今月のお料理教室のテーマは、
「夏のダメージ肌を元気にする!」
{095C852A-3BB4-4657-B471-399FC50A17CA}
 
アンティパストはブドウのフリット&ブドウのエビのおろし和え
先生のアイデアに皆さんびっくり!!
おろし和えは甘酢味でシャインマスカットがさわやか~!!
フリットも美味しいかったです。
先日のフードコンシャスネス研究会のイベントでも
大好評だった前菜を
お教室で再現してくださいました!
 
プリモピアットはアサリ缶のミルクリゾット
アサリは鉄分豊富!
貧血予防で肌の血色を良くします。
お米の代わりにもち麦を使用。
玄米の4倍の食物繊維があるもち麦は
60年前に日本で作られなくなってしまった穀類ですが、
その栄養価が見直され最近は出回るようになったのだそうです。
 
セカンドピアットはサバのサルサソース
image
青魚に多く含まれるビタミンB2は
肌の皮脂コントロールを円滑にしてくれるのだそうです。
サルサソースをかけるのではなく、
下に敷くのがきれいに盛り付けるポイント♪

 

ドルチェ もち麦のりんご酢フルーツマリネ

image
デザートにももち麦を使用!
フルーツいっぱいでさわやかでした!!
 
これでお肌のケアもばっちりかな?
 
いつも新しい食材を教えていただいて
お教室に行くたびに新しい発見があります。
 
しばらくは日々の食生活を反省するのですが、
そのうちに、お惣菜生活を始めてしまいます・・・
 
 

 

 

 

 

じんビオクラから新発売のレモンジンジャー

入荷した時から目をつけてました。

フルーツや野菜のジュースのジュースはよくあるけど、
このタイプのジュースは珍しいです。

早速試してみました!!

ジンジャーがキリリと効いていて
レモンのさわやかさがすっきり。

どちらも

カフェのドリンクのようなリッチな味わいです。



炭酸と割ったらジンジャーエールのような感じでしょうか。

これからの季節温めて
ホットレモンジンジャーにしてもよさそうですよ。


ビオクラ レモンジンジャー
8月はお料理教室課外授業で
プロのカメラマン大崎聡先生のフォトセミナーでした。

それぞれ事前に自分の撮った写真を提出して
大崎先生にアドバイスをいただくかたちでレッスンスタート

私の提出した写真はこれ


ランチに行ったときの一皿
器のきれいさと料理の色鮮やかさがポイント。

大崎先生からの言葉は、
「写真に迷いがあり、中途半端で
料理もテーブルウエアも活かされていない」

「先生、あのとき私が写真を撮っているところを
ご覧になっていたのですか?」
というぐらい、その状況を指摘されてしまいました。

この写真を撮ったとき、お皿がとても大きくて、
「このお皿の大きさをとりたい!!」
「でも、彩のきれいなところも強調したい」
という気持ちの中、
どうしたらきれいに撮れるんだろうと
迷って撮った写真でした。

先生からのアドバイスは、
「もっと料理に寄るか、
もしくはお皿全体やカトラリーも入るくらいに俯瞰で撮るとよい」
というものでした。

「迷っていて、捨てきれていない」
ことがダメな構図の原因なんだそうです。

なんだか、私の人生そのもののような気が・・・

いつも迷っていて、
結論を出さずにそのままにして、
中途半場になってしまう。

「何が大切かを考えて、それ以外は大胆に省く」
ということが中々できない。

欲張りなんだそうです。

写真のレッスンでしたが、
なんだか仕事に対する姿勢や
自分の生活全般まで考えてしまいました。

写真、恐るべし。

最後は実践で料理を実際に撮り、
その後にアドバイスをいただき、
もう1枚撮るというレッスン

アドバイス前の写真
兎に角寄って撮ってみた。


アドバイス後の写真
もっと寄って、撮る角度も変えて、明るさを調整しました。


影やその他のものが消え
料理にみずみずしく美味しそうな「しずる感」がでました!!

缶詰の三つ豆とは思えません!!

*私のはiphone4sですが、明るさ調整機能付いていました!

カメラを撮るときの構図についても教えていただき、
とても勉強になりました。

今後のecoreの商品写真に活かしていきたいと思っています!!