カラダが喜ぶランチ

テーマ:

6月13日(火)


午前中は開業相談。ヒアリングと物件確認など。


かわら版の発行部数、資金繰りの調整などを済ませたあと、

「自由人(?)」山田先生のお宅におじゃましました。

昨夜、家に帰ると一通のFAXが来ていたのです。

「花菖蒲が満開です。おにぎり作りますから、お庭で一緒に食べませんか?」という素敵なお誘い。

山田先生はパッチワークの先生で、とても明るくパワフル、そしてとても前向き。

そんな先生の周りには、いつもたくさん人が集まります。


今日も手芸、絵手紙、太極拳、和菓子、自遊(?表現できない)、などなど、多彩な方が大集合。


お庭のパラソルの下で、おいしいランチをいただきながら、おしゃべりに華が咲きます。

菖蒲ランチ


あれ?花菖蒲の写真を撮るのを忘れてる。花より団子の典型です。

でも、これ、みーんな手作り。ラディッシュなんか、そこに植わってるやつ。

カラダが喜ぶランチでした。



会議所に戻ったあとは、お引越し。


事務所を、れんが通りに新設するのです。新事務所のお話は、また明日。



AD

10月15日(土)


朝から勉強会2つ。

テーマ1は、地域政策、「過疎地の農業」と「美術館の運営」。

テーマ2は「ゲーム理論」。

相手の対応を見極め、自分の最善の行動を推量する、というもの。

企業間の競争や国際紛争、スポーツの戦術までなどなどいろいろ応用できる、らしい。

予習してなかったので、よくわかりませんでした。

仕方がないので、椅子に座ったまま足挙げ腹筋をしてました。


夕方からは商工会議所で雑務を片付け、夜はかの有名な(?)

「月曜クラブ」に参加させていただきました。

20年前、同友会の青年部から派生した伝統ある異業種交流会です。

紹介してくれた友人に急用ができ、私も翌日早いので、お先に失礼してしまいました。

「広島弁しゃべろう会」のブルボンさんや蓉子さんにお会いして、びっくり。

AD

本を買った

テーマ:

9月21日(水)

午前中はイベント企画、経営のご相談のための資料探し。

というのは、本屋での立ち読み。

買った本をご紹介しますと・・・

アキバカルチャー解体新書―進化する電脳都市
桜風舎
京都朝あそび

Hanako ~今日は銀座で何食べる~

デザインの現場 08月号 [雑誌]
ほんとうの時代10月号~定年後だから楽しめる旅~

辺見 じゅん
決定版 男たちの大和〈上〉
辺見 じゅん
決定版 男たちの大和〈下〉

午後は来客2件。

商店街のイベントのご相談と、市役所さんとの打ち合わせ。


夜は、「男たちの大和」に便乗してMapができないか、おいしい焼き鳥を食べながら相談。

呉の歴史、特に経済史に詳しい方をご紹介いただきました。

AD

広のかわいい小さなお店

テーマ:

6月13日(月)


今日は国際大学に行ったので、広に行きました。

実は呉より先に行ったのは、初めてです。

そこで、こんなにかわいい小さなお店を発見!

なんと、店舗面積3坪。

bonbon

(bon bon 呉市広古新開2-7-8)

オーナーさんは、ワールドの「It'sDEMO」にいらっしゃったかたです。

かわいくて、リーズナブルな洋服と小物がぎっしりつまったお店でした。


速攻で「呉に出店しませんか~」とお誘いしてみたのでした。

ピアスが数百円、洋服も数千円のリーズナブルプライス。

高校生とヤングミセスが大好きなお店のはず。




空き店舗下見とナンパ

テーマ:

6月8日(水)


【午前中】

いつもお世話になっている ドゥ・クラフト(どひかぐ)

社長さんとデザイナーさんに、空き店舗の中を見ていただきました。

どういう活用ができるか、費用はどれぐらいかかるのか、御相談

させていただいたのです。

物件は戦後すぐぐらいの建築、恐ろしく傾いてます。

上階が落ちてきたのか、細い柱がいっぱい・・・。

場所良はいいし、家賃も中通相場よりは安い。

でもこれじゃ、内見した人はビビリますね。

どひさん、きりさん、どうぞよろしくお願いします。


【午後】

「中国経済産業局」と「ひろしま産業振興機構」でご挨拶と情報交換


【夜】

空き店舗をチェックしながら、夜の街を徘徊していると、

若い男の子から声をかけられました。

「ナンパなんて、何年ぶり?」(←アホ)と思いつつ良く見ると、

『中央地区を考える会』でよくお会いする、国際大学の田原くんでした。


ラッキーとばかりに、無理やり引きずって、食事につきあってもらいました。

ずっと行きたかったんですよね。 『Bistro Face』

お箸で食べれるイタリアン。

中通4丁目、れんが通りと本通の間にあります。

Face1


Face2


田原君とは、夏休みに子供向けイベントしよう、という話になりました。

おもしろがってくれる人、いっぱいいるといいな。



女の熱い語らい

テーマ:

6月6日(月)


外出予定が中止になり、終日オフィスワークです。


夜は、Ash' (アッシュ) のオーナーさんと、

最近オープンしたばかりの「豚屋ごとう」に行きました。

Ash'(アッシュ)のHPはコチラ

この方は、24歳で起業、現在ブティックを2店舗ご経営です。

熱く語り合いというか、厳しいご意見をいただきました。

クールに見えて、実はとても熱く、誠実な人です。

とりあえず(何が?)、秋にフリマやろう、ってことになったのでした。

「豚屋ごとう」は中通4丁目境川沿い。

豚屋ごとう

 

14席ほどのこじんまりしたお店。和風のしっとり&カジュアルな感じ。

豚足・豚生姜焼き・豚スモークサラダなどなど、豚づくし。

そして、焼酎が充実。どれもおいしいよん。

すっかり盛り上がって、午前様・・・。(←死語?)

千福の酒蔵

テーマ:

6月2日(木)


呉は水がとてもいいので、おいしいお酒がたくさんあります。


いつも大変お世話になっている美容師の先生のご紹介で、

千福(三宅本店) さんの、明治時代の酒蔵を見学させていただきました。


写真下手すぎ。。。

 

千福階段


はり



明治時代からの歴史を持つ素晴らしい建物ですが、老朽化がひどく、

また数年前の地震で痛みが出ているため、存続の危機だそうです。

有志の方々による、琴の演奏会など、保存に向けた動きが始まったところです。

麹室


そこで、「中央地区を考える会」でご一緒させて頂いている、

国際大学の橋本先生が古い建物のご専門ですので、何かできないかと、

ご紹介させていただいたのでした。


残念ながらこの蔵は、「中心市街地」のエリア内ではありません。

しかし、この蔵は呉の街の個性を象徴する、とても大切な財産です。

どうか、再生しますように。

取材と映画サークル

テーマ:

5月11日(水)


今日は中国新聞呉支局の方が取材に来てくださいました。

上手くお話できたか、イマイチ自信がないところですが、

呉のおいしいお酒やお勧めのお店などをお聞きすることもでき、

有意義でした。写真、きれいに写ってるといいな。


そして、夕方からは「呉映画サークル」 の事務所へ。

本通6丁目のお菓子屋さんの3Fにあります。

前から気になっていたのですが、中の様子がわからないだけに、

ちょっと入りにくかったのです。お菓子屋さんのご主人にお聞きして、

恐る恐る階段を上りました。ドアを開けると・・・中はすっきり現代風のオフィスした。

(な~んだ、もっと早く来ればよかった)

このサークルは2ヶ月に1度、呉には来ない映画を「呉シネマ」で自主上映しています。

次回は6月23日(木)「深呼吸の必要」  沖縄のさとうきび畑を舞台にした映画です。

年6回のうち、2回は邦画を上映するそうです。

今後の上映予定作のお話などをお聞きしましたが、すっごく格好いいセレクションです。

うっとり。

早速入会しちゃいました。


呉の中心部には映画館が2館あります。

もっと、もっと映画が生活に溶け込んでもいい環境なのですが・・・。