花んにちは、モチゾウのブログへようこそ花


このブログは・・・

北海道、青森、名古屋を中心とした食べ歩きブログ・・・だったはずですが、出張先や旅行先のこともいろいろ書いています。

おうちごはんも登場させたいのですが、最近忙しくてブログにアップできるようなお料理を作っていない私・・・。



もし、こちらで紹介したお店に行かれた場合は、ぜひ感想を教えてください。

そして、皆様がおいしいと思ったお店をモチゾウにも教えてくださいね。

画像はクリックすると大きくなります。

店名の横にあるhouseは公式HP、住所の横にある日本はお店の地図へのリンクです。


かがみもち     かがみもち     かがみもち


★お知らせ★


多忙&気力喪失のためしばらくお休みしていましたが、B-1グランプリに行ったのをきっかけに、細々復活することにしました。

このブログの基本は「自分の食べたものを忘れない記録」ですので、ローカル店から有名店までさまざま登場します。

気軽に楽しんでいただければ幸いです。


かがみもち     かがみもち     かがみもち


「モチゾウのグルメな旅」がタイで紹介されましたクラッカー


http://www.olrepublic.com/lifestylepark/เที่ยวญี่ปุ่นได้หรือยัง-Japan,-How-are-you/1179-Aomori-สูด-Soba-เย็นชื่นใจ-แกล้มไปกับ-Tempura-กรุบกรอบที่-Shimobashira.html


東日本大震災以降、タイの若い方々の間でも被災地に対する関心が高まっているそうで、東北・北海道の元気な姿をリレー方式で発信したい!というOL republic様の趣旨に賛同いたしまして、掲載という運びになりました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年10月24日

tom tom kikir(トムトムキキル)

テーマ:札幌市清田区

今回は札幌国際大学近くにあるスープカレーのお店をご紹介します。

「トムトムキキル」とは、アイヌ語で蛍という意味なんだそうです。





とろ~りチーズチキンカツとやさいのスープカレー(辛さ3番、1,270円、なすトッピング+80円)


さくさくの揚げたてチキンカツが3枚と、たっぷり野菜が入ったボリュームのあるカレーです。

野菜はレギュラーでなすが入っていない!ということで追加しておりますが、それ以外にもにんじん、じゃがいも、ブロッコリー、かぼちゃ、オクラ、ヤングコーン、しめじ、水菜と、厚揚げ、半熟卵という、豊かなラインナップです。


スープは奇を衒わない王道のお味で、際立った特徴も少ないですが、飽きのこないすっきりとしたお味でした。

辛さ3番は少しピリッとくる程度の中辛で、一般的な人が最後までおいしくいただける程度の辛味だと思います。





ライス(普通、200g)


ターメリックライスの量は選択できますが、かなりの大盛りにならない限り追加料金はかかりません。





カキベーコンとやさいのスープカレー(辛さ10番、1,290円)


辛さ10番は無料の範囲でのマックスの辛さです。

3番と比べるとかなり赤いのがわかりますよね。

口に入れた2秒後にビリビリとした辛味が訪れます。


こちらは野菜は同じですが、かきと角切りベーコンの入ったカレーです。

かきの旨みがスープに溶け込んだ冬にぴったりのお味だと思いました。





タンドリーザンギ(4個、300円)


北海道らしく、ザンギ(鶏の唐揚げ)メニューがありました!

衣は厚めでザクザク、冷めてもザクザクしています。

スパイスのお味はしますが、辛味はないので、パクパクいただくことができますよ。





訪問して初めて知ったのですが、こちらのお店では朝カレーメニューがありました。

朝だけに、量少なめあっさりめのカレーや、カレートーストなどがあり、こちらも味わってみたかったです。


そして、お店とは直接関係ないんですけど、こちらのご主人の身内に大変有名なスロプロの方 がおり、そちらの世界の訪問者もとても多いんだそうです。

他県からのお客さんのほとんどは、ガリぞうさんのファンだということでした。

モチゾウの相方・K氏が訪問を大変うらやましがっていました。


満足度:80点

お値段:★★


スープカレー専門店 Tom Tom Kikir(トムトムキキル) house

札幌市清田区清田3条2丁目14-15

電話:011-881-6280

日曜、第1月曜休 9:00~17:00(16:30LO)

いいね!(88)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「札幌市清田区」 の記事
2015年10月23日

久留葉(くるは)

テーマ:函館市(函館駅前・西部地区)

今回は函館市元町にあるお蕎麦屋さんをご紹介します。

八幡坂のお隣、大三坂の上の方にあるお店です。

ミシュラン北海道にも掲載されたようです。





鴨セイロ(1,500円)


私はいつも冷たいお蕎麦しかいただかないのですが、最近寒くなってきたので、つゆの温かい鴨せいろにしました。





お蕎麦は更科、くせがなく喉越しのよい細めのお蕎麦です。





焼いた合鴨とねぎの香ばしさが感じられるつけつゆは、鴨の脂や風味が加わってまろやかな風味でした。

刻みねぎと柚子皮が別添えになっていますので、途中で加えるとまた違ったおいしさが広がります。

最後は蕎麦湯を加えていただきました。





桜海老のかき揚げそば(1,400円)


由比の生桜海老を使ったかき揚げ天ぷらが別添えでやってきました。





かけそばはざるそばとまた違うかえしを使っているそうで、やや薄めの色です。





からりと硬めに揚がった桜海老のかき揚げは、そのままパリパリ感を味わってもいいですし、つゆに漬けて少ししんなりしたところをいただいてもお好みで。

桜海老の香ばしい味と香りが存分に楽しめます。





韃靼そば茶プリンというのも食べてみたかったのですが、残念ながら売り切れでした。

他にも定番のおそばを初めにしんそばや豚そば、深川そばなど、メニューの幅は広いです.

夜はそば会席もあるみたいですよ。

旧家の落ち着いた雰囲気の中で上品なお蕎麦がいただけるお店だと思います。


満足度:80点

お値段:★★★


蕎麦彩彩 久留葉(くるは)

函館市元町30-7

電話:0138-27-8120

不定休 11:30~14:30(14:00LO)、17:00~20:00(19:30LO)

いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月22日

ろまん亭 その3

テーマ:札幌市南区

今回は札幌市澄川にあるケーキ屋さんをご紹介します。





その前に。

私が札幌に帰ってきたとき、ほとんど必ず訪れるパワースポットが天神山緑地(豊平区平岸)です。

今から20年近く前、週末は犬を連れて遊びに来ていました。

この斜面を私の愛犬ボニータ(プロフィール画像)&カプリと一緒に駆け上がったり、豊平川の花火大会を見たり、そんな札幌での楽しい思い出がたくさん詰まった公園です。


今はもう犬たちも天国へ旅立ってしまったため、晩秋の夕方に以前と全く同じルートを一人でとぼとぼ訪れました。

いつの間にか古いアパートは新しいマンションに替わり、天神山国際ハウスは閉館してアートスタジオになっていました。

でも、いつもこの斜面に立つ時、あの頃が鮮明に思い出され、まだ若いボニカプが私の足元にいて、遊んでもらうのを待っているような気がするのです。





そんなふるさと澄川に今も変わらずろまん亭はあります。

ケーキ屋さんですが、2Fでイートイン可能です。





カフェオレ(432円)と一緒にケーキを注文しました。





アイアシェッケ(302円)


ドイツのベイクドチーズケーキで、非常にしっかりとした生地で濃厚なチーズの味が香ります。

中に入っているブルーベリーと、上のクランブルがアクセントになっています。


澄川駅前も前とすっかり変わってしまい、2Fにあったシェーキーズピザも北欧のパン屋さんもなくなってしまいましたが、ろまん亭さんにはこれからもおいしいケーキを作り続けてほしいと思いました。


満足度:80点

お値段:★★


ろまん亭(Dessert de ROMAN) 澄川店 house

札幌市南区澄川4条2丁目9-1 日本

電話:011-822-1887

年中無休 9:00~21:00(日曜は20:00まで)

いいね!(11)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015年10月21日

Camarade Sapporo(カマラード・サッポロ)

テーマ:札幌市中央区(札幌駅~すすきの)

今回は札駅近くにあるジビエとシャルキュトリーのお店をご紹介します。

東急百貨店のすぐ近くにあります。


ランチは3種類ありましたが、今回はランチ・カマラード(2,700円)にしてみました。

シャルキュトリー盛り合わせ、本日の温菜、本日のメイン料理、パン、デザート、ドリンクが付きます。





シャルキュトリー盛り合わせ

ピクルスの右側から時計回りに・・・豚肉のパストラミ、鹿肉のリエット、鹿肉のチョリソ(色の濃い方)、牛肉のサラミ、豚肉の生ハム、日本短角種のジャレ・ド・ブッフ(すね肉)の生ハム、豚頭部肉のゼリー寄せ(テット・ド・フロマージュ)


一皿目から目を引くお皿ですね。

シェフら全員が狩猟免許を持っているそうで、豊頃町に処理場を持っているんだとか。


お肉の種類がいろいろあるので、それぞれの味や食感の違いを楽しむことができます。

私はジャレ・ド・ブッフが一番気に入りました。





蝦夷鹿のローストと蝦夷鹿ソーセージ


2皿目もジビエ尽くしです。

鹿肉のローストは、牛肉よりも血の味が濃い野性味溢れるお味です。

人によっては苦手な方もいるかもしれませんね。

ソーセージも一般的な豚肉のものよりもそもそしており、この食感は肉質の違いによるものだと思われます。





日本短角種の赤ワイン煮


赤身の牛肉をとろとろになるまで赤ワインで煮たフランスの定番料理ですね。

フォークですんなりほぐれるくらいやわらかく煮込んであり、付け合せのマッシュポテトとの相性も抜群でした。





ほんのり甘みのあるパンも焼きたてでした。





ガトーショコラ


生チョコタイプのしっとりとした食感です。

お料理が肉尽くしでボリューム満点ですから、デザートはこのくらいシンプルが◎。





コーヒー紅茶のほか、冷たい飲み物も選択可能です。





想像以上に本格的に食肉製品製造をしているいるお店でした。

北海道では蝦夷鹿の駆除とその有効活用に取り組んでいるところですから、こういった形態のお店にはどんどん頑張ってもらいたいものですね。

札駅から歩いてすぐですし、観光客の方にも北海道の自然を楽しんでもらえるお店だと思います。


満足度:80点

お値段:★★


Bistro&Charcuterie Camarade Sapporo(カマラード・サッポロ) house

札幌市中央区北3条西2丁目8 さっけんビル1F

電話:011-215-1180

日・月曜休 11:30~14:00、17:30~22:30LO

いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月20日

Lake Hill Farm(レイクヒル・ファーム)

テーマ:その他道南

今回は洞爺湖町にある牧場をご紹介します。

直営のショップでは、ジェラートやソフトクリーム、チーズなどを扱っています。





洞爺湖近くの国道230号沿いにあります。

ちょうど休憩によいスポットということもあり、平日にも関わらずお客さんでにぎわっていました。





まきばのジェラート(スイートコーン&ホワイトクリーム、350円)


ジェラートは2種類チョイスできましたので、基本のミルク味と北海道らしいとうもろこしを選びました。

ホワイトクリームはかなり溶けやすいまろやかな生地で、コンデンスミルクのようなお味でした。

スイートコーンはほのかにとうもろこしの甘みを感じましたが、個人的にはもっとガツンとコーンが前面に出ていても良かったと思いました。





右側にうっすらと見えるのは羊蹄山です。

北海道も秋の深まりを感じる季節となってきましたが、ドライブの休憩にぜひどうぞ。





ショップカードもとてもかわいいです!


満足度:70点

お値段:★★


Lake Hill Farm(レイクヒル・ファーム) house

虻田郡洞爺湖町花和127

電話:0120-83-3376

年中無休 9:00~19:00(5~10月)、9:00~17:00(11~4月)

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。