どうもです!くらげ村でございます!

日本の皆様、桜、満喫されてますか?

 

さて、たまにパダンバイやトランベン方面で出逢う事が出来る

ホウセキカサゴ。

ボロカサゴと似てますが、ボロボロじゃないところから、

これはホウセキカサゴのようです(笑)

 

厳密には、バリ島周辺にはボロカサゴ、ホウセキカサゴは確認されてますが、

ニセボロカサゴなどの別種は確認されていない、らしいです。

ボロカサゴは名前通り、見た目ボロボロで、口回りのビラビラが9本以上あり、

逆にホウセキカサゴは体皮はキレイで、口回りのビラビラは2本という

生物学的魚類的見分け方があるそうです。

これも個体差があったり、中にはハイブリッド(混合種)もいるようで、

判別が難しいものも見つかっているようです。

いや~、学者さんはすごいですねぇ~!

 

体皮やら、背びれの棘の数やら、棘と棘の間の切れ込みやら、

色々と見分け方があるようですが、

脱皮しながら成長するお魚ですので、脱皮の最中は体皮がワサワサして、

ホウセキカサゴも、ややボロカサゴ風になる?との文献もありました。

そんなんに出逢っても、もはや見分けがつきません!

 

ボロボロでヒゲヒゲならボロカサゴ、

見た目ツルンと綺麗でヒゲ少な目なら、ホウセキカサゴ、

という感じで、いきましょうかねぇ~(笑)

 

専門的な話になると、ゴマカシ気味の説明になる、くらげ村でした(汗)

 

 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<
バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報

AD