ダイビング・シュノーケリングログは、くらげ村フェイスブックから

ご覧下さい!

 

 

どうもです!

バリ島くらげ村でございます。

 

いきなりですが、本題。

水中生物の撮影で、いい角度に、いい構図で、

いいお写真を撮りたいというお気持ちはものすごいわかります。

が、生物をやたらめったに触ったり掴んだり移動させたりして、

"作られた水中写真"を好んで撮る方が稀にいらっしゃいます。

やめて下さい!

なぜやめてほしいかなんて、説明する事ではないでしょうし、

そんなお写真に、何の魅力も感じず、すぐに飽きるのは、

撮ったご本人が一番わかってるハズです。

 

当サービスでは、水中生物には触らずに、

自然に、あるがままにお撮り頂いております。

たとえピグミーシーホースが後ろ向きでも、

ウミウシが砂に顔を突っ込んでても、

珍しいエビが海藻の中に隠れてても、

それを、ありのまま撮るのが本当のお写真だと

私たちは思ってます。

 

だからこそ、素晴らしいシーンに出逢うため、

潜る事が楽しく、撮るのが楽しくなるんだと思ってます。

実際、当サービスのゲストの皆々様は、

水中での偶然の出会いに感謝し、ありのままの自然を、

ありのままに撮影して、楽しんでいらっしゃいます。

だから楽しいんです!

やめられないんです!

 

"ヤラセ"なんて、やめましょう。

その時々の、本当の自然を見に行きましょう♪

 

ちなみに"ヤラセ"無しの最近のマクロ撮影の一部ですが、

古いコンデジでも、1cmに満たないウミウシやらなんやらを、

私のような素人が、このくらいは撮れます。

最近のカメラの性能の向上は目覚ましいので、

皆さんなら、もっといいお写真が撮れます!

私達も、出来うる限りのフォロー、アドバイスをさせて頂きますね♪

 

自然のままの本物の水中撮影を

楽しんでください!!!

 

 

過去のダイビングログ・シュノーケリングログは

こちらです!


 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<
バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報

AD