3月11日。

 

「知ることによって、次、動くことができる。」

 

NHKの特集で最後にカンニング竹山さんが言っていた言葉です(だいたいです)。

 

具体的に何ができるか。いつも災害や紛争、貧困、感染症などが起きたり、ある時に考えること。また考えてもどうしようもないという気持ちになってしまうこと。

 

でも「知ること」はとても大切な事でありながら簡単に始められそう。自分の知的欲求を満たすとか、そんな理由でもいいし。そしたら次が見えてくる可能性が高まる。

 

3.11に限らず、様々な事柄について積極的に知ることを実践したいな、そんな風に思いました。

 

祈りと希望と人々の優しさが、例え悲哀の中にあっても永遠にありますように。この曲のように。

 

シューベルト作曲 劇付随音楽「ロザムンデ」より 間奏曲第3番

クラウディオ・アバド指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 

AD