2010-05-30 18:00:17

東京の木を使った伝統的構法による自然素材の家の完成♪

テーマ:立川の家 現場ブログ



ようやく、立川の家が完成しました。ニコニコ

(実は、まだ外構が残っていますが。。。ショック!


見学に来られた方が、

「結局、こういう家が一番落ち着くんだよなあ。。」

とおっしゃっていました。


新築特有の危険な匂いもしないし、むしろ木の香りがして、不思議と、懐かしい気持ちになるんですよね。

実際、私自身は、子供の頃、新建材の家で育ったわけですが、なぜか木の家は、懐かしく、落ち着いた気分

になるのです。ニコニコ

木の家って不思議ですね。



世の中、意味不明な哲学を押し付けた、環境破壊的な、建築家の作品と云われる家が雑誌でもてはやされていますが、家は作品ではないですし、落ち着ける家でなければいけませんよね~。むっ


外観です。モリタル下地+リシン掻き落とし

勝又左官さんに外壁と内壁の塗り壁をやってもらいました。
近くで見ても、土壁のようですが、土は入っていません。とても素敵なテクスチャーです。ニコニコ
ひぐ太のブログ-1    ひぐ太のブログ-4


玄関。

手作りの木製建具。

木製建具は、唐木建具店さんに作ってもらいました。

玄関は、引き違い框格子戸+網戸

玄関と居間の間は、ガラス入り引き違い障子(3枚)


ひぐ太のブログ-2    

居間から玄関を見る。

壁: 藁入り砂漆喰仕上げ。

床: 杉無垢板 本実 厚30

この玄関と居間の関係が、特に気に入っています。

障子を開けていると、玄関と居間は一体となり、障子を閉めると、ガラス越しにお互いの空間の

様子が少しだけ分かります。ニコニコ

杉は、素足で歩くと、柔らかく温かみがあり、床座の生活には、とても向いていると思います。

ひぐ太のブログ-3    ひぐ太のブログ-4

居間から和室を見る。

この家は、玄関・居間・和室が建具で仕切られているだけです。

大きなワンルームのような空間です。ニコニコ

ひぐ太のブログ-4


浴室。

腰がタイル張りで、上部が桧張り。
ひぐ太のブログ-5

玄関から階段を見る。

2世帯住宅なので、玄関から2階へ行くプランとなっています。
ひぐ太のブログ-7


2階居間と和室とロフト。

2階は、居間と和室とロフトが一体となっています。

屋根は、2重構造となっていて、断熱材の上に空気層を設けているので、夏でも大丈夫です。

2階の床は、桧板張り 本実 厚18。

桧板は、杉板と比べるとやや肌触りが固く冷たい感じがします。

家具を多く置くとか、椅子による生活の場合は、桧の方が跡がつきにくいです。
ひぐ太のブログ-10     ひぐ太のブログ-8

ロフト。

ロフトが東西に二箇所あります。広々としていて、たくさんのものを収納できそうです。
ひぐ太のブログ-9

ゼロから手仕事で作り上げていくため、11月から始まった工事が、5月末までかかりました。

設計期間を含めると、1年経ちます。

1年も係わらせてもらっていると、この工事が終わってしまうことが、寂しい気持ちになります。

このような、お施主さんと職人さんと、みんなで作り上げていく家づくりがもっと見直されて欲しいものです。


お施主さんは、この家を大事に大事に住み続けてくれるだろうし、それこそ、長寿命な家になるのでは

ないでしょうか。ニコニコ


最後に、この家に携わった職人さんを、もう一度紹介します。
ひぐ太のブログ-100115-1

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-24 21:15:50

畳の搬入

テーマ:立川の家 現場ブログ

20日に、畳が入りました。ニコニコ
畳は、いつもお世話になっている、健康畳植田さん

植田さんの畳への情熱はものすごく、健康によい畳を徹底して追求しておられる方です。


畳床(畳芯)は国産稲藁を使用し、農薬薬剤防虫紙を使用しないで、化学薬剤を一切使用せず畳の芯からカビ・ダニ・害虫を無くしています。食品レベルの安全性を実現しているそうです。ニコニコ

畳表(表面のござ)は
、専属農家による契約栽培の国産自然農法超低農薬・無農薬無着色い草を使用しています。ニコニコ

無農薬で畳用のイグサを栽培している農家がどんどん減っているそうです。叫び

いまや、8割が中国産だとか。あとは、中国からイグサを輸入して、国内で織って、国産としているケースも

見られるそうです。叫び

畳には、調湿効果、断熱・保温、香りによるストレス軽減、抗菌効果など、さまざまな効果があることは、研究レベルでも実証されてきていますし、やはり無農薬のイグサが良いですね。



縁をトントンと叩きながら、畳を丁寧に敷いています。
ひぐ太のブログ-1    ひぐ太のブログ-2


きれいな畳の完成です。無農薬のイグサの良い匂いです。ニコニコ
ひぐ太のブログ-3


畳の配置について、恥ずかしいことにあまり詳しく知りませんでした。

私の図面では、上の写真とは逆廻りの配置になっていました。

しかし、それは、なんと、 「切腹の間」 の敷きかただったようです。ドクロ


昔は、冠婚葬祭に合わせて、畳の配置を換えていたそうで、畳の敷き方ひとつとっても、深いものなんですね。


ぜひとも、無農薬の畳用のイグサの栽培農家や、植田さんのような畳職人さんが、増えていったほしいものです。


にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-18 01:42:52

立川の家いよいよ完成。見学希望の方ご案内いたします。

テーマ:立川の家 現場ブログ

いよいよひぐ太が担当していた長谷川アトリエの現場の立川の家が完成間近です。

7ヶ月にわたる工期でしたが、木のぬくもりが感じられる温かい家になったと思います。ニコニコ

やはり、既製品を貼り付けたモノとは違い、人の手間をかけて出来たモノは、見る人をひきつける力がありますね。



お施主さんのご好意により、以下の日程で見学が可能ですので、ご希望の方はアトリエまでご連絡ください。
担当の者がご案内いたします。

見学可能日: 2010年5月22日、23日、28日、29日
場所: 立川市幸町 立川駅北口からバスで15分。砂川九番下車。徒歩5分。
お問い合わせ: E-mail: higuchi.yoshiki@kurashi-degin.jp

ご連絡いただいた方に、現場の案内図を送付いたします。


森の家・職人仲間のブログ-1    森の家・職人仲間のブログ-2



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010-05-14 00:10:17

建具が入りました。いよいよ完成間近

テーマ:立川の家 現場ブログ

11月末に着工した立川の家も、ようやく来週、完了検査を受ける予定です。


今、急ピッチで進んでいます。室内の建具がおさまり、いっきに空間が豊かになりました。ニコニコ


居間から玄関を見たところ。

居間と玄関の間には、3枚のガラス入り雪見障子があります。

ガラスの縁は、27mm巾でガラスに傷をつけてスリガラスにしています。

玄関と居間のつながりを程よく調整でき、この障子のおかげで、とても豊かな空間になりました。
ひぐ太のブログ-3   ひぐ太のブログ-4



下駄箱上部のひし形窓には、ゴマ竹(φ12)を井桁に組み、砂漆喰で塗り込めています。

床の洗い出し仕上げもきれいに出来ました。
ひぐ太のブログ-5    ひぐ太のブログ-8


玄関から、障子のガラスを通して、室内をのぞいたところ。
ひぐ太のブログ-6


お風呂場。

腰までがタイル張りで、腰から上は、桧板張りです。

このような在来浴室では、必ず2方向に窓を設けることが重要です。

入浴後に、窓を開けることで、むしろユニットバスよりも長持ちさせることもできると思います。
ひぐ太のブログ-7

左:: 2階居間。

ちょうど、光が窓から差し込んで、室内を明るくしています。

右: 階段室。

ここまで良い材を頼んだわけではなかったのですが、なぜか、桧の無地で、とてもきれいな階段になりました。
ひぐ太のブログ-2    ひぐ太のブログ-1


あとは、器具付けです。

長かった半年間ですが、これで、この現場が終わってしまうかと思うと、ちょっと寂しいです。

無事に完了検査が通りますように・・・。


にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-05-12 22:31:11

左官の仕事

テーマ:立川の家 現場ブログ

左官は、勝又左官 さんがやってくれています。

勝又左官さんは、左官集団・花咲か団に参加。川久ホテルや江戸東京たてもの園、そのた多くの土壁の民家

を手がけてきた人です。

今回も、素敵な壁になりました。ニコニコ


外壁は、モルタル下地+リシン掻き落とし仕上げ。

土壁っぽいテクスチャーですが、土壁ではありません。

とてもやさしい表情の外壁になりました。ニコニコ



ひぐ太のブログ-3    ひぐ太のブログ-4




基礎の立上りは、モルタルに灰墨をまぜて塗っています。ニコニコ
ひぐ太のブログ-5

左: 台所や洗面脱衣室など、水周りは、白漆喰のうす塗り。ニコニコ

右: 和室は、じゅらく壁。
ひぐ太のブログ-2    ひぐ太のブログ-1


玄関は、砂利入りモルタル洗い出し仕上げ。

水を含ませた刷毛で、丁寧にこすっていき、何回か繰り返した後、

今度は、分厚いスポンジに水を含ませて、押さえ込まず、スーっと、スポンジを引いていくと、

徐々に砂利が顔を出してきました。ニコニコ
ひぐ太のブログ-5    ひぐ太のブログ-6


やっぱり、職人さんの手仕事を見るのは面白いですね。ニコニコ


単なる懐かしさではなく、こんな世の中だからこそ、必要なこれからの技術だと、改めて思いました。


にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-01 14:49:18

室内の造作工事

テーマ:立川の家 現場ブログ

工事が始まって、4ヶ月が経ちました。

あと2ヶ月で完成予定です。ニコニコ


だいぶ出来上がってきました。


浴室です。

基礎を高くして、防水上も安心です。腰より上は、壁・天井ともに、桧板張り。

よく、

「カビないの?」

と聞かれますが、必ず、2面に開口部を設けて、入浴後に窓を開けて、風を通せば、

まったく問題ありません。

むしろ、ユニットバスの寿命は、せいぜい10年~15年程度ですし、適切な施工をすれば、

ユニットバスよりも在来浴室の方が長持ちすると思っています。ニコニコ

それに、ユニットバスは、ほとんどリサイクルされずに、埋め立てですからね~。ガーン


2面に窓を設けること。基礎を高くすること。


これが重要です。


ひぐ太のブログ-100401-3

2階の納戸です。

ここは杉板張り。
ひぐ太のブログ-100401-2

西側ロフトから東側ロフトを見たところ。

2階は、中央が吹き抜けで、東西にロフトを配置しています。

奥のほうで、お施主さんのお父様が作業してくださっています。

お父さんは、80歳ちかいのですが現役の宮大工さんなので、とても頼りにしています。ニコニコ
ひぐ太のブログ-100401-1


あと2ヶ月。良い家ができるといいなあ。


にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-20 12:22:22

階段の造作。

テーマ:立川の家 現場ブログ

大工さんが、階段の造作をしています。

すべてが手作りなため、階段もすべて大工さんの手刻み。


左:階段の側桁を加工しています。階段の踏み板やけこみ板をはめ込む溝を掘っています。

右:取り付けたところ。

  きれいに収まっていますね~。
ひぐ太のブログ-100319-1    ひぐ太のブログ-100319-2


もうすぐ階段完成!

とても難しい階段ですが、きれいにできそうです。

階段は、単なる上がる装置ではなく、大工さんの技が詰まったデザインですね。ニコニコ

ひぐ太のブログ-100319-3



にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-20 12:21:13

立川の家 外壁左官の下地モルタル塗り

テーマ:立川の家 現場ブログ

外壁の下地モルタルを塗り始めました。


左官職人さんは、 勝又左官 さん。

江戸東京たてもの園をはじめ、手がけた建物は日本中多数あり、

とても見事な左官をしていただけます。ニコニコ

森の家・職人仲間のブログ-100315-1


アスファルトシートの上に、網を張ります。

森の家・職人仲間のブログ-100315-5


モルタルを塗ってから、メッシュを当てて、上からもう一度塗ります。

ちょうど、敷地の梅が咲き始め、かすかに良いにおいが漂っていました。ニコニコ

森の家・職人仲間のブログ-100315-2    森の家・職人仲間のブログ-100315-3



下の写真は、わずかな隙間を塗るところ。


左官やさんに、

「ひぐ太さん、これはアウトでしょ~むっ」 と言われてしまいました。
森の家・職人仲間のブログ-100315-4


でも、そんな隙間もしっかり塗ってくれました。ニコニコ

森の家・職人仲間のブログ-100315-7

しばらくしたら、いよいよリシン掻き落としの仕上げを始めます。ニコニコ


にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-16 11:17:09

職人さんの紹介1:大工さん、電気屋さん、そして、、宮大工のお父様

テーマ:立川の家 現場ブログ

立川の現場をやってくださっている職人さんを紹介します。


左から、名取電気:福本さん

中央、小野田工務店 :小野田大工さん

右、お施主さんのお父様。(なんと現役バリバリの宮大工さんです!ニコニコ


ひぐ太のブログ-100216-5

皆さん、とても丁寧なお仕事をしてくださっています。

この日は、とても寒かったので、パーフェクトバリアというペットボトルのリサイクルで出来た断熱材を

足の上に乗せて、布団代わりにしています。ニコニコ


先週から、お施主さんのお父様が助っ人として係わってくださって、とても助かっています。


以前から、現役の宮大工さんと伺っていたので、ぜひ自身の家づくりにも参加して欲しいなあ・・・

と思っていたので、とても感謝感激でした。


ゼロから造る家づくりは、楽しいですね~。

しかも、お施主さんのお父様も参加しているなんて、めったにないことです。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-16 10:36:01

構造見学会のご案内

テーマ:立川の家 現場ブログ

東京の木と職人さんの技で造る家づくりの、構造見学会のご案内をさせていただきます。ニコニコ


長谷川アトリエで私が担当している現場なのですが、木のぬくもりを感じられる、温かい空間

ができそうです。

地元、東京多摩産材の天然乾燥材を使い、手刻みの職人仕事で造った木組みの家です。

長期優良住宅の認定も受けています。


今、大部分の木造住宅は、高温乾燥材やその集成材を工場でプレカットし、合板と金物で固めた造り方ですが、そのような家との違いをご覧頂きたいと思います。ニコニコ

構造見学会では、骨組みをすべて見ることができるので、なによりも、本物の木を使っていることでの存在感と温かみを肌で感じることが出来ると思います。


日時: 2月20日(土)、21日(日) 13時から夕方まで

場所: 立川市幸町
※詳しくは、案内を参照の上、掲載の連絡先もしくは、ひぐ太までメールをください。



ご案内 (PDFファイル)


ひぐ太メール




ひぐ太のブログ-100216-2      ひぐ太のブログ-100216-1



にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村     ひぐ太のブログ-higuta樋口暮らし環境設計
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。