新ブログ

テーマ:

新しいブログをはじめました。

毎日は更新できないと思いますが、よろしければどうぞ!


Management Office HARADAの業務日誌

AD

最後もお詫び

テーマ:

4月3日(火)


本日を持ちまして、呉のお仕事は完全に終了しました。

お世話になったみなさま、ありがとうございました。心から御礼申し上げます。

最終日、差し入れいただいたみなさま、ありがとうございました。
さいご

そして、ご迷惑おかけしたみなさま、いろいろと申し訳ありませんでした。




呉に来てからずっと、人とコミュニケーションを取るために、

【個人的に飲む】を身上としてました。

収入の3分の1は飲み代なんじゃないかと思います。。。

ご飯食べるより、お酒を飲む。それも、盛り上がるまで。

大人数の飲み会より、できるだけ少人数で。親近感が高まるから。


でも、同年代以上の女性の方はたいていご家庭があるので、外で飲むことは少ない。

若い女性は「まちづくり」の話をした時点で断られる。

結果的に、男性と二人で飲む機会も多いわけですね。



そういえば、以前、前田さんにも男性と二人で飲みに行くことを注意されたことがありました(汗)

そのときは、「まさか~、そんなこといってたらキリないですよ~」なんて笑ってましたが、

冗談じゃなかったんですねぇ・・・。



あああ、私が気づいてないだけで、そういう誤解を招いてることって、

きっと他にもいっぱいあるんでしょうねぇ。。。



というわけで、最後の呉日記も反省。

なんか、私らしいなぁ。。。とほほ。

AD

楽しんだあとは。

テーマ:

3月28日(水)


楽しんだ後は・・・、そう、お仕事が待ってます。


助成金の精算業務を・・・、と思っていたのですが、ひっきりなしの来客、電話。

まったく手が付けられません。


久々の「ほぼ徹」でした。。。

AD

福の会とカルタの打ち上げ

テーマ:

3月27日(火)


女性であることについて書こうと思ってたのですが、

今日は盛りだくさんなので、それは後日に延期させていただきます。


今日は、広島県商工連合会女性部の勉強会に参加させていただきました。

120人ぐらいの女性がお見えで、みなさん、とても熱心にお話をお聞きいただけました。

沢山の事例を用意した甲斐がありました。


でも、私のような若輩者が「女性」を語るのは、口幅ったい。

みなさま、ずっと私より先輩の「女性」です。

だから中心は、「まちづくりってなんだろう」、「まちづくりが女性に向いているといわれるわけ」を、

各地の事例と、そのパターンをあわせてご紹介しました。



で、終わった後は急いで・・・、三宅本店 さんの福の会 へ。


カルタ打ち上げ

この会に参加させて頂くようになって1年少し。

随分、ご挨拶できる方も増えました。

「くらきじ」おいしかった~。たくさんいただきました。


その後、呉カルタ を作った「呉レンジャー」の打ち上げに。

苦節2年、でも1000個完売ですからね♪

本当にみなさま、お疲れ様でした!!


福の会

結局この日は、

福の会 in 森沢ホテル→フィオーレ(福の会2次会)→和楽(カルタ打ち上げ)

→スタンド薫(カルタ2次会)→メモリーズ(福の会4次会) の5件はしごです。


楽しい夜でした~♪

ここにきて

テーマ:

3月26日(月)


任期もあと1週間というところなのですが、ここにきて開業や融資のご相談をよくいただきます。

今日は事業拡大のための設備投資融資。

もちろん、私がお金をお貸しできるわけではありませんので、融資制度の紹介と、

ビジネスプランの書き方のご説明。

ってか、その場で書いていただきます。


代表者の方のお話をおききしてると、好調の理由がよくわかります。

「マーケティング」とか、「戦略」とか、意識してお考えではなかったようですが、

明らかに「コア・ベネフィット」と競争優位性を押さえていらっしゃる。

勉強になります。


そのほかは翌日の勉強会の資料作成。

「まちづくりにおける女性の役割」というテーマですが、

私自身があまり「女性」を意識してません。

むしろ、女性であることは得してると思ってる方で、

「女性差別!」なんて声高に言うのは、あんまり好きじゃない方です。

性別より、個人のキャラクターを重視したい派です。


なもんで、勉強しましたし、考えました。

(といっても、専門の方に言うと、笑われるぐらいですが)



・・・続きは明日の日記で。



修了式

テーマ:

3月23日(金)


午前中は溜まりあげたブログを書く。


バックデートで更新してるのであんまり気づいていただけてない気がしますが、先週末の分とかアップしてます。


この辺とか



久しぶりにランチは中華料理「西苑」(呉市中通3丁目8-10)の麻婆豆腐定食。

写真撮るの忘れましたが、ここのランチはものすごいボリューム。

麻婆豆腐なんて洗面器ぐらいの器に入ってきますし、ライスのお変わり自由。



エネルギーを満タンにして、午後からは、


・中小企業庁関係のヒアリング


・資金調達のご相談


・KUREBAKOの原稿をNPOの理事長にご確認いただく


・来週のセミナー用の文献を探す



そして夜は、学校の修了式でした~クラッカー (写真は後日)


論文つらかったけど、

実は、診断士の資格試験の時のほうが勉強した気がするな(汗


・・・もう学校に行かないって、ちょっと寂しい。

縛りがなくてもきちんと勉強するのが理想ですが、本来怠け者のわたし、

切羽詰った締め切りとか、期限とか、ないと勉強できないっす。


時期を見て、また学校に行こうと決意したのでした。うん。

市民協働推進委員の最終回

テーマ:

3月22日(木)


ずっと出張でしたので、午前中はメールや連絡業務をがしがしと。


午後からは呉市市民協働推進委員会で、新しく広にできた「くれ市民協働センター 」の見学。

2年にわたって市民協働推進委員を勤めさせていただきましたが、今回が最後の会議となりました。

実は、呉市は「市民協働」については先進的な取組みを行っており、

広島県では唯一条例があります。


でも、「協働」が実現できているかというと・・・。

委員会でさえも市側からの結果報告を聞くだけです。

まだまだ道のりは長い。


夜は遅れている織り込みチラシ、「KUREBAKO」の打ち合わせ。


そのままデザイナーさんと「イタリアンバール フィオーレ 」へお食事に。

ここの夜のメニューはワインによく合うんです。

ハウスワインだとお財布にもとっても優しいし。


・・・ってことで、二人でワインを飲みあげる。。。

っていっても、ボトル1本ずつぐらいかな(゚ー゚;


3月19日(月)


スーパージェット 初体験で、松山に行きました。

呉の中央桟橋から1時間弱、4950円。

松山って、こんなに近いの?!と驚きです。


松山に行ったのは、

四国経済産業局主催の「中心市街地活性化シンポジウム」。

基調講演は呉でも大変お世話になった、日本政策投資銀行の藻谷氏



2部の分科会で、「アートでまちづくり」のアドバイザー(?)を勤めさせていただきました。





で、あくまでもメインはシンポジウムなんだけど(←強く強調)


交流会のあと、せっかく松山なんだし、お一人様温泉を敢行。

夕食なしのプランだとビジネスホテルとほとんど変わらない価格のところもあり、

お一人のかたもちらほらいらっしゃいました。いや~、日本人でよかったなぁ。


道後温泉ではイベントをやっていました。
道後3


宿で見つけた、気になるもの・・・。
道後2

まちづくりってなんだろう

テーマ:

3月17日(土)


2年間に渡り、呉の中心市街地の活性化、まちづくりに取り組んできました。


そんな中、折に触れ考え込んだのが、「活性化」や「まちづくり」という言葉です。


そもそもどうなれば「活性化」したといえるのか。

「まちづくり」のゴールはどこなのか。


そして、私自身の<とりあえず>の結論としては、


まちが好きで、そこを誇れる人を増やすこと


ではないかというところで落ち着いてます。



何度も申し上げていますが。

呉って、よその街から見たら、うらやましいほどたくさんの財産を持っています。

れんがの街並み、大和、海軍のイメージや歴史、自然・・・

そして何より、呉を愛する人



だから、呉の好きなところを、自慢できるところを、ぜひ人に話してください。


大分県へ2

テーマ:

3月17日(金)


午前中は大分県庁で勉強会に参加させていただきました。


商工労働部の角野部長にご挨拶


大分



午後からは、豊後高田市 にお邪魔しました。


豊後高田7

「昭和の街並み」を再現した、とっても有名な商店街です。

海外からの観光客もおみえで、とってもにぎわってました。

(上の写真は店舗の様子を撮るために、人がいないときを待って撮影)


豊後高田6

印象深かった点を挙げてみると


●お店の方々が、とってもフレンドリー

食べ物を扱っているお店では、何も買わなくても、「お接待」として、試食をすすめてくださいます。


●店舗の外観だけでなく、店内に誘導するしくみを平行して実施

 ・一店一宝  お店に残る古い道具を店内に展示

 ・一店逸品  お店の自慢の商品をアピール


●このお肉屋さんでは・・・


豊後高田5

ご覧のように、お肉だけでなく一緒に料理すると思われる食材も販売。




強いて言えば、そう。

地元の人向けの衣料品などを販売しているお店の販促策が、次の課題ということでしょうか。



商店街のすぐ近くにある「駄菓子の夢博物館 」では、なつかしい駄菓子、おまけ、

おもちゃなどが所狭しと陳列されています。

豊後高田1


豊後高田4

豊後高田3

展示されているものは、阿賀の「子供民族博物館」とほとんど同じ感じ。

組織で経営しているところと、個人で経営しているところの差ですね・・・。

陳列にかけれる労力が違います。



隣には「昭和の絵本美術館 」も併設され、4月には「昭和の夢町三丁目館 」も開館予定。


先に建物があったのではなくて、商店街に危機感を覚えたまちの人たちから活動が始まり、

それを支援する形でいろんな建物が建ったんですね。

うーん、それ、重要ですね・・・。



最後になりますが、年度末のお忙しい中、見学をアレンジ、同行いただきました

大分県庁、佐伯市役所、豊後高田商工会議所ほかの皆様に、厚く御礼申し上げます。