1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, September 01, 2016 06:30:33

だから植物怖いんだって。殺傷力絶大、世界一危険な庭「ポイズン・ガーデン」へようこそ

テーマ:生物・環境

だから植物怖いんだって。殺傷力絶大、世界一危険な庭「ポイズン・ガーデン」へようこそ

以下は、記事の抜粋と動画です。

---------------------------------------------

イギリス、Northumberland北部にあるAlnwick Gardenは様々な植物が花開くもっとも美しい庭のひとつと言われているがそれだけではない。「これらの植物はあなたを殺します」と書かれたプレートの奥には「ポイズン・ガーデン」とがある。ここには人間の命をサクっと奪う毒草で満ち溢れているのだ。

 

ポイズンガーデンの植物にはこうした危険な性質があるため、ここを訪れる訪問者たちは、においを嗅いだり、触ったり、口に入れたりすることは禁止されている。こうした注意喚起があるにもかかわらず、やはり植物の毒気にやられる人が出ることがある。7人の人がガーデンを歩いている最中に、毒性の香りを吸い込んで意識を失ったケースがあるという。

---------------------------------------------

動画に登場してガーデンについて説明してくれるTrevor Jones氏の英語はあまりにBritishで聞き取りにくいのですが、YouTubeの字幕で何を言っているかがわかります。

 

 

毒性の香りというのは青酸ガスかなと思いました。強力な毒を産生する植物が意外と身近にあることを知りませんでした。関連記事に紹介しましたが、クリスマスローズもけっこう恐いのですね。

 

 

関連記事

植物だって相当ヤバイ、恐怖の殺人植物ベスト10

犬に有毒な植物図鑑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, August 31, 2016 06:30:18

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンは男性も打つべき!…アメリカの新ガイドライン

テーマ:医学・医療・健康

子宮頸がんワクチンは男性も打って!アメリカがん協会が勧告

以下は、記事の抜粋です。

--------------------------------------------

HPV(ヒトパピローマウイルス)は性行為などで感染します。ワクチンは子宮頸がんを予防する狙いで日本でも接種されていますが、副反応の懸念から積極的な接種勧奨を差し控えられています。最近になって、アメリカがん協会から新たなガイドラインが提示されました。

 

日本で現在使われているHPVワクチンには、2種類のHPVを予防する2価ワクチン(商品名サーバリックス)と、4種類のHPVを予防する4価ワクチン(商品名ガーダシル)があります。9価ワクチン(商品名ガーダシル9)も、アメリカなどではすでに承認されています。

 

アメリカがん協会は、HPVワクチンを接種するべき人の条件を検討し、以下のようにガイドラインを更新しました。

 

●11歳から12歳の間に、全員にHPVワクチンの接種を始めるべきである。ワクチン接種は9歳から始めてもよい。


●女性のワクチン接種は2価HPVワクチン製剤、4価HPVワクチン製剤が使用可能な限り勧められる。9価HPVワクチンも勧められる。

 

●男性のワクチン接種は4価HPVワクチンが使用可能な限り、また9価HPVワクチンが勧められる。

 

●ワクチン接種は、以前にワクチンを接種していないか、3回接種を完了していない13歳から26歳の女性と13歳から21歳の男性にも勧められる。


●22歳から26歳の男性はワクチン接種してもよい。
--------------------------------------------

HPV感染を性感染症として捉えなおしたということだと思います。記事にも書かれていますが、性感染症の原則は男女同時に予防・治療することです。女性だけに接種を勧めていたことから比べると、より原則にかなったガイドラインに変わったと言えます。

 

副反応に対して十分警戒するのはもちろんですが、製薬会社が金儲けのためだけにHPVワクチンを広めようとしているというような議論ではなく、より建設的な議論を進めてほしいと思います。このままでは、世界の子宮頸がん患者の大半が日本と発展途上国で占めるられることになるかもしれません。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Tue, August 30, 2016 06:30:10

前立腺癌のロボット支援と開腹手術に差はない

テーマ:医学・医療・健康

前立腺癌のロボット支援と開腹手術に差はない

以下は、記事の抜粋です。

---------------------------------------------

ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺摘除術を実施する医療機関は増えているが、開腹恥骨後前立腺全摘除術と治療成績を比較したデータはこれまで報告されていなかった。John W Yaxley氏らはランダム化対照試験を行い、限局性前立腺癌患者がどちらの術式を選択しても、12週後までの機能的なアウトカムには差は見られないと報告した。

---------------------------------------------

元論文のタイトルは、"Robot-assisted laparoscopic prostatectomy versus open radical retropubic prostatectomy: early outcomes from a randomised controlled phase 3 study"です(論文をみる)。

 

2010年から2014年までに、326人の男性を登録し、163人を開腹手術に、163人をロボット手術に割り付けて調べた結果です。12週時点のアウトカムは両群に差はなかったと報告しています。

 

論文著者は、熟練した外科医による手術なら、ロボット支援がなくても患者に勧められると結論しているそうです。ロボット全盛の時代に移行するのかと思っていましたが、そうでもなさそうです。でも、自分の場合は、開腹よりも腹腔鏡でお願いしたいと思います。
 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Mon, August 29, 2016 06:30:10

コンビニやスーパーの食用油・醤油は要注意?不安を煽るこのような記事に要注意!

テーマ:システム・ネット

コンビニやスーパーの食用油・醤油は要注意!安全上不安な遺伝子組み換え作物使用の恐れ

以下は、記事の抜粋です。

--------------------------------------------------

日本で食品として流通が認められている遺伝子組み換えのトウモロコシや大豆などは、いずれもある種の細菌の遺伝子を作物の細胞に人工的に組み込んであります。その遺伝子の働きによって、特殊なたんぱく質が細胞中につくられます。

 

しかし、それはこれまで人間が食べてきたたんぱく質ではありません。したがって、人間にとって本当に安全であるかは、まだよくわからない面があるのです。特に消費者としてもっとも心配されるのが、そのたんぱく質によってアレルギーを起こすことがないのかという点です。


また、細菌の遺伝子が組み込まれることによって、遺伝子に予期し得ないことが発生して、思いもよらない物質ができる可能性があります。それが、毒性物質であった場合、大規模な食品被害が発生することになるでしょう。

--------------------------------------------------

遺伝子組換え作物が作るタンパク質がヒトに無害であることは確認されています。また、このようなタンパク質がアレルギーをおこしやすいかどうかは確かにわかりませんが、食物アレルギーをおこしやすい食品が鶏卵、牛乳、小麦、蕎麦などであることを考えると、遺伝子組換えでできた物質だから、自然にあるものよりもアレルギーをおこしやすいという結論にはならないと思います。

 

次の議論はもっとひどくて、「細菌の遺伝子が組み込まれることによって、遺伝子に予期し得ないことが発生して、思いもよらない物質ができる可能性」を考えるべきだとしています。この思いもよらない物質が毒性物質であるような確率ってどのくらいなのでしょうか?宇宙から落ちてくる隕石にあたって死ぬ確率ぐらいでしょうか?

 

関連記事

遺伝子組換え作物、「食べ物として危険」ではない、、、収穫も増えない???

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, August 28, 2016 06:30:10

CHAMPION OF THE WORLD - Muhammad Ali Tribute -

テーマ:エンタメ・おもしろ

20世紀最高のスポーツ選手モハメド・アリをよみがえらせる鳥肌もののトリビュートムービー「CHAMPION OF THE WORLD - Muhammad Ali Tribute -」

以下は、記事の抜粋と動画です。

----------------------------------------------------

元世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリが2016年6月3日に亡くなりました。そのアリ氏をしのんで、リミックスアーティストのジョン・D・ボスウェル氏が、アリの肉声をふんだんに使ったトリビュートムービー「CHAMPION OF THE WORLD - Muhammad Ali Tribute -」を製作。鳥肌もののクオリティでアリをよみがえらせています。

----------------------------------------------------

蝶のように舞い、蜂のように刺す (Float like a butterfly, sting like a bee)、マルコム・X、イスラム教に改宗、徴兵拒否、などなどいろいろありました。カッコイイ人でした。カッコイイ動画です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。