕事柄いつも人に囲まれていることが必要だったのだと思う。そして市内にある大きなフラットでホームパーティーを開いたりしていたのだろうな。 子供時代ならまだしも、成人してから自分に近づいて来る人というのは、ただの友情ではない。何がしかの見返りを期待して来るのである。 なので、こちらも厳しく相手を選択しなくてはならない。なんかこう書いてしまうと元も子もないけれど。 見返りを期待しないのであれば、ネット上で匿名でコメントし合うぐらいの付き合いで十分ではないかと思う。 母も私と同じような性格で、普段の人付き合いは淡白。でも叔母は違う。田舎のパリス・ヒルトンみたいな、飲み会があれば必ず顔を出すような、人の中心になるのが好きな人物なのである。 ただ、そうやって人付き合いが多くなると、愚痴も多いらしい。そんな愚痴を、母はいちいち聞いてやって疲れるとこぼす。 私的には、収入が減ると潮が引くように去っていく取り巻きなんて、全く必要ない。でも人によっては、他人にちやほやされることが気持ちよくてかなわない人もいる。それは人それぞれタイプによりけりだ。

      2
      テーマ:
  • 28 Sep
    • ライフオーガナイザー

      こんな資格があるのを知った。 社団法人 日本ライフオーガナイザー 協会 思考と空間の整理のプロを養成するのだそうだ。 私も日本にいたなら入門講座だけでも受けてみたかったと思う。この夏は空間はだいぶ整理できた。次は「いらないものを寄せ付けない」努力だ。 と言いながら、今日は近隣のショッピングセンターに行った。用事があったのはその中にある公立診療所だったのだが、しかし行き帰りに見ざるを得ない数々のお店 ・・・・。 素敵なインテリアのお店が閉店するらしく、セールをしていた。雑貨って、生活必需品ではないもんなあ。全て半額になっていたので、クリスマス用のキャンドルとナプキンを買う。これだって、絶対必要なものではないけれど。 とにかくお店が考えているのは、 「いかに人々に買わせるか」 某大手婦人服チェーンが今、ミッソーニとコラボしている。HMのよりはましだけど、でも ・・・ これいるか? いらんか? よく使うか? お店を見ていると何か買いたくなる。買わないのが罪のような気がしてくる、。 じゃ、ショッピンセンターへ行かなければいいだろというようなものだけれど、ネットでもあちこちクリックすると宣伝だらけだし。 お金を使わずに生きるというのは、本当に難しい ・・・。 片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方/主婦と生活社 ¥1,260 Amazon.co.jp

      テーマ:
    • スウェーデンの農家にお嫁入り

      水曜日夜は比較的時間があるので、どうしても見てしまうテレビ番組 Bonde söker fru  。 全国から選ばれた農民が嫁(または婿)を探す人気の長寿番組?である。 まずは、嫁(婿)探しをしたい農民数人が選ばれ、テレビで紹介される。それを見た我こそはと思わん全国の女性(男性)がラブレターを書いて応募する。 それぞれの農民がまず手紙で気に入った相手を面接し、最終的に一人の農民につき六人の嫁候補を選び出す。そこから毎回1~数人づつ候補者を落としていって最後に誰かが恋の勝者となる、というストーリー。 以前は女性の農民や、同性愛の農民もいてちょっとおもしろかったが、今回は男性4人が女性の嫁を選ぶということでいうストーリーである。 この4人、20、30、40、50代の男性一人づつ。それぞれの年代に合った女性候補者が集まる。 今週は彼らがそれぞれ六人の女性を選ぶところまで放送したのだが、でもなー、 選ばれるのはいつも 若くて 見た目がいい 女性 人生というのはやはり厳しいものだ。 しかし、この人はちょっと違っていた。40代の独身農民スヴェンアルネ ↓ 選ばれた女性たちには悪いけど、見た目だけで選んだとは思えない。やはり面接で自分と気が合うかをチェックしてそれを重視したのでは ・・・ と思った。 女性を選ぶときには、ねるとんみたいに(若い人は知らないか)全員を前にして告白をするのだが、選ばれなかった人がその場を去るとき一瞬映った彼の申し訳なさそうな顔に、その人柄のよさがしのばれる・・・ ような気がした。 でも、この番組で最終的にカップルになった人たちも、本当に結婚した人もいれば同棲してすぐ別れた人、結局番組の外では何にもならなかった人たちがいる。 スウェーデンの田舎の生活 ・・・ やはりそこで生まれ育った人でないとちょっと厳しそうな気がするんだけど。 ま、私は来週もこの番組を見るだろう。

      テーマ:
  • 24 Sep
    • 日々雑感。

      がんばって書いた記事が消えちゃった! もう一度書く気力が失せた。ま、要するに中国に住んでいる昔の友人や知り合い(中国人)にまた連絡をとってみたいなあということ。 こんな時だからこそ、草の根の友好は絶やしてはいけないと思うんだよなあ そんなこと書いたのがいけなかった? ネットのニュースに載っていた有名女優の話も気持ち悪かった。名門私立中学に通う彼女の一人娘がおぞましいいじめの首謀者だということ。その女優の名も、その娘の名も、被害者の少女の名前までちゃんとネットに載っている。匿名性なんてない。すごい世の中だ。 そういえば、以前も別の有名女優の次男が覚せい剤使用で逮捕されたことがあった。彼女らの共通点は、結婚後中年になってから女優として大ブレイクしたこと。一番仕事が忙しいときが、子育ての大変な時期と重なってしまった。とはいえ、子供がグレるのはそれだけが理由でもないだろうし、同じ環境にあっても全然グレない子はいるだろうし、何とも言えない。 子供を作るべきではない女っているのか。子育てに向いてない女。 それは私もそうなのかもしれない。その時々で自分にできることをできるだけしてきたつもりだけれど、それでもあの時ああすればよかったかな、とか、後悔は多い。 ネットには、その女優が仕事にかまけて子供にはお金を与えることしかしてなかったように書いてあったけど、本人にしてみれば子供に十分愛情はあったと思う。 今日たまたまこれから出産するという人に会い、その希望に溢れた様子がとても眩しかった。

      2
      テーマ:
  • 23 Sep
    • 買い物雑感

      今週、スウェーデン各地に店舗を持つExpertという家電チェーン店が倒産し、金曜日から倒産セールが行われている。 特に買いたいものはなかったが、何か見つかるかもしれないと思って最寄のExpertに行ってみたが、店前に長蛇の列ができており、入店を断念した。 長蛇の列といっても、一度に入店できる入場人数が制限されているというだけなので、すごく人が集まっているというわけでもないかもしれない。 最後にExpertに何か買いに行ったのは1年ぐらい前だったか。すごく愛想の悪い店員がいて、結局そこでは買わずに他の店で買った。 いずれにせよ、何も買わなかった。 いくら安くても、買ったら何がしかのお金がいる。 買いたいものがないなら買わないのが一番いい。 ただでさえ狭いので困っている我が家なのに、必要でもない家電を置く場所はない。 今私が住んでいるフラットの上階に、私と同年代の婦人が住んでいる。彼女の娘さんによると、鬱病その他によりもう長く働いていない人なのだそうだった。だけどよく出かけてはいるようで、近所のバス停や中庭で見かける。 ランドリーで出会った近所の人が、彼女のことを「ああ、あの汚い人ね」と言っていた。 確かに彼女はフレッシュには見えない。ランドリーではよく会うし、毎回違う服を着ているのに。 その理由を私なりに分析してみると、 彼女はいつも古い服を着ている ことによるのではないかと思った。きっと彼女は古い服を捨てるということをしないのではないだろうか。 一度彼女のお宅にお邪魔したことがあるが、部屋の中のあちらこちらに洗濯物が干してあり(ランドリーには乾燥機があるのに?) 猫が部屋の中で自由に用を足しているため、目が痛くなるような悪臭がした。 新しい服を着ていれば、例えそれが安物でも、少なくとも汚くは見えないのではなかろうか。また、古いものの中に新しいものを組み合わせるというのもいいと思う。ただ古いものばかりというのは・・・。 教訓。服は少数買って、その時すぐに着倒す。 食べ物だって、長い間置いておくと食べられなくなる。何かおいしそうな物をいただいたら、すぐ食べる! というのは、我が家の家訓?の一つである。

      テーマ:
  • 17 Sep
    • 蒼井空是世界的

      尖閣諸島の所有権をめぐって、中国で大規模な反日デモが起き、多くの日本料理店、日系デパート、日系企業の工場などが襲撃を受けたことは、スウェーデンのテレビでもニュースになった。 それにしても彼らの反日スローガンからして理解不能。 魚釣島是中国的 (魚釣島は中国のもの) てのも変だけど、どうしてその後に 蒼井空是世界的 (蒼井そらは世界のもの) というのが続くの? 蒼井そらって人は誰か知らなかったので、ネットで調べてみると、有名なAV女優だそうだった。数いるAV女優の中でも、彼女は中国でダントツの人気があるらしい。 ふうん ・・・  なんか変じゃない? 蒼井そらさん(とそのAV)は日本製。おたくらの言っている日本製品不買運動に、AVだけは含まれないんですか? ずいぶん勝手な言い分ですね。 中国各地で掲げられているらしいこれらのスローガン(本当に女性も子供も蒼井そらって知っているのかな?) なんのかんの言っても実は日本製品を買わないなんてことはできないという、彼らの本心が透けてみえるような気がする。 だから、日本の会社は暴動にも不買の脅しにもめげず、ひたすら他国を凌駕するいい製品を作り続けてほしいものです。 あ、いいAVもね! ぶっちゃけ蒼井そら (ベスト新書)/ベストセラーズ ¥780 Amazon.co.jp

      4
      テーマ:
  • 16 Sep
    • あなたもスコットランド領主に!

      中年以上の人へのプレゼントを選ぶのって難しい。そういう人はたいていのものを持っているし、好みも様々からだ。 なのでとびきり変わった、ちょっとばかばかしいプレゼントをしてみたければ、こんなのがある。↓ Chaol Ghleann これは、スコットランドの土地を30センチ四方購入し、スコットランドの領主の称号を貰おうというもの。 法律ではそんな小さな土地を所有するだけでもLord または Ladyと呼ばれる資格があるのだそうだ。 この土地には、1800年代からのお城Dunans castleがあり、それが2001年の火災で屋根を失ってしまったため、人々の土地購入の代金は全てこのお城の修復に使われるのだそうだ。 この一区画の土地とタイトルの購入代金は、日本円にして5千円ぐらいである。 現在この領地の領主は世界中に7千人ぐらいいるのではなかろうか。 このお城はなかなか風情があって素敵だが、グラスゴーからかなり遠い森の中にあり、荒地商法の一つといえなくもない。投資効果もないので、これはむしろ歴史ある建物が、中央から遠くにあるがゆえに修復されないのを残念に思う人たちの寄付みたいなものではなかろうか。 ただし、タイトルが乱売されるのをよく思わない人もいる この人はきっと本物の昔からの領主や貴族なのだろう。 ちなみにこんなおかしな土地商法?は他にもあって、月や火星の土地を買うこともできる。 Moon Estates ここでは薔薇やワインに自分の名前をつけることもできる。ありきたりなプレゼントに飽きたら、こんなものを贈ってみれば?!

      2
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 残念なことだけどね

      今日もまた残念なことがありました。 お仕事関係で、今後あまりよい関係が築けないだろうと思える方とサヨナラしました。 残念ですが、約束は守られないし、自分の都合で音信不通になる方なので、今後は私にとって、収入以上に振り回されることになるだろうと予想し、早めにお断りをすることにしました。 もちろんこの方にもう一度チャンスをあげてもよかったかと思いましたが、今は時間と仕事を天秤にかけると時間の方が大事・・・と思ったので、この選択にしました。 スカイプで一度お話させていただいた時は、すごく丁寧で感じのいい方でした。 しかしこんなにも物忘れがひどいとは、ひょっとして何か病気とかがあるのかもしれないと思いましたが、それによって今度は私がイライラで病んでしまうことにもなりかねません。 電子メールにも匂いがあります。 危険な人から来ると、危険な匂いがするんです。 それがこの十年あまりのネット生活でわかったことです。なので、 「こりゃあかんわ」 と直感的に感じたら、お断りを入れる。 それで後悔することってないと思います。

      4
      テーマ:
  • 14 Sep
    • 噂の男

      昨日からスウェーデンのメディアで大注目されているこの男! この男は、いったい誰なんだ?! おっ、色黒でハゲかけているところがセクシィ~ ・・・ だからじゃもちろんありません。 この男、夜半の地下鉄駅で、泥酔していた38歳男性がプラットホームから線路上に落ちたところ、自分も線路上に降りたので、泥酔の男性を助けるのかと思いきや、男性の懐から財布や金のネックレスなどの貴重品を奪い取り、自分だけプラットホームに上がってそのまま駅を立ち去ったのです(写真)。 地下鉄の駅員に、線路に人が落ちていることも知らせないで ・・・。当時プラットフォームには他の人はいなかった模様。 線路に落ちた泥酔男性はその8分後、地下鉄に轢かれて重症。これらの一部始終は、駅の防犯カメラにしっかりと映されていました。 この男、外見からすると外国から来た窃盗団の一員のような感じです。泥酔した人を駅で狙っていたのでしょう。防犯カメラに残された映像は昨夜のニュースでスウェーデン中に放映されたけれど、EU圏内はパスポートチェックもないので、この男はもうスウェーデンにいないかもしれないと思います。 ああ、恐ろしい。 東京の駅で線路に泥酔男性が落ちたときとはえらい違いだ。 泥酔ながら電車に乗ろうとした人もいけないのだろうけれど、こういう輩が街をうろうろしているのだから、自分の身は自分で守らなくてはいけないのだと再確認させられます。

      テーマ:
  • 12 Sep
    • 自己啓発セミナーに参加して

      この間、自己啓発セミナーというものに初めて参加してみた。 これは私が元から行きたかったものではなく、ある人が突然行けなくなったので代わりに出席させていただいたものである。本来なら参加費が5千円ぐらいかかるものだった。 怪しげなストックホルムの裏路地 ・・・ 会場は右手だ! 今日のスピーカーはアメリカ人の女性。「夢見た人生を生きている」と言う人。セミナーは全て英語で行われた。 私は彼女の英語が一語一句わかったとは言えないけれど、大筋は理解していた。 でも、目新しい気づきは何もなく、今までに自己啓発系の本を読んだことがない人にはいいかなという感じ。 しかし! このセミナーに参加している人は約80パーセントが常連らしく、会場で「やあ、久しぶり」「元気ィ」みたいな会話があちこちで交わされていた。 主催者はスウェーデンの自己啓発グループYESの会だった。 なんか名前はイエスの箱舟を連想させるが、宗教とは関係なく、ポジティブに生きるために積極的に自己啓発をしようという人たちの会。 今回のように世界各国からスピーカーを呼んで勉強会をしており、次回は金持ち父さんの ・・・ キヨサキさんじゃないけど彼の一番弟子のような有名な人が来るのだそうだった。(ただし、そういう有名人が来ると参加費も5千円ではすまないみたい) でもこのグループは、やはりちょっと宗教っぽいかも! セミナーの最後には常連たちが、YES!と叫び声を上げながら踊り狂っていた。でも私はそのノリにはついていけなかった。 私は帰り道どっと疲れを感じた。なんでかな。目新しい気づきは得られなかったけれど、いいお話ではあったのに。スピーカーの女性の話は心の奥に訴えかけて来るものがなかった。 うーん、なんでかな・・・。

      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ランキング

総合ランキング
149254 位
総合月間
132563 位
小説
703 位
ヨーロッパ
306 位

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。