• 29 Feb
    • 北朝鮮の女(ひと)

      チェスキーナ洋子さんというイタリア在住の日本人富豪が、ニューヨーク・フィルハーモニーの北朝鮮演奏旅行に全面的な資金援助をしたことを、Rumiさんのブログで知った。  チェスキーナ伯爵夫人のシンデレラ物語 芸大卒で元ハープ奏者の洋子さんは、大富豪だった26歳年上のだんなさんが亡くなってから、たった一人で相続した何百億円の遺産を世界中の音楽の振興に使っている。 彼女のことは、自伝の ヴェネツィア 私のシンデレラ物語 という本を読んでいたので、以前からよく知っていた。 北朝鮮という国が自国民に対して、また拉致された日本人に対してもどんなことをしているかということを考えると、彼らが音楽を楽しむために何千万円もの私費を投じた洋子さんはとんでもないお人よしババアだという声もある。 でもなあ・・・。 実は、スウェーデンと北朝鮮は国交があるので、私はこちらに来てから一人だけ、「北朝鮮育ちの北朝鮮人」に会ったことがある。 彼女は20歳ぐらいの女性で、昔の山口百恵のような素朴なかわいらしい人だった。 しかし、彼女の口から、北朝鮮の話を聞いたことはない。私が何度聞いても、自分はソウル出身だと言っていた。実は後から知ったことだが、 彼女の父親は北朝鮮の外交官だった。私たちが知り合って1年もしないうちにこっそり?帰国した。 彼女は漫画が好きで、日本語も勉強していた。 一度、日本の十代が読むような雑誌(たぶんこの雑誌 ↓) Popteen (ポップティーン) 2008年 03月号 [雑誌] ¥450 Amazon.co.jp を見せたら、大変興味を持ったようで、家に借りて返りたいといったので貸してあげた。1週間後に返してくれたが、あの雑誌をお父さんが見ていたとしたら、なんと思ったのか、とかちょっと気になった。(ほんの少しだが、Hな記事もあったので) だが○正○が何をしているにせよ、その国の人が外国文化に興味を持つことに手助けをするのは、そんなにいけないことだろうか? まさかポップティーンがノポドンの改良の参考資料にはなるまいし、また洋子さんのお金だってあくまで文化振興のために使われたのである。 また、洋子さんはこれまで被災地や音楽振興以外の活動にもたくさんの寄付をしている。そんな彼女ももう75歳。失礼だが、元気で世界中を飛びまわることのできる時間はそれほど長くないかもしれない。だからこそ、今北朝鮮の人たちにニューヨーク・フィルハーモニーの音楽を生で聞いてもらえる機会を作りたかったのではないだろうか。 自伝を読むと洋子さんはあまりに正直な人みたいなので、こういうタイプの人を好まない人たちもいるだろうが、私は彼女のファンである。

      テーマ:
  • 28 Feb
    • 読んでくれてありがとう

      いつもこのブログをチェックしてくださる方、ありがとうございます。 コメント欄は引き続きしばらくの間閉じさせていただきます。 理由は、エロスパムだけではなく このところ非常に多忙で、お返事が遅くなりそうなのが心苦しくて・・・ その代わりぜひ ペタ をお願いします。 ペタを下さった方のところには、なるべくこちらからもお邪魔しようと思います。 ありがとうございます。 取り急ぎ

      テーマ:
  • 26 Feb
    • 電車の臭いおっさん

      昨日からすっかり気分がよくなってしまったの。長く続いたウツ気分がうそのようよ。ということはあと1週間ぐらいで生理になるのね。 鬱っていや~ね・・・ 本当に薬でよくなるものなら、ぜひ使うことをお薦めしたい。本当に別人のような気分になるもの。 今日は長い一日だったわ。 朝電車に乗ったとき、奥の開いた席に座ろうとして、足を組んでたおっさんに 「失礼」と言ったのね。すると、その髭もじゃらのちょっと臭いおっさん(といっても年は私と同じぐらいかも)は「まったくだ」と言いやがったのよ。私は、口元は皇室の方々のように微笑んだままで、じっとおっさんの顔を見つめてやったわ。おっさんもむっとしたまま見つめ返して来たの。その視線の熱いスパークは数秒間続いたかしら。 私は奥の席にどかんと座り、カバンの中から大学の書類を取り出したわ。妙な数式とかがいっぱい書いてあるアレよ。それをおっさんと私の顔の間にしっかりと固定して小声で文章を読み上げたの。私だって時間を有効に使わないといけないの。おっさんみたいに暇じゃないわけよ。 次の駅に着いたら、大勢の人が乗ってきた。なんかおっさん、ちょっとの間にひどく謙虚になったみたいよ。私の隣、つまりおっさんの前には初老の男性が座った。書類の間から見ると、今度はおっさんは組んだ汚い足をどけていたわ。次の駅では上品な老女が乗って来て、長い間風呂に入っていないであろうおっさんの隣に座ったわ。勇気あるおばあちゃんね。今度もおっさんは借りてきた犬のように神妙にしていた。 よろしい。淡谷のり子風に言うと、 あんたは歌手じゃない。カスよ! 次の駅でおっさんは鼻水をすすりながら電車を降りた。 彼の心に何が去来していたのか知らないけれど、スウェーデン人はストレスに弱く、不機嫌な感情を簡単に爆発させて、これまたすぐに後悔するという性質がある。 彼らのこの性質をよく知っておくことで、ここに住むストレスがだいぶ軽減されると思う。

      テーマ:
  • 25 Feb
    • 更年期を吹き飛ばせ!!

      ここのところ更年期の始まり? とも思える眩暈や不眠に悩まされている今日このごろ!! 生理前の1週間はいつもPMSで気分が優れなかったのだけれど、このところ生理後でもそんな感じよ! これが更年期の始まりってやつ?  うちの母に言わせれば、「自分が更年期だ、と思わなければ更年期は来ない!!」だそうで、「そのためか、私には更年期はなかった!!!」と豪語するし、いろいろな方からイソフラボンを大量に含む、大豆の食事を薦められたので、ぜひ豆腐や納豆を大量に食してみたいと思う。 その他に落ち込んだ気分を高揚させるのに、私が効果あると思うのは、 YouTubeを活用する 子供時代に聞いたお気に入りの歌を聞いて一緒に歌ったり、お笑いの映像を見て力いっぱい笑う。 好きなことをする   これを見ていると心が高揚する、みたいなものを見つける。 少し前のヨン様ファンの熱狂おばさんたちのように、好きな芸能人とかでもいいが、私が特にお薦めするのは、自分が参加して何かを作り上げるものである。たとえば手芸とか、庭作りとか、ダンスとか? すごい人を見る この世にはこんなすごい人がいるのだから、少々気分が欝になったぐらいで自分も負けてはいられないという気持ちになれる、自分を鼓舞してくれるすごい人を探す。 私がすごいと思う人を一人挙げると、同じくアメブロにブログを持っている、女社長である。本人に許可をもらっていないのでリンクは載せないが、彼女は21歳ぐらいで自分のネットショップを立ち上げている。きっとアメブロでは有名人ではないだろうか。 彼女が自分の会社を立ち上げた理由というのが、 被雇用者としてすごくがんばって働いていたとき、他人のためにどうしてこんなに働かなくてはならないのか、どうせなら自分のために働きたいと思ったから というのをどこかで読んですごいと思った。それほど若くしてそんなことがわかってるなんて、ロバート・キヨサキは喜ぶよ。 それで一気に自分の会社を立ち上げ、いろいろな出来事に悩みながらも一歩づつ着実に成長している。睡眠時間も少ないようで大変だと思うが、若者として人生をしっかりと楽しむことも忘れていない彼女は本当に素晴らしい。そういう人を見ると、本当に病気でもないのに鬱々している自分が本当にもったいないと思えてくるのだ。 人生を攻めで生きられるとき、鬱々感の入り込む隙はないような気がする。

      テーマ:
  • 24 Feb
    • 外見にこだわるもの

      ジャクリーン・ケネディは死後10年以上経った今でもファッションのイコンとして、多くのセレブリティに愛されている。 ジャッキー、エセル、ジョーン―ケネディ家に嫁いだ女たち/J.ランディ タラボレッリ ¥5,250 Amazon.co.jp それもそのはず、彼女は徹底的に「外見」にこだわる人だった。 身に着けるものは白いただのTシャツですら、しっかりと体にフィットするようにお直しをしていたし、 先に出したRumiさんのブログによると、ケネディ大統領暗殺後すぐに喪服をシャネルに注文する早業をやってのけたそうだ。自分の感情より「自分が人にどのように見られるか」が先に立つ、それが一番大事なことだったというべきか。私がジャッキーは一昔前の日本女性に似ていると思うのはそこである。 彼女の外見にたいするこだわりは、一体どこから来ていたのか。 と考えるとき、やはりそれは夫の不倫のせいではなかったか、と思う。 ケネディの好色さは服用していた薬のせいだったと言われているし、オナシスもたいがいの猟色家でそれが彼の成功の原動力でもあった。 自分に満足していないから、自分に肯定感を与えてくれる夫がそばにいないから、外見にこだわることによって他の女たちとの差別化を図ろうとした。 私にはそう感じられる。 彼女の美しさとエレガンスは、世界中あちらこちらの「知らない人」たちから絶賛を受けた。 これが彼女の自己肯定を請け負ってくれていたのだと思う。 悲しいかな、ジャクリーヌ。 ただの人としての私は、外見にこだわる必要なく、またアルコールにもパチンコにも手を出す必要なく、幸せを感じられる存在でありたい。

      テーマ:
  • 23 Feb
  • 21 Feb
    • 芋洗坂係長

      今月は何かとハードだった。でもやっと忙しさも一段落した今日。 それにしても仕事しながら、改めてYouTubeの素晴らしさを実感した。 日本のTV番組もCMから懐かしいものから何でも見れるんだもん。長さには限りがあるけれど、10分以内というのは現代人が飽きなくてすむ絶妙の長さだと思う。もちろん音や画像は荒いのだけれど、そのあたり多くを望まなければまったく問題ない。また、中には素人の趣味人が、好きな曲に自分だけのPVをつけていたりするのを見るのが楽しい。 芋洗坂係長 を見て、遠い昔となった日本のOL時代を思い出した。 おまけに、なんとこの係長は私より年下みたいだ。 そりゃ私も年取るはずだわ・・・。この係長も20歳ぐらいの若いころの写真を見るととてもスリム。私の6キロUPなんてまだまだ甘い。 でも久しぶりに力いっぱい笑わせていただきました。 ありがとうございました、係長!!

      1
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 景子の父

      この週末は子供たちがいなかったので本当によく仕事がはかどったわ~。 仕事の相棒はYouTube. 60-80年代の日本の歌謡曲をたくさん聞きました。 それで思ったんだけど、 その当時の歌、男性歌手が女性の立場になって心中を歌うものがとても多いのね。 演歌にたくさんあるし、フォークにもあるし、ヤマハのポプコンの大賞曲なんかもそうだし・・・ 今の日本の曲はほとんど聞かないから、どうか知らないけど。 少女時代、伊藤敏博ってメソメソした曲を歌う人というイメージしかなかったんだけど サヨナラ模様/伊藤敏博 ¥1,496 Amazon.co.jp (ごめんなさい。私は洋楽とかロックが好きだったもので) これを聞いて : 伊藤敏博 「景子」 ああ、そうだったんだよなあ、まだ私の若いころは・・・ なんて思ってしまった。 今いないでしょ、この景子のお父さんみたいな人って。 なんでも子供の自由にしろ、っつって、放り出すのよね。 数年前、スウェーデンに住む日系人女性が、日本女性についての本を書いた。なんでもそれによると、「現代の日本女性は、結婚よりもキャリアを選ぶので、大変な晩婚化が進んでいる」のだそうだ。 それを聞いて、私は半信半疑だった。 そりゃ、今は女医さんは増えているだろうし、企業の管理職になる女性はたくさんいるだろうけれど、一方やりがいを感じずお茶くみに毛が生えたような仕事をしてたり、真剣に結婚したいと思っている女性が本当は大多数なんじゃないの? 90年代半ばぐらいまで、女性はある程度の年齢になったら、この景子の両親みたいなのが強制的に結婚させていたのではないかしら。 夢追い人な彼がいたら無理やり別れさせたりして。 それを今しなくなった。 それで、だめんずと別れられなかったり、なんかふわふわとしている30代以上の独身女性が増えた。 でも私もこの曲をリアルタイムで聴いた(記憶はないけれど)10代のころは、 「景子のお父さん、ひどい!!」 と思ったはずだ。 それが今は彼のやったことはある意味正しかったと思うのだから、これは時代というより、世代の問題なのかもしれない。

      テーマ:
  • 17 Feb
    • 40代処女

      今パソの前に数時間座りっぱなし。で、仕事しているんですけど、最近はネットがあっていいですね。ずっとYouTubeで好きな歌手の歌を聴きながらやってます。退屈せんでいいわ。聞くのはほとんど小学校から大学時代まで多感だったころよく馴染んだ曲ばかりです。 カーペンターズやら、クイーンやら、 はては藤圭子やら、麻丘めぐみやら、テレサ・テンやら それで、森昌子まで来て、ある人のことを思い出したんです。 その女性に会ったのは、私が大学3年の夏休みでした。 私はあるユースホステルで短期のヘルパーをしていたのですが、彼女も同じように泊り込みで3週間だけ、一番忙しいときに手伝いに来ていたバイトだったんです。 小太りでメガネをかけた、どこにでもいるよな中年女性。 年齢ははっきり覚えてはいないけれど、40代前半だったのは間違いない。今の私と同年代です。 もちろん、ホステルのオーナー夫妻や宿泊客からは 奥さん と呼ばれていました。 でもしばらくして色々話しているうちわかったんです。 彼女は結婚していないどころか、まだ 処女 だということを。 もちろん本人がそういったんですよ。じゃなきゃわかるわけないですよ・・・。 彼女は地元の教育大学を出たものの教員の仕事が面倒ですぐやめて、それ以来家事手伝い。たまにこのような学生がやるようなバイトをしている。結婚もなぜかせずにその年齢になった。好きな年上男性はいたのだけれど、二人の間には、何もなかった、というか、今は連絡をたっている・・・ みたいな話を暇があるときしてくれた。 40代処女の奥さんはさすがに学生のようにさっさと力仕事はできず、文句が多かったので、雇用主からの覚えはめでたくなかった。その上意地悪なところもあって、本当にいつまでも女学生のようだった。 その奥さんが「何もなかった」男性との思い出を語りながら歌ったのが森昌子のこの歌だった。 立待ち岬 この歌が自分の心を代弁している・・・ みたいなことを言っていた。 なんか、くさい? と滑稽といえなくもないのだけれど、 当時の私には、彼女は悲劇的な妖怪のように感じられた。 そのときの私にはボーイフレンドもいて、既に処女ではなかったのだけれど、それでつくづくよかったと胸をなでおろした。 もし処女だったら・・・ 彼女を見てきっとあせったと思う・・・ いや、処女なのがいけないのではなくて・・・ 世間をなめたおばさんらしさと純真な乙女っぽさが奇妙な形でミックスされた姿が本当に妖怪っぽかったのだもの。 あの奥さん、名前はもう忘れたけれど今どうしてらっしゃるのかしら。 ロストバージン・サポートサイト によると、閉経後は処女喪失は難しいとのこと。 あれから立待ち岬の彼と何かあったのならいいのにな・・・

      テーマ:
  • 14 Feb
    • 女もステイタス

      人はどうしてある特定の異性(同性愛者なら同性)を好きになるのだろうか。 私の知り合い男性は、彼女が女医さんだから、と言った。彼女が美人だからという正直男も多い。 男も結婚相手にステイタスを求めるのだ。 オナシスが再婚相手にジャッキーを選んだのも、もちろん彼女がケネディ大統領の未亡人だったからだろう。実は彼はジャッキーと結婚する前、ジャッキーの実の妹であるリー・ラジウィルと愛人関係にあった。 このとき、リーはポーランドのラジウィル王子と結婚して2人の子供があった。といってもその時既にポーランドは社会主義国に変わっていたので、彼はイギリスやアメリカに住んでおり、正式にはプリンスを名乗ることはできなかったのだが、リーはプリンセス・ラジウィルと呼ばれていたのだ。リーは芸術的才能があって、見ようによっては姉のジャッキーより現代的な美人かもしれない。 オナシスとリーの関係はかなり公然としたもので、ラジウィル王子も金銭的な見返りをオナシスから受けることとひきかえに不倫を黙認していた。 ちなみに、このプリンスはリーより20歳も年上で、当時60年代後半には年齢50代半ばだった。リーの本で見た写真のラジウィルは、ゲーハーでちょび髭、おじさん体型にフリルが胸元と袖に力いっぱいフリフリしたブラウスを着ていて、まさに本物のプリンスでなければ許されない服装。 でも実際は自分の国も持たない名ばかりの王族のプリンセスより、「アメリカの女王」の方が、ステイタスが高いのは当然のこと。お金はあっても名誉はないオナシスは、ジャッキーを選んで電撃結婚した。 自分の姉に愛人を取られてしまったリーはとてもショックだったと思うが、オナシス、ジャッキー、ラジウィル王子、みんなとうに亡くなってから2002年に出版された彼女の本 Happy Times には、ギリシャの島で自分たち姉妹一家とオナシスが楽しく海水浴している写真もふんだんに載せてある。 ともあれ、これを現代に置き換えると、女性も男性に選ばれるには、男性が女性に選ばれるときと同様、何がしかのウリがなくてはならないようだ。 それは、昔は家庭的とか、料理上手とか、いい奥さんになるとか、そんなことだったかもしれないが、今はよく稼ぐとかに変わっているかも・・・。

      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ







王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。