• 30 Mar
    • 一番結婚しにくいタイプ

      最近25歳で結婚した人の写真を見たら、本当に花嫁衣裳が可憐で似合っていて、いいなあと思ってしまった。 ま、女性は誰でも20代半ばぐらいまではきれいですよね。 その後、美人は美人に年をとっていくけれど、年を取ったという事実はいくら美人でも変わらない。 昔、「一番結婚しにくいタイプの女性」 はどんなか、というのをお見合い斡旋をしている年配の人から聞いた。 それは、 年をとった女性 なのだそうだ。 はあ。 男性もよっぽど金持ちでない限り、年をとったら結婚は難しくなるよね。 以前住んでいた場所にあるスーパーに行ったら、当時近所に住んでいた男性を見かけた。彼もやっぱり年とったなあと思った。ということは私も年をとっているんだけどね。 ああ、私も25歳ぐらいのとき結婚したかったなあ。でも当時は煩悩が多すぎて無理だったのよ。付き合っていた人はすぐに結婚は考えられない人だったし(不倫じゃなくて万年学生)あれが間違いの元だった。 まあいいや、あれがあったから今の私があるのだ。せめて今の自分を十分エンジョイして生きようではないか。 必ず結婚できる45のルール 3ヶ月でパートナーを見つけたいあなたへ/にらさわ あきこ ¥1,260 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 29 Mar
    • ローステイタス・コンプレックス

      今日夕方の仕事の前30分ぐらい時間があったのでマクドナルドに入った。 そこでハンバーガーを食べながら本をチェックしておきたいと思ったからだ。 ハンバーガーを受け取って座った席のテーブルはとても汚かった。 5メートルほど先に掃除係の男が見えたので、「ハロー」と呼んだ。男は聞こえないふりをした。なので、そのすぐ近くまで行って、「テーブル拭いてくれる?」と言った。それから席に戻った。私は忙しいのである。男は数分してからやっと席に来た。そして私を睨みながら 「ハローじゃなくて、すみません(Ursäkta)と言え。大声出すんじゃない」と言った。その態度に私は驚いた。愛想の悪い店員はどこにもいるが、今までこんな失礼な輩にマクドナルドで会ったことはないからだ。「なんですって! テーブル拭くのがあんたの仕事でしょ」と言い返した。それから男は他のテーブルを拭きに行った。食べ終わった後片付けない人のゴミを拾いながら、ゴミ入れのドアをやたら大きな音を立てて開け閉めしていた。 私は人を呼ぶのにハローというのはスウェーデン語として無礼だとは思わない。皆そうしているし、このくらいのことでUrsäktaという人のほうが稀だ。だいたい客にUrsäktaと言えとなんでこいつが要求できるんだ? 私は帰宅して、すぐにスウェーデンのマクドナルド本部に抗議のメールを入れた。どの店で、何時にどんな男だったかももちろん書いて、店のマネージャーからの説明を請う、との文句も入れるのを忘れなかった。 そのことをスウェーデン人の友人に話したら、私の言葉使いは間違っていないとした上で、その男はどんな人物かと聞いた。 中年の、頭が禿げかかった中東人 「やっぱりね~」 と皆異口同音に答えた。ここにスウェーデンに住む移民の典型がある。 本国ではエリート、でもスウェーデンでは若者に囲まれた職場で薄給でこきつかわれる掃除夫 客に対して要求するようなものの言い方も彼のローステイタスコンプレックスから来ているのだ。 国際結婚して海外に住もうと思う人は、専業主婦(夫)になれる保証がない限り、この点も考えておくといい。本国の学歴や職歴は、外国で役に立たないことが多い。どこの国でも失業率は高く3K以外で外国人を求めてなんかいない。 こんなローステイタスコンプレックスを考えるとき、思い出すのは昔見たチャールストン・ヘストンの「ベンハー」という映画だ。陥れられ罪人にされた主人公が、奴隷として軍船の底で船を必死で漕ぐ。モーターのなかった時代には奴隷が動力で、死ぬまで船を漕ぎ続けることを課された。掛け声をかける乗組員が、奴隷たちに声をかける。一字一句は覚えていないが、こんなのだった。 「お前たちは罪を犯した者もいれば無実の罪に陥れられた者もいるだろう。だが、共通しているのは、ここからは出られないということだ。その怒りを櫓を漕ぐ力にしろ! さあ、漕げ!」 ベン・ハー 特別版 [DVD]/チャールトン・ヘストン,スティーブン・ボイド,ジャック・ホーキンス ¥1,500 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 28 Mar
    • 娘ざかりを無駄にするな

      だいたい毎週末、母に電話する。 小さな親孝行のつもりだが、母は田舎の噂話を、近所のおばさんにでもするように私にもしてくる。 叔母が最近、知り合いの50歳独身女性に見合いを紹介したのだそうだ。 その女性は叔母の昔の同僚で、電話交換手だ。新しくなった職場にお局集団がいていじめられているので、一刻も早く仕事を辞めたいらしい。それで、寿退職をするために見合いをしているのだ。 叔母が紹介した人は、バツ一で高校生と中学生の子供がいる50代前半男性。 50歳独身女の彼に対する判定は、その男性自身はとてもいい人みたいだが、近所に住んでいる彼の子供たちがしょっちゅう遊びに来ることと、収入があまりよくないのが気になって今一つこの人には乗り気になれないということだった。 50歳女性が今まで独身だった理由は、20代から30代までの適齢期に不倫を2、3件やっていたかららしい。不倫の恋に燃えていたときは、見合いをしようという気持ちにならなかったのだそうだ。最後の不倫が5年ほど前に終わったので、やっと結婚するかという気持ちになったという。 って・・・あのな 彼女自身もたいして貯金はないらしいし、贅沢言える立場なのかと思うんだけど、そんなことを言ったらいけないんだろうなあ。 だいたい寿退社なんて、20年前にやっておくべきだったよ。 若く美しく子供が生める時期を不倫で無駄にする危うさ。彼女は今後悔していないのかしら? 同時に不倫で妙齢の女性を振り回した男性の悪どさにも怒りを感じる。 20代の頃私はけっこう結婚に焦っていて、そんな自分の昔の日記を読み返しては「醜いなあ」と思っていたが、でも今となってはそれでよかったと思う。 私は若い女性に言いたい。もし本当に結婚して子供を作りたいと思っているなら、結婚できるような人と付き合いましょう。 しかし、この歌はいつ聞いてもいいですね ↓ http://www.youtube.com/watch?v=7w17LGtErdY&feature=related 森昌子ベストセレクション~越冬つばめ~/森昌子 ¥2,548 Amazon.co.jp 越冬つばめ /円広志 ¥150 iTunes ※モバイル非対応

      テーマ:
  • 27 Mar
    • ビニール袋売りの少女

      愚痴ですが、ご容赦ください。 スウェーデンの小・中学校ではよく、クラス旅行の資金を作るために、子供がお菓子とか日用品とか売る事があるんです。でもこれは学校行事ではなく、父兄が決めるものなんですね。 あるとしても、たいていのクラスで一年に一度なんですけど、うちの下の子のクラスって、すごいんです。そういうことが好きなお母さんが約2名ほどいて、次から次へとセールスを考え付くんです。 今の学年になってからも、秋にサフランを売ったし、その前もジュースの王冠集めとか花とかなんとか。 私もパパも父兄会に出席できなかったとき、他の父兄が満場一致で決めたというんだけど、パパに言わせればその時反対する人もいたと聞いている。でももう面倒くさいので、皆、セールス推進派の言うことを聞くことにしたのだそうだ。 そして今回はなんと、ビニール袋を売ることになった。 2リットル袋140枚と3リットル袋80枚で約1200円・・・ それを生徒一人につき14セット売ることになっている。 誰が買うんですかそんなの、親や親戚以外。 今日私は子供を連れて、推進派のお宅にそのビニール袋を取りに行った。そのとき 「なぜこんなに次々と売らなくてはいけないものがあるのか?」と聞いてしまった。そのお母さんは「強制じゃないわよ。でも父兄会で決まったのよ」という。そりゃ確かに私は仕事の関係上、父兄会に出席したことはないので文句は言えない。でも「こんなの売るったって、どうせ買うのは親とか親戚でしょ? すごく貧乏で買えない家もあるんじゃない?」と言った。すると彼女は怒って、 「違うわよ! 貧乏だからこそ、他の人に買ってもらうのよ! 私たちは子供の旅行を助けようと思ってやっているのよ!」と言った。 私はそこで引き下がったが、家に帰ってダンボールを開け、目の前にしたビニール袋の山を見て溜息が出た。こんなものを売り歩くぐらいなら、子供の旅行代として2万円ぽんと出した方がましなのに。 でも2万円も出せないほど貧乏だったら、これを知り合いに売り歩くのかしら。 でもね、もし親が本当に貧乏だったら、こんな割高なビニール袋を買ってくれるような親戚や友達もいないものなんですよ? おそらく失業もしているだろうから、職場に持っていって同僚に頼むこともできないんですよ? でも、セールス推進派の人たちは実際貧乏とはほど遠い人たちだから、そんなことを想像することもできないんだろうな。世の中には色々な条件下に生きている子がいるから、何かを売ったり買ったりすることを学校(この場合クラスの父兄)から強制してはいけないと思うのだけど。 私の頭の中には大きなハテナがまだ渦巻いている。そりゃ、クラス旅行費用2万円出しなさいと言われると、旅行に行けない子もいるだろうし、それはあまりいいことではないだろうけど、ビニール袋売りを強制されるのもおかしいと思うのだけれど。

      テーマ:
  • 26 Mar
    • 近況報告

      まだところどころ雪は残っているものの、だいぶ春らしく暖かくなってきた。このたびはスウェーデンでも色々な方に日本の地震の心配をしていただいて、とてもありがたかった。皆さんありがとうございました。 ブログをお休みしている間、「やらなければいけないこと」をやっておりました ・・・ できるだけ。ところが、これは遅々として進まず、「なんでこんなに時間がかかんねん!!」と一人で突っ込みを入れながらの毎日。この努力がはたしていつか完成へと実を結ぶことがあるのだろうか? と今でも半信半疑。でも、今は前に進む以外の選択はありません。 ただ机の前に座って書いているだけでいいならどんなに早く進むでしょう。なのに私は生活を支えるために仕事もしなくてはいけない身。その上、家事だ、なんだかんだと雑用は常にあちこちに現れる。 ああ~  なんでこうなるの・・・。 でも夏休みまであと2ヶ月少々、この時期を乗り越えたら美しいスウェーデンの夏が待っている・・・・。その日を夢見てがんばります。 やはり執筆中は景気付けに音楽が必要。日本の懐メロ?を聞いています。上田正樹さん、昔から大好きでした。この曲もいいですね。 http://www.youtube.com/watch?v=ZZYSSvC6KVo わがまま /上田正樹 ¥150 iTunes ※モバイル非対応

      テーマ:
  • 19 Mar
    • また雪が降り始めた春の日

      今日は近所の診療所に行って来た。地震のニュースを聞いてから気分がすぐれなくて、今日は本当にいよいよ限界だと思ったから金曜日の午後すべりこみセーフで急患へ。 出てきたのは北島三郎を黒人にしたようなお医者さんで、弾丸みたいに断定的にガンガンしゃべる怖い人。 いろいろ検査をしてくれたけど、悪いところは何も見つからなくて、やはり精神的なものなのだろう。 こういうときに限って家族は誰もいない。子供たちはまたスキー旅行。左の手のひらと足がわなわな震える。 あなたはセクレタリーからメッセージを聞いてくれましたか。 遠く離れた私ができることは、せめて元気でいること。 当分ブログお休みします。

      テーマ:
  • 15 Mar
    • 地震の報道

      週末は一日中、とても体がだるかった。春先だからか? いや、被災した誰かに私の体力を提供しているのだ、と思うことにした。 それにしても、すごいや、これだけの惨事が急に起こっても、これだけ皆冷静に連携を取っていられるのはやはり日本だから。 スウェーデンの地震報道も、大変だ大変だと騒ぐだけではなく、こういう日本人のすばらしいところも大きく取り上げてほしいと思います。 今日は、日本のヴィジュアル系ファンというスウェーデン人の女の子に会った。 彼女は寝不足だというので、どうしたのか聞いてみると、ヨーロッパに住むヴィジュアル系ファンに被災者救済の募金を募ってそれを集計しているのだということ。 あちらこちらからどんどん募金や連絡が集まっているのだそうだ。  ・・・ よその国の人もこんなに日本のためを思ってくれている人たちがいるなんて。ありがたいことだなあ 

      テーマ:
  • 11 Mar
    • 夢追い夫婦

      今アラフォーで婚活しているなんて話を聞くとちょっと不思議になる。もう少し若い世代の人ならともかく、私と同年代の人たちってたいてい20代後半でドドッと結婚していたから。同年代で今でも婚活している人は再婚希望なのかしら? 駆け込み結婚した人たちは、別に相手のことが好きでもなんでもなく、いい年になって結婚しないといけないからした、と堂々と言っていた。 私はそんなもんかな、と思っていた。というか、私より年上の世代は皆そうだった。誰かを好きになったから結婚するのではなく、適齢期には結婚しないといけないからするのだった。 ここに、30代になっても夢をひたすら追う夫婦のお話がある ↓ 夢追い夫婦/うだひろえ ¥924 Amazon.co.jp 夫はミュージシャン、妻はイラストレーター。きっとこの人たちはお互いとても好きで気が合って、人生を同じように楽しめるから結婚したのだと思う。じゃないと、結婚相手に夢追い人は選ばないでしょ・・・。 でも人は結婚してから考え方も変わるもの。それが変わらず同じようにやっていけているのなら、それはそれでいいのだろうね。夫婦仲が冷めるときって、相手に対する共感がなくなったときじゃないかな。

      テーマ:
  • 09 Mar
    • 眠い

      ああ、なんだか眠くて眠くて仕方がない。昨日は車を運転していて眠くなり、とても危なかった。 春眠暁を覚えず ・・・ ったってまだ早すぎる。だって雪は十分積もっているし、道も凍っているんだもの。 でもなんでこんなに眠いのでしょう。帰宅して3時間ぐらい経ってからやっと、ハンドバッグがないことに気づく。車の助手席に忘れちゃったんです・・・。ああ、本当にぼんやりしてるな。 ストックホルム市内。ソーデルマルムから見た市庁舎です。 これは10日ほど前に写した写真ですが、市内では屋根の雪下ろしをしていました。手前は車の道路、蛍光色のベストの人は、通行人に注意する見張り役です。毎年冬になると、屋根から落ちてきた雪塊や氷柱に当たって亡くなる人がいるんですよ~。 ああ~、早く本当に暖かくなってほしいです!

      テーマ:
  • 08 Mar
    • 春の訪れ

      ああ、春が刻一刻と近づいて来る ・・・ もう雪で悩まなくてすむのかと思うとうれしくてたまらない。とはいえ、今も外はしっかり雪が積もっているのだが、昼が長くなったせいで悲惨さはあまり感じない。 あともう一回ぐらいは、どかっと雪が降るだろう。 でも春の訪れは確実。 冬の間はとにかく、もしもの事態に備えて実用第一!で、山登りのような格好に車にはシャベル常備で外出していた。でも春になったら、そこまで重装備を考えなくていい。 日本では雪国に住んでいなかった私、こんな喜びは感じたことがなかった。 家の中では小片付け続行中! 本格的な春を目指して、家の中に空きスペースを作ろう。整理整頓して、「やらなくてはいけないこと」を極限まで減らし、それによって毎日のストレスも軽減する。 ああ、なんと気持ちがいいのであろうか。 楽天市場の、特にファッション関係の広告写真はどれもよくできているのに感心する。眺めているだけでインスピレーションが湧き、日々の生活の参考になる。 ロングウォレット Sera Scapiglia(セーラ スカピーリャ) ¥27,300 楽天 【ATAO】堅牢なレザーを贅沢に使ったバッグ elvy(エルヴィ)【楽ギフ_包装】 ¥39,900 楽天

      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。