takのアメブロ 薬理学などなど。

コメントはリアルタイムには反映されません。


テーマ:
骨髄移植でHIVが消滅 治療に新たな手掛かり
以下は、記事の抜粋です。
--------------------------------------------------------------
白血病の治療のため、骨髄移植を受けたところ、感染していたエイズウイルス(HIV)が体内から消えたという珍しい患者の症例が、米国の医学誌に報告された。12月15日米メディアが報じた。

提供された骨髄の遺伝子がHIVに耐性を持っていたことから起きたらしい。専門家らは「エイズ治療法として使うのは難しいが、新たな治療法や薬の開発の手掛かりになる」と指摘している。

患者は40代の男性で、2007年にドイツの病院で白血病治療のための骨髄移植を受けた。移植から3年以上過ぎた時点で、白血病が治ったばかりか、以前から感染していたHIVも検出されなくなったという。
--------------------------------------------------------------
元論文のタイトルは、"Evidence for the cure of HIV infection by CCR5Δ32/Δ32 stem cell transplantation"です(論文をみる)。

患者は、HIVに感染して10年以上になり、2006年に急性骨髄性白血病を発症し、化学療法を受けたが、効果はなかったそうです。上の記事では、「エイズ治療法として使うのは難しい」と書かれていますが、患者にHIV感染があったので、HIV耐性を持つドナーの幹細胞を使った骨髄移植を07年2月に実施したようです。移植後は、抗レトロウイルス治療も行っていませんでした。

HIVウイルスは、CCR5あるいはCCR4と呼ばれるケモカイン受容体を介して細胞内に進入し感染します。CR5Δ32変異とは、CCR5受容体をコードする遺伝子に32塩基の欠失のある変異で、白人の5-14%に認められるそうです。この変異をヘテロに持つだけでHIV感染の進行は遅延し、ホモに持つ場合は感染に強い抵抗性を示します。

移植に用いられたドナーのCCR5Δ32/Δ32幹細胞は、この変異をホモに持っていたので、HIVに対する抵抗性が期待されたわけです。移植3年後、ホストの免疫細胞は抹消でもほぼ完全に消滅し、脳のミクログリア細胞やマクロファージもドナー由来のCCR5Δ32/Δ32に置き換わっていました。

エイズ治療にCCR5Δ32/Δ32幹細胞移植が一般に用いられるようになるかは別として、CCR5受容体のエイズ治療標的としての重要性をあらためて認識させる報告だと思います。

関連記事
HIVインテグラーゼと宿主細胞成長因子との相互作用とHIV増殖を抑制する低分子薬物のデザイン
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

takさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。