毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【心の余裕】

 

 

心に余裕を持つこととはどんなことでしょう?

 

毎日の生活を顧みると、何かに追われて過ごしていたりします。

 

 時間…
 仕事…
 人間関係…
 家族や恋人の問題…
 悩み事…

 

追われているといつの間にか余裕がなくなり、視野が狭くなり、心が疲れ、体にも疲労を与えてしまい悪循環に陥ってしまうことになります。


あなたは、心に余裕を持っていますか?……。

 


とかく心に余裕がないとこんなことがあったりします。
 他のものが見えなくなる…
 焦ってしまう…
 優しさを欠いてしまう…
 忘れ物をしやすくなる…
 集中力がなくなる…
 怒りやすくなる…

 

では逆に心に余裕を持つとどうなるのでしょう。


わたしは、心の余裕を持てる人とはこのような人だと思います。
 いつでも冷静でいられる(自分の感情をコントロールできる)…
 落ち着いて物事を考えられる人…
 待つことができる人…

 人のことを考えられる人…
 必要な事を備えることができる人…

 

最近のことですが、心の余裕を持っている人を見かけました。
その人は、「待つことができる人」でした。
ある居酒屋でのことです。

隣の席で飲んでいた50代くらいの二人の男性の会話が耳に入ってきました。

 

どうやら仕事で、お客さんのことで不満を言っているようでした。
得意先の担当者が若く、態度がよくないとか……。

 

「あいつはダメだ、あれくらいの事ができないし、態度も悪い。いくら下請けだからといっても、年上の人に対する態度ではない…」

 

「確かに、僕もそれを感じる。しかし、冷静に考えてみると、自分の若いときはどうだったか? 社会のことなどわからず、生きがっていたときもあった。そんなことを考えると、あいつはダメだと思うより、早く大切なものを気づいてもらいたいと思えるんだ…」

 


この会話で、わたしは心の余裕を感じました。
余裕とは、冷静に物事を見て、考えられることです。
一方の人は、相手に自分の心を動かされ、機嫌が悪くなりました。
一方の人は、心は冷静で、相手のことも気づかうことができています。
これこそ心の余裕がある人ではないでしょうか。

 

 

心の余裕をまとめると、わたしはこのようなことだと思います。

 

それがコレです……

 

 

本日は、「わたしが思う心の余裕」というお話です。

 

本日の「メルマガ人生学校」の授業は、『心の余裕~心の余裕が生き方を変える~』です。

 

 

 

この続きは、 ダウン 

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」

 

■ 倉部久義の新刊のご案内 ■

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
       購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。

 

わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。

 

そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
 欲求を満たすこと…
 願いが叶うこと…

 

わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。

 

わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。

 

本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。

 

先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」

 

わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義

 

※ご注文はこちら!

 

 

AD

毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

なぜ人を殺してはいけないのか?】

 

 

現代の若者の物事の見方、考え方に違和感を覚えることがあります。

 

以前、あるテレビ番組で、
「なぜ人を殺してはいけないのかわからない」
という高校生の発言に、司会者をはじめ、コメンテーターの大人たちが答えることができなかったことがありました。

 

この出来事を、みなさんはどう思われますか?

「なぜ人を殺してはいけないのか?」

我が子や青少年から、こんな質問をされたときに答えを持っていますか?……。

 


ある人は、
「ダメなものはダメなんだ!理屈なんかいらない、当たり前のことだ!」


ある人は、
「すべての人間は生命を尊重される権利を持っているから、誰も殺してはいけない」


ある人は、
「犯罪になるから」

 

いろいろな答えがあるものです。


わたしは答える前に考えたいことがあります。
それは、
「なぜそんな疑問を持つのだろう?」
ということです。

 

そう思うのは、わたし達の時代にはそんな疑問を持つ人などいなかったからです。
この疑問から現代社会の欠落している部分を垣間見たような気がします。

 

人を殺してはいけないのが当たり前だと誰も認識していたから、そんなことを言う人はいませんでした。
だからこんな疑問には躊躇してしまいます。

 

しかし、高校生の疑問にも現代人が考えなければならないことがあるように思えもします。
戦争、紛争、殺人事件と、人の命を軽視されてしまう行為を人類は行なってきたからです。
戦争の殺人は許されて、戦争以外での殺人は許されない、これこそが矛盾していることです。

 

そう考えると、答えが難しくなってしまいます。

わたしは納得する言葉、表現よりも、心が感じることで良し悪しを考えたいと思っています。

 

ミレーの言葉に、
「ものを観るのに目をあいただけでは足りない。心の働きがなくてはならない」
と、ありますが、わたしは、今の世の中にこの部分が欠落しているように思えてしかたないのです。

 

そして、アイスキュロスはこう言っています。
「真理の言葉は単純である」

 

同感です。

答えはもっと単純ではないかと思うのです。


「なぜ人を殺してはいけないか?」


 

わたしはこう答えます……

 

 

本日は、「わたしの答え」というお話です。

 

本日の「メルマガ人生学校」の授業は、『なぜ人を殺してはいけないのか?』です。

 

 

この続きは、 ダウン 

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」

 

■ 倉部久義の新刊のご案内 ■

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
       購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。

 

わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。

 

そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
 欲求を満たすこと…
 願いが叶うこと…

 

わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。

 

わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。

 

本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。

 

先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」

 

わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義

 

※ご注文はこちら!

 

 

AD

毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

やろうと決めたことを諦めないために】

 

 

昨日は、「決めた目標を達成するためにできることからはじめる」、というお話しをしました。

本日は、「やろうと決めたことを途中で諦めない」ためのお話しをすることにしましょう……。

 

 

一度やろうと決めたことを
 もうだめだ…
 これまでだ…
 自分にはできない…

そんな気持ちになり、諦めてしまうことがあります。

 

わたしの人生もどれほどのことを諦めてきたことでしょう。
そんな経験から、諦めないためにどんなことをしたらいいのかを考えてきました。
諦めかけたとき、人の言葉に助けられることがありました。

 


昔、ある女優さんが映画の主演に選ばれ、撮影をしていました。
クライマックスの場面の撮影にかかったときです。
どうしてもうまく演技ができません。
監督からOKが出ずに、何度も何度もやり直しをさせられていました。
やがて女優は、スタッフの皆さんに迷惑をかけてしまっていることを強く感じ、追い込まれていきました。
女優がもうだめだ、と諦めようとしたそのとき、カメラマンがこう言いました。
「一生懸命にやらなくていいんですよ。いいかげんにやってみてください」
女優はその言葉に救われました。
うまく演技をしなければいけないという思いから、力が入り過ぎて余計に緊張してしまっていたのです。
思わぬ人からの言葉に助けられ、気持ちを入れ替え、力を抜き、演技をしてみることにしました。

すると監督からOKが出る演技ができたのでした。

 

 

諦めようとしたときに、
 助けになる…
 ヒントになる…
 勇気がわいてくる…

言葉があります。

 

わたしが諦めかけたときに、勇気ややる気をもらった言葉をご紹介しましょう。
深く考えると、一つひとつの言葉に、“なるほど”と思える事柄が含まれていたのです。

 

 

それがこの言葉です……

 

 

本日は、「わたしの心を動かした言葉」というお話です。

 

本日の「メルマガ人生学校」の授業は、『やろうと決めたことを諦めないために~心を動かす言葉~』です。

 

 

 

この続きは、 ダウン 

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」

 

■ 倉部久義の新刊のご案内 ■

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
       購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。

 

わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。

 

そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
 欲求を満たすこと…
 願いが叶うこと…

 

わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。

 

わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。

 

本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。

 

先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」

 

わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義

 

※ご注文はこちら!

 

 

AD