Have a nice day!

上野で働くIT企業社長のブログ


テーマ:
Airbnb 風雲児になりそうな予感

初めて利用してみました。
空いている持ち家を宿泊施設として貸し出す人と借りたい人を結びつけるWebプラットフォーム。

現地マネージャー用と私自身の出張のためにマニラ一泊3000円ちょっとで素敵なコンドを半月予約。

性善説に基づけば、とてもいいサービス。ホテルよりも格段に安く、実際の感想は利用してみてからですがワクワクしてます。

これなら、長期滞在型の旅行も身近なものになりそうです。

そして、日本でも民泊全面解禁の現実に話でてきましたね

ソースはここ。

Uberのでの白タク解禁も含めて、こんなのあったらいいよね~というサービスが型破りで法律まで動かしてしまう時代。

合理的かつチャレンジングに既成概念を取り払う事が新しいサービスの鍵になりますね。

これから日本でも流行りそうです。
国が現在の来日旅行客数を倍にすると発表している以上、インバウンドビジネスもこれからもっと進むでしょう。

やりとりの手間がきっと管理する側は煩わしいが、そのうちそれも改善されると思う。

IT業としての会社の仕事が自走段階に入ったら、インバウンドビジネスも考えてみたい。

もう一つ考えていることがあって、移民対策。 少子化と日本人の思考が変わらない限り、この方向に流れが行くと私は考えています。
税金払ってくれる人が人口減少で減るということは、破綻を意味するからです。

いいね!(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワトソンついに日本語化。
膨大なデータから回答を出すこの人工知能、新時代に入った気がする。
ワトソンに以前から着目していただけに、面白くなるなぁ。
ワトソンが如何にす凄いかはググってみてください。

http://www.nikkei.com/video/4762123455001/?playlist=4654649186001
いいね!(17)  |  リブログ(0)

テーマ:
10/14・15と有明で行われた「子育て支援センター全国セミナー2015」で、「時代の潮流、ITが変える新時代の子育て支援環境を考える」というタイトルで講演をしてきました。

弊社が保育園向けのシステムを扱っている関係で、この業界の方にはお世話になることが増え、ITでの想いを伝えているうちに、保育関係者700名以上が全国から集まるこの場でのありがたい機会を頂く事ができまた。

人口減少による経済縮小が避けられない日本、その中でも子育て支援事業にITは欠かせないものとして、どうあるべきなのかといったことを実例を含めて1時間ほどでしたがお話ししました。

インターネットによるインフォーマルな情報及び相談窓口などは、親に対して不安解消の一部をになっており、気軽な情報源、窓口としての役割をしっかり果たしている。

また、

母親を取り巻く環境の変化

  大正から昭和初期:主婦と家事使用人によってまかなわれる
  戦後:家事使用人の減少、兄弟による親族間の育児ネットワークの維持
  高度経済成長期:同じ年頃を持つ子育て仲間によって構成されるようになる。

の中で、核家族化が進み、親族からの援助も期待できないとなると、ますますこうした社会的及び地域的なサポート体制が必要となり、ITについては、それらを支えるツールとしての役割を担っていくであろう。

総務省「スマート・ジャパンICT戦略」の一端としても着目される分野である。



いいね!(19)  |  リブログ(0)