教科:【解釈の仕方】


――昨日(1)のつづきより


昨日の授業で、愛は自分次第で、狭い範囲にもなり、発達させ広い範囲で捉えることができるものだということがわかりました。


わたしは、せっかくこの世に生まれてきたからには深く質の高い愛を追求したいと思っています。


その理由は、
「愛とは、この世で一番尊く、死後も残るもの」
と思うからです。
死後も残るというのは愛を注がれた人たちの心に残るという意味です……。



愛は、注がれた相手の心にいつまでも残ります。
たとえ愛を注いでくれた人が他界したとしても、その後に残るのです。
それほどまでにすごい影響力を持っているのが“愛の力”なのかもしれません。

 
愛


先人たちが残した言葉が“ことわざ”や“名言”として語り継がれてきました。
長く語り継がれてきたということは、きっと人々の心に響いたからなのでしょう。


本日は「愛」についての名言をご紹介いたしましょう。


愛の存在価値を語った、テスカの言葉…
「愛の悲劇というものはない。愛がないことのなかにのみ悲劇がある」


本日は、この名言からはじまり、愛についての明言特集ですが、愛は人生の大きな柱となることを感じていただけることでしょう。


わたしは質の高い愛を追求していて大切な事に気づきました。

それは、

「わたしの死後も、わたしが注いだ愛は生きつづける」

ということを。


本日の「メルマガ人生学校」の授業は『愛には深さの段階がある(2)愛の力は人生を変える』です。




この続きは、 ダウン

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」


■ 倉部久義の新刊のご案内 ■


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。


倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。


わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。


そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
欲求を満たすこと…
願いが叶うこと…


わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。


わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。


本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。


先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」


わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義


※ご注文はこちら!





AD

教科:【解釈の仕方】


この歳になって「愛」について考えることがあります。


それはきっと、愛してきた人に対して、愛し方が変化してきていることを感じるからかもしれません……。



以前の愛の感覚は、
異性として…
家族として…


愛

 
しかし今は、身近な人にでも
人として…
という感覚になってきました。


それというのも、一人の人として尊敬するという見方ができてきたからかもしれません。
愛には深さの段階があり、そして発達していき、愛が発達していくと愛にも変化が表れてくるようです。


米国の心理学者ハリー・フレデリック・ハーロウは愛の段階についてこのような考えを持っています。
(段階的に下から上へと発達していく)


人類愛

同じ民族への愛

子どもへの愛

異性愛

友人への愛

兄弟・家族への愛

父への愛

母への愛


こうして「愛は一つの情動が育ってくる形」とハーロウは考えました。
はじめに母親に対する愛が芽生え、それが父親への愛から仲間同士の愛、そして異性愛、さらに親が子どもに対する愛、というように愛情がだんだんに形を変えて発達していく。


ハーロウのこの考え方からすると、愛は発達していくものです。
わたしもそう思います。
発達とは、成長や進歩を意味します。


愛は成長するものです。
わたしは「愛」というものを大所から捉えたら「どんな愛が一番質が高いのだろうか」と関心を持ちました。


ある作家は年代別に愛を5つに分けていますが、この内容もハーロウと共通するところがあり、愛というものがわかりやすく、愛というものは経験や年齢と共に発達すると変化してくることが理解できます。


本日は「質の高い愛を目指す」というお話です。


本日の「メルマガ人生学校」の授業は『愛には深さの段階がある(1)~愛は発達させるもの~』です。





この続きは、 ダウン

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」


■ 倉部久義の新刊のご案内 ■


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。


倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。


わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。


そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
欲求を満たすこと…
願いが叶うこと…


わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。


わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。


本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。


先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」


わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義


※ご注文はこちら!





AD

教科:【考え方・発想の仕方】


以前に、仕事に失敗し挫折していた男性のKさんとお話をしたことがありました。
Kさんは二度も失敗していて、とても落ち込んでいました。


わたしはKさんの気持ちがよくわかります。
わたしも何度も失敗をした経験を持っていたからです……。



何度も失敗を繰り返すと、どうしたらよいのかまったくわからなくなるのです。
でも、そんなわたしも今まで生きてこられました。
今思えば、それはきっと心のどこかに「よりどころ」を持っていたからだと思えるのです。


【心のよりどころ】
生きる上で支えになるものや、頼りにするも。


わたしはKさんに“心のよりどころ”についてお話させていただきました。
「“心のよりどころ”を持っている人、持っていない人では精神的な強さに違いがでてくるということ」
を、ある精神科医のコメントとわたしの体験を通し伝えました。


「メルマガ人生学校」の教科でも何度も登場いただいたオーストリアの神経科医であり精神科医のヴィクトール・エミール・フランクルは第二次世界大戦中にナチスの捕虜収容所に捕えられ、いつガス室で殺されるかという極限の精神状態を経験しています。


フランクル
 

フランクルは「内的なよりどころ」を持たない人について、著書『夜と霧』(みすず書房)の中でこのように語っています。


「強制収容所の人間の内面生活がいびつに歪むのは、つきつめればさまざまな心理的身体的なことが要因となってそうなるのではなく、最終的には個人の自由な決断いかんにかかっていた」


すなわち、自分でそうしている(決断している)ということです。
これは自分の意思をどこかで悪い方向に進むように決断してしまっているということです。
更にフランクルはこのように述べています。


「あらかじめ精神的にまた人間的に脆弱(ぜいじゃく:もろくて弱いこと)な者が、その性格を展開していくなかで収容所世界の影響に染まっていく、という事実だった。脆弱的な人間とは、内的なよりどころをもたない人間だ」


“心のよりどころ”を持っていないと周りの環境(起こっている事)に惑わされ、自分を失い飲み込まれてしまうのです。
わたしはこの事は人生ではとても重要であり意味深いことだと思っています。
“心のよりどころ”があるか、ないかで、大きく変わってくるからです。


わたし自身の人生を振り返っても、今までやってこられたのは心のよりどころがあったからだということがハッキリとわかります。
では、わたしは何をの心のよりどころにしたのでしょうか?


本日は「わたしが心のよりどころを持つ理由」をお話いたしましょう。


本日の「メルマガ人生学校」の授業は『心のよりどころ ~人生を支える力~』です。




この続きは、 ダウン

「メルガ人生学校~幸せになるための技術~」をご覧下さい。

毎日一回の「なるほど!」の積み重ね。

お申込みは「NPO生きる意味研究所のホームページ」


■ 倉部久義の新刊のご案内 ■


いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
2016年3月2日にわたくし倉部久義の新刊電子書籍が発売されました。
ご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。


倉部久義の新刊『本当の幸せを教えてくれる本』ってどんな本?


本当の幸せを教えてくれる本
本当の幸せを教えてくれる本 [Kindle版]
購入価格 ¥700


あなたにとって幸せとはどんなことでしょう?


わたしは幸せとは何かを知りませんでした。
こんなことを言えば、
「えっ!そんな簡単のことも知らないのか!!」
と驚く人もいるかもしれません。


わたしは過去に幸せだったことがありました。
その幸せとは、自分の願いや望みが叶ったときに訪れました。
しかし、その幸せも気がつくといつの間にか幸せとは感じなくなっていたのです。
時間が経つと幸せが薄れてゆき、やがて幸せを感じなくなってしまい、過去の幸せだった思い出になってしまったのです。
幸せとはそんなものなのでしょうか……。
わたしは幸せとは何かがわからなくなってしまったのです。


そこで「自分が納得する幸せ」を探すために、幸せのヒントになる本を読みあさる、テレビや映画を観る、セミナ―や講演会に参加する、そして取材をしてきました。
しかし、誰もが幸せとはこのようなものだと言ったのです。
幸せとは、
欲求を満たすこと…
願いが叶うこと…


わたしはこの答えに説得力を感じませんでした。
それは自分がさんざん経験したことであり、また多くの人達への取材を通して思うことがあったからです。
そのほとんどの人は欲求が満たされ、願いが叶い幸せになるのですが、幸せが長く続かないのです。
こんなことが本当の幸せなら、幸せは長く続かず、次から次に幸せを求め続けなければならなくなり、一生安泰する幸せをつかむことができないことになります。


わたしは“本当の幸せ”とはもっと違うものではないかと感じていたのです。
そこで自分が納得する答えである“本当の幸せ”を探すことにしました。
そうして答え探しの旅に出ることになったのですが、気がつくとこの旅を終えるまでに30年の歳月が流れていました。
そしてようやくその答えに辿り着くことができたのです。


本書では『わたしが見つけた本当の幸せ』をご披露いたしましょう。


先日、ある人にこの本について尋ねられました。
「どんな本ですか? 一言で表してください」


わたしはこう答えました。
「今までに類のない“斬新な幸せ観”と出会える“幸せになるための必読書”です」と……。

NPO法人生きる意味研究所
理事長 倉部久義


※ご注文はこちら!





AD