先週末はお外ごはん三昧(??)でしたべーっだ!


2017年5月20日(土)のランチナイフとフォーク

2017年5月20日(土)ランチ

くりはま花の国のレストラン で。テラス席はわんこOKです。

ハーブチキンと野菜のプレートをいただきました(o^^o)

(相方はカレー食べてましたにひひ

(テラス席ではBBQもできますよ~( ̄▽ ̄))

(もう1件、ポピー畑近くに和食のレストランがあるのですが、

 そちらはわんこNGだそうですしょぼん


2017年5月20日(土)のお夕飯ナイフとフォーク
2017年5月20日(土)お夕飯②

城ヶ島からの帰り、三崎港に立ち寄って有魚亭 さんへ。

店内わんこOKのお店ですニコニコ


2017年5月20日(土)お夕飯

マグロの三色丼とマグロほほ肉の竜田揚げ です。

三色丼は本マグロのハチ(脳天)の身・漬け・ねぎとろニコニコ

漬けは赤身かな…どれも美味しかったです\(^O^)/

ちょっと外れた時間におうかがいしたのですが、お店の

方々にもとても親切にしていただき、感謝感謝でした音譜

(ねぎとろがネギを使った物ではなく、トロの部分も使って

 いないことを、この日初めて知りましたあせる


2017年5月21日(日)のお夕飯ナイフとフォーク
2017年5月21日(日)

しゃぶ葉 さんに行き、しゃぶしゃぶ食べ放題~ニコニコ


…とまあ、こんな感じでしたにひひ


AD

先週末、「ポピーを見に(撮りに?にひひ)行くぞー!」ってことで、

くりはま花の国 に行ってまいりました車


ポピー畑に近い駐車場に車を停め、中に入ると…
くりはま花の国①

すぐ目の前がいちめんの花畑でしたニコニコ


くりはま花の国②


くりはま花の国③


くりはま花の国④

モコ&タクも…音譜

まぶしくてモコの目が開いているんだか、いないんだか…あせる


くりはま花の国⑤


ネモフィラも咲いていました。

くりはま花の国⑥

その中にシャーレーポピーがぽつんと一輪。


くりはま花の国⑦

マクロレンズで…カメラ

風があり、撮るのはなかなか難しかった~あせる

 

ポピー畑を満喫したあとは、園内をお散歩。

くりはま花の国⑧

ゴジラと一緒にゴジラ

(タクはなぜぺろりんちょしているはてなマーク


くりはま花の国⑨

色づきはじめの紫陽花。


ヤグルマギクも…。
くりはま花の国⑩

 

くりはま花の国⑪

これにてここをあとに…ニコニコ


このあとはちょいと足を伸ばして…車
城ヶ島・安房崎灯台
城ヶ島 へ~。安房崎灯台の前でとうだい

いやぁ、岩場へ下りていくのは結構しんどかったあせる


そんなこんなで楽しんだ一日でした音譜


【おまけPHOTO】

早めのお夕飯で立ち寄ったお店 で…。
有魚亭にて
わんこにはゆでマグロのサービスがあります。

この子たちの食いつきっぷりったら(笑)

いっぱい食べられてよかったねにひひ

……ちょっと補足……

実は…わんこにマグロはNGと言われることが多いです。

マグロには水銀の含有濃度が多く、またアレルギーを

引き起こすヒスチジンの含有量も多いことから、そのように

言われるのでしょう。

すでにアレルギーがある場合は別ですが、そうでなければ

極端に食べさせすぎなければ大丈夫!だと私は思います。

食べさせる場合は、なるべく近海もののマグロを選ぶように。

半生程度に軽く加熱するとよいでしょう。

もちろん完全に加熱してもいいですよ~。

(うちの子たちはお刺身が好きなのですがあせる

「どうしても水銀を体内に取り込むのが心配」ということで

あれば、海藻を一緒に食べさせることで、有害物質の排除が

促せますよ。ワカメなどを細かく刻んであげてくださいね。

なににしても、常食は避けるのが無難…です。

AD

2017年5月17日(水)のおうちごはんですナイフとフォーク
2017年5月17日(水)
メカジキの海藻蒸し、高野豆腐と揚ボール・春野菜の炊き合わせ、

ほうれん草としらすのお浸し、フキごはん、かき玉汁 です。


相方実家からお野菜がたんまり届きました\(^O^)/

その中からタケノコとフキを使って…にひひ

AD

2017年5月16日(火)のおうちごはんですナイフとフォーク
2017年5月16日(火)
鶏肉とジャガイモの塩昆布煮、大根とかにかまのサラダ、

キャベツとちくわの塩だれ炒め、雑穀ごはん、豆腐と

油揚げのお味噌汁 です。


鶏肉はジャガイモと塩昆布と一緒に煮込みました。

味付けは塩昆布とちょっとのみりんだけ…。

塩昆布からいいお味がでるので、これだけでOKなのですニコニコ

(茶色い仕上がりですが、お醤油は使ってないんですよ~)

ごま(胡麻)

ごま(胡麻)は薬膳では「補益類」にあたります。→山いも(長いも) を参照

その中でも「滋陰類(じいんるい)」に分類されます。

「滋陰類」は陰液(=体液)を補い、臓腑を潤し、陰虚証を改善するものの

総称です。陰虚証とは陰液の不足が原因で起こる症状でのことです。

(詳しいお話はまたおいおいと…)


精気がみなぎり、疲労を回復する効果があります。


黒ごまは肝と腎を補う作用があり、老化防止におすすめです。

また、血を補うので、白髪や抜け毛、滋養強壮にもなります。

耳鳴りやめまい、頭痛、微熱、ほてりなどにも


白ごまは体を潤して、便秘や肌の乾燥を改善に効き目ありです。


外皮が硬いので、そのまま食べても効果が得られません。

体の中を素通りしてしまうからです。すってから使うことで吸収を

よくし、ごまの効能を活かしやすくなりますよ~ニコニコ

(するのが面倒な場合は、指でつぶして使ってもOKです)