• 29 Aug
    • ちょっとお休み

      意外な時に目が回るような忙しさ。多忙につき、更新をしばらくお休みします。 更新もしないのにぺタしに来てくださる方、ありがとうございます 。 そのうち落ち着いたらまた戻って来ますね!

      2
      テーマ:
  • 21 Aug
    • また書こうかな

      この夏、執筆活動から遠ざかっていた。というのも、何を書いていいかわからなくなったからだ。 ケータイ小説として、売れ筋の内容がどうしても浮かばなくて。ちなみに現在、ケータイの売れ筋とは「モテる、セックス、儲かる」の三種類だそうだ。 今私が読んでいるのは、この本 ↓ アマンダの恋のお料理ノート (集英社文庫)/集英社 ¥840 Amazon.co.jp ニューヨークの新聞に料理関係のコラムを書いている著者の、恋と料理の物語。本の中で何か料理を作るたびに、そのレシピも載っている。エピソードを読んでからレシピを見ると、それを作りたくなる気持ちは倍増する。 いいなあ、こんな本。確か映画化もされているはず。 (すみません、後で調べたら、映画化されているのは別の本でした。料理研究家ジュリア・チャイルドが出てきたので、この本のことだと勘違いしていました。) ジュリー&ジュリア [DVD]/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント ¥1,480 Amazon.co.jp でも、節約とか生活とかは今のところ、ケータイ書籍界ではあまりもてはやされるジャンルではないのだ。 ケータイ書籍を読む人の年代が上がり、女性が増えてくれば将来は違ってくるだろうが。 最近よいアドバイスもいただき、次回作のテーマがおぼろげながら頭に浮かんできた。さあ、また書こうかな・・・。

      2
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 迷いの園

      日本のお盆も終わりましたね。ストックホルム近辺では明日から学校の秋学期が始まります。 今日は午前中は雨が降っていたけれど、午後からはからっとしたよいお天気 湿気のない北欧の夏は最高です。でもこれからどんどん夜が長くなって寒くなっていくんだなあと思うと悲しい。まあこれも毎年のことですが。 今年は日本に帰国できなかったので、代わりに積読だった本を読むことにしていました。 そこで読んだ本の一冊が、台湾の女流作家リー・アンの 迷いの園 (新しい台湾の文学)/国書刊行会 ¥2,940 Amazon.co.jp 伝統ある旧家出身で、愛する父の残した中国式庭園を再建する望みを持つ主人公の女性と、実業家の男性の恋愛物語。 ・・・ というのが大筋だが、その背景には1800年代末からこの小説が書かれた80年代まで、またはそれより更に遡る海賊の時代までの歴史がからんでいる。エンターテイメントばかり読んでいる身にとっては漠然とした筋の流れに感じられるが、純文学ってこういうのをいうんだろうなあと改めて思った。 この中にある小さなエピソードがそれぞれ、無駄話のようで全体の物語の大事なパーツとなっているのである。それをあまり文学好きではない人は「余計な話が多い」などと切り捨てる。わかっていないなあ。 私は寝る前に、よくこの本も読む。 あめりか物語 (岩波文庫)/岩波書店 ¥840 Amazon.co.jp 明治の末、1900年頃アメリカに住んだ荷風の、アメリカ見聞録が短編小説となっている。当時すでに多くの日本人がアメリカに住み着いていたのも意外だったし、人々の生活も、テレビもパソコンもなく、車が馬車だったことを除けば、今と共通する点も多い。 やはり上手い小説を読むと、無駄話でもそれがまた面白いのですよ! 永井荷風は日記も面白い。それこそ無駄話満載だけど。

      2
      テーマ:
  • 18 Aug
    • 経済的に成功する婚活

      最近、日本で婚活している女性は、売春婦化しているのだそうだ。 どういうことかというと、 「相手のお金のみで結婚相手を選んでいる」ということ。 確かに、お金は大事だね。好んで貧乏な人と結婚する必要はないし、その点においては間違いとは言えないのだけど。今収入や財産があっても、10年後はどうなるかわからないってことも計算しているのかな。それが売春と婚活の違いだよ。 私が思う、経済的に成功する結婚とは、以下の3点に注目すべき。 相手の全体的スペック 収入が高くて財産があっても、暴力男や嘘つきと結婚生活は営めない。ずっと連れ添っていけると思えるような人柄は大事。 中年になって離婚せざるを得なくなると、人生は厳しい。それで何度も結婚離婚を繰り返す人もいるけれど、いずれにしても経済的被害は甚大。 共働きができる 両方に仕事があり、共働きができること。時間的、体力的には大変だけど、二馬力で働けるというのはいざというとき、とても心強い。 借金は計画的に 自宅を現金で買える人はめったにいないだろうが、身の丈に合わない借金をしてしまうと、後でものすごく自由を奪われてしまう。 借金についての考え方が一致していること。 この3点を満たした結婚をしている人はそれぞれ収入が高くなくても、財産がなくても経済的に余裕ある生活を送っているようだ。 逆にこの3点のどれかを満たしていなければ、リストラなどにおびえなくてはいけない。大嫌いな仕事も、定年まで続けなくてはいけないというプレッシャーが生じる。 売春じゃなくて婚活、がんばってにゃ!! こころとお金のコーチング 女性のための人生設計塾/講談社 ¥1,470 Amazon.co.jp

      2
      テーマ:
  • 16 Aug
    • ささやかな幸せ

      例のニセ警察ウィルス事件で、新しいHDを購入することに決めた。たいていの内容はバックアップを取っていたし、同じ内容をネットのサイトでも探せるので、突然のHD交代にも困ることはないのだが、そう考えるとこの世はけっこう身軽なもんなんだなと思った。 人はたくさんモノを持っているけれど、本当に大事なものは少ないのかも。 いつも使っている我が家のプリンターはもうすぐ11歳だとわかってちょっと驚く。確かに長く買い換えてないもんね。でも今使っているこの予備のPCはとても若くて去年購入したもの。なんと愛用のプリンターはバージョンが古すぎるということでインストールできなかった。 コンピューターとか携帯は毎年買い換える人も多いらしいが、確かに2、3年経つと新しいバージョンがどんどん出て、あっという間に中身が古臭くなってしまう。本当はもっと長く使いたいのだけれどねえ。 この夏はバーゲンにわき目もふらず、「新しいモノを買わない」主義でがんばった。本も本棚にあったものを再読した。意外に読んでいない本も多かったし、再度読むと新しい発見のある本もあった。 もったいないな ・・・ こんな先人の残した宝が近くにありながら見過ごしていたなんて。 なぜか人は「買うことによって生きる満足を得る」もののようだ。数日何も買わないと、我ながら不安になる。どうしてだろう。百年前はこんなことはなかったはずでは? 今年は、私は新しい行動をしないことで吉、と占いには出ていたそうだけど、新しい行動をしたくなるまで、今あるものを工夫してとことん使い尽くそうと思う。 バルコニーに座って、からっとした夏の陽光を浴びるだけでも幸せを感じるよ!

      テーマ:
  • 14 Aug
    • いきなり警察から罰金?

      あー、頭にくる! というのは、昨夜寝る前にメールをチェックしていたときのこと。 電源を消そうとしたら突然! スウェーデン警察から全画面で「このコンピューターにアクセスを禁じます」との通達が! なんでもその理由は、 1.このコンピュータで児童ポルノを閲覧した 2.禁止されているサイトを閲覧した 3.違法コピーをした もう一つなんだったか忘れたけど4つの理由があった。それで、罰金千クローナ(約1万3千円)をUkashという、Paypalみたいなところに入金せよ、そうすれば、この禁止サイトを消す暗号を通知する ・・・ とあった。 このサイトはウィンドウズを立ち上げると必ず出てくるので、このサイトを消さない限りこのパソコンは使えないことになる。 でも私は禁止理由4つに何も心当たりがない。 姑息ではないか、スウェーデン警察め! 罰金を要求するなら、もっとはっきりとした理由を具体的に示すべきだ! 明日になったら警察に電話して散々文句を言ってやろう。もちろん罰金など払うものか。 ちょうどハードディスクも疲れていたころだ、これを機会に買い換えようか ・・・ とぷんぷん怒りながら眠りについた。 翌朝、念のためにもう一台のパソコンでこの件について何かもっと有益な情報がないか調べてみると ・・・ わかりました。これはウィルス  だったということ。 この警察の罰金を要求するウィルスはアメリカ、カナダ、そしてヨーロッパ各言語で作られたもので、現地の警察のロゴを使ってばら撒かれているらしい。中にはメトロポリタン・ポリスという国際組織を偽装した(そんなんあるん?)ものもあるという。 それにしても何という迷惑な詐欺だろう。うちの母の近所で、危うくオレオレ詐欺ならぬわたしわたし詐欺(孫娘さんの振りをして電話してきたので)にひっかかりそうになったおばあさんがいたそうだけど、本当にこのウィルスに引っかかった人は、ネットの口込みサイトによるとたくさんいるようだ。 確かに身に覚えのある人はさっさと払ってしまうかも ・・・。 ちなみに私はアンチウイルス対策はしっかりとしていたつもりだ。 それでもウィルスは少しづつ新型に形を変えて、ばら撒かれ続けているのである。アンチウイルスソフトは百パーセントカバーできるとはいえないのが辛い。 ああ、恐ろしい。何事もすぐにパニックに陥って鵜呑みにせず、ネットで調べるなり、本人に直接電話してしっかり聞くなり(ここの例の場合警察または孫娘)しなくちゃね。

      2
      テーマ:
  • 12 Aug
    • 月3万円ビジネス

      あ~疲れた! 遊びつかれ! スウェーデンではもう夏休みが終わって、世間は月曜日から通常営業というのに、これでいいのだろうか。 有休っていいなあ ・・・ いつまでも休みならいいのに ・・・ なんて怠け心が消えない私。 ネットでふと見つけたのは、月3万円ビジネス 月に3万円しか稼げない、小さなビジネスだそうです。でもそれだけじゃお小遣い程度にしかならず、とても生活はしていけませんね。そんな場合この月3万円ビジネスが10個あると、30万円の収入になるわけです。 また、時間とお金を天秤にかけて、少ないお金でいいなら働く時間も短くてすむ、つまり3万円ビジネスが5つでいいというわけ。 月3万円稼げるビジネスって ・・・ どんなのがあるかな。 もっと具体例を教えて欲しかった。 1日7、8時間も同じところで働いて、お茶室でエンエンとくだらない世間話を聞くってのが私にはとっても不向きなことを自覚しているので、3万円ビジネス、本当にできたらいいなあ! 月3万円ビジネス/晶文社 ¥1,575 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 09 Aug
    • 夏休みはやっぱり短い

      このところ色々あって更新が滞っています。でもペタをくださった方々にはできるだけお礼参りをしますので、よろしくお願いします。 夏期休暇の季節も終わり、スウェーデンの職場はだんだん通常営業に戻りつつあります。あと2週間ぐらいで学校の秋学期も始まりますね。 私は住居の中でこれまでずっと気になっていた紙の束とか、何を植えているのかわからない植木鉢とかを整理しました。とってもすっきりといい気分です。やはり掃除っていいですね! 今年は新しいものは買わず、あるものを出来るだけ利用し捨てに徹すると決めた私。おかげで毎日少しづつモノが減って、部屋が広くなっていくのを楽しんでいます。本棚にずっと積読だった本も読みました。ジムは今住んでいる場所の一角にある施設を使わせてもらっています(私には無料)。モノを買わなくても、こんなにも楽しめることがたくさんあったことを再発見。 また何か新しいものを自分の人生に取り入れたくなるまで、当分自分の人生に纏わるものを「減らす」に徹したいと思います。 長いようで短かった夏休み。残念ながら雨が多かったこの夏休み。日一日と、夜が長くなっていくのが体感できます。これから12月の冬至まで、どんどん暗くなっていくんだなあ ・・・。

      テーマ:
  • 05 Aug
    • 昔の恋。

      7月30日、ナカムラ S 美奈子さんという方からメッセージをいただいたらしいのだが、アメブロは「不適切な表現が含まれているため表示できません」ということで、開く事はできませんでした。 不適切な表現って ・・・ どんなのだったのでしょう。気になる。 ちなみに、アメブロのメッセージ受信箱では、電話番号やメールアドレスが書かれたメッセージはすぐにごみ箱に振り分けられる。 よく、「女の昔の恋は上書き保存されるが、男の昔の恋はそれぞれ別のファイルに保存される」という話を聞く。 そうなのかな。女というのは新しい恋をすると昔の恋を忘れているものなのかしら。私は昔の恋人のことをよく思い出す。といっても演歌的な恨み節でもなければ、恋しくて会いたくてたまらないという浮気な感情でもない。 「そういえばあの人は、この食べ物が好きだったな」 とか 「こんなとき、あの人はよくああ言っていたな」 とかそんな感じで、ふとしたことに、ただ思い出すのである。 友達でも恋人でも、そうやって日常に一こまにふと思い出すことが多い人ほど、自分の記憶に強く残っている人、自分の心に深く関わった人なのではないかと思う。 それらのほとんどの人に、もう二度と会えないのだろうが、もし会えたとしても、たぶん「あの頃の彼」ではないはずだ。 きっと「あれ、そんなもの食べてたっけ?」とか「そんなこといったっけ」とか言われるのだろう。 あの頃の自分がもう存在しないように、あの頃の彼も私の思い出の中にしか存在しないのである。 なんだかとても不思議だ。 私の恋は名前をつけて保存されているのだと思う。

      4
      テーマ:
  • 04 Aug
    • 大掃除♪

      普通のお宅では大掃除は年末にやるものなのだろうけれど、我が家では夏にやることになっている。 それは夏休みで時間が十分にあり、天気がよいので窓を開けやすく、ベランダに色々なものを干しやすいからだ。 今日も粗大ゴミを捨てに行った。すごく気分がいい。でも使い慣れた愛着があるモノと別れるのは、やはり寂しくて勇気がいる。 それから近くのショッピングセンターに買い物に行った。 買うのは食料品など、生活必需品だけにしようと決めていた。しかし、夏のセールスも終盤に差し掛かった今、7割引など当たり前で、中には店じまいを決めた店が(残念ながら実に多い)残った商品を叩き売っているのに出会うと、自分も何か買わないとソンをするように感じるのだ。 でも・・・ 私は心の中で念じる。 買っちゃいけない。私の狭い自宅に、今、こんなにモノが溢れかえっているじゃないか。 掃除のとき困っているものたち。 それは、多くの場合、安売りで買ったもの。たいていそうなのである。 あと仕事や勉強に使ったコピーや書類、手芸用品も大変場所を取ることがわかった。それらが全てなくなったら、相当なスペースができるはず。 実家の隣家のおばさんは、読書はしないテレビ派で、趣味はカラオケやダンスという人だったが、亡くなった時遺族は全然後始末をするモノがなかったそうだ。そんなのいいなと思うけど、やっぱり私には無理。 とにかく今年の年末までは、「モノを減らす」「生活必需品以外買わない」という基本方針を貫こうと思う。 ペコさんの 暮らしを楽しむ、お掃除エッセンス/ソフトバンククリエイティブ ¥1,350 Amazon.co.jp

      2
      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
149254 位
総合月間
132563 位
小説
703 位
ヨーロッパ
306 位

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。