• 31 Dec
    • あれこれ考えるな

      20代の自分の日記を読んでいると、恋愛についてやたらあれこれ考えていたようで、まったく他にやることなかったんかいな! と当時の自分をどつきたくなった。 今ははっきりわかるのだが、相手の気持ちをあれこれ考えても仕方ない。 なるようにしかならないのだから。軽く突き放して、相手の出方を待つ。これが最良の方法である。 どうしてもどうしても相手のことが気になるのなら、時間を置いて(この時間というのが、人によって違うのだが、何ヶ月とか、何年とかかな)何食わぬ顔して連絡してみること。 「ちょっと近くまで来たから」とか、 「昔の写真を整理していたら、つい思い出して」とか言って。 それでも生憎自分の思ったような結果が得られなくても、しかたないじゃない? それが運命とか縁とかいうものだわ。 本当は、自分の思い通りの人生を送るなんて簡単なことなのかもしれない。運命の糸は自然に繋がるものなのかもしれない。 それをややこしくこんがらがらせているのは、実はあれこれ考えすぎている自分なんじゃないかと。 そんなことを今にして思う。 どうして相手の気持ちがわかるのか? その人と結婚していいと、なぜわかるのか? そんなことは、「わかる」って頭で納得する感じじゃなくて、自然にそうなる感じなのよ。そこには、悩みとか迷いが生じないの。 だから「婚活!」なんて受験勉強みたいに力を入れる必要はないと思うんだなあ。 傷つくならば、それは「愛」ではない/チャック・スペザーノ ¥2,310 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 29 Dec
    • 隠し子

      クリスマスと正月の間は、スウェーデンではけっこう暇している人が多いせいか、普段あまり交流のない人にでも電話したり会ったりしていろいろな四方山話をすることがある。 それで、ちょっと驚いた情報もあった。 個人的なことを詳しく書けないが、知り合いの男に隠し子ができていた。 その男は独身だが、自宅にはちゃんと彼女がいるし、他にも色々な女があちこちにいる。でも、遊びで付き合った女性の一人に子供ができて、もう1歳半にもなっているのだそうだ。 ちなみに、同居中の彼女も他の女たちも職場の人も、その子供のことは知らないのだそうだ。 男の近しい親族だけが知っていて、他には口外していないのだそう。 隠し子の母親は留学生。日本のお隣の大国から来た人である。定住ビザを取るのに、手っ取りはやい方法を取ったらしい。二人は結婚しないが、スウェーデン人の子供がいるということで、定住ビザが取りやすくなる。また、男の財産がすぐ懐に転がり込むわけではないが、いずれは自分の子供が男の財産を受け取ることになるのを期待しているらしい。 ちなみに、その男は子供ができても女遊びはやめていない。そして、彼女も含め女たちは隠し子のことは知らないのだそうだ。 だがその隠し子の母親は、彼がどんな人間かはもうわかっていると思う。それでも実利を取ったわけだ。すげえ。 浮気性は、ギャンブルや酒乱と同じ、一つの病気である。決して直ることはない。これは男でも女でも同じ。口でどう言おうと、清水○太郎が決して覚せい剤をやめられないように、この手の男女も決して浮気はやめられない。とにかく隙あらば他の男女にちょっかいを出さずにいられないのである。その心理は、シャブ中でない人が清水○太郎を理解できないように、浮気性ではない人には理解できない。 これは家庭を大事にするとかしないとかとは、まったく別問題。 そのことを改めて思い知らされた。 ネッ! 浮気をしたい脳--ヒトが「それ」をがまんできない訳/山元 大輔 ¥1,260 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 28 Dec
    • 愛があれば

      プレイボーイ創刊者ヒュー・ヘフナーさん(84歳)が60歳年下のモデルと婚約したそうだ。 うれしそうな二人の記事 このおっちゃん、よく見ると、うちの階下に住んでいる元船員のじいさんとよく似ている。 一人暮らしで、時々酒を飲んでは夜中に大音量でシナトラやエルヴィスの音楽をかける困り者。 彼がプレイボーイ創刊者でなかったら、どうして彼女が婚約したりするであろうか。 しかし私は「愛があれば年の差なんて」という言葉を信じている。 人の魅力なんて年齢だけで測れるものじゃないから。この二人も、きっと二人だけの時はラブラブなんじゃないかしら。お互いの違う部分が刺激になっているの。 でも。 結婚は二人だけの問題じゃない。間に人間関係が絡んでくると、とたんにその「違う部分」が大きな障害となってくるのよ。 私としては、いくら二人だけの時楽しくても、年の差、身分の差、不倫などの理由で、友達にも家族にも紹介されない、または紹介できないような恋人とは長く交際はできないと思っている。結婚なんてまず無理。 もちろん若い金髪美女に囲まれてはや半世紀以上のヘフナー氏にとっては、年の差など何の問題にもならないのだろうけどね。 ヘフナー氏にとって楽しい三度目の結婚となりますように。 PLAYBOY 50YEARS THE PHOTOGRAPHS PLAYBOY創刊50周年記念写真集/著者不明 ¥5,775 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 25 Dec
    • スウェーデンのクリスマス

      これでもう何回目になるだろう、スウェーデンのクリスマス。いつもクリスマス料理は元姑ん家にお世話になってばっかり。でも彼女もかなり高齢になってきたので、ここ数年のうちに私が交代しないといけないんだろうな。・・・ と思って、記憶が新しいうちにしっかり、メニューをメモしたわ。 クリスマスプレゼントは、クリスマスツリーの根元に置いておき、子供のいる家庭では、イブの午後それらをこっそりサンタに渡す。親戚の誰かか、近所の人にサンタ役を頼むのである。 サンタの扮装をした人がプレゼントで一杯の袋を持って玄関から現れると、泣き出す子供もいるが、皆たいてい大喜びだ。 昔は元舅が近所のサンタ役だったが、最近は義兄が後を継いでいる。今年は初めて息子がサンタになった。世代交代を感じざるをえない。 ちなみに、私はイブに老人ホームで働いたこともあるが、老人ホームにもちゃんとサンタが現れる。職員の旦那さんや、入居者の親戚の人がサンタに化けるのである。 サンタが皆にプレゼントを配って去った後で、「あれは誰だったかいのう」というのがお年寄りの話題になったりする。 それにしても冬至の直後にクリスマスがあるというのはいいわ。クリスマスを楽しみにして、みんなあの一番暗い時期を乗り越えようとするもの。 そして、クリスマスが終わったら、後はどんどん昼が長くなっていくもの! ま、私がクリスマスが楽しみなのは、ただ単にこの時期長期休暇になるってこともあるけど・・・ サンタクロース公式ブック ~クリスマスの正しい過ごし方~/パラダイス山元 ¥1,500 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 23 Dec
    • 事実上、不倫

      麻木久仁子W不倫認めた…1カ月前に破局   ん~・・・ 私はこの関係人物3人とも、どんな人か全然知らないの。 でも、驚いたのは、この記事に関連した日記とか、ツイッターとかに、すごい厳しい意見が多いこと。 皆さん、そんなに不倫(たとえ紙切れ一枚のことでも、夫婦がとうに別居していても)っていけないんですかあ~?! やー、いけないよねえ。 でも。 この世で、万引きしたことある人と不倫したことある人をパーセンテージで示してみたら、・・・ 不倫したことある人の方が、万引きしたことがある人よりずっと多いような気がする。 じゃ、キセルしたことある人と不倫したことある人を比べたら? やっぱり不倫したことのある人の方が、ちょっと多いかも・・・。 皆、本当にわかってる? 不倫っていけないことだと。 あ、わかっているけど、やっちゃうの? いやいや、他人がそんなに不倫に嫌悪感を示すって、わかってない人も多いと思いますよ。自己愛が強い人なんか特にね。 不倫幸福論 (幻冬舎文庫)/有川 ひろみ ¥520 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 21 Dec
    • 母の戯言

      うちの母が後悔して言うには、もっと子供が小さい頃から手をかけてやればよかったとのことである。でも当時の田舎で、そんなに子供に手をかけている家庭はなかった。たいてい皆放し飼いだったと思う。 母が言っているのは、弟の就職とかで適切なアドバイスができなかったことらしい。 その時なりに、考えていたことはあったのだろうが、そして私が信じている運命論では、たとえ万全に考えていたからといって、その通りにはならないのだが。 でもその気持ちはわからないでもない。人は適切なアドバイスをくれる人がそばにいるかいないかで、すごく結果に違いが出るからだ。 ビッグになった芸能人で、辣腕マネジャーがいなかった人はいないし、スポーツ選手だって本人の才能も必要だが、それが引き出せるかどうかは監督次第だ。 母は、もっと将来を見据えて子供に適切なアドバイスができればよかったと言うけれど・・・ うん、確かに。あんたの言うことは、子供のためというより、自分のためのものばっかりだったよね。今になって、何言ってんの、って感じ。 子供をかまう時間がまったくなかった私の親世代に比べて、私もパパもかなり子供をかまっていると思う。 パパは子供たちが興味あるお稽古事の送り迎えを毎日のようにしているし、私も子供たちの嗜好に合わせて、勉強以外でもいろいろなイベント?の提案をしているのだ。 女の子が幸せになる子育て/漆 紫穂子 ¥1,365 Amazon.co.jp しかしいくら親があれこれ思ったって、子供というのは思い通りになるものではないということも実感している。なので、母の言うことも今だから言えることなのかも。もうつべこべ思い悩まないで、母は残り少ないかもしれない人生を好きなようにエンジョイしてほしい。

      テーマ:
  • 20 Dec
    • モテる女の条件

      モテる女の条件を一つ思いついたわ。 これは日本なら特に使える方法よ。それは・・・ 頼りなさげ、はかなげに見えること。 そして、男性に守ってあげたいと思わせること。 これですよ、これ! でも、この女がまるっきりバカで、自分から何の努力もせずいつも他力本願なら守ってあげたいという気持ちにはならないだろう。 健気にがんばっている姿に惹かれるのよね。 でもがんばっているったって、ガンガンとかバリバリとかっていうんじゃなくて。 ちょっと手を差し伸べてあげたくなるような、そしてそれに相手がとても感謝してくれるような。 そんな女性に出会ったら男性冥利に尽きるんじゃないかしら。 ふふ、私がモテない理由が、また一つわかったわ。 モテる女は7つのタイプに分けられる/水谷舞 ¥1,260 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 19 Dec
    • 島耕作に思う

      スウェーデンに移住した時にはインターネットなんてもの一般に普及していなかった。なので、海外に住むのは一大覚悟だったけど、今ならネットさえあれば地球上どこに住んでも困ることはないね。 昔読んだマンガですらネットでぺらぺらページをめくることができるんだから。 島耕作はいつのまにか社長になっていた。 社長 島耕作(4) (モーニングKC)/弘兼 憲史 ¥560 Amazon.co.jp 島耕作の来た道を今読み返すと、日本のサラリーマンの世界って火星の話みたいで面白い。 20年前、まだ課長だった島耕作を一緒に読んでいた彼は今、東京でコテコテのサラリーマンである。家庭のことは知らないが、休みの日にはマイホームパパなんかしてたらがっかりだよ。 私はサラリーマンの妻になりたくなくて、ここに来た。 その結果がよかったのか、悪かったのか? わからないが、家の母に言わせると「おまえは普通の姑さんがいるような家では、絶対嫁が務まらんと思った」ということなので、きっとよかったのだろう。 本当に今は言いたいこと言ってやりたいことやって、私を止められる人は誰もいない。 だからこれでよかったのだと思う・・・ のだが、あの彼にはいつか再会して、当時の数々の暴言を許してもらいたい。

      テーマ:
  • 17 Dec
    • 家事のしすぎ

      興味深い記事を見つけた。 日本人は家事のしすぎ? 他の国に比べて、日本の主婦は家事をする時間が長いのだそうだ。 日本……264分 スウェーデン……162分 アメリカ……144分 イギリス……132分 中国……114分 ううむ・・・。 その理由を私も考えてみました。 スウェーデンと比較すると・・・ 共働きなので、夫と家事を分担している。(専業主婦だと時間のやりくりもできるので、どうしても、あれもこれもやろうとしますね) 子供もよくお手伝いをする。 たいていのお宅に食器洗い機、乾燥機がある。(うちには場所の関係で食器洗い機がありません。でも今後は絶対手に入れるつもり) 食事が質素で簡単。(誰も一汁五菜なんていいませんよ) それに何より 日本では家事の存在意義が大きく認められ、主婦が「私、家事をしているのよ~」と声高に言う。 スウェーデンじゃ家事らしきことをしていても、そんなに「家事をしている」という意識はないかも。 家事の存在意義を大きく認める、イコール 何でも、こうじゃなきゃだめ! という暗黙の決め付けがあるんじゃないかな。例えば夕食には5品ないとだめとか。家族の誰もそんなこと言ってないのに。 それと、掃除の場合は、「居住面積と比較すると、日本の家はモノが多すぎ」というのも家事に手間どる原因になっていると思う。こまごましたモノが多ければ、掃除はそれだけ手間がいるからだ。 上の記事では、 家事のやりすぎ = エコに反する とされている。昔日本で、「ジーンズを一回履いただけで洗濯する、うちの(実の)娘はきれい好きじゃ!」とお嫁さんに自慢していたお姑さんを見て失笑したことがあったが、そうかもね。 スウェーデンは人件費がべらぼうに高いので、東南アジアや南欧のように簡単にお手伝いさんを雇えない。  電化製品は修理したほうが高くつくし、クリーニングでさえ出さずに新しい物を買ったほうが安いぐらい。エコじゃないなあ。 かくいう私も、家事はできるだけ「すばやく最小限に」を心がけている。 皆さんのいいアイデアもあったら教えてください。

      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。