先月、札幌にある響きの杜クリニックの西谷院長にお話を伺ってきました。

 

書籍「血流は静電気デトックスでよみがえる」を発表された西谷先生は
電磁波とその体への影響について着目している医師の一人です。

https://www.amazon.co.jp/dp/4800259304?tag=takarajimasha-22&linkCode=as1&creative=6339

 

お時間のない中、丁寧に分かりやすく、

本のこと、医療のことを教えていただきました。

 

その時のインタビュー記事はエコレに掲載させていただきました。

https://www.regina-ecore.com/page_hibikinomori_interview/

 

お話の中で心に響く言葉がたくさんありましたが、

中でも印象に残ったのは、

「患者さんにとってどんな方法であれよくなることが大事」

「患者さんとの信頼関係が大切」

という言葉でした。

 

病気の人やその家族にとっては、

どんな方法でもいいから治したいという思いがありますよね。

 

私の父は、約20年前に病気で亡くなりました。

 

その頃は、

インターネットの情報もあまりなく、

ひたすら病院の先生と、

知り合いからの口コミの健康情報に頼るのみだった気がします。

 

でもそれが悪いことだったとは思っていません。

 

入退院を繰り返し、

亡くなる前の半年は家族が交代で父の病室に泊まっていました。

 

父と病院で過ごす時間は
割と楽しく、

それまで一緒に過ごしてきたはずの父について

新しい発見があったり、

いろいろと思うことがありました。

 

案外怖がりだとか、

ますます、わがままになるとか、

結局、短気は直らないとか、

やっぱり本当にすごく優しいとか。

 

父と私にとっては貴重な時間でした。

生まれてから父と二人きりで

こんなに長い時間一緒にいたことはないですから。

 

病気の父のわがままを聞くこともありましたが、

私の八つ当たりを父にぶつけることもあった気がします。

 

病院の先生にも恵まれました。

 

主治医のほかに2人の先生が交代で父の診察をしてくれていましたが、

その中の一人は中国人の先生でした。

 

父は偏見まるだして、

最初はその中国人の先生を毛嫌いしていたのですが、

その先生がとてもユーモアあふれる気持ちのいい方で、

診察に来るたびに父を笑わせてくれるものだから

父の心も自然と開いていったのだと思います。

 

最後には父も家族も

主治医の先生を差し置いて

その中国人の先生に何でも相談して、

その先生の言うことを素直に聞くようになりました。

 

西谷先生のお話を聞いて、

病気になることや
病人とその家族

そして病院との関係性をどうしても考えてしまい、
病院にいた父のこと、中国人の先生のこと、

その時の家族のことを改めて思い返しました。

 

病気になり、平均寿命よりもずいぶん早くに亡くなった父ですが、
父を不幸だと思ったことはありません。

 

今年、父が生きてきた年数を追い越してしまった私。

父はどんな風に思っているのでしょうか。

ecoreでは、現在美甦グルトモニターキャンペーン中です。
 
モニターの皆様に美甦グルトレシピをSNSに投稿していただいています。
 
ということで、
私も美甦グルトを使ったメニューをご紹介します♪
{74A90B36-4D75-40E3-990D-5BABAF7FFB16}
 
美甦グルト玄米甘酒でドレッシングをつくりました。
ドレッシングのレシピは
バルサミコ酢
りんご酢
胡椒
です。
 

美甦グルト300gはチューブ入りなので、

ドレッシングや炒め物前の合わせ調味料をつくるのにも使いやすいです!!

 

10種ミックスをかけたトマトとアボカドのサラダに

このドレッシングをかけて、ビールのお供にいただきました。

 

10種ミックスはキューピーのサラダクラブシリーズ

いろいろな種類が販売されていますが、
この10種ミックスとミックスビーンズを

サラダ用にヘビロテで使用しています。

 

野菜が少ししかなくても、
ボリュームが出るし、

栄養価も高いし、

何より美味しいので重宝しています。

 

ビールはヤホーブルーイングの新作

「Sorry Umami IPA」

最初は輸出用に発売された、かつお節入ビールなんだそうです。

インディアンペールエールは苦みが強いですが、

これはかつお節のうまみでしょうか、

少しあまい感じがして美味しかったです♪

 

この先も長く美味しくお酒を楽しみたいので

普段のおつまみはなるべく身体に良いものを心がけています。

 

飲まなきゃいいと言われそうですが、

それができれば苦労しないですよね~。

今月のお料理教室のテーマは、
「夏のダメージ肌を元気にする!」
{095C852A-3BB4-4657-B471-399FC50A17CA}
 
アンティパストはブドウのフリット&ブドウのエビのおろし和え
先生のアイデアに皆さんびっくり!!
おろし和えは甘酢味でシャインマスカットがさわやか~!!
フリットも美味しいかったです。
先日のフードコンシャスネス研究会のイベントでも
大好評だった前菜を
お教室で再現してくださいました!
 
プリモピアットはアサリ缶のミルクリゾット
アサリは鉄分豊富!
貧血予防で肌の血色を良くします。
お米の代わりにもち麦を使用。
玄米の4倍の食物繊維があるもち麦は
60年前に日本で作られなくなってしまった穀類ですが、
その栄養価が見直され最近は出回るようになったのだそうです。
 
セカンドピアットはサバのサルサソース
image
青魚に多く含まれるビタミンB2は
肌の皮脂コントロールを円滑にしてくれるのだそうです。
サルサソースをかけるのではなく、
下に敷くのがきれいに盛り付けるポイント♪

 

ドルチェ もち麦のりんご酢フルーツマリネ

image
デザートにももち麦を使用!
フルーツいっぱいでさわやかでした!!
 
これでお肌のケアもばっちりかな?
 
いつも新しい食材を教えていただいて
お教室に行くたびに新しい発見があります。
 
しばらくは日々の食生活を反省するのですが、
そのうちに、お惣菜生活を始めてしまいます・・・