こんにちはパー


睡眠不足になると太りやすいといわています。

それは何故なんでしょうか?


■睡眠不足だと太るのはなぜ?

どうして睡眠時間が短いと、肥満になりやすいのでしょうか? それは、「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが崩れてしまうからです。レプチンは脂肪細胞が分泌する、食欲を抑えてくれるホルモンです。一方、グレリンは胃で作られるホルモンで、食欲を増進する働きがあります。

睡眠時間が短いと、満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えてしまうんですね。

さらにグレリンが多いと、高脂肪食や高カロリー食を好むようになります。睡眠不足のときに、ケーキやこってりしたラーメンがほしくなるのはこのためだとか…。

実は肥満と関係が深い睡眠の量と質。ダイエットだけでなく、メタボリック症候群の予防のためにも“良い睡眠”はとても大切です。






■“良い睡眠”をとるには?

1.『睡眠時間』7時間前後を確保すること

海外での研究によると、肥満度は7~8時間眠る人が最も低く、それより睡眠時間が短くても長くても肥満度が高くなります。どのくらい違うかというと、5時間睡眠の人は肥満率が50%アップし、4時間以下の睡眠ではなんと73%も上昇してしまいます…。


2.寝る3時間前には食べない


眠る時刻にまだ食物を消化中だと、食事でのエネルギーが残り、体脂肪燃焼が後回しになってしまい、寝ている間に脂肪を吸収してしまいます。

どうしても仕事で帰りが遅いなど夜遅くに食べる必要性があれば、食事内容を考えて野菜中心にしたり、朝食・昼食の量を増やして夜の食事量を減らしましょう。


3.寝る前に体温を上げておく

眠りに就く前に体温を上げておくのも質の高い睡眠に導きます。脳が上がった体温を下げようとするため、深い睡眠を得られやすくなるのです。


などなど。


やはり睡眠は大事なんですね。



ではパー megane*



国立駅前カイロプラクティック整体院


フェイスブックはじめました♪




Twitterブログパーツ

骨盤矯正のことなら国立駅前カイロプラクティック整体院



Twitterボタン
AD