海中心で書き綴ります。


お魚やサンゴなど、
水中生物に触ってはいけないというのは、
皆さん、頭のどこかで理解していると思います。

しかし、触る人は後を絶えません。



先日、実際にこんな事故が起こりました。
シュノーケリングで遊んでいた外国人が、
海中で死亡しているのが発見されました。
右手の指が4本切れてたようです。


状況から察するに、
水中に潜り、シャコガイを触り、
貝に指を挟まれ、指がちぎれ、
ビックリして水を飲んだとの見解。


シャコガイだけでなく、
毒を持っているオコゼ、カサゴ類、
毒を持っているカエンサンゴ、
毒の刺胞をたくさん持っている海藻類、
その他もろもろ、全て危険です。

そして、毒を持っていなくても、
触られるだけで弱る、死んでしまう生物も
たくさんいます。
サンゴだって、生き物です。


知識があれば大丈夫、という問題ではありません。



なぜ、こんな事故が起こってしまったのか、
自分自身のモラルなどを振り返り、
もう一度考えてみてください。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビング 情報
<・jellyfish<<<
バリ シニアダイビング 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報

AD