となりのせきのみほちゃんはちょっとたよりない女の子。
ぼくは親切にしているだけなのに、みんな誤解してるのだ。
「ますだくん」シリーズ第3作。

<あらすじ>

今日から授業が始まります。となりの席のみほちゃんはちょっとたよりない女の子。

授業中、答えがわかっていても手をあげないし、好き嫌いが多くて、嫌いなものがたくさん入ったクリームシチューを見ただけで家に帰ろうとしてしまいます。

ますだくんがそんなみほちゃんをほっておけずに親切にしようとすると、みんなにいじめたと言われ先生に叱られてしまいます。

そんなある日、みほちゃんが学校を休みました。でもますだくんはあやしみます。だって、今日はクリームシチューの日だから。

ますだくんは学校の帰りにみほちゃんの家へ行ってみることにしました。





「ますだくん」シリーズ第3作目です。

今回のお話は、ますだくん視点でのお話です。


ますだくんはみほちゃんに親切にしているつもりなのに、どうしても周りからは「いじめてる」と誤解されてしまいます。

でもめげないますだくんが素敵です。


だけどたまにはいじわるな気分になることもあります。でもこれも好意の裏返しなんでしょうね。

そして起こった事件が、「となりのせきのますだくん 」に出てくる鉛筆騒動です。

「となりのせきのますだくん」では、みほちゃんの鉛筆をますだくんが折ってしまったので、怒ったみほちゃんが消しゴムを投げつけてけんかします。

そのいきさつが、今回の作品ではますだくん側から見ることができます。


みほちゃんの視点だと、ますだくんは怪獣みたいに怖いだけ。

でもますだくんはますだくんなりに、いろいろと考えているんですよね。

こういう別視点で同じストーリーをおう話はけっこう好きです。それぞれの気持ちがわかっておもしろいです。


乱暴で口の悪いますだくんは、自分でも気づかないうちにみほちゃんを威圧しているのに、本人それに気づかないで「うさぎのピョンってぼくみたい」と思っているあたりがかなりいいです。

ちなみにうさぎのピョンとは、先生が、あまりにますだくんがみほちゃんをいじめるので、それを直させようと演った人形劇に出てくるうさぎです。

先生はいじめられるピョンがみほちゃんで、いじめるトラのガオがますだくんのつもりだったのに(笑)


この絵本では、ますだくんとみほちゃんは白目ありとなしの両方が描かれているので、ここが白目ありからなしへの移行地点だったんですね。



武田 美穂
ポプラ社
ますだくんの1ねんせい日記 (えほんとなかよし)
AD
死んだはずのじいじがおばけになって孫のエリックのもとにやってきました。
それにはなんだか理由があるみたいです。

<あらすじ>

あるところにエリックという男の子がいました。エリックはおじいちゃんが大好きで、「じいじ」と呼んでいました。

でもじいじはもういません。心臓発作で道で倒れて亡くなってしまったのです。

エリックはいっぱいいっぱい泣きました。ママはじいじは「天国へ行って天使になる」と言い、パパは「土になる」と言います。

どちらもエリックにはよくわかりませんでした。

その夜のことでした。エリックの部屋のたんすの上にすわって、じいじがぼんやりと暗闇を見つめていたのです。

エリックはじいじがおばけになったと喜びました。壁をぬけてもらったり、こわい声を出してもらったり。

でもどうやら、じいじにはこの世に忘れものがあるようなのです。だけど、その忘れものがなんなのかを思い出すことができません。

エリックはじいじの忘れ物を思い出すお手伝いをすることにしました。





とてもよいお話でした。

ちょっと目頭が熱くなりました。でもラストはなんだかあっさりしていました。エリックってものすごくドライで現実的。

というか、ひとつ大人になったという感じでしょうか。


この世にどうやら忘れ物があっておばけになったらしい、とわかったじいじとエリックは、ふたりでなにを忘れているのかさがしますが、そのあたりからだんだんと読んでいて悲しくなりはじめました。

一生の別れというのはほんとにつらいものです。

でもきっと残していくほうもいろいろと思うところがあるのでしょうね。


とにかくじいじの孫への思いに泣きそうになりました。

ほんとにかわいがってたんだろうな、というのが文章を読むだけで伝わってきました。


よいお話ですが、読む時期によっては号泣してしまうかもしれませんね。

人がいなくなるのはいやです。



作 キム・フォップス オーカソン
訳 菱木 晃子
絵 エヴァ エリクソン
あすなろ書房
おじいちゃんがおばけになったわけ
AD

ますだくんのランドセル

テーマ:
はやく小学生になりたくてしかたないますだくん。
そんなますだくんにおねえちゃんが赤いランドセルをくれました。
「ますだくん」シリーズ第2作。

<あらすじ>

5さいになるますだけんいちくんには、お姉ちゃんが1人とお兄ちゃんが2人。そして妹が1人いました。

お姉ちゃんやお兄ちゃんたちはみんな小学生なので帰りが遅く、妹のえりこの面倒をみるのはいつもけんいちくんでした。

けんいちくんはいつも、お兄ちゃんたちみたいに早く小学生になって、サッカーや野球がやりたいなと思っていました。

そんなけんいちくんのあこがれはランドセル。だけど、お兄ちゃんたちは触らせてもくれません。

そんな中、お姉ちゃんだけはランドセルを背負わせてくれます。そのうえ、中学生になったらその赤いランドセルをくれると約束してくれました。





「ますだくん」シリーズ第2作目です。


この作品でのますだくんは、ランドセルにあこがれる5歳児です。

そして小学生になったますだくんがいつも赤いランドセルを背負っているいきさつもこの本でわかります。

おねえちゃんのおさがりだったんですね。


ますだくんは別の作品の中で「おねえちゃんが」「おねえちゃんの」とよく言っているので、かなりのシスコンだと思っていましたが、やっぱりそうでした。

みほちゃんのことをかわいいと思った理由が「ちょっとおねえちゃんに似てるかな」なんですからね(笑)


とにかくますだくんは、黒の新しいランドセルでなくおねえちゃんの赤いランドセルを気に入って使います。

理由はかっこいいからです。

このセリフを言うとき後ろには赤い服着たヒーローのポスターが貼られています。確かに戦隊ものでもいつもリーダーは赤。

赤が女の子の色って決まったみたいになってるのは小さな男の子にとったらおかしな話なのかもしれません。

だから、他の子に変だって思われたってかまいません。ひとにらみで追い払います。

さすがますだくん。


そして小学校の入学式で、みほちゃんと運命的な出会い。

学校がこわくて泣いているみほちゃんの手をひっぱって教室まで連れて行くのです。

さすが頼もしいです。




この作品までは、ますだくんもみほちゃんも白目があるなあ。
ということはこの次の作品で変わったのかな?


武田 美穂
ポプラ社
ますだくんのランドセル (えほんとなかよし)
AD

がたごとがたごと

テーマ:
がたごとがたごと電車にゆられてすすんでいくと・・。
あれ、お客さんたちが?

<あらすじ>

駅でたくさんのお客さんたちが電車に乗り込みます。

がたごとがたごとと電車は走りはじめます。

町をすぎ、田んぼをすぎ、どんどん山奥へと進んで行きます。

駅についたら、あれれ乗ってたお客さんたちがみんな動物になっちゃった!?





電車ががたごとがたごと走るだけの絵本なのですが、これが面白いです。

駅で乗りこんだお客さんたちが、野を越え山越えしてるうちに、別のなにかに変わってしまいます。

人間のふりして電車に乗っていたんでしょうねえ。

よく見ると、ちゃんとどのお客さんがなにに変わったのかわかるので、見比べるのも楽しかったです。


特に2つめのよつつじ駅に着いたところが好きだなあ。

でも中には、どの人が変わったのかわからなかったりする乗客もいるのでくやしいのですが、単にほんとにいないんでしょうか。

ほとんどのお客さんの変化がわかるだけに、いまいち確信できません。


こうやって読んでいると面白いけれど、知らずにこんな乗客たちと同じ駅に降りたらものすごくびっくりするだろうなあ。

それとも普通の人間がいたら正体は見せないものなのかな。

もしかして専用列車なのかな。



作 内田 麟太郎
絵 西村 繁男
童心社
がたごとがたごと (絵本・こどものひろば)

14ひきのひっこし

テーマ:

14ひき家族のねずみたちは、新しいすみかをもとめておひっこし。

山を越え、川を越え、すてきなおうちはみつかるのかな。

「14ひき」シリーズ第1作目。


<あらすじ>

おとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん。そしてきょうだいが10ぴきで14ひき家族のねずみたち。

彼らは、新しいおうちを探すために森の奥をめざして出発しました。

山を越え、川を越え、途中でいたちに遭遇しながら、14ひきのねずみたちはずんずんと森の中を進んで行きます。

そうしてやっと見つけた素敵な場所。こんどはみんなで力をあわせておうちを作り始めます。





「14ひき」シリーズ第1作目。


よくいろんな紹介で「緻密な絵」と評されていますが、そのとおりだなと思いました。

ねずみたちは洋服を着ているし、かわいらしくデフォルメされてますが、そのほかの背景なんかは細かく描かれています。

そのくせどこか暖かく感じるのは、技術だけじゃないなにかなのでしょうか。


このお話は14ひきのねずみ家族が、新しいおうちをさがしていくストーリーになっています。

森の中をすすみながら、読者に問いかける文章もあったりして、読み聞かせにもよさそうです。


あたらしいおうちにすむねずみたち。

ドールハウスやミニチュア大好きななかとももしましては、それを見ているだけで楽しいです。

特に食べ物をつめこんだ倉庫なんかいいですねえ。

他のシーンでは上手にいろんなものを作っているので、ねずみの小ささを感じませんが、倉庫だとそうはいかないところがいいです。

自分たちよりも大きなやまいもや、柿やきのこなんかが所せましと置かれていて、ねずみたちの暮らしぶりが伺えてとても好きです。


このねずみの家族たちが、人間やイタチたちに邪魔されずに幸せに暮らしていけるといいな。

シリーズのほかの作品も読んでみたいと思います。


いわむら かずお
童心社
14ひきのひっこし

「14ひきの」シリーズ公式サイト(童心社) ⇒ ココ

か・げ

テーマ:
お母さんに叱られたけんたは、飼い犬パウちゃんと一緒にいろんな影を見つけに行くことにします。

<あらすじ>

お部屋をちらかしていて、お母さんに叱られておやつぬきになってしまったけんた。

飼い犬のバウちゃんの汚した本まで自分のせいにされてすっかりすねてしまいました。

でもパウちゃんと影で遊んでいるうちに、外に出て影を見つけに行くことにします。

木の影、鳥の影、雲の影。外にはいろんな影がいっぱい。






「か・げ」というタイトルだったので、ちょっとホラーっぽいものを想像していましたが、読んでみたらまったくちがいました。

世の中にはいろんな影があるんだよ、というお話でした。

子どもの知育絵本みたいな感じです。


武田美穂さんの描く絵本はいつもたいていコマ割りされているので、一見まんがちっくです。

この絵本ももちろんコマ割りされているのですが、今回は縦にしか区切られてないせいか、絵本として違和感がなかったように思います。

昔、自分も雲にも影があることに気がついたときすごく驚いたなあ、なんてことを思い出しながら読みました。



武田 美穂

理論社

か・げ

セーターになりたかった毛糸玉/津田 直美
¥1,470
Amazon.co.jp

赤い毛糸玉はずっとセーターになりたいと思っていました。 そんな毛糸玉のお話。
今回、復刊にあたってお話が加筆され、また数点の絵も書き下ろされて生まれ変わった名作絵本。

<あらすじ>

この世に毛糸と生まれたからには、誰でも一度はなってみたいあこがれのセーター。

10コの赤い毛糸玉たちも、なんかとかしてセーターになりたいと思っていました。

ある日、おばあさんがお店にやってきてセーターを編むために10コまとめて赤い毛糸玉たちを買って行きました。

みんなはうれしくて仕方ありません。

はやく自分の編まれる番がこないかとおばあさんのセーターが編みあがっていくのをやきもきして待っていました。

ところがあと1コ残ったところでセーターは編みあがってしまいました。

そして、残された毛糸玉はたったひとつだけ、あまり毛糸の箱の中に入れられてしまったのです。





やさしい絵とお話でほんわかしみじみできる絵本でした。

最初にも書いたように、この絵本は復刊にあたってかなり加筆されているようですが、どの部分が増えたんでしょうねえ。

オリジナルのほうも比べて読んでみたくなりました。


主人公の赤い毛糸玉はセーターになりたかっていましたが、毛糸が全部セーターになりたがっているわけではありません。

恋人同士の毛糸玉はしましま帽子になろうと決めていますし、曲がったことの嫌いな青年毛糸玉はりっぱなマフラーになりたがっています。

ちゃんと毛糸玉たちにもキャラクタづけがしてあって、そこが面白かったです。


ところで、この恋人毛糸玉たちですが、青い毛糸のほうはちょっとくらいはセーターになってみたいと思っているのかもしれません。

赤い毛糸玉たちがセーターの本を見ているときに後ろからのぞいていて、ピンクの毛糸玉に帽子の本のほうにひっぱられているのです。なんともかわいい。


去年から売れ残っている毛糸は老いぼれ毛糸となって、杖をついたよぼよぼの老人になっています。

そしてちょっといじけてひねくれてしまっていたりします。

ここでもきちんとした設定がちゃんとあって毛糸玉たちに感情移入しやすいです。


そうして、話がすすみ10コ組だった赤い毛糸玉のうちのひとつだけがセーターになれなかった、ということになります。

赤い毛糸玉は、せめておばあさんのお部屋のお人形のセーターに、なんてかすかな望みにしがみついています。

結局はちがうものに編まれてしまうのですが、それなりに幸せになっていたのでよかったなあと思いました。

ところが、そこからまたお話は二転三転としてしまいます。


最後まで赤い毛糸玉の気持ちを考えてハラハラしてしまいました。


「好きな絵本」にこの絵本の名前がよくあがっていたのを見たのですが、なんだかわかる気がしました。ただ絵本にしては文章はけっこう多いです。でも毛糸玉たちの表情なんかがめちゃくちゃかわいいし、おすすめです。


津田 直美
ブロンズ新社
セーターになりたかった毛糸玉

36人のパパ

テーマ:
パパが遊んでくれないなら、遊んでくれるパパを増やしちゃおう。
ローラの魔法のつえからは素敵なパパがどんどんと出てきます。

<あらすじ>
今日はおうちでローラとパパの二人きりです。
なにか楽しいことをしなくちゃと思ってパパのところへ行っても、パパは遊びたい気分じゃありません。
怒ったローラは大きな音をたてて階段をのぼり、パパに言われたとおり本の部屋へとむかいます。
そしてそこで古ぼけた木の箱を見つけました。中には魔法の本とつえと帽子が入っていました。
魔法のつえを持ったローラが「おなかがぺこぺこ」といえば、どこからかおかしづくりパパが現れておいしそうなケーキを持ってきます。
「お城をたてて」といえば、また別のパパが現れます。ヨットで世界一周にだって連れて行ってくれます。
でもそんなたくさんのパパたちにかこまれてもローラは・・・。



子供にとっては夢のようなお話かもしれません。

ローラがなんでも命令すれば、必ずパパが出てきて叶えてくれます。なんて素敵。


おかしづくりパパにはたらきものパパ。カウボーイパパにンディアンのしゅうちょうパパまで現れます。

はらきものパパはお城を作らなくちゃいけないのでちゃんと3人もいます。そこがなんか面白い。


なかとものお気に入りは船乗りパパ。2人いてヨットで世界一周に連れて行ってくれようとします。

そのパパの服装がなんとも笑えます。まるで囚人みたいな横じまのつなぎです。

船員さんってこんな制服きてるのかな。でもとぼけたような顔しているパパにその服がなんだかマッチしててちょっとツボです。


あと笑えたのは馬のかっこうをしたパパ。ちゃんと上半身パパと下半身パパがいます。最高です。


ローラはとってもわがままに見えますが、子供の頃なんて自分もこんな感じだったろうなあ、と思います。

そして大人になった今となっては、日曜に遊んでくれなかったお父さんの気持ちがとてもよく理解できます。


自分の願いを叶えるためになんでもしてくれるパパ。

子供のころはこんなことを夢見てた気がしますが、今となっては、自分の父親が36人もいたらとってもいやですが~~。



作 イアン・リュック アングルベール
訳 ひろはた えりこ
小峰書店
36人のパパ
かたぬき、ピンクレディー、口さけ女、小指の爪のおまじない。
子ども時代から思春期までを著者が振り返る懐かしさ満載のエッセイ。

<内容>

ピンクレディーの振り付けを必死に覚え、夜店のヒヨコを飼ってみたり、初めて男の子を好きになってみたり。

小学生時代から、中学、高校の思春期の頃までの思い出を綴ったエッセイ。

著者と同年代の女性なら、懐かしさでいっぱいになる思い出の日記帳。





新聞の連載の益田ミリさんの文章がとても共感できたので、初めてエッセイを読んでみました。

この本には、小学時代から高校までの思い出が書かれているのですが、思わず懐かしくなりました。


遠足のバス酔いとか、初めてお菓子を作った話とか「あったなあ」と久しぶりに思い出しました。


学生時代は、いかにみんなと一緒かが基準で、一人だけちがうとちょっと笑われたりするんですよね。

それでできるだけそうされないように努力する。

かわいいお弁当箱にかわいいフォーク。サンリオグッズでいろいろそろえて、部活のあとにはレモンの砂糖漬け、とか。

トイレは必ず一緒に行くのが友だちの条件、みたいな。


今思えばすごくバカらしいことだけれど、学生時代はそういうことに必死な女の子が多かったなあ。

なかともは「お、それはいいな」と思うことは真似してました。でもそれ以外は「へー」って感じであんまり興味なかったかな。

制服の胸ポケットにクリップをハート型にしてつけるとか。


だから、この本に出てくるようなことは、全部したことがあるってわけじゃないけど、友だちがやってたなあという意味でも懐かしかったです。

今の学生たちからしたら、めちゃくちゃダサいだろうけど(笑)



益田 ミリ
いそっぷ社
ピンク・レディー世代の女のコたちへ

おばけ、ネス湖へいく

テーマ:
なかよしおばけたちはネス湖へかいじゅうさがしに行くことにした。
さてさて、かいじゅうを見ることができるかな。
「なかよしおばけ」シリーズ第2作。

<あらすじ>

おばけのアンリが新聞を読んでいると、ネス湖のかいじゅうがまた出たという記事がありました。

さっそくアンリは他の3人と一緒にスコットランドへかいじゅうを見に行くことにしました。

ネス湖についてみるとかっこいいお城がありました。そしてそこからなにやら変な音が聞こえます。

きっとかいじゅうだと思って近づいてみると、そこではスコットランドおばけのマックがバグパイプを吹いていました。






「なかよしおばけ」シリーズ第2作目です。

今作で、なかよしおばけは4人組になりました。

名前も全員きちんと出てきます。アンリにリュシーにジョルジュに江ドワールです。

どのおばけがどの名前だかはわかりませんが・・・。


アンリが新聞で見つけたネス湖の怪獣の記事。4人はさっそくネス湖へかいじゅうさがしに行きます。

そこで知り合ったのがスコットランドおばけのマック。

このマックは前に読んだ「なかよしおばけのゆかいなけっこんしき 」にも出てきていました。ここで知り合ってたんですね。


4人はネス湖で釣りをしたり、見張ったりしながらかいじゅうが現れるのを待ちます。

でもちっとも見つけることができません。


このなかよしおばけたちのおとぼけぶりがとってもかわいいです。


ところでこのネス湖で釣ったお魚。「なかよしおばけのびっくろおふろ 」に出てきてた金魚なのかなあ?

金魚ばちに入れてるところは一緒なんだけれども。

シリーズの別の本も読んで真相を探らねば。



作 ジャック デュケノワ
訳 おおさわ あきら
ほるぷ出版
おばけ、ネス湖へいく