毎日積み重ねる 『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【自己改善するために大切なこと】

 

 

先日、「自分の欠点を改善したい」という40代の男性とお会いしました。

 

その男性の欠点は“短気”でした。

機嫌が悪くなると、奥さんに対する言葉がきつくなり、奥さんを不愉快にしてしまうことも度々あり、これではいけないと、自分の欠点を直したいと試みるのですが、どうしても直らないと悩んでいました。

 

その人が、わたしに、こう質問してきました。
「自分の欠点を直すにはどうすればよいのでしょう?」

 

この質問に対し、わたしは、自分の経験を話すことにしました……。

 


わたし自身の過去を振り返ると、自分改善をしてこられた過程には、一言につきる事がありました。
それは、自分が本当に変わることができたときは、
「気づき」

があったということです。

 

「気づかなければ人間は変われない!」

と言いますが、まったくその通りだと思います。
しかし、その気づきこそが難しいことなのです。


わたしの場合、こんなことが気づきを与えてくれました。
それは、
「苦しみ」
というものでした。

 

人生が上手くいかなくなり、苦しみました。
「なぜこんなことになったのだろう?」
さんざん悩み考えつづけました。
その結果、自分が心底から変わらなければいけない、ということに気づかされたのです。


そこから物事に対し、

「問題意識を持ち、深く考える」

ようになっていきました。


そして、あれこれ考えるうちに、このようなことまで考えるようになりました。
「何のために生きているのか?」
「人生で何をすべきなのか?」

「人生の目的は何か?」

 

すると、
「人間はいつか死ぬ、限られた時間しか生きられない!」
「愛する家族ともいつか別れなければならないときが来る!」
ということに気づくのでした。


人生を考える NPO生きる意味研究所 毎日役立つ人生のヒント ブログ-別れ

 

この気づきをさらに追究していくと、ココに辿り着きました。

「限られた時間しか生きられないのだから、早くしっかりした自分をつくらなければ損な生き方をしてしまう…」

 

そこからは自分の直したいことが、
「直したい」

という願いから
「直さなければ後悔する。人生で大きな損をする」
という認識に変わったのです。

 

この認識から、物事の見方が大きく変わって行きました。

そして、それからは、今までに直そうと思っても、直せなかったことが、次々に直せるようになって行ったのです。

 

毎朝早くに起きること…
少し温厚になったこと(短気だった)…
少し優しくなったこと…
人生の目標に精力的に進むこと…

 

自分の欠点を直すこと、できない事をできるようになるためには、何かに気づく必要があります。

だから、このことが大切なのです。

 

それがコレです……

 

 

本日は、「わたしが気づいた自己改善方法」というお話です。

 

本日の「メルマガ人生学校」の授業は、『自分を変える!~わたしはこうして自己改善した~』です。

 

 

 

この続きは、 ダウン

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」

 

■ 倉部久義の新刊のご案内 ■

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。

 

わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。

 

そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
欲求を満たすこと…
願いが叶うこと…

 

わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。

 

わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。

 

本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。

 

先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」

 

わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義

 

※ご注文はこちら!

 

 

 

 

 

AD

毎日積み重ねる 『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【人生で一番損なこと】

 

 

――昨日(1)のつづきより

 

わたしは、「人生において、一番損をすることは何か?」と問われたら、

 

「無知」を挙げるでしょう。

 

なぜ、わたしがそう思うか?

それは、自分の過去を振り返り、失敗や上手く行かなかったことを思い起こし、原因を追究してみて、辿り着いた答えが、「無知であること」だったからです。

 

知らなかったから、
失敗した…
何かを失った…
無駄をした…
間違えた…
忘れた…

が当てはまっていました……。

 

 

無知に対して、偉人たちは、こんなことを言っています。

 

 

 

ブローニンの言葉…
「無知は無罪にあらず、有罪である」

 

レイの言葉…
「知識のない熱心さは、光のない火である」

 

エマーソンの言葉…
「恐怖は常に無知から生ずる」

 

 

たしかに、うなずけることです。

 

では本日は、ある哲学書の一文をご紹介いたしましょう。

ココには、「知らないことによって何が起こるか」がわかりやすく説かれています。

 

それがこのお話です……

 

 

本日は、「知らないとどんな損をするかを具体的にする」というお話です。

 

本日の「メルマガ人生学校」の授業は、『人生で一番損なことは何ですか?(2)』です。

 

 

 

この続きは、 ダウン

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」

 

■ 倉部久義の新刊のご案内 ■

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。

 

わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。

 

そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
欲求を満たすこと…
願いが叶うこと…

 

わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。

 

わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。

 

本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。

 

先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」

 

わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義

 

※ご注文はこちら!

 

 

 

AD

毎日積み重ねる 『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【人生で一番損なこと】

 

 

こんな質問が、わたしのところによせられました。

 

「人生で一番損なことはどんなことですか?」

 

あなたにとって、人生で一番の損だと思うことは何ですか?……。

 

 

わたしは、こう答えます。

 

「無知であること」

 

【無知】 知らないこと。知識がないこと。知恵がないこと。

 

人生では損をすることはたくさんあるでしょう。

失敗をしてしまう…

罪を犯してしまう…
何かを失う…
無駄にする…
間違いをする…
忘れてしまう…

このようなことで損をするものです。

 

しかし、この原因の根本を追いかけていくと、
「知識がなかった」

に辿り着くことがあります。

 

知らなかったから、
失敗した…

罪を犯してしまった…
何かを失った…
無駄をした…
間違えた…
忘れた…

が当てはまるのではないでしょうか。

 

無知は、なぜ損をするのでしょう?

 

例えば、こんなこともあります。

あなたが、どこかに行くとします。

しかし、その行き方がわかりませんでした。

その場合、きっと道に迷い、余計な時間を使ってしまうことでしょう。


人生を考える NPO生きる意味研究所 毎日役立つ人生のヒント ブログ-迷う

(道を知らないと道に迷うことになる……)

 

では、これが人生だったらどうなるのでしょう?

生き方がわからなかったらどうなるのでしょう?

 

そこで、本日は、この偉人たちの言葉を紹介しましょう。

無知に対して、こんなことを言っています。

わたしは、この言葉にとても説得力を感じるのです。

 

その言葉がコレです……

 

 

本日は、「偉人の言葉から学ぶ無知の意味」です。

 

本日の「メルマガ人生学校」の授業は、『人生で一番損なことは何か?(1)』です。

 

 

 

この続きは、 ダウン

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」

 

■ 倉部久義の新刊のご案内 ■

 

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。

 

わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。

 

そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
欲求を満たすこと…
願いが叶うこと…

 

わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。

 

わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。

 

本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。

 

先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」

 

わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義

 

※ご注文はこちら!

 

 

 

 

 

AD