クラゴン親方のRacing Blog

意味なくレーシングな日々をアレしていきます


テーマ:

予選でタイムを出したのはいいんだけど、その前にひと悶着あったんですよ。

 

1チーム3~4人で交代して走る耐久レースでは、誰がレースのスタートドライバーをやるかという話になります。

 

それぞれのチームによっていろんな判断はありつつ、漢と書いてオトコと読むシュマーザルでは、決勝レースのスタートは基本的には予選でタイムを出したドライバーです。

 

なぜかというと最もタイムを出せるということは最も腕がいいから。

 

1周目のわちゃわちゃした状況も、安全に抜けられる可能性が高くなります。

 

というわけでそれはつまりさすがオレなんですが、オレはどーしてもスタートをやりたくなかった。

 

 

スタートやりたくないと監督に一生懸命アピールするオレ(笑)。

 

理由はいくつかあります。

 

まず予選が終わってから決勝スタートまで時間がない。グリッドについたり手順が多いからめんどいですよ。

 

オレはギリギリまでレーシングスーツを着たくないくらい、マッタリとしていたいくらいです。特に勝負のかかるレース前は。

 

そしてクラッシュする危険性はスタート直後が最も高い。

 

クラッシュ代がチーム持ちならいいけど、保険の免責金がドライバー負担です。そんなリスク負いたくないし。

 

もちろん大丈夫な自信はありますよ。だけどレースだから絶対に大丈夫ということはないです。

 

そして一番大事な理由として、金曜の練習が雨、土曜午前の予選も雨、決勝レースは晴れ(予報)、つまり決勝スタートまでスリックタイヤで一度も走ってないんですよ。

 

それでニュルブルクリンクの手練れのポルシェ乗りとレースをやるなんて、絶対にやだ。そんなのやってられっかふざけんなバーカバーカ。

 

 

ペアドライバーのエックハルトさんは、例のS2000のときにギアを壊した人です。オマエやれと言ってみたいけどこんな表情です(笑)。

 

 

最後はチームオーナーのシュマーザルお父さんの

 

「もうあきらめてスタートやれ」

 

でオレスタート決定しましたうわあああああああああああ。

 

2007年以来3年ぶりのスタートドライバーが、ポルシェGT3ってどうよ(笑)。

 

ってゆーかドライコンディションで走っていないというのは、本当に何も知らないのと同じです。

 

どこからブレーキを踏めばいいのか、どのコーナーが何速のギアか、スリックタイヤの性能はどうか、減りはどうか、何も知らん!

 

それでニュルのポルシェ乗りの野郎どもとレースをやるんだから、かなり勝負かかりましたよ。

 

それでは大サーヴィスでダイジェスト動画をどうぞ。

 

 

なかなかファンキーでしょう(笑)。

 

続く。

 

KURAGON RACING

http://kuragon.net

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

クラゴン親方さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。