こんにちは、西大島・栗林歯科クリニックの栗林です。


ご無沙汰しております。今回はインプラント周りの環境を整える大事さを

お話させていただきます。

昨今インプラントの問題が多くピックアップされています。

もちろん歯を残せるのであればそれがベストだと思いますし、再生療法などを駆使し

極力抜かな治療を実践しております。

しかし完全に末期の骨がない歯をとっておくと、周りの骨も溶かしてしまい、

さぁブリッジや入れ歯、インプラントをやろうとしてもとても合いにくかったり、

歯ブラシがしにくい形状になってしまうという側面もあります。


そのため抜歯をするタイミングは人生においてどのように口腔内とつきあっていくか

ということにもつながります。本医院ではほぼ100%検査を行い

カウンセリングを行っていきます。その方にあった治療法を選択し、

定期的な治療後のメインテナンスを考え、

長期的に口腔内を守る事を目標にしています。


特にインプラントは金属なので虫歯にはなりません、しかし骨と結合させるため、

歯周病にはなりうります。

しかし、しっかりとした柱になり他の歯を助けてくれるという

最大のメリットも併せ持ちます。

骨や歯肉を再生させ、しっかりと歯ブラシがしやすい環境にしなくては、

昨今のインプラントの問題につながります。


下の写真は右下にインプラントを行った患者さまです。

骨の再生・歯肉の再生を行って歯ブラシのしやすい環境にし安定しております。

お悩みの方はご相談ください。


日本歯周病学会 歯周病専門医 栗林拓也


初診時(右下の骨や歯肉がやせてしまっている)
西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ


メインテナンス時(右下インプラント部の骨・歯肉がしっかりあり

歯ブラシがしやすい状態になっている)
西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ

AD

こんにちは、西大島・栗林歯科クリニックの栗林です。


ご無沙汰しております。今回も歯肉が下がってしまった時の対処法を

見ていただきたいと思います。

歯肉が下がってしまったところに白いつめものをすると、

歯が長くなるだけではなく、またそこから歯肉が下がってしまい、

いたちごっこになってしまいます。


本処置法は歯肉の移植により、なにごともなかったようにする事ができます。

歯肉の高さが上がるだけでなく横から見た時の厚みも増える

ため審美性が良くなるだけでなく、今後の歯肉退縮の予防にもつながります。


上が術前、下が術後です、お悩みの方はご相談ください。


日本歯周病学会 歯周病専門医 栗林拓也


西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ


西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ

西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ

西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ

AD

こんにちは、西大島・栗林歯科クリニックの栗林です。


本年も宜しくお願い致します。

今回は歯肉の移植治療についてお話させていただきます。

実は歯をきれいに見せるためや、健康を守る上で歯のきれいさ

はもちろんの事、それに加えて歯肉の形態や色がとても重要に

なります。


歯肉の形や色が悪いとせっかくきれいな白い歯をいれても、

格好悪い結果になってしまいます。


また歯肉は動かない付着歯肉と、動く可動歯肉とがあります。

付着歯肉は鎧の歯肉と言われ、歯をしっかりもたせる

ためには骨とともにこれが必要です。

付着歯肉がなくなってしまうと、歯周病や虫歯になりやすく

なるだけでなく見た目も悪くなります。


歯肉が下がってしまった時に、その部分に白いつめものをする

場合がありますが、状況によっては将来もっと下がってしまう事

があります。


そんな時は歯肉の移植術をお勧めします。

小さな外科治療にはなってしまいますが口蓋(お口の中の天井の

歯肉)から移植をします。口蓋の歯肉は増殖能が豊富なためすぐに

元通りになります。火傷をした時の皮膚移植と原理は一緒です。

自分の組織を使っているのでなじみがいいのは想像がつきます。

お悩みの方はご相談ください。


日本歯周病学会 歯周病専門医 栗林拓也


西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ
西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ


西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ
西大島 栗林歯科クリニック 院長ブログ









AD