1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Wed, June 29, 2016 06:30:07

キッチンスポンジは清潔に

テーマ:医学・医療・健康
キッチンスポンジは清潔に
以下は、記事の抜粋です。
-------------------------------------------------
食器洗いやキッチンの掃除に使っているそのスポンジはきれいですか? 残った水分は細菌が繁殖する原因となるため、定期的に殺菌することが大切です。スポンジの清潔さを保つ簡単な方法を紹介します。

・スポンジを電子レンジにかけましょう(ただし、金属部分のあるスポンジは避けてください)。水を十分に含ませ、「強」で1分間加熱します。スポンジは冷めてから電子レンジから取り出します。
・食器洗い機にスポンジを入れ、最長時間、最高温で運転しましょう。
・1リットルのぬるま湯に漂白剤を小さじ1/4杯入れ、スポンジを1分間浸しましょう。
-------------------------------------------------
紙の便座シートには感染を防止する効果はないという記事で、便座以上に不潔なものとして台所のまな板や食器洗い用スポンジが紹介されています。確かに、水分が豊富にある分だけ、まな板よりもキッチンスポンジには細菌が多そうです。早速、家のスポンジを電子レンジにかけました。

関連記事
紙の便座シートには感染を防止する効果はない
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Tue, June 28, 2016 06:30:38

イギリスの国民投票後の世界はどうなるか?

テーマ:生活・社会
イギリスの国民投票後の世界はどうなるかを考えてみました
以下は、記事の抜粋です。
--------------------------------------------------
第一に、今回の国民投票は必ずしも法的拘束力があるものではなく、最終的な決定は議会でなされなければならない。とはいえ、今回の国民投票の結果を無視することはできず、いかに残留派が議会内には多いとはいえ、離脱する方向でこれからEUと交渉するということを決定することになると思います。

第二に、EUから離脱するためには長い時間がかかる交渉が必要となります。この時間がどのくらいかかるか全くわかりませんが、2年から3年くらいはかかるのではないかと思われます。離脱派が勝ったとはいえ何も変わらないという失望感や残念な思いが募るような状況が生まれる可能性は高いと思います。

第三に、離脱派の中心であったボリス・ジョンソン議員を軸とした内閣がEUと交渉をして、望ましい結論を得られるかどうか、またEUとの交渉以外の政治をきちんとマネージできるかどうかについては、やや疑問を持っています。これが離脱派に対する失望感とつながってしまう可能性も考えられます。

第四に、2020年までは選挙がない状態が続きます。EUとの交渉の進捗具合や国民の離脱派に対する失望が高まると、残留派が多くいる議会では解散の動議が出る可能性があります。離脱派の勢いが落ちているのであれば残留派が優位に選挙を進め、残留派が勝利するという形になるのではないかと考えます。そうなると離脱交渉が中断され、結局現状維持に戻る可能性もあるのではないかと思います。

なので、今回の国民投票で見せた国民の不満はずっとくすぶり続け、よほどのこと(例えば想定外の経済成長など)がない限り、国民投票への欲求や不満のはけ口を求める声はこれからも続くように思います。

イギリスの政治はこれまでもずっと欧州懐疑派との緊張関係の下で続いており、それが今回の国民投票を経ても、まだ続くということは変わらないのだと思います。そういう意味では、今回は歴史的な出来事ではありますが、1973年からずっと続く、イギリスとEUの間で起こってきたことの延長線上にある出来事だとも言えます。
--------------------------------------------------
世界同時株安など、先週の金曜日からずっと、イギリスのEU離脱のニュースで大騒ぎでしたが、離脱したら具体的に世界がどうなるのか?については良くわかりませんでした。

今でも良くわからないのですが、急に具体的に何かが変わるわけではないことだけは、上の記事を読んでわかりました。人々の意識は変わるかもしれませんが、、、
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, June 27, 2016 06:30:41

アメリカでゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を用いたがん治療の臨床試験申請が承認

テーマ:医学・医療・健康
人間の遺伝子操作を行うゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を用いた臨床試験申請が承認される
以下は、記事の抜粋です。
-------------------------------------------------
ゲノム配列の任意の場所の操作を行えるゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を活用した臨床試験の申請が、アメリカ国立衛生研究所(NIH)の「組み換えDNA諮問委員会(RAC)」の審議を通過しました。

ペンシルベニア大学が骨髄腫(ミエローマ)・黒色腫(メラノーマ)・肉腫(サルコーマ)といった腫瘍に対して、がん患者の体内から取り出したT細胞をゲノム編集して戻すことで攻撃を行わせ、治療するという方法を提案し、その臨床試験の是非についての審議が行われた、というわけです。

RACは棄権1を除いて満場一致でこの臨床試験を承認しました。ただ、これから研究者らが所属する機関の倫理委員会の承認、およびアメリカ食品医薬品局(FDA)の承認も必要なので、今すぐに臨床試験が始まるというわけではありません。
-------------------------------------------------
Science誌の記事"First proposed human test of CRISPR passes initial safety review"によると、患者のT細胞を取り出し、ゲノム編集技術を用いて"NY-ESO-1"というタンパク質に対する受容体を発現させた後、T細胞を患者体内に戻して、NY-ESO-1を発現するがん細胞を殺すという戦略だそうです。

NY-ESO-1は、1997年に食道癌から見出されたがん抗原です。悪性黒色腫をはじめ各種腫瘍にさまざまな程度(5~40%)に発現しますが、正常組織では精巣にのみ発現が認められることから、これまでもがん免疫療法などの標的分子として試験的治療が行われてきました。記事を読んだ限りでは、採血と細胞注射だけで、治療のための侵襲は低そうです。上手くいくことを祈ります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, June 26, 2016 06:30:23

子猫の「だるまさんが転んだ」

テーマ:エンタメ・おもしろ
BGMでここまでスリリングに、子猫の「だるまさんは転ばない」
見ていない時だけ動くというのは、一般的な猫の習性なのでしょうか?あるいは、この猫の芸なのでしょうか?最後がドキッとします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, June 25, 2016 06:30:16

ノルウェーの断崖絶壁の絶景をドローン撮影

テーマ:エンタメ・おもしろ
ノルウェーの絶景、プルピット・ロックの断崖絶壁やシェラーグボルテンの奇跡の岩をドローン撮影
以下は、記事の抜粋と動画です。
--------------------------------------------------
ノルウェーの名所として知られている、ライフィルケのリーセフィヨルドの上に突き出したプルピット・ロックや、イェラグ山の岩壁にはさまれた玉石「シェラーグボルテンの奇跡の岩」などを、ドローン撮影した映像だ。


YouTube動画

--------------------------------------------------
素晴らしい映像ですが、小さな画面で見ていても足がすくみます(><)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。