選挙区調査特別委員会での議論

テーマ:

この1年間、選挙区調査特別委員会を設置して県議会で議論を重ねてきましたが議論はなかなか進んではいません。

 

いったいどんな議論をしていてなにが問題なのか自分なりの整理もしながらブログに書いています。

 

まずスタートとしてはすでに次回の県議選から現在の定数51名から6名減らして45名を定数とする条例がすでに制定をされています。

ですが、この条例は改選前にすでに制定をされており、最新の国勢調査の結果を受けて検証をすることになっています。

そして今その検証をおこなっているわけです。

 

で、私の考え方ですが、基本は現行条例がある以上現行条例の45名で次回の選挙はおこなうべきであると思っています。

 

では委員会の流れとしてはどうかというと国政政党の流れを色濃く反映をしている2大会派がどうも定数を45名より増やしたいという勢力を会派内に抱えているという状況です。

(まだ会派として一本化できていない会派もありますので会派内に定数増にもっていきたい勢力がいるということです)

 

主な主張は南部地域等で県民の声が届きにくくなるということです。

しかし、一票の格差を解消していくとどうしても南部地域の定数は減らすしかなく、定数減は避けられないと思います。

過去の県議会での議論を見てみるとこの南部地域の声という話は定数を51名にしたときにもあり、そのときは主に県内の都市部を中心に定数を減らし51名にしたという背景もあります。

つまりは51名に削減する際に南部地域は据え置いたということです。

そうなると今回はそろそろ南部地域もということになっていくのではないでしょうか。

 

そもそも私はこの現行条例の45名が完璧なものであるとも思っていませんが、県議会として一度決めたことを覆すには南部地域から強い声があるというだけでは弱いと判断するしかありません。

(私は現行条例の議決には県議ではありませんでしたので加わっていませんが、県議会としての議決は重いと思っています)

 

さらに言えば今年度は県議会として県の厳しい財政状況の中、政務活動費の20%カットをおこなっています。

そういった中で定数だけは別で現行条例よりも増やすということが県民の理解を得られるのか疑問です。

 

このような中で1年が経過し、議会内の役員が5月には入れ替わる時期になります。

あと2回残されている委員会でどのような議論になるか?