鞍手ゆたか福祉会スタッフブログ

鞍手ゆたか福祉会は、福岡県鞍手町を拠点に、直方市、宮若市、行橋市、北九州市、福岡市、宇美町、長崎県大村市、
東京都新宿区で障碍者や高齢者の支援を行っている社会福祉法人です。


テーマ:

皆様、こんにちは。本部長の福原です。月曜のブログは法人本部とデイゆたか事業所が持ち回りで


担当する事になりました。よろしくお願いします。


月曜ブログは今日が初回になりますので、月刊『SATOだより』とは違ったタッチで・・・、


我勝手目線で観察した本部を皆様にご紹介したいと思います。



自動ドアが開き、玄関を入ると下駄箱があります。靴を脱いでスリッパに履き替えたら、


更に手動ドアを開きます。たまに自動で開いてくれるドアです。


カウンターと並行して10歩前進すると正面は理事長室、その隣の部屋は会議室、またその隣は


医務室です。それから左隣は18人程の入る細長い空間のミーティングルーム。それらの部屋に囲まれた


中央の空間が私たちのワークルームです。10台のデスクを所せましと二列に並べ仕事をしています。



毎朝・・ではありませんが、私たちの出勤より先に無断で侵入している輩がいます。


そう『だんご虫』です。無意識にも、子供のころの名残か拾って手の平で転がしています。


多い日には10匹以上あがって床で遊んでいます。喜んでいるのもつかの間・・


こころ無い職員がホウキと掃除機で一掃します。朝掃除のつかの間の出来事です。




ワークルームでは、パソコンに向かっている若者(全員がそう自称している)が10名です。


中には本物の若者も混じっています。右前のデスクの方から左回りで行くと、


事務局長・事務員・看護師・栄養士・サンガーデン主任1号・私・サンガーデン主任2号・


居宅事業管理者・サービス提供責任者・事務次長です。


平均年齢は40歳。そんな自称若者たちのうち、小文字は老眼鏡が頼りという方4名。


物忘れ3名。天然ボケ4名。時折聞こえない振り1名。(ちなみに私は、これら全てに該当します。)



これら10名のメンバーですが、朝はみんな清々しく『職場の教養』を元気な声で唱和し、


朝礼をおこないます。声のハリは、30代です。そして午前中は比較的体力を維持出来ている様です。


午後3時を過ぎる頃『ほらほら、右手が左肩に行った!!次は首をほぐし始めるよぉ』


『お、こっちは目が血走ってきた。もうすぐ目薬をさすぞ。』と若者から段々遠ざかっていくメンバーの


姿を横目に・・・”私はまだまだ大丈夫!”と思いながら、油の切れた指先をなめて書類をめくっている


日々を過ごしています。



月曜ブログ・・・法人本部の持ち番では、”『若』か『老』か!”そんな狭間に揺れるメンバーたちが


送りいたします。他の曜日のブログ共々よろしくお願い致します。



鞍手ゆたか福祉会スタッフブログ-本部






※このブログは、「福祉・介護 人気ブログランキング」に参加しています。ランキング上位を目指していますので、よろしければ、下のバナーをポチッとご協力、お願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

鞍手ゆたか福祉会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります