兵庫発★いっしょに暮らしを整えよう!~もっと楽に、もっと生きやすく~

兵庫県で活動しているライフオーガナイザーで結成した【くらしととのえ隊Hyogo】のブログです。



ライフオーガナイザーの皆さん、ととのえ隊メンバーとお茶会しませんか♪

7/12(火)11:00~14:00
満席により受付を終了いたしました。
お申し込みくださいました皆様、ご検討くださいました皆様、ありがとうございます。










テーマ:

こんにちは。
くらしととのえ隊のブログにご訪問くださり
ありがとうございます。


先月から「我が家の防災」として
ライフオーガナイザーそれぞれの
主にモノに関する備えを
リレーで毎日お伝えしております

今日は水の備蓄について
お伝えします。


災害時、1日に1人3ℓの水が
必要といわれています。

image

我が家は今まで適当に水を備蓄していました。
どのくらい必要か計算したらわかるのですが、
計算するのが億劫で計算していませんでした。


でも、以下の計算式で(そんな大層な式ではありませんけど)
各家庭の
1週間に必要な水の備蓄量がわかるのです(‐^▽^‐)
(本当に、大した計算じゃありませんから(^▽^;))
{10BEE774-39DE-4FDF-97D0-D8B3FB9346C5}

我が家を例に計算すると・・・

我が家は3人家族。
1週間に必要なペットボトル(2ℓ)の本数は
3ℓ ×7(日)=21ℓ (1人あたり)
21ℓ×3(人)=63ℓ
63ℓ÷2ℓ  =31.5ℓ

我が家の1週間に必要なペットボトル(2ℓ)は32本です。

思っていたよりもたくさんの本数が必要とわかりました。

何本必要か明確になることで
自分がどう備えたらいいのか明確になります。


よろしかったら、計算してくださいね。



今日の担当はオオニシノリコでした。
Blog: 暮らしのいっぽ




読んだよ〜のしるしに
ポチッとお願いします♪

にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは!
くらしととのえ隊hyogoのブログにお越しいただき
ありがとうございます。


先月から「我が家の防災」として
ライフオーガナイザーそれぞれの
主にモノに関する備えを
リレーで毎日お伝えしております^^


今日は、いざという時の
「コミュニケーションに関する備え」
について
2つお伝えしますね。



(1)自閉症や発達障害のある人とともに過ごすために


内容はこちらのサイトからです↓↓
「仲間はずれにしないで!」byおめめどう





4月に起こった熊本地震の際にも
障害のある人が避難所で過ごせなかったり
受け入れる体制の整った福祉避難所が少なくて
ご本人もご家族も、
とても苦労したというニュースが流れました。


中でも
知的障害や自閉症、発達障害のある人や子どもは
ただでさえ普段と違う場所で落ち着いて過ごすことに
大きなストレスを感じてしまいます。


それに加えて
度重なる余震やいつもと違うテレビ番組
いつもと違う、周りの人々の様子...。


どれほどしんどいことでしょう。


周りから見て「気になる行動」というのは
それらの不安からきていることが多いんですね。


ですから、
非常時もその方たちを仲間はずれにせずに
わかる形で伝えること。
選べる自由がある範囲で、選んでもらうこと。
...などなどをまとめました。


ただし、一番大事なのは
非常時だけでなく、
普段からこういった
コミュニケーションを
心がけること
なんですね。



おそらく我が家でも
ふだん何もしていなかったら
緊急時にこんな方法をとることは
難しいだろうなあ...。


そう思って日頃から
わかる・伝わるコミュニケーションを
心がけています。



(2)離れた家族との連絡方法


災害が起こったとき、
離れて暮らす親や兄弟、親戚と
連絡がとりにくくなることは
想像がつきますね。


携帯やスマートフォンを持ってても
たくさんの人が通話やメールをするので
つながりにくくなります。


そのため、災害時に推奨されているのは
「災害伝言ダイヤル」などを
使うことですが


これ、実際に使ってみると


音声ガイダンスがとっても早口で
一度でなかなか内容が
聞き取れませんでした(;´Д`)ノ


特に、高齢の方には難しいだろうことは
簡単に想像がつきます。


いざという時に
連絡を取り合う必要のある家族や親戚とは
ぜひ、前もって練習しておくことを
オススメします!



---------


いかがでしたか??


私もこの内容をまとめるにあたって
普段からやっておくことが
いざという時の不安を少しでも
減らすことにつながるんだなぁと


あらためて学ぶことができました。


「確かにそうだなぁ〜」と思うことがあれば
一つでも試していただけたらうれしいです(^_^)



今日の担当は山元智子でした。
Blog: 発達障害・グレーゾーン・高次脳機能障害の子どもと暮らしやすい仕組みと片づけ 川西・神戸・大阪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
尼崎在住の、ふるつみか です。


リレーでアップしております防災備蓄、今日はわが家の備蓄をご紹介させていただきます。


以下、イベントで展示させていただいたものです。
(クリックで、拡大します)










備蓄には、お金がかかります。
そのために、わが家もあの大震災から20年以上もかかり、やっと取り組みました。


子供の命を守りたい、食べるものを用意してあげたい。


家ごと潰れたら、無駄やん!
っていう意見も耳にしますが、そんなん言うてたら何にも出来ません。


無駄になるかもしれないけど、でも備蓄があってそれで助かるかもしれないですもんね。^ ^


ご参考になりましたら、嬉しく思います。

今日の担当は、古津美香でした。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!
原田ひろみです。

先月開催したイベントに展示した「わが家の災害への備え」についてメンバーがリレー式にご紹介しています。



今日は「非常持ち出し袋」について


イベントでも実際に非常持ち出し袋(リュック)を持っていき、展示していました。

一番右側のリュックです。



こちらは一次避難の時、持ち出すリュック。

※一次避難とは被災後すぐに自宅にいるのは身の危険があり、避難所に行くこと。
つまり急場をしのぐためのものを入れていて、備蓄しているものとは別です。


重さは2.8kg
置き場所は玄関近くのクローゼットです。



中に入れているのは
・雨具(レインコート)
・防災ブランケット
・軍手
・色付ビニールテープ(紙を貼り出す時使用)
・新聞紙
・携帯用トイレ
・ライト&ラジオ
・スマホ充電器
・カイロ・マスク
・救急セット(ばんそうこ・包帯・薬・綿棒・アルコール消毒)
・保険証・免許証のコピー
・油性ペン、ボールペン・メモ

・水・カロリーメイト
・お金・家族の写真



家族の写真を入れているのは家族と離れ離れになり、探しているときにも写真があれば探す時に役立ちます。
そういった理由で入れています。


非常持ち出し袋に入れるものは家族の人数、各家族によって変わってきます。



不安になってあれこれ防災用品を買い集めるだけでなく、いざという時にすぐ使えたり、持ち出したりできるように自分たち家族に必要なものを選択してくださいね。

参考になれば嬉しいです。


本日の担当は、原田ひろみでした。
ブログ:ライフオーガナイズ「自分らしい暮らしの楽しみかた」








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、長谷部敦子です。

募集しておりました7/12(火)開催のお茶会(ライフオーガナイザー向け)はあっという間に定員に達しました。
ありがとうございました!
また、みなさんとお会いできる機会を作りたいね、とメンバーで話しております。
その時にはぜひご参加くださいね^^

さて、連日お送りしている「わが家の防災」。

6月のイベントでわたしが展示したのは本当に本当に小さな心掛けです。
「防災」「避難袋」「備蓄」...必要なことは分かっているけど、時間と手間とお金のことを考えるとついつい後回しにしがちです。
でも、だからまったくしない!ではなく、ちょっと心掛けるだけで、できることもあるなぁ~と思って取り入れていることをご紹介しました。


そして、片づけ収納.comでもお金に関するこちらもすぐにできる小さな心掛けをご紹介しています。
あわせてご覧いただけるとうれしいです。

>>>お金の防災~今すぐ始められる、万が一の時の備え3つ

0か100かではなく、小さな1を積み重ねて安心に繋げられたら...わたしはそんな風に思っています。

本日の担当は、長谷部敦子でした。
ブログ:「心」と「お金」のモヤモヤ解消!30代働きたいママの「生き方デザイン練習帖」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。